2011-06-30 21:52

ゼンメの煮付け

 今日は魚が食べたくなったので地元のメシ屋へ。

このメシ屋、本職は肴の卸業、片手間に始めたメシ屋が人気になって結構繁盛している。

 

 

食べたのは、アジのたたき、厚揚げ、そしてゼンメの煮付け

 

 

ゼンメの煮付け (一皿に7匹で1人前)

 

ゼンメは愛知県での名前

標準和名はヒイラギ、

だが各地では、ギチ(東京)、ギラ(千葉)、トンマ・トンバ(福岡)、

そしてネコゴロシ(静岡)、ネコナカセ(浜名湖)、ネコクワズ(淡路島)、ネコマタギ(静岡・熊本)、などなど。

 

おいおい、私が旨い旨いといって食べたのは猫も食わないものだったのか・・・・(涙)

 

確かに小さな魚だが骨は硬いし棘もある。

美味しいけれど食べにくい。

 

私が魚を食べると猫は見向きもしない。

家内や子どもの食べた魚は喜んで食べる、

パパの食べた魚は匂いだけで食べるところが無い、こんなもの食えるか、そんな事らしい。

こんなゼンメ、家で食べても猫も食わんだろうなあ。

 

何はともあれ美味しいゼンメでした。

  1. どうでもいい事
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

No title

To sono-Kelly Da わん!さん
>私は魚は嫌いじゃないが骨が苦手
>これに関してはお公家さんと云われてました。
>出されても骨を分けるのが面倒なので喰わない。
>仕方が無いから周囲が骨と身をより分けてくれる
>そしたら食う。
>
>家内はいつも「お坊ちゃんなんだから」と云ってました。
>このゼンメなど小骨が多そうで一番苦手なタイプ。
>
>家内の実家に行けば
>今では家内の妹が骨より分け係になってます。


ゼンメはこの地方でも食べる人は少数派。
何せ食べにくいのです。
私の友人達は、「短足が魚を食うと、魚の骨格標本が出来る」と笑います。

まあ子どもに言わせると「お父さんは猫の敵」なんだそうで、
仕方なく「こんな旨い物をムザムザ猫なんかに食わせるもんか」と言ってます。
  1. 2011-07-01 06:58
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sono-Kelly Da わん!さん
>>私の友人達は、「短足が魚を食うと、魚の骨格標本が出来る」と笑います
>
>これ全く同じ事を私の兄が言われています。
>兄弟でどうもこう性格が違うのか不思議で有ります。
>
>兄などはその「骨格標本」にお茶を注いで「骨湯」か何かですする下品さ(爆)


私もその下品な食べ方をする仲間ですなあ、
旨い魚は骨までしゃぶれ、こんな食べ方です。

丁度20分ほど前のこと、友人の魚釣り好きから電話。
「今から魚を持っていくので待っててくれ」
昨夜魚釣りに行ってきたとのこと、小ぶりだがおいしそうなメバルを10匹ほど。
友人達は私の魚好きを良く知っているので、直ぐ持ってきてくれます。
今夜も美味しい魚が食べられそう。
今日は朝から縁起がいい・・・
  1. 2011-07-01 08:32
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 ワタシも昔は骨格標本を作っていましたが、猫を飼いだしてからは魚の食べ方が実にぞんざいになりました。

 だって猫に嫌われたくないし・・・・。
  1. 2011-07-01 09:32
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sono-Kelly Da わん!さん
>To よもぎねこ♪さん
>> ワタシも昔は骨格標本を作っていましたが、猫を飼いだしてからは魚の食べ方が実にぞんざいになりました。
>>
>> だって猫に嫌われたくないし・・・・。
>
>だったら僕はよもちゃんに歓迎されそうですね。
>よもちゃんが身と骨をより分けてくれて
>骨はよもちゃん
>身はおいさんとシェアーしてくれれば幸せな日々が・・・

 身はよもちゃん、骨はsonoさんと言うことになると思います。
  1. 2011-07-01 12:39
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> ワタシも昔は骨格標本を作っていましたが、猫を飼いだしてからは魚の食べ方が実にぞんざいになりました。
>
> だって猫に嫌われたくないし・・・・。


何年か前ですが、我が家の飼い猫が本当に私の食べた魚の皿をまたいで行った事が有ります。
丁度子どもや家内も見ていまして、やっぱりそうだ!ネコマタギだ!
それ以来私の評判は「お父さんは猫の敵」
私が毎日餌をやっているんですがねえ・・・
  1. 2011-07-01 18:32
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

1:アジの開きを焼いて身を食べる(大型限定。小田原の小型アジは丸かじりです)。
2:残った骨や頭をお椀に入れてお湯を注ぎ、醤油をひとたらし。吸い物で楽しむ。あれば三つ葉かネギを刻んで。
3:吸い物を飲み終わったら骨を焼いて食べる(炭火や囲炉裏があれば最高)。

祖父や父から教えられた、この「アジの開きを3度味わう法」、昔、知人に話したら笑われました。3つの食感と味わいを楽しめる上に可食部100%と抜群にエコなんですけどね。命を提供してもらったアジさんへの感謝の気持ちを込めて、よくやっていました。魚は骨のまわりと皮の下がいちばんうまいと思います(塩鮭の骨も大好き!)。

ゼンメ、うまそうですねえ。食ってみたい。
  1. 2011-07-01 21:06
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>1:アジの開きを焼いて身を食べる(大型限定。小田原の小型アジは丸かじりです)。
>2:残った骨や頭をお椀に入れてお湯を注ぎ、醤油をひとたらし。吸い物で楽しむ。あれば三つ葉かネギを刻んで。
>3:吸い物を飲み終わったら骨を焼いて食べる(炭火や囲炉裏があれば最高)。
>
>祖父や父から教えられた、この「アジの開きを3度味わう法」、昔、知人に話したら笑われました。3つの食感と味わいを楽しめる上に可食部100%と抜群にエコなんですけどね。命を提供してもらったアジさんへの感謝の気持ちを込めて、よくやっていました。魚は骨のまわりと皮の下がいちばんうまいと思います(塩鮭の骨も大好き!)。
>
>ゼンメ、うまそうですねえ。食ってみたい。


アジの開きを3度楽しむ! 凄い! これは知りませんでした。
頭や骨を焼いて食べるのは時々やるので分かります。
しかし2番目の吸い物、これはやったことが無い。
今度いいアジが手に入ったら、やってみたいと思います。

そして「生き物の命をいただいたのだから、感謝して全部食べる。」
これは素晴らしい価値観。
生き物(動物)は食べるものは全て生き物です。
命をいただいて自分が生きる、
日本人にはこの考え方が誰でも分かります。
しかし欧米人にはこの考え方は理解不能。
この差は大きいですね。
  1. 2011-07-02 06:56
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>アジの開きを3度楽しむ! 凄い! これは知りませんでした。

子供のころ、普通にやっていたもので、知人に笑われるまで、普通のことだと思っておりました。
天日干しのアジの開きでやると、なかなかうまいんですよね、これ。本格的な吸い物には負けますが、ちょっと香ばしくて粗野な味が、オツなのです。機会があればぜひお試しください。

ゼンメの煮付けのまた写真を見ていたら、つゆをご飯にかけて食べたくなっちゃいました。お魚だけは、日本人だけで独占したいなあ。
  1. 2011-07-02 20:12
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>
>>アジの開きを3度楽しむ! 凄い! これは知りませんでした。
>
>子供のころ、普通にやっていたもので、知人に笑われるまで、普通のことだと思っておりました。
>天日干しのアジの開きでやると、なかなかうまいんですよね、これ。本格的な吸い物には負けますが、ちょっと香ばしくて粗野な味が、オツなのです。機会があればぜひお試しください。
>
>ゼンメの煮付けのまた写真を見ていたら、つゆをご飯にかけて食べたくなっちゃいました。お魚だけは、日本人だけで独占したいなあ。


つい最近までそういう食べ方が当たり前でした。
何せ冷蔵庫が無い時代では生の魚など手に入りません。
そこで開きや丸干しにする、そんな美味しい物を残しては勿体無いので食べつくす。
私も魚を食べてから骨や頭を焼いて食べるのは好きです。
特に秋刀魚の頭なら他の人の分まで貰って食べたり・・・
或いは骨湯にして飲む、これも好きなのですが、骨湯の次に焼く、これだけは思いつかなかったということです。

そう言えば私の仲間の釣り好きはこの頃アジなどの開き作りにはまっています。
開きは冬に寒風で干すのが美味しいのですが、忙しい人には難しい。
そこでやるのが冷蔵庫に入れて乾かす方法。
開いて軽く塩水に通して冷蔵庫に、(ラップはかけない)
3日目が美味しいとか、4日目か良いとか色々言ってます。
  1. 2011-07-02 22:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ヒイラギじゃないですか。
何で煮つけにするんですかあ~~~
刺身が一番なのに~~~これ幻のすし種ですよ。食いたい…
マアジより旨いかも知らんのに。

これ煮魚にするんだったら圧力鍋使えばかなり柔らかくなりますよ。
缶詰の鯖缶みたいになります。

骨使ってダシとるとか、骨焼いて食うってスタンダードじゃないんすか…
包丁で叩いてフリカケで食う、当たり前だと持ってましたが…

煮魚は朝御飯には飯の上、これも当たり前でしょう。

このヒイラギ、未利用魚ということで殆ど出ません。おかしな話です。

小生などは魚は何でもござれですから、種類関係なく鮮度のいい魚を持ってきてそれから旨く食う方法を考えりゃあええと思ってるんですが、常識は逆なんですかねえ。
  1. 2011-07-03 01:10
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>ヒイラギじゃないですか。
>何で煮つけにするんですかあ~~~
>刺身が一番なのに~~~これ幻のすし種ですよ。食いたい…
>マアジより旨いかも知らんのに。
>
>これ煮魚にするんだったら圧力鍋使えばかなり柔らかくなりますよ。
>缶詰の鯖缶みたいになります。
>
>骨使ってダシとるとか、骨焼いて食うってスタンダードじゃないんすか…
>包丁で叩いてフリカケで食う、当たり前だと持ってましたが…
>
>煮魚は朝御飯には飯の上、これも当たり前でしょう。
>
>このヒイラギ、未利用魚ということで殆ど出ません。おかしな話です。
>
>小生などは魚は何でもござれですから、種類関係なく鮮度のいい魚を持ってきてそれから旨く食う方法を考えりゃあええと思ってるんですが、常識は逆なんですかねえ。


美味しい魚です。
しかし当地方でも食べる人は少数派、あまりにも食べにくいからです。
このゼンメは食べに行ったメシ屋に丁度入荷したばかり。
そこでシメシメといただいた物です。

未利用魚なんですか、
矢張り食べにくいのが敬遠されるんでしょうね。
  1. 2011-07-03 18:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する