2011-09-29 21:48

スズメバチ

 今日神戸にいる姉がお墓参りに来てくれた。

今日はいい天気に恵まれたので、お墓参り日和、非常にありがたかった。

 

所で墓参りの途中スズメバチを見かけた。

丁度この時期はスズメバチは一番危険な存在。

 

 

 何故この時期のスズメバチが危険か、

丁度子育ての最終段階で、ほかの蜂の巣を襲って蜂の子を自分のこの餌にする時期。

 

私は子どもの頃、ハチが大好きで夏休み中は毎日ハチをとっていた。

だから蜂の習性については大体分かる。

詳しくはコレを参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81

 

 

 

 

先月初めタイに行ったときに、たまたまこんなものを見かけた。

野生のミツバチの巣である。

(仕入先のオフィスの直ぐ前、植え込みの中にあった)

 

 

日本でも色んな蜂の巣を見てきた。

しかし野生の蜜蜂の巣はコレがはじめて、大変興味深かった。

 

 

この時期は日本ではスズメバチがこんな蜂の巣を襲っている。

自分の巣の蜂の子ども達が腹が減っている、

しかし食べ物が乏しい、

そんな時スズメバチの親は物凄い凶暴さを発揮し、ほかの蜂の巣を襲う。

そして親蜂を食い殺してから蜂の子(蜂の子をご存知の方なら分かるが、ウジ虫と同じである)を自分の子どもに食わせるために持ってゆく。

 

 

丁度9月の後半から10月がこの危険な時期。

スズメバチは今は山と言わず街中でも何処でもいる。

お気をつけください。

 

おまけに日本では永田町を中心にトンでもないスズメバチがウロウロしている。

コイツは自分のためなら何でも食う。

あぶない、あぶない。

  1. どうでもいい事
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

おはようございます。
昨日は関東も気持ちの良いお天気でした。

今回のエントリー、スズメバチと聞いて思わず書き込んでしまいました。
昨年の4月初旬、庭木の剪定をしていると、
顔の数センチ先でものすごい羽音を立てて威嚇してくるスズメバチがいました(キイロスズメバチだったと思います)。
近く子どもが生まれる予定だったので、今のうちに退治しようと思い、
蜂の巣を探したところ、キンモクセイの奥深くに小さな巣を作っていました。

刺されるのもイヤですし、殺虫剤を噴射してしとめられなかった時の報復行為が怖くて、インターネットで駆除方法を探しました。
これなら!と探し当てたのが、名古屋市のホームページに掲載されていた、「スズメバチ捕獲器」です。2リットルのペットボトルにお酒と酢と砂糖を混ぜた液体を注ぎ、スズメバチをおびきよせるというものでした。

半ば本当に大丈夫かな?という気持ちでしたが、翌日には捕獲器の中で見事に息絶えていました。びっくりです。
残った巣には大きな幼虫が数匹いて、わたしは親バチを駆除して後ろめたい気持ちで殺せなかったので(詰めが甘いと怒られました)、父に頼んで処分してもらいました。スズメバチを駆除した後、毎年姿を見せていたアシナガバチも庭に来るようになりました。

今年はスズメバチは来ませんでしたが、代わりに梅の木にイラガが発生しました。庭木の手入れを怠ると、虫達の楽園になるようですね。気をつけたいと思います。

ところで…短足おじさんは、子供の頃に蜂をとってらっしゃったそうですが、召し取った蜂は、その後どうなるのですか???
まさか蜂酒に…などということはもちろん無いと思いますが。
長々と失礼いたしました。
  1. 2011-09-30 03:16
  2. URL
  3. ねこむすめ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ねこむすめさん
>おはようございます。
>昨日は関東も気持ちの良いお天気でした。
>
>今回のエントリー、スズメバチと聞いて思わず書き込んでしまいました。
>昨年の4月初旬、庭木の剪定をしていると、
>顔の数センチ先でものすごい羽音を立てて威嚇してくるスズメバチがいました(キイロスズメバチだったと思います)。
>近く子どもが生まれる予定だったので、今のうちに退治しようと思い、
>蜂の巣を探したところ、キンモクセイの奥深くに小さな巣を作っていました。
>
>刺されるのもイヤですし、殺虫剤を噴射してしとめられなかった時の報復行為が怖くて、インターネットで駆除方法を探しました。
>これなら!と探し当てたのが、名古屋市のホームページに掲載されていた、「スズメバチ捕獲器」です。2リットルのペットボトルにお酒と酢と砂糖を混ぜた液体を注ぎ、スズメバチをおびきよせるというものでした。

これはグッドアイディアです

>ところで…短足おじさんは、子供の頃に蜂をとってらっしゃったそうですが、召し取った蜂は、その後どうなるのですか???
>まさか蜂酒に…などということはもちろん無いと思いますが。
>長々と失礼いたしました。

お早うございます。
子供の頃はハチを採ってきて、せっせと昆虫標本を作っていました。
夏休みの日課でした。
そんな中でスズメバチは貴重品、滅多に採れないのです。
夏休み頃までは樹液に集まっていますので、そんな所を探していました。
この頃はあまり危なく有りません。

でも9月中旬くらいからのスズメバチは怖いです。
本文中に書いたように巣が巨大化、幼虫が増えて食料が不足。
そんなときは猛烈に凶暴になります。
私は子どもの頃の経験で攻撃的になったハチは見分けがつくので、
それさえ気をつけていれば平気なのですが一般の人には難しい。

ねこむすめさんは4月に蜂を駆除したとの事。いい時期でした。
これが7月以降ならもう大変。
蜂の数が増えるので少々の事では駆除は難しい。
お気をつけください。
  1. 2011-09-30 07:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する