2011-02-22 22:36

ベンチポート(空気抜き)のある車

今日は息抜きに空気抜き(ベンチポート)のある車を紹介。

 

 

 

散歩の途中、町で見かけたクラシックカー。

 

洒落た町の小さなレストランのショーウインドー代りの車。

確かこれはビュイックの54年型ロードマスターではなかったか・・・

 

若い頃こんな車を見ると、いつかはこんなクルマで可愛い女の子とドライブ、などと夢見ていたものだが・・・ 遠い昔です。

 

フロントフェンダーの4つの穴はベンチポートといってビュイックの看板。空気抜きの為の穴となっているが機能上は意味がない飾りである。

勿論今の車にはついていない。

 

 

現代の車は機能的には洗練されているが遊びがない。

これは最新型のビュイック リーガル

 

無駄のない美しいデザインである。

ベンチポートなどと言う見た目だけの、意味のないものはついていない。

だがこの車には夢がない。

 

 

同じ空気穴があるならこんな車

 

これは私には見果てぬ夢のまた夢の車。

メルセデス300SL。

 

こんな夢の車を見たところで 本日はおやすみなさい。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんばんは。
あれは、空気抜きの穴だったんですね!!また一つ勉強になりました。

>フロントフェンダーの4つの穴はベンチポートといってビュイックの看板。

BUICKはどうしてあんなところに穴があるのかとずっと不思議に思っていました。
でも、多分、今の車もついていると思います。
BUICKのサイトで2011Lucerneを見てみてください。名残みたいなのがついてませんか?ベンチポートもどき、なのかと思われます。

いや、でも、何故BUICKにあれがついているのかがわからなかったので、すっきりしました。有り難うございました。

>これは私には見果てぬ夢のまた夢の車。
メルセデス300SL。

良いですねー!!私も古いMB大好きです。
良い車はいつまでも魅力がありますね。
最近の車は本当にそういう、ずっと乗り続けたいと思わせるようなのが少ない様に思います。
  1. 2011-02-23 22:10
  2. URL
  3. kei-iza #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kei-izaさん

>あれは、空気抜きの穴だったんですね!!また一つ勉強になりました。
>
>>フロントフェンダーの4つの穴はベンチポートといってビュイックの看板。
>
>BUICKはどうしてあんなところに穴があるのかとずっと不思議に思っていました。
>でも、多分、今の車もついていると思います。
>BUICKのサイトで2011Lucerneを見てみてください。名残みたいなのがついてませんか?ベンチポートもどき、なのかと思われます。
>
>いや、でも、何故BUICKにあれがついているのかがわからなかったので、すっきりしました。有り難うございました。


いや知りませんでした。未だにベンチポートの名残が残っているんですねえ。
あれは建前はエンジンルームの熱を抜く為との触れ込みでした。
但し実際にダクトがついていたのかは私は知りません。

参考までに日本ではトヨタ2000GTの弟分でトヨタ1600GTと言うのが有りました(もう40年以上前の話)。
これにベンチポートがついてまして実際にダクトがついていました。
(効果の程は不明)

>>これは私には見果てぬ夢のまた夢の車。
>>メルセデス300SL。
>
>良いですねー!!私も古いMB大好きです。
>良い車はいつまでも魅力がありますね。
>最近の車は本当にそういう、ずっと乗り続けたいと思わせるようなのが少ない様に思います。

今の車は無駄のない合理的なクルマで、勿論性能も耐久性もいいのですが、引き換えに魅力を失ったようです。
悲しいことです。

余談ですが300SLのフェンダーのベンチポートはエンジンルームの熱を出す為ではなく、ブレーキの熱を出す為です。
当時はディスクブレーキは無く、全てドラムブレーキでしたので。
  1. 2011-02-24 07:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

300SL、いいですねえ。死刑台のエレベータでしたっけ、あの映画に出ていたのを見たときは、しびれました。特に、本国用の、縦長のヘッドライトのついたヤツは、最高です。

私、メルセデスベンツの車は「基本的なラインは美しいのに、完成車はなんでこんなに野暮ったいの?」といつも思っているのですが、300SLと、60年代の300SEL6.3は大好きです。あ、ウーレンハウト用に作った300SLRという変態車の中身もカッコよかった(写真で見るだけですが)。
  1. 2011-02-24 16:39
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>300SL、いいですねえ。死刑台のエレベータでしたっけ、あの映画に出ていたのを見たときは、しびれました。特に、本国用の、縦長のヘッドライトのついたヤツは、最高です。
>
>私、メルセデスベンツの車は「基本的なラインは美しいのに、完成車はなんでこんなに野暮ったいの?」といつも思っているのですが、300SLと、60年代の300SEL6.3は大好きです。あ、ウーレンハウト用に作った300SLRという変態車の中身もカッコよかった(写真で見るだけですが)。


300SLRというと如何してもあの悲劇のル・マンを思い出します。
あの時からイギリスとドイツの果てしない自動車戦争が始まったのかもしれません。
結果イギリスは破れたのですが、ル・マンの大惨事の原因を作ったホーソンは確かその後公道でベンツと競争して事故死したはず・・・
私にはメルセデスは(会社の名前はダイムラーですが)今でもあの時の無念さを引きずっているような気がします。

そして最近のグッド・ニュース、300SLのリバイバルカーが発売されました。
でも日本での価格は余りにも高すぎる・・・
矢張りふるさとは遠きにありて思うものでしょうか。
私はミニチュアカーで我慢します。
  1. 2011-02-24 20:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 アメリカの車の機能上は意味のない飾りというとフィンを思い出しますね。どの車もテールの両側に背びれのようなものを誇らしく立てていましたし、一時はベンツさえも真似ていましたから。

 もちろん今のスポイラーなんぞとは違い空力にはいっさい関係がないシロモノでしたが。
  1. 2011-02-25 10:08
  2. URL
  3. ご隠居 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ご隠居さん
> アメリカの車の機能上は意味のない飾りというとフィンを思い出しますね。どの車もテールの両側に背びれのようなものを誇らしく立てていましたし、一時はベンツさえも真似ていましたから。
>
> もちろん今のスポイラーなんぞとは違い空力にはいっさい関係がないシロモノでしたが。


懐かしいですね、テールフィン。
テールフィンのついたクライスラー・ニューヨーカーなどは、都会の風景にぴったりでした。
無駄のないデザインはいいのですが、今の車には夢がない。
私は個人的には光岡自動車に頑張ってもらいたい・・・
  1. 2011-02-25 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

新型の300SLが出たんですか!! 人生何回やり直しても買えそうにない私は、同じ夢を見るならやっぱり旧型がいいですね。大昔のSSKと並び、メルセデスベンツの中では、出色の美しさだと思います。
テールフィンも、懐かしいですねえ。小さい頃のごく一時期、すごくカッコよく見えたのに、あっという間に色あせちゃったのはなぜなんだろう。今ならワックスがけして光らせるだけでも楽しそうですが。

しかし、昔の車って個性的ですよね。300SLRのクランクが組み立て式だと本で読んだとき、バイクの圧入式クランクを思い浮かべ、「8気筒も圧入なんかしたらグニャグニャになるんじゃないの?」などと思いましたが、後年、組み立て式クランクの図を見てびっくり。1950年代に、あんな複雑な構造のクランクを作っていたんですね。

その他、4気筒エンジンを縦につないで真ん中から出力を取り出したり、カムふたつでバルブの開け閉めをしたり、巨大なインボードドラムのブレーキを使ったりと、当時のよさげな技術テンコ盛り。あの車と比べると、同時代の日本車がおもちゃに見えますもん。今とは隔世の感がありますね。
  1. 2011-02-25 21:14
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>新型の300SLが出たんですか!! 人生何回やり直しても買えそうにない私は、同じ夢を見るならやっぱり旧型がいいですね。大昔のSSKと並び、メルセデスベンツの中では、出色の美しさだと思います。

でもリバイバル300SLは高すぎる。2430万円だとか・・・

>テールフィンも、懐かしいですねえ。小さい頃のごく一時期、すごくカッコよく見えたのに、あっという間に色あせちゃったのはなぜなんだろう。今ならワックスがけして光らせるだけでも楽しそうですが。

機能的に意味がないという以外に多分コスト的に高すぎ、これも大きな理由だと思います。どう見ても当時のプレス加工技術では無理で、コストがかかりすぎる。

>しかし、昔の車って個性的ですよね。300SLRのクランクが組み立て式だと本で読んだとき、バイクの圧入式クランクを思い浮かべ、「8気筒も圧入なんかしたらグニャグニャになるんじゃないの?」などと思いましたが、後年、組み立て式クランクの図を見てびっくり。1950年代に、あんな複雑な構造のクランクを作っていたんですね。
>
>その他、4気筒エンジンを縦につないで真ん中から出力を取り出したり、カムふたつでバルブの開け閉めをしたり、巨大なインボードドラムのブレーキを使ったりと、当時のよさげな技術テンコ盛り。あの車と比べると、同時代の日本車がおもちゃに見えますもん。今とは隔世の感がありますね。

最近日本でも三菱やトヨタが直噴の燃料噴射を出しました。その時研究したのがこの300SLだったそうです。
やはりこの技術は凄かった。
  1. 2011-02-26 06:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する