2011-02-08 22:01

シボレー ボルト 米国販売、まずは リーフ を上回る…1月実績

昨年12月に発売されたシボレーボルトのアメリカでの販売状況が分かった。

12月・1月の2ヶ月間の売れ行きなのだが

 

<以下レスポンスより引用>

シボレー ボルト 米国販売、まずは リーフ を上回る…1月実績

2011年2月4日(金) 18時06分 
 

日産リーフ』とGMのシボレー『ボルト』。ともに2010年末に米国市場へ投入されたということもあり、何かと比較されがちな両車だが、このほど丸1か月間の販売実績が初めて出揃った。

両社の発表によると、1月の米国新車販売台数は、リーフが87台、ボルトが321台。また2010年12月には、それぞれ19台、326台を登録しているので、累計セールスはリーフが106台、ボルトが647台となった。

この結果をどう見るべきか。ボルトは米国内の一部エリアでしか販売されておらず、全米でのリリースは年内。また、リーフもフル生産体制には移行しておらず、米国だけで2万台を超える受注は捌ききれていない。

ボルトは2012年の生産計画台数を6万台から12万台に引き上げる、というCEOの発言が報じられた。一方リーフについては、2011年に5万台、2012年後半には米国スマーナ工場、英国サンダーランド工場での生産を開始するとしており、これによりそれぞれ15万台と5万台の生産能力を有することになる。2012年以降が本格的な決戦時期となりそうだ。

現時点で両車の販売台数の甲乙を判断するのは早計だが、初動台数ではボルトがひとまずリードを取った形となった。

 

http://response.jp/article/2011/02/04/151475.html

 

<引用終り>

 

私は皆様にお詫びいたします。

1月14日のエントリーで、ボルトは初年度年産300台~500台と書きました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2112154/

 

然しこの予測は大外れ! なんと2ヶ月で647台も販売!

このまま行けば私の予想の10倍近い売れ行き、絶好調ではないか。(泣)

 

 

大雪の中を次々と積み出されるシボレーボルトの雄姿

 

同じハイブリッドカーの初代プリウスを見ると、98年には年間17700台ほど販売(月1400台~1500台)、

どんなクルマでも全くの新型車とはこんなものなのだろう。

 

鳴物入り・発売後は尻すぼまりと思っていたシボレーボルト、意外にも大健闘でした。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

見当違いの書き込みで失礼します。

GMが不振であった一昨年来、トヨタバッシングが続いて大騒ぎ。結局はトヨタに事故の責任は無いとの結論が出ました。(その間GMは時間を稼いだのか)
ワシントン・ポストは社説で「議会のヒステリーだった」と報じたそうです。ラフード運輸長官は娘にトヨタは買うべきか問われ「買うべきだ」と助言したと答えたそうで。

この一連の腹の立つ言い訳は、米国が日本人なら反論しないとタカをくって発言しているのでしょうか。
折を見て、短足おじさんさんのご意見をお聞きしたいです。

  1. 2011-02-10 18:38
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん

>GMが不振であった一昨年来、トヨタバッシングが続いて大騒ぎ。結局はトヨタに事故の責任は無いとの結論が出ました。(その間GMは時間を稼いだのか)
>ワシントン・ポストは社説で「議会のヒステリーだった」と報じたそうです。ラフード運輸長官は娘にトヨタは買うべきか問われ「買うべきだ」と助言したと答えたそうで。
>
>この一連の腹の立つ言い訳は、米国が日本人なら反論しないとタカをくって発言しているのでしょうか。
>折を見て、短足おじさんさんのご意見をお聞きしたいです。


全く猛烈に腹が立ちますね。
(古人曰く、腹立ちのぼる春の夕暮れ・・・字余り!)
一つは世界の基準となるべきアメリカが(これはとうの昔に崩壊してますが)ヤクザ同然の立ち回り。
そして日本の誇る技術をパクリ(朴李)国家宜しくパクッた事。
もう一つは日本の政府・・民死党政権です、彼等の付和雷同振り。
そしてそれに輪をかけたマスゴミ。

今そんな事を書いています。いま少しお待ちを。
  1. 2011-02-10 20:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する