2011-10-02 21:56

タクシンがその強欲振りを発揮し始めた

  日本でもタイでも殆ど報道されないので気がつかなかった。

タイとインドネシアの間でコメ問題が発生している。

 

9月27日にインドネシアで報道されたのだが、タイ政府(タクシン派インラック政権)は旧政権(アピシット政権)がインドネシアとの間で結んでいた30万トンのコメの輸出契約を、価格が安すぎるとの理由で破棄したのである。

 

http://www.thejakartaglobe.com/business/thai-government-cancels-rice-sale-to-indonesia/467999

 

普通の常識では、いったん価格も決めて契約した取引、そう簡単にキャンセルしたのでは国際的な信用をなくす。

しかしこんな事も考えないのが日本のミンス政権と同じ、左巻き政権の特徴である。

しかしインドネシアは困っている。

 

30万トンのコメの輸出、そう言われてもピンと来ない。

ちょっとここでコメの世界生産と流通量のおさらいを。

 

 

2010年実績で見て

世界のコメの生産量はトータルで約4億4千万トン

この内中国とインドで約50%を占めている。

(日本の生産量は770万トンで世界の中では1,7%と微々たるモノ

 

しかし世界のコメの貿易量は約3千100万トン、

生産量に対し驚くほど少ない。

コメは殆どが生産国で消費され、国際市場に出てくるのは生産量の約7%だけ。

そしてその少ない貿易量の中で、タイ~31%、ベトナム~20%を占めている。

生産量で言えば、タイ~5%、ベトナム~6%なのに貿易量だと世界の半分はタイ・ベトナム産。

これがコメ国際市場の実態である。

 

 

 

そんな中で今回の問題になった30万トン。

世界貿易量全体の1%である。

当然のことながら価格は暴騰する。

 

コメの価格は2008年にも暴騰したことがある。

 

 

2008年には価格は暴騰したが、直接の原因は原油価格の暴騰。

幸いこの時は直ぐこの狂乱物価は収束したが、フィリッピン、西アフリカ、中米などの貧しい国はこの狂乱米価で大いに苦しんだ。

 

そして

この時タクシンOPECばりの価格カルテルを作ることを画策している。

 

先月のこのエントリー参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2437486/

 

 

そして又してもタクシンはコメの価格吊り上げを狙っている。

 

この間もタクシンが日本にやってきた。

何が狙いでやってきたのか良く分からなかったが、こんな話を見ると、コメの価格吊り上げをしても日本が買ってくれるかも知れない、そうなれば大儲けだ

そんな思惑が有ったと邪推もしたくなる。

 

シタタカなタクシンである。油断してはならない。

そして世界の不安定要因の一つである事は確かである。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

確か、タイでコシヒカリの生産をやってるっていう話聞いたことがあります。と思ったらありましたね。
http://junkana49.exblog.jp/14637327/
何でも商社筋が込め自由化を見越して生産を始めたとか聞いたことがあります。どうせ価格なんでしょうが、こんな事を許すとどうなんでしょうか。コメ生産は本当に特定地域に偏りますから価格コントロールはある意味楽です。インドネシアあたりも堪ったもんじゃないですよね。
ジャスミン革命にした所で、その底流はウクライナあたりの小麦価格の値上げがあったはず。下手にこれをやると他国の政体に影響しかねません。ほんとうに自分のご主人様以外はどうでもいいんでしょうね。

ブログ主様もそう遠くない将来において寒冷化が発生し食料生産のネックが発生することは完全に同意されることと思われます。本当に背筋が寒くなる様な行為です。

翻って我が国はどうでありましょうか。今こそコメ農家の大規模化農地集約のチャンスであり真の農業改革の最後のチャンスと思います。

まあ、今の基地外共にはどうしようもないのでしょうが。
  1. 2011-10-02 23:49
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 何十年も前の話ですが、食料戦略がどうのこうの言われていた頃、たまたまアメリカで大豆が不作で禁輸となり、豆腐が値上がりしたことがありましたな。
 日本も今では少しは賢くなり、輸入先も多角化しましたし、商社が生産地に直接投資していたりしますから、不作で特定の作物の輸入に窮するということはないようですね。
 何より日本は金がありますし。

 しかし貧しい国にとっては、特にいコメのような貿易量の少ない穀物は昔からいろいろありますなあ。
 日本のミニマムアクセスだって農水省は無駄にカビを生えさせたりした挙句に事故米事件など起しておりましたし。
 インドネシアに輸出してやったっていいのに。ミニマムアクセスなんて義務じゃないんだし。
  1. 2011-10-03 05:31
  2. URL
  3. ご隠居 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>確か、タイでコシヒカリの生産をやってるっていう話聞いたことがあります。と思ったらありましたね。
>http://junkana49.exblog.jp/14637327/
>何でも商社筋が込め自由化を見越して生産を始めたとか聞いたことがあります。どうせ価格なんでしょうが、こんな事を許すとどうなんでしょうか。コメ生産は本当に特定地域に偏りますから価格コントロールはある意味楽です。インドネシアあたりも堪ったもんじゃないですよね。


稲は日照時間で左右される植物なので、気温が似ているからと言って其の儘種籾を持っていっても簡単には栽培は成功しません。
だから何十年もの試行錯誤が必要です。
タイのコシヒカリは日本人が不法に種籾を持って行き、栽培し始めたと聞いています。簡単ではなかったでしょう。


>ジャスミン革命にした所で、その底流はウクライナあたりの小麦価格の値上げがあったはず。下手にこれをやると他国の政体に影響しかねません。ほんとうに自分のご主人様以外はどうでもいいんでしょうね。
>
>ブログ主様もそう遠くない将来において寒冷化が発生し食料生産のネックが発生することは完全に同意されることと思われます。本当に背筋が寒くなる様な行為です。
>
>翻って我が国はどうでありましょうか。今こそコメ農家の大規模化農地集約のチャンスであり真の農業改革の最後のチャンスと思います。
>
>まあ、今の基地外共にはどうしようもないのでしょうが。


寒冷化は間違いなくやってきます。
江戸時代並みの寒冷化になると思います。
だから東京で尺単位の雪が降る覚悟が要る。
ミンスでは全く当てになりませんから、一人一人が備えるしかない。
不毛の時代を覚悟せねば・・・
  1. 2011-10-03 07:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ご隠居さん
> 何十年も前の話ですが、食料戦略がどうのこうの言われていた頃、たまたまアメリカで大豆が不作で禁輸となり、豆腐が値上がりしたことがありましたな。
> 日本も今では少しは賢くなり、輸入先も多角化しましたし、商社が生産地に直接投資していたりしますから、不作で特定の作物の輸入に窮するということはないようですね。
> 何より日本は金がありますし。


そうですね、何より危険なのは食料などの一国依存。
でも最近はお役人も大分賢くなってきたようです。
しかし私には1993年の米騒動が忘れられません。
あの時も民主党政権でした。
細川内閣の米騒動、村山内閣の阪神大震災
左巻きが政権を取ると天の神様がお怒りになるようです。


> しかし貧しい国にとっては、特にいコメのような貿易量の少ない穀物は昔からいろいろありますなあ。
> 日本のミニマムアクセスだって農水省は無駄にカビを生えさせたりした挙句に事故米事件など起しておりましたし。
> インドネシアに輸出してやったっていいのに。ミニマムアクセスなんて義務じゃないんだし。


今回の件は貧しい国を直撃するでしょう。
しかも最悪のタイミング、今世界はEU・ユーロ危機の真っ最中。
そしてアメリカも経済破綻、中国も同じ。
そんな中で日本はアホ政権、さて如何したモノでしょうか。
おっと、その前に危機の引き金を引きそうな国が隣にある。

私は経済難民が大挙して押し寄せそうな気がします。
  1. 2011-10-03 07:37
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する