2009-04-12 17:06

タイの政治混乱中<続>

何とも困ったことをやってくれたものだ。

タイのタクシン派赤シャツ集団によるアセアン会議妨害である、

つい最近までタイの首相として自らが参加していたアセアン会議、

それを自分の私利私欲のためだけにぶち壊していいものか、それすら分からないほど今は尾羽打枯らしたと言うことか。

 

所でタクシンの実像は一体どんなものだったのか?

 

タクシンは1949年7月生れ、

警察官僚出身だが警察時代からいろんな事業をやっており(タイの警察官は給料が安い為副業をやる人が多い)、

中でも丁度普及し始めた携帯電話事業の営業権を政府から取得、AISと言うこの事業が大当たりした。

1987年 警察を辞職、

1994年 政治活動を開始

1998年 タイ愛国党設立

2001年 政権についた

 (わずか20数年でタイ一番の富豪といわれる富を築いた訳だ)

 (タクシン政権では閣僚や側近に元タイ国共産党員が多数いることが特徴

  今回の赤シャツ集団の指導者の中にも元タイ国共産党員で

  永年獄中につながれていた人物がいるとの噂もある

2006年 株の売却問題で批判され、総選挙には勝ったが結局退陣表明、

      しかしその後も暫定首相として居座り

2006年9月 軍事クーデターで政権を追われる

2007年12月 総選挙でタクシン派が圧勝、タクシン派(タクシンの妹婿)の首相が就任 

2008年12月 タクシン派の首相、PAD(黄シャツ集団)による空港占拠などの混乱で退陣、反タクシン派の現首相となった。

 

所でタクシン政権の主な政策は

1) 風俗店取締り強化によるクリーンさアピール 

 

2) 麻薬取り締まり強化

   これはブラックリストに基づき強制逮捕・処刑

   中には無実の人も多く、反対勢力一掃の狙いもあった

   死んだ人・・民間人~2500人以上、軍・警察の殉職者25人

   逮捕者・・9万人

 

3) 健康保険制度の整備や30バーツ医療 

    この政策は北部や東北部の貧しい農民には素晴らしい政策ではあった、

   だからタクシンが圧倒的な支持を受ける原動力になった、

   しかし実際には財源を確保しないばら撒き政策で歪が多く、

   実施段階ではいろんな問題を抱えている

   (そりゃそうだ、いくら人件費の安いタイでも1回100円程度で最新の医療を受けさせるのが大変なのは誰でもわかる)

   しかもこの制度、都会に住んでいる人にはほとんど受けられない・・この件は別の機会に詳細を書く予定

   

4) 一村一品運動による田舎の活性化

   日本の一村一品運動にヒントを得てタイ全土で展開

   OTOP(One Tambon One Product :Tambonはタイ語で村)と呼ばれるこの運動、

   今まで日の当らなかった田舎に日を当てたものとして評価されている

 

5) 公的資金を大量に投入する経済政策

 

 

この様に良いこともやるが、麻薬の事例のように無実の人を殺してでも進めてしまうのがタクシン

その上タクシン流のためには多額の財源が必要になる。

これは政府としてもばら撒きの為に必要だが、タクシン派としてもばら撒きのために多額の金が必要だった。

 

このためタクシンが政権に就くと早速やったのが日系企業ターゲットの金集め作戦、

まずBOI(投資奨励委員会)という企業誘致を行っている部署の長官の首を挿げ替えて

自分の息のかかった人物をすえた、

その上で実行部隊には

今金を取れるのは日系企業だけ、どんなむちゃくちゃをしても良いので金を取れ」との指令を出した。

勿論タクシン自体は日本には「タイはこんないい事が有りますよ、是非進出してください」と二枚舌を使っている。

 

これはBOIだけでなく税関などあらゆるところで日系企業ターゲット金集め作戦が行われ、

ある企業では些細なことでイチャモンを付けられ億の単位の追徴金を取られたりしている。

 

さらにタクシン個人が、或いはタクシン派が金が欲しい為裏金集めを大々的にはじめたので、

上がやるなら下もやる」、警察をはじめ色んな所で汚職が蔓延し今日に至っている。

 

これが金満タクシンの実像なのだ。

手元にタクシンの金満ぶりの一端を示す資料があるので紹介しよう。

「タイ株長者番付2005年版」と言う記事がある、

クーデターで失脚する前年のデータだがこれによると

1位: タクシンの長女ピントンター・チナワット(23歳)191,0億バーツ

2位: タクシン夫人の兄バンナポット・ダマポン 165,8億バーツ

3位: 非タクシン系華人で住宅開発会社社長アナン・アサワポーキン149,0億バーツ

4位: タクシンの長男 パントンテー・チナワット(26歳)120,6億バーツ

 

所でタクシン本人には保有株は無く、ポチャマン夫人は1,2億バーツと少ない、これはタイの憲法で大企業株主は大臣になれないため名義を変更した為にこうなったもの。

株だけでこんなものである、これだけの蓄財をするためにはどれだけのことをしていたか分かろうと言うもの。

 

タクシンは良いこともどんどんやる、口を開けばうまいことを言う。

だが中身は汚職で腐っている、やることも絵に描いたもちでうまく行かない。

典型的な二枚舌である。

 

とここまで書いてみたらこんな人物は日本にもいた!

仲間に元共産党員(或いは同等人物)がいるところまでそっくりではないか。

 

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する