2011-02-11 14:18

トヨタ叩き収束<失ったものと分かった事

トヨタ「安全」判定 あの騒ぎは何だったのか

2011/02/10 08:47更新

【主張】

 一体、あの騒動は何だったのか。米国のトヨタ車で不具合が指摘されていた電子制御システムをめぐり、米運輸当局が「欠陥は見当たらなかった」と調査結果を発表、トヨタ自動車の主張がようやく認められた。

 調査は米運輸省と航空宇宙局(NASA)が行い、加減速を調節する電子制御システムが安全か否かを究明した。その結果、大半の事故の原因がアクセルとブレーキの踏み間違いだったと判明した。電子システムは自動車の中枢部である。その安全性が米専門家の調査でも確認されたことは歓迎したい。

 これからもトヨタは安全対策を徹底すべきだ。問題は、議会公聴会などで消費者の不安をかき立てた米側の姿勢だ。日本政府も証拠に基づき米側に反論するなどもっと毅然(きぜん)としてほしかった

 

・・・以下略 ・・・

詳細は下記参照ください

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/490911/

 

引用者注:「調査は米運輸省と航空宇宙局(NASA)が行い 」と引用文に書いてあるが、このアメリカ航空宇宙局(NASA)というのは記者の間違い、発音は同じように「ナサ」と聞こえるがアメリカ運輸省道路交通安全局(NHTSA)である。

 

<引用終り>

 

これは完全なマスゴミの後出しジャンケン、いかにも自分達は最初からこんな事は主張していたかのごとき話。

まあNASAとNHTSAの区別もつかない阿呆な記者の言う事、本気にして怒る方が馬鹿馬鹿しいが・・・

然しこの話は置いといて、何を失ったか、何が分かったかを考えたい。

 

 

 

トヨタにとって最大の「失ったもの」、それはクルマ、特にプリウスの電子制御技術そのものである。

プリウスのように極めて高度な電子制御技術は現物を買って来てバラした位では簡単に分かる物ではない。

アメリカがやった事、それを調査と称して、全ての開発データを提出させる・・・これは体のいい産業スパイである。

 

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の要求は極めて具体的で有った筈。トヨタの技術・ノウハウを丸裸に

そしてそれは当然GMなどには筒抜け、トヨタは高額の罰金を取られ、おまけに技術はライバルメーカーに盗まれ、散々な目にあった。

 

そして早々とGMから技術パクリ車が出るようだ。

 

これはパクリ第2号のビュイック・リーガル。今年の秋にこれのハイブリッド(eアシストという名前)が発売される。(今月のシカゴ・モーターショーで公表)

詳細は以下を参照ください

http://www.asahi.com/car/newcar/TKY201102100088.html

このハイブリッド、マイルドハイブリッドと呼ばれるもの。小型のモーターと小型のバッテリーを組み合わせたもので、プリウスなどのフルハイブリッドとは全く別物。

 

パクリ第1号はビュイック・ラクロス、今年の夏に発売予定(昨年11月に公表)

 

 

 

何故パクリといえるのか。GMはハイブリッドを従来シボレー・マリブなど3車種で市販していた。そしてその燃費性能が良くないため2009年で販売を打ち切っている。つまり失敗作な訳だ。

勿論この打切り頃には次の新しいハイブリッドシステムの開発をしているとは言っていた。

 

しかし電気モーターとエンジンの組み合わせをいかにコントロールするかは極めて難しい技術、この開発技術陣のところにプリウスの極秘データが持ち込まれたのは間違い無い。

その結果生れたのがこの新ハイブリッドである。

 

更にこの背景をもう一つ、このビュイック・リーガルはドイツのオペル製。オペル・インシグニアのOEMである。

以前GMがオペルを売却することにし、ドイツ政府にカネを出させながら最終的に売却しない事にした、それでドイツ政府などともめた経緯がある。

この事情の裏にGMがこの車が欲しかったからだ等の噂があるが、GMならやりそうなこと。

そして此処にハイブリッド技術を盛り込むのに、トヨタからのパクリ技術を使うのもいかにもありそうな話なのである。

(注:あくまで噂話である、しかし火に無い所に・・・)

 

 

こんな事でアメリカ政府を挙げての詐欺・強請・たかり事件、それがこのトヨタ叩きだった

 

流石にアメリカのマスコミも声を上げている。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110210-OYT1T00286.htm?from=navr

 

 

トヨタは沢山の物を失った、然し得た物もある。

中でも最大の収穫はアメリカ議会の公聴会に出たその日に、アメリカCNNの人気トーク番組ラリー・キング・ライブに出演した事である。

ラリー・キング・ライブは昨年12月惜しくも終わってしまったが、トーク番組として25年半も続いた、ギネスにも登録されている長寿番組。

歴代の全ての大統領のインタビューをするなど永年人気を保持してきた。

 

ラリー・キング・ライブに出演した豊田氏

 

この番組は今ではユーチューブでも削除されているので見られないが、以下に日本語の概略紹介がある。

http://www.accesseast.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=3&block_id=112&comment_flag=1

 

 

このラリー・キング・ライブで自動車メーカーのトップとして「日本のもの造りの心」をしっかり訴えた

この1時間の番組で豊田社長は当時の日本の首相鳩ポッポが百万年かかっても出来ない日本のPRが出来たと思う

この番組はアメリカでは反響が大きく、その後10日ほど時間を変え何度も再放送されていた。

 

余談だがこの時豊田社長が通訳を使ったので、「国際企業の社長が英語も出来んのか」とマスゴミに叩かれた事がある。私はこの番組を生で見ていたので分かるが、豊田氏はラリー・キングが何か言うと即座に日本語で回答する。つまり英語から日本語には通訳なし、それを日本語で回答し、英語に通訳してもらっていた。生半可な英語力ではこんな事は出来ない、しかし何にも知らないマスゴミは面白おかしく報道していた。マスゴミの害毒の一例。

 

 

このトヨタ叩きではもう一つハッキリした事がある。

それは日本企業の敵は日本政府だということである。

此処にその例を一つ

 

 

これはレスポンスより引用

 

日本企業の敵は日本国政府であった。前原はその代表の1人。

日本のマスゴミももっとしっかり事実を報道してもらいたい物である。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

No title

事情を知らぬ私ごときから見ると凄い話です。米国運輸省、GMにはハイブリッドのノウハウが盗まれたのですね。ブレーキの踏み間違い(?)で騒いだユーザーはサクラじゃないですか。

前原さんは、仮にトヨタが黒でもしらばっくれてトヨタを守るべき立場。それを背後からナイフで刺すようなコメントは許せない。
「顧客の視点」なら顧客が見ている。政治家がマーケティングに口出しするのは共産主義国家です。
こんな大臣では、新幹線の技術もリニアも外国から身ぐるみ剥されてしまいます。

事件当時、日本国民はトヨタを非難しませんでした。アメリカはおかしい、狂っているというのが国民の目だったと思います。

私はガソリンを食わないプリウスを、貧乏人の乗用車と称して愛用しました。7年乗って昨夏SAIに乗り換えました。貧乏人の上級車と称して乗っています。
  1. 2011-02-11 16:46
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 これ産経新聞も他の日本のマスコミも、一緒になってトヨタ叩きをしていましたよね。
 しかもあのトラブルは最初から、少し車に詳しい人ならすぐにオカシイと思うような話なのに。

 
  1. 2011-02-11 17:37
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

報道ステーションでは、何かあるとすぐ実物を使って説明するのに、あの時は最後まで、アメリカ製のゴムマットも戻らないアクセルペダルも出てこなかった。
代わりわりに、真っ白な発泡スチロールで作った大きなペダルの模型を使って説明していた。全く何が悪いのか判らなかった。
なんとも変だった。
  1. 2011-02-11 18:31
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 もう何と言ったものやら・・・・。

 http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/7fd41f2ead0ef57688365953162d909d?fm=rss

 前原や日本のマスコミと全く同じメンタリティーです。
  1. 2011-02-11 19:04
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>事情を知らぬ私ごときから見ると凄い話です。米国運輸省、GMにはハイブリッドのノウハウが盗まれたのですね。ブレーキの踏み間違い(?)で騒いだユーザーはサクラじゃないですか。
>
>前原さんは、仮にトヨタが黒でもしらばっくれてトヨタを守るべき立場。それを背後からナイフで刺すようなコメントは許せない。
>「顧客の視点」なら顧客が見ている。政治家がマーケティングに口出しするのは共産主義国家です。
>こんな大臣では、新幹線の技術もリニアも外国から身ぐるみ剥されてしまいます。
>
>事件当時、日本国民はトヨタを非難しませんでした。アメリカはおかしい、狂っているというのが国民の目だったと思います。
>
>私はガソリンを食わないプリウスを、貧乏人の乗用車と称して愛用しました。7年乗って昨夏SAIに乗り換えました。貧乏人の上級車と称して乗っています。

前原大臣は本来なら「頭を丸めて土下座して」お詫びせねばいけない立場。
今は何食わぬ顔です。
こんな奴こそ八つ裂き・獄門・晒し首です。

しかし事件当時(そして今でも)日本国民は冷静ですね。
幾らアメリカが、そしてマスゴミが叩いても信用していなかった。
今考えると矢張り日本人は馬鹿じゃなかったと思えます。
  1. 2011-02-11 21:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> これ産経新聞も他の日本のマスコミも、一緒になってトヨタ叩きをしていましたよね。
> しかもあのトラブルは最初から、少し車に詳しい人ならすぐにオカシイと思うような話なのに。

そうなんです。あんな馬鹿なこと、すぐ分かる。
1年前の公聴会で証言したおばさん、凄い事を言ってました。
160キロで走っていたら暴走し制御不能、ギヤをパーキングに入れても、バックに入れても止まらない・・・
これを聞いておかしいと思わなかった人はいません。
おかげでこの話が可笑しい事が皆に分かってしまった・・・
アメリカは愚かな事をしたもんです。
  1. 2011-02-11 21:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>報道ステーションでは、何かあるとすぐ実物を使って説明するのに、あの時は最後まで、アメリカ製のゴムマットも戻らないアクセルペダルも出てこなかった。
>代わりわりに、真っ白な発泡スチロールで作った大きなペダルの模型を使って説明していた。全く何が悪いのか判らなかった。
>なんとも変だった。


そうですよね。実は私はアクセルペダルの形の歴史を知っています。
昭和30年頃までは吊り下げタイプと言って今と同じような形。
その後オルガンタイプと言って、オルガンのペダルのような形。
このほうが本当は踏みやすいのです。
然しその後又吊り下げタイプに戻った。
理由はオルガンタイプはゴミが溜まったりすると動かなくなる。
だから安全上の理由で変えたのです。
分厚いフロアマットも当然計算済み。難しい話だと思います。
しかし車メーカーとしてはそれは言えない。

しかし日本のマスゴミの勉強不足、ホント困った事です。
  1. 2011-02-11 21:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> もう何と言ったものやら・・・・。
>
> http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/7fd41f2ead0ef57688365953162d909d?fm=rss
>
> 前原や日本のマスコミと全く同じメンタリティーです。

情報有難うございます。
私もある程度ありそうだとは思っていましたが、こんなに酷いとは・・・
1年前の公聴会のとき、ホントはもう1人証人が出るとの話があったのです。
その人は「高速走行中ハンドルを右に切ったら車は左、ハンドルを左に切ったら車は右」、こんな暴走をして道路脇の立ち木に激突。
この人は在米韓国人だったので韓国では大々的に報道された。
しかし日本では報道されていないようです。あまりにも馬鹿馬鹿しいのでこれを証人に出せばかえってマイナスとの判断だった・・・。

しかしよもぎねこさんのこの情報、矢張りこれは専門家に解説して欲しいですね。
コリアウォッチャーのご隠居さんに詳しく解説していただきたい所です。
  1. 2011-02-11 22:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>問題は、議会公聴会などで消費者の不安をかき立てた米側の姿勢だ。日本政府も証拠に基づき米側に反論するなどもっと毅然(きぜん)としてほしかった。

シナリオ通りの展開とマスコミの後出しアリバイですね。

こんな事を今さら産経如きが「主張」で言えた事か。

トヨタはマスコミへの出稿を一切引き上げれば良い。

いまだってCMは保険料みたいなものだ。

機能しない裏切者保険は切捨て解約すれば良い。

宣伝は直接セールスマンを街に出して直販すれば良い。

販売会、販売会、販売会ですよ。

それの方が社員も活性化して企業活力がでる。

企業宣伝はマスメディアの時代から社員個々のネットワークとネットの口コミを利用した「パーソナルメディア」の時代に切り変えて行かなくてはなりません。

企業がCMを人質に言論統制などと反論するだろうがその内マスコミは音を上げる。
  1. 2011-02-12 08:21
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>米国トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものと判明

これは当初から言われていた事ですね。
日本のメディアは陰謀論の如く見做して一切報道しない。
僕も以前に何処かのコメントで書いた事が有りますが
米国の弁護士が在米韓国人の反日感情を利用して「起した」反トヨタキャンペーンの手法だと言うのがサクラメントにいる僕の友人(弁護士)の解説でした。
日本人は韓国人には非常にナーバスになる「習性」をも織り込み済みの作戦ですね。
何度も言いますが「世界は腹黒い」のです。
しかし、それが普通なのです。
日本人だけが平和でピースなどと能天気な思い込みに浸っている。
この事は短足おじさんなどの様に海外で活躍された方には噴飯物に感じるでしょう。

豊田社長が「日本のもの造りの心」をしっかり訴えたのは一般の色の付かない米国人の心にも良い感触を与えたと言うのもその友人の指摘でした。





  1. 2011-02-12 08:33
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>シナリオ通りの展開とマスコミの後出しアリバイですね。
>
>こんな事を今さら産経如きが「主張」で言えた事か。
>
>トヨタはマスコミへの出稿を一切引き上げれば良い。
>
>いまだってCMは保険料みたいなものだ。
>
>機能しない裏切者保険は切捨て解約すれば良い。
>
>宣伝は直接セールスマンを街に出して直販すれば良い。
>
>販売会、販売会、販売会ですよ。
>
>それの方が社員も活性化して企業活力がでる。
>
>企業宣伝はマスメディアの時代から社員個々のネットワークとネットの口コミを利用した「パーソナルメディア」の時代に切り変えて行かなくてはなりません。
>
>企業がCMを人質に言論統制などと反論するだろうがその内マスコミは音を上げる。

今こそやるべき、その時ですね。
日本のマスゴミはNHK始め全部一度倒産させて、ご破算で願いましては~、
こうすべきです。
  1. 2011-02-12 09:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>>米国トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものと判明
>
>これは当初から言われていた事ですね。
>日本のメディアは陰謀論の如く見做して一切報道しない。
>僕も以前に何処かのコメントで書いた事が有りますが
>米国の弁護士が在米韓国人の反日感情を利用して「起した」反トヨタキャンペーンの手法だと言うのがサクラメントにいる僕の友人(弁護士)の解説でした。
>日本人は韓国人には非常にナーバスになる「習性」をも織り込み済みの作戦ですね。
>何度も言いますが「世界は腹黒い」のです。
>しかし、それが普通なのです。
>日本人だけが平和でピースなどと能天気な思い込みに浸っている。

世界は腹黒い、そして特亜はその何億倍も腹黒い。
それを明らかにすべきです。


>豊田社長が「日本のもの造りの心」をしっかり訴えたのは一般の色の付かない米国人の心にも良い感触を与えたと言うのもその友人の指摘でした。

同感です。
少なくとも公聴会、それに続くラリー・キング・ライブを見た人は皆そう感じたでしょう。
ただし日本ではそんな事は欠片も報道されませんでした。

しかしこの1年、世界は特にアメリカを取り巻く環境は劇的に変わろうとしています。
アメリカ的価値観が崩壊している、それはクライメイトゲート事件、エジプトの政変などで明らかになってきました。
日本の役割が今ほど重要なときはないと見ていますがどうでしょうか。
  1. 2011-02-12 09:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 シボレーボルトの発売以来、結構ウォッチングしてみたんですが売れてるという割に一般ユーザーの試乗記事を見ません。シボレーボルト自体は、シリーズハイブリットを貫いたようですが、あの用法では絶対に破綻が来ます。FCの実用化がなければ相当に厳しいわけで、米国自動車業界はそのときに備えてプリウスの制御回路をを差し押さえたのでしょうか。
 しかし、こうなってしまうと一体プリウス特許自体どうやって守ることが出来るのか少々疑問です。誤動作を名目に国の機関が差し押さえる。
トヨタをGMに変えアメリカを日本にしたら、一体どういう反応を示すか、考えたら頭痛くなりませんか?
 ここは本来、日本政府が知的所有権保護の為に動かなくてはならず、アメリカ政府に対して連邦裁判所を通じてGM関係者のアクセス禁止だとか、名目は何でも言いのですが、GMにハイブリッド車販売禁止などの一定の仮処分かけねば駄目でしょう。
 いくらなんでもレフリーと相手チームが同じユニフォームを着てては、どう見てもフェアではない。
 これをやるのが政治主導でしょう。そして自動車労連はミンスの大旦那の一つだろうに…
 左翼内閣ならばこの辺で少しその片鱗を見せろといいたいところです。

 まあ無理でしょうが…

 小生が内閣関係者ならアメリカ製医療機器に対して独禁法あたりでイチャモンつけてやりますね。いいんです。報復なんだから、何だって。
 あれは本当に価格が異常です。あの1/3でお釣りがくるはずです。

  1. 2011-02-12 19:58
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> シボレーボルトの発売以来、結構ウォッチングしてみたんですが売れてるという割に一般ユーザーの試乗記事を見ません。シボレーボルト自体は、シリーズハイブリットを貫いたようですが、あの用法では絶対に破綻が来ます。FCの実用化がなければ相当に厳しいわけで、米国自動車業界はそのときに備えてプリウスの制御回路をを差し押さえたのでしょうか。

確かにシボレーボルトの試乗記事有りませんね。
今までに数度試乗記を見ましたが、往復30~40キロくらいの町乗りだけ。
そのレポートを読んだ範囲では何が何だか分かりませんでした。

> しかし、こうなってしまうと一体プリウス特許自体どうやって守ることが出来るのか少々疑問です。誤動作を名目に国の機関が差し押さえる。
>トヨタをGMに変えアメリカを日本にしたら、一体どういう反応を示すか、考えたら頭痛くなりませんか?
> ここは本来、日本政府が知的所有権保護の為に動かなくてはならず、アメリカ政府に対して連邦裁判所を通じてGM関係者のアクセス禁止だとか、名目は何でも言いのですが、GMにハイブリッド車販売禁止などの一定の仮処分かけねば駄目でしょう。
> いくらなんでもレフリーと相手チームが同じユニフォームを着てては、どう見てもフェアではない。
> これをやるのが政治主導でしょう。そして自動車労連はミンスの大旦那の一つだろうに…
> 左翼内閣ならばこの辺で少しその片鱗を見せろといいたいところです。
>
> まあ無理でしょうが…
>
> 小生が内閣関係者ならアメリカ製医療機器に対して独禁法あたりでイチャモンつけてやりますね。いいんです。報復なんだから、何だって。
> あれは本当に価格が異常です。あの1/3でお釣りがくるはずです。

なるほど、そういう所にもアメリカ的な異常さがあるのですね。
今エジプトでムバラク政権が崩壊しています。
オバマは喜んでいるようですが、自分達のやってきたアメリカ的価値観が否定されていることに気がつかないようです。
矢張り巷間噂されているように、オバマは歴代最低最悪の大統領だった事は間違いないようです。
  1. 2011-02-13 06:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ご参考まで、複線化が進んでいるようです。

チャチュンサオ-ケンコイ鉄道複線化、近く入札実施へ=投資額113億バーツ超-国鉄
 21日付のタイ紙プチャカーン(6面)によると、タイ国鉄は近く、チャチュンサオ-ケンコイ間の鉄道複線
化計画の工事入札を実施する予定だ。
 運輸省のチャンルン副次官によると、同区間は全長106キロで、投資額は113億4800万バーツ。設計書
の作成や環境影響の評価が完了し、同評価書について担当機関から承認を得次第、入札を実施する予定。国
鉄は入札に当たり、土木工事とシステム設定の2部分に分けて実施するという。(時事)
  1. 2011-02-13 17:06
  2. URL
  3. hetare-ojiji #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To hetare-ojijiさん
ご無沙汰しております。
情報有難うございました。
正直言ってビックリ、なるほどです。
ケンコイというのはサラブリから少しコラートよりの所。
此処にはタイ最大の財閥サイアムグループの本家サイアムセメントのでっかい工場が有ります。
この辺りは石灰岩の山なのでセメントを作るのには最適な所。
タイからの輸出品で最重要品目が昔からセメント。
そしてセメントの輸出には昔からトラック輸送が中心でした。
最近になってこのセメント輸送トラックあまり見かけなくなった。
どうもその頃このチャチェンサオ・ケンコイ間の新線が開通したようです。
この線は今でも貨物専用線、そして此処の輸送力増強の為複線化する、
そんな事情のようです。

これは全くの推定ですがこれが完成したら、次はチャチェンサオ・アランヤプタテートの複線化かもしれません。
今はカンボジアとドンパチやってますが、これが落ち着けば鉄道が開通するような気がします。
  1. 2011-02-13 22:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

はじめまして。ASEANの記事でここにたどり着いてから、ブックマークさせていただいていました。
マスゴミはダメなんだということを国民に知らしめないといけないと思います。関心のない人が多すぎて、怖いです。
前原のこの記事、紹介させていただきます。
よろしくお願いします。
  1. 2011-02-18 06:53
  2. URL
  3. luna888 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To luna888さん
>はじめまして。ASEANの記事でここにたどり着いてから、ブックマークさせていただいていました。
>マスゴミはダメなんだということを国民に知らしめないといけないと思います。関心のない人が多すぎて、怖いです。
>前原のこの記事、紹介させていただきます。
>よろしくお願いします。

いらっしゃいませ、コメント有難うございます。
ここにコメントいただく方はそれぞれの分野で一家言をお持ちの方なので、私も日々勉強させていただいています。

前原の記事、宜しければどうぞ自由にお使いください。
これからも宜しくお願いいたします。
  1. 2011-02-18 08:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 このエントリーをお借りしました。
  1. 2011-03-03 14:25
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> このエントリーをお借りしました。

有難うございます。宜しければ何時でもお使いください。
私が若干舌足らずのように感じましたので、よもぎねこさんのエントリーに若干補足させていただきました。
  1. 2011-03-03 17:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する