2011-05-12 13:27

給湯を電気からガスに切り替えます

 我が家では新築以来給湯は深夜電力利用の温水器と太陽ヒーターを組み合わせたものを使ってきました。

然し新築以来29年使ってきたので水漏れが始まり、機器の更新を検討してきました。

その折最初は本気ではなかったのですが、給湯をガスに切り替える事も念のため検討してきました。

 

其処に寝耳に水の中部電力浜岡原発の停止、コレで腹を決めました。

昨日ガス屋さんに「電気温水器からガス給湯に変える、すぐ手配してくれ。」 こう頼みました。

 

世の中オール電化の風潮ばかりなのですが、こんな結論にしたのは以下の理由です。

 

「湯を沸かす目的だけなら」

・天然ガスを自宅まで引いてきて(これは今でも有り)、コレで湯を沸かす

或いは

・天然ガスを発電所で燃やして電気にし、それを電線で引っ張ってきて、それで自宅で湯を沸かす。

(つまり発電ロス・送電ロス・熱への変換ロスが有る)

このどちらが良いかの選択です。

 

勿論電気には深夜電力割引があるのですが、それを考慮に入れてもコスト的には大きな差は無さそう。

そんな事でこんな風に決めました。

 

そして私の使う深夜電力などホンの微々たる物ですが、企業で、個人で出来る物から電力から他のエネルギーに転換し、日本企業の生産活動をエネルギー面でも助けたい。

このままでは日本企業は壊滅ではないかと心配している為です。

 

今日の日経新聞1面

 

 

震災から既に2ヶ月。

日本が苦しんでいるのは世界中が理解している。

しかし世界は待ってくれない。忍耐が限界に見ているのではないか。

 

残念ながら日本政府・・空き缶政権は世界に「今何がどうなっているか」発信していない、しようという気もない。

日本のどの工場がどうなって、見通し・生産再開計画がどうなっているか?

世界は早く政府としてもコメントを待っている。

 

と大げさな事を書きました。自分の出来ることはこんな事しかないが、それでも一個人としてやれることはやりたいということで。

貧者の一灯です。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する