2011-07-28 09:37

生きている毛沢東主義

 中国の高速鉄道事故はあまりにも酷い人命軽視主義を全世界に公表する事になった。

この件で水彩画と歴史が趣味のお絵かき爺様という方が、「まるで毛沢東大躍進政策」とのエントリーをしている。

http://teda.iza.ne.jp/blog/entry/2372293/

 

私も全く同感である。

しかし私は以前からどうしても納得出来ない感じを持っている。

それは「毛沢東の死後直ぐに腹心の四人組が逮捕された。」

しかしその直属のトップたる毛沢東だけは批判されていない。

何故なのだろう。

しかも四人組の1人、江青は毛沢東夫人である。

1976年9月の毛沢東の死の1ヶ月後の10月逮捕され、裁判で死刑判決(後に無期懲役に減刑)、そんな人物の夫が毛沢東なのだ。

 

 

 

所で話はがらりと変わって、毛沢東の器というものを聞いた事があるだろうか。

毛沢東最晩年の1975年(死の1年半ほど前)、毛沢東専用として製作された食器類である。

極秘で製作されたものだが散逸寸前に収集され、2006年~2007年に日本でも公開されたもの。

 

再発見された事を伝える新聞記事

 

これが毛沢東の器

 

参考までにこの器、ただの梅の花の文様が描かれているだけに見えるが、実は釉下彩といって上薬の下に文様を書き1400度で焼成した物。

釉下彩でこんな色の物は今の技術でも殆ど無い

 

 

これは私が持っている毛沢東の器のレプリカ

(本物とは比べようも無いものだが、コレだけ見れば十分美しい)

 

 

 

前置きが長くなった、ここからが本題。

 

この日本での初公開にあたり実際にこの毛沢東の食器製造の関係者が来日、その話を聞く機会があった。

通訳つきで話を聞いたのだが、通訳は日本人、従ってかなり本音の言い易い環境での話。

 

関係者は6人来ていた、絵付けや焼成、現場責任者など主な人物は殆ど来ていた。

 

要点は

1) この仕事をやったのは1975年初めから夏まで、文革の最終段階の頃であった。

そして誰用の食器かは指示は無かったが、皆言われなくても分かっていた、毛沢東用だと。

 

2) 当代最高のものを作れ、この指示だったが、失敗したら殺されると思っていた。

今考えてみても成功してよかったと思う。

その為釉下彩で失敗したときの保険として釉上彩(普通の上絵)でも作った。釉下彩が成功して本当に良かった。

 

 

3) その後文化大革命は否定され、改革開放で世の中はガラリと変わった。

そして世の中豊かになった。しかしあの頃(1975年頃)は良かったと思う。

みんな貧しかった、しかしみんな同じものを着て、同じ生活をしていた。

今は当時とは比べ物にならないくらい豊かになったが、しかし格差が広がってしまった

 

この話を聞いたときの驚きを忘れる事が出来ない。

毛沢東大躍進政策、そしてその後の文化大革命で約4500万人を殺したといわれており、20世紀の世界三大大量殺戮者(毛沢東スターリン・ヒットラー)の筆頭に上げられている。

それでも中国人は「あの頃は貧しくてもみんな平等」、そんな感慨を持っているのである。

 

毛沢東主義はその後カンボジアでも200万人を殺すというポルポト派の蛮行を生んだ。

しかしポルポト派は決して消滅した訳ではない、未だにカンボジアの政権・軍部の中にシッカリ根を張って生き残っている。

現首相フン・センも元はといえばポルポト派の将校だったのである。

(この件は別途エントリーします)

 

そして日本でも毛沢東主義は特に団塊の世代にはシッカリ浸透している

現に奸直人などは毛沢東主義に凝り固まっていると考えて間違いないだろう。

その一例として

 

例えばコレは悪名高い毛沢東大躍進政策の柱、土法炉である。

 

こんなものでマトモな鉄など出来るはずもなく、いたずらに環境破壊しただけなのだ。

煉瓦も無いのにこんなものを作るために寺院を壊して煉瓦を取っていったり、薪が無いので山の木を全部切ってしまったりした。

この為中国は未だに雨が降れば洪水、風が吹けば黄砂、環境は無茶苦茶である。

(日本もおかげで黄砂で大迷惑だ)

 

しかし3.11以降の奸直人の政策は原発対策にせよ、他の政策にせよ、皆この土法炉となんら変わる所は無い。

理屈ぬき、技術軽視でのデタラメ政策は何と良く似ていることか。

最近も電力不足対策で埋蔵電力などと言うアホな事を騒いでいる。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/254972

 

どう見ても毛沢東の土法炉となんら変わりが無い。

 

毛沢東主義は現代にまで脈々と流れている。

コレを如何するか、これが現代に生きる我々への課題なのだと思う。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

No title

毛沢東もその崇拝者も古代の皇帝がそのまま近代国家のトップになったようなものですね。
思いつきで命令し、それが絶対だと信じている。
有名なのがすずめを害獣だから駆除せよという命令ですね。雲霞の大発生から大飢饉に至ることは少し考えれば分かりそうなものですが。
秦の始皇帝だって、技術者は他国から招いて灌漑事業を任せていたくらいですから、それよりも劣っているかも。

思えば、日本の総理は「トップ」ではなくて、「調整役」なんでしょうか。無敗の金将軍みたいに現場にしゃしゃり出て指導するのではなく、関係官庁・自治体・各種業界・国民等々との利害を調整し、いい方向に持っていくのが仕事の本質なんだろうなとふと思ってみました。

長文失礼しました。
  1. 2011-07-28 10:18
  2. URL
  3. コドモオオトカゲ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To コドモオオトカゲさん
>毛沢東もその崇拝者も古代の皇帝がそのまま近代国家のトップになったようなものですね。
>思いつきで命令し、それが絶対だと信じている。
>有名なのがすずめを害獣だから駆除せよという命令ですね。雲霞の大発生から大飢饉に至ることは少し考えれば分かりそうなものですが。
>秦の始皇帝だって、技術者は他国から招いて灌漑事業を任せていたくらいですから、それよりも劣っているかも。
>
>思えば、日本の総理は「トップ」ではなくて、「調整役」なんでしょうか。無敗の金将軍みたいに現場にしゃしゃり出て指導するのではなく、関係官庁・自治体・各種業界・国民等々との利害を調整し、いい方向に持っていくのが仕事の本質なんだろうなとふと思ってみました。
>
>長文失礼しました。


そうですね、大躍進政策の柱は大きく言って三つ。
・土法炉による製鉄
・四害と言うハエ・カ・ネズミ・すずめの駆除
・稲の密植
この内稲の密植については日本でも大々的に報道され、実際かなりマネをした人がいると聞きました。
農家の若手二世に多かったようです。親がそんな馬鹿なと言っても聞かなかったとか・・
結果は悲惨な物だったようです。
こんな無茶苦茶をすれば屍の山となるのは当然かと。
  1. 2011-07-28 16:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

原発を止めて自然エネルギーという詐欺に70%の日本人が引っ掛かっています。
オレオレ詐欺がなくならないわけです。

浜岡で15mの津波に耐えるようにと、1000億円かけて18mの防波堤を作ると、馬鹿な事を中電が言っています。
そしたら20mの津波が来ると、今日新聞に出ています。
津波なんてものはドーッと水が来るだけですから、機器が水に押し流されないようにしておけば、何の問題もありません。
一番怖いのは、直下型震度7、2000ガル、3000ガルの揺れが襲った時、圧力容器や格納容器が大丈夫なのか? また水や電気等の配管が破断しないか?です。
もたないのであれば、日本の耐震建築の全知識を集めて、原子炉を地下にするとか、免震構造にするとかアイディアを出して、考えうる安全な原発を作れば良いのです。
それより高速増殖炉のほうが心配です。
  1. 2011-07-28 16:36
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>>そうですね、大躍進政策の柱は大きく言って三つ。
>・土法炉による製鉄
>・四害と言うハエ・カ・ネズミ・すずめの駆除
>・稲の密植
>この内稲の密植については日本でも大々的に報道され、実際かなりマネをした人がいると聞きました。

>こんな無茶苦茶をすれば屍の山となるのは当然かと。
ああ、そうでしたね!!
お詳しいですね!
四害、稲の密植もそうでしたかね!
毛沢東は、文化大革命で復活したのでした。
赤い毛沢東語録を掲げて若者が説教をしていました。
高速鉄道のものすごい拡大の勢いに共産党独裁政権のすごさ?をみたのでした。何か起こるのではないかと。

  1. 2011-07-28 16:50
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

北朝鮮の惨状も、中国のまねごとを金日成がしたからでしたっけ。

日本は急速に、一部の人達を除いて等しく貧しいという国に変貌を遂げつつありますが、向こう三軒両隣、自分の視界に入る人達が皆等しく貧しければ、社会に対する不満が無くなるんでしょうか。
菅直人が目指す、最小不幸社会というのがそういう社会だそうですが…。
  1. 2011-07-28 17:22
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

毛沢東を批判する人が多いのかもしれませんが、私は中華帝国第一の偉人としてもいいのではないかと思っています。なにしろ、あの中国人の数を減らし、移動の自由を制限して国外に迷惑をかけることが今よりもずっと少なかったのですから、世界への貢献度では鄧小平以後の指導者よりもずっと上でしょう。こういう偉人の下で生きたいとは全然思いませんが。
北朝鮮の金親子も、人さらいさえしなければ、世界への貢献度は大きくなると思うんですけどね。残念なことです(早く日本人を返せ!)
  1. 2011-07-29 02:18
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

>そして日本でも毛沢東主義は特に団塊の世代にはシッカリ浸透している。
>現に奸直人などは毛沢東主義に凝り固まっていると考えて間違いないだろう。

コレは言えますね。ついでに日本のメディア、言論界にも凝り固まったのが多いですね。

普通に考えれば、ポト派の蛮行、北朝鮮の統治方法はモロ毛沢東主義に影響を受けたもの、いや毛沢東が提唱し、ポト派が壮大な実験をし、北朝鮮が完成させた、と言う事が分かるのですが、コレを何故か日本のメディアや言論界は書かないし言わないですからね。
  1. 2011-07-29 06:51
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>原発を止めて自然エネルギーという詐欺に70%の日本人が引っ掛かっています。
>オレオレ詐欺がなくならないわけです。
>
>浜岡で15mの津波に耐えるようにと、1000億円かけて18mの防波堤を作ると、馬鹿な事を中電が言っています。
>そしたら20mの津波が来ると、今日新聞に出ています。
>津波なんてものはドーッと水が来るだけですから、機器が水に押し流されないようにしておけば、何の問題もありません。
>一番怖いのは、直下型震度7、2000ガル、3000ガルの揺れが襲った時、圧力容器や格納容器が大丈夫なのか? また水や電気等の配管が破断しないか?です。
>もたないのであれば、日本の耐震建築の全知識を集めて、原子炉を地下にするとか、免震構造にするとかアイディアを出して、考えうる安全な原発を作れば良いのです。
>それより高速増殖炉のほうが心配です。


自然エネルギーと言う詐欺話、ヨーロッパが壮大な実験をしてその失敗を証明しました。
スペインなどはその失敗も有って国家破綻寸前。
しかし日本のマスゴミは全く言いませんね。

私が注目しているのはイギリスのマードック事件。
マスゴミの陰謀・捏造・隠蔽・世論操作が明るみに出ようとしています。
これがもっと汚い物が明るみに出、それが日本に波及してくれる事を切に願っています。
  1. 2011-07-29 09:59
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺さん
>
>>>そうですね、大躍進政策の柱は大きく言って三つ。
>>・土法炉による製鉄
>>・四害と言うハエ・カ・ネズミ・すずめの駆除
>>・稲の密植
>>この内稲の密植については日本でも大々的に報道され、実際かなりマネをした人がいると聞きました。
>
>>こんな無茶苦茶をすれば屍の山となるのは当然かと。
>ああ、そうでしたね!!
>お詳しいですね!
>四害、稲の密植もそうでしたかね!
>毛沢東は、文化大革命で復活したのでした。
>赤い毛沢東語録を掲げて若者が説教をしていました。
>高速鉄道のものすごい拡大の勢いに共産党独裁政権のすごさ?をみたのでした。何か起こるのではないかと。


これからもあっと驚くような事が起こりそうです。
以前から言われていた2012年危機は本当だった。
そして今こそ必要なのが歴史に学ぶ事。
そんな事を日々感じています。
  1. 2011-07-29 10:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>北朝鮮の惨状も、中国のまねごとを金日成がしたからでしたっけ。

ある人の書いた物を見たら、北朝鮮では80年代になっても稲の密植をやっていたようです。

>日本は急速に、一部の人達を除いて等しく貧しいという国に変貌を遂げつつありますが、向こう三軒両隣、自分の視界に入る人達が皆等しく貧しければ、社会に対する不満が無くなるんでしょうか。
>菅直人が目指す、最小不幸社会というのがそういう社会だそうですが…。
>

周りが等しく貧しければ・・・
奸直人がこんな社会を目指しているのにはほとほと困った物です。
しかしマスゴミに洗脳された人たちは未だに目が覚めない、
これが日本の不幸です。
  1. 2011-07-29 10:12
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>毛沢東を批判する人が多いのかもしれませんが、私は中華帝国第一の偉人としてもいいのではないかと思っています。なにしろ、あの中国人の数を減らし、移動の自由を制限して国外に迷惑をかけることが今よりもずっと少なかったのですから、世界への貢献度では鄧小平以後の指導者よりもずっと上でしょう。こういう偉人の下で生きたいとは全然思いませんが。

なるほど、そういう見方もあったのですね。
アレだけの死者を出しながらも毛沢東が支持されている。
コレが私の大きな驚きでした。
その原因はそれ以前がもっと酷かった、
そして毛沢東が文化人や金持ちを沢山殺した・・・ざまあ見ろ。
コレが一般民衆の気持ちだったようです。
そして今の日本人にもこの雰囲気がドンドン大きくなっている。
それを心配しています。


>北朝鮮の金親子も、人さらいさえしなければ、世界への貢献度は大きくなると思うんですけどね。残念なことです(早く日本人を返せ!)

金親子でも息子の方が数段上の凶暴さを持っているようです。
中国軍部の高官が金親子と接触し、そんな報告書を上げているようです。
すでに部下をかなり粛清している事も分かっており、ポルポト以上の凶暴さだと感じます。
  1. 2011-07-29 10:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>
>>そして日本でも毛沢東主義は特に団塊の世代にはシッカリ浸透している。
>>現に奸直人などは毛沢東主義に凝り固まっていると考えて間違いないだろう。
>
>コレは言えますね。ついでに日本のメディア、言論界にも凝り固まったのが多いですね。
>
>普通に考えれば、ポト派の蛮行、北朝鮮の統治方法はモロ毛沢東主義に影響を受けたもの、いや毛沢東が提唱し、ポト派が壮大な実験をし、北朝鮮が完成させた、と言う事が分かるのですが、コレを何故か日本のメディアや言論界は書かないし言わないですからね。


毛沢東主義の恐ろしいのは、コレが過去の物ではなく今に生きていることです。
日本のメデイア・言論界は間違いなくその残党に占拠されている。
私は今カンボジアの動向が気になるのですが、カンボジアなどもアレだけ人殺しをしたポルポト派の残党が今も権力の中枢にいますからねえ。
  1. 2011-07-29 10:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

毛沢東は師範学校卒、スターリンは神学校卒に見るように、大虐殺政治家は共にインテリ、「学識経験者」です。
田中角栄のように頭脳明晰な人物であっても、インテリは無頼な政治家にはついていかない。学が無いのを軽んじる。

菅のようにインテリでありたい人物は、毛沢東やスターリンの罠の中で学びたい。日本にはそんな馬鹿な輩を生み出した昭和20~40年代の時代があったという訳です。

我々は彼らの飲み食いのツケをいま払わされています。あの世代を育てたのは赤い高校・大学教師、赤い時代です。赤いGHQが開放した教師達です。だからこれから先の10年内に、戦後の総決算が来るかと予想いたします。
  1. 2011-07-30 14:18
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

毛沢東はシナ文化の一つの表象でありませう。シナ古典とくに歴史に詳しく『資治通監』を十数遍通読したそうです。また『紅楼夢』のファン、いわゆる『紅迷』でこちらも暗誦するほど読み込んでいたそうです。相模大兄ご指摘の通りインテリなのであります。シナ・インテリは民衆蔑視はなはだしくまるで蟻かなにかのように大量殺戮してもヘー気なのであります。しかしそのような暴君・皇帝がいてこそシナの統治は安定するというのも歴史的事実であります。

中共王朝二代目皇帝鄧小平死してのち統治が乱れているのは、三代目皇帝江沢民は放射無能であり党内闘争だけに長けていたからであります。ひるがえってわが国ではシナ式皇帝型権力は機能せず、宰相型権力でありコドモオオトカゲ さんご指摘のような調整能力に長けた人物が采配を振るったときよく機能するのであります。

もしわが国がシナ式権力統治ならば江沢民の先例にみられるように、奸がごとき痴呆でもなんとか格好はついたのでありますが、ゲンジツは場違いもはなはだしく、それは第三国人的勘違いを自他共にしているのでありませうう。胡乱なことであります。しかしこの悪夢もまもなく終了するでありませう。
  1. 2011-07-30 18:37
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>毛沢東は師範学校卒、スターリンは神学校卒に見るように、大虐殺政治家は共にインテリ、「学識経験者」です。
>田中角栄のように頭脳明晰な人物であっても、インテリは無頼な政治家にはついていかない。学が無いのを軽んじる。
>
>菅のようにインテリでありたい人物は、毛沢東やスターリンの罠の中で学びたい。日本にはそんな馬鹿な輩を生み出した昭和20~40年代の時代があったという訳です。
>
>我々は彼らの飲み食いのツケをいま払わされています。あの世代を育てたのは赤い高校・大学教師、赤い時代です。赤いGHQが開放した教師達です。だからこれから先の10年内に、戦後の総決算が来るかと予想いたします。


大虐殺政治家はご指摘の如くインテリです。
そしてもう一つ、インテリに対する劣等感を持っています。
その為虐殺の対象はインテリ。
日本でも奸直人を見ればそのことが良く分かります。

そしてご指摘の赤い戦後の総決算、これは今はじまっていると思っています。
いや今始めなければ日本の明日は無い、そうでは無いでしょうか。
  1. 2011-07-30 20:20
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>毛沢東はシナ文化の一つの表象でありませう。シナ古典とくに歴史に詳しく『資治通監』を十数遍通読したそうです。また『紅楼夢』のファン、いわゆる『紅迷』でこちらも暗誦するほど読み込んでいたそうです。相模大兄ご指摘の通りインテリなのであります。シナ・インテリは民衆蔑視はなはだしくまるで蟻かなにかのように大量殺戮してもヘー気なのであります。しかしそのような暴君・皇帝がいてこそシナの統治は安定するというのも歴史的事実であります。
>
>中共王朝二代目皇帝鄧小平死してのち統治が乱れているのは、三代目皇帝江沢民は放射無能であり党内闘争だけに長けていたからであります。ひるがえってわが国ではシナ式皇帝型権力は機能せず、宰相型権力でありコドモオオトカゲ さんご指摘のような調整能力に長けた人物が采配を振るったときよく機能するのであります。
>
>もしわが国がシナ式権力統治ならば江沢民の先例にみられるように、奸がごとき痴呆でもなんとか格好はついたのでありますが、ゲンジツは場違いもはなはだしく、それは第三国人的勘違いを自他共にしているのでありませうう。胡乱なことであります。しかしこの悪夢もまもなく終了するでありませう。


1945年に東京大空襲と広島長崎の原爆で日本は目を覚ましました。
2011年は地震・津波・原発事故で目を覚ましたか?
私は未だ目が覚め切っていない、もう一つとんでもないことが起こるのではないか。そんな気がします。
そしてその時、相模さんの言う「赤い戦後の総決算」、コレをやらねばならない。
コレが出来たときが「この悪夢が終了するとき」、そう思っています。
  1. 2011-07-30 20:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する