2011-01-18 12:57

東京オートサロン<こんなクルマなら欲しい

 もう終わってしまったが1月14日~16日、東京オートサロンが開催されていた。

クルマのチューニング・ドレスアップの総合展示会なのだそうだが、こんな車なら欲しい、そんな物がある。

 

 

 

このクルマ、懐かしいトヨタ2000GT・・・?

フロントビュー

 

そして内装も

 

リアビューも

 

いやあ、こんなクルマなら欲しいですねえ。

でも正体は

 

 

 

<以下レスポンスより引用>

【東京オートサロン11】トヨタ 2000GT レプリカ、ベースは…

2011年1月15日(土) 22時15分 
 

東京オートサロン、ロードスターガレージのブースに、どこから見てもトヨタ『2000GT』にしか見えない車両が展示。多くの来場者が注目したその車両は、なんとマツダ/ユーノス『ロードスター』(E-NA6CE)がベース車両だ。

コンプリートレプリカ『龍妃』(リュウキ)と名付けられたその車両は、外装キットによるカスタムではなく、ボディーパーツの大部分がワンオフによる手作り。内蔵、外装を見る限りでは、ベース車両はまったくわからないと言ってもいい。ボディーカラーもオーソドックスな「白」ではなく、当時の2000GTに近づけるため、試行錯誤をして選んだ色でペイントされている。

また、ノーズやホイールのバランスは、2000GT独自のスタイルに近づけるためフロント周りを延長する徹底ぶり。しかし、ロードスターのフレーム自体には手を入れていないため、安全・耐久性はベース車両のままだ。今回の発表と同時に受注も開始。価格は480万円程度を予定している。

 

http://response.jp/article/2011/01/15/150444.html

 

<引用終り>

 

若者のクルマ離れが色々取りざたされているが、こんな車をどんどん作れば新しい需要が出てくると思うのだが、如何だろう。

但し現在の安全基準には合致しない所が有るかもしれない。

そこはお役人さんも柔軟な姿勢を見せて欲しいものだ。

 

 

 

東京オートサロンはコンパニオンも元気だったらしい。

こんな元気さはスケベ人間としては大歓迎。

 

 

 

そしてこれは面白いと思ったもの、モンキーレンチである。

モンキーレンチ・・・ボルトやナットを締め付ける工具。

英語ではアジャスタブル・レンチだが日本ではなぜかモンキーレンチ

 

これが普通のモンキーレンチ、何処にでもあるもの。

 

 

 

 

これは東京オートサロンで工具メーカーのロブテックが出したブース

なんとこんな所に工具の展示を行なっている。

 

 

そしてこれは新型モンキーレンチの説明

 

工夫次第でこんな物にまで新技術が出てくる。

そんなことに感銘を受けた。

まだまだ日本のものづくり、未来はあるのだと思った次第。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

おお、ロブスターだ。ここのネジアンギラスには世話になってます。
最初見たときは、なんじゃこれ、と思いましたが頭潰れたネジ外すには重宝しとります。誰でも考えそうなもんだけどなかったんですよねえ。
以前、プライヤー使ってむりくりやったことありますが、とにかく締め付ける力が違う。使ってて簡単に外せるんで笑ってしまいました。

探せば工具とか文房具って結構新製品の宝庫です。
こんなの欲しいなというものがさり気なくあります。

工具といえば100円ショップで買ったシナ製の工具と35年以上前に買った日本製の工具とを一緒においておいたところ2シーズンでシナ製は錆だらけ、すぐだめになりました。同じ状態の日本製は全く異常なし(というよりも30年以上もほったらかしにしてもサビが出てない)。

このあたりから違うんですよね。
  1. 2011-01-18 23:57
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>おお、ロブスターだ。ここのネジアンギラスには世話になってます。
>最初見たときは、なんじゃこれ、と思いましたが頭潰れたネジ外すには重宝しとります。誰でも考えそうなもんだけどなかったんですよねえ。
>以前、プライヤー使ってむりくりやったことありますが、とにかく締め付ける力が違う。使ってて簡単に外せるんで笑ってしまいました。

私も会社がどんなのかは全く知識は有りませんが、若い頃からえび印の工具は一流品だと思って使っていました。

>探せば工具とか文房具って結構新製品の宝庫です。
>こんなの欲しいなというものがさり気なくあります。

まだまだ知恵を出せば幾らでも新しい物が生み出せる、そんな分野かもしれません。


>工具といえば100円ショップで買ったシナ製の工具と35年以上前に買った日本製の工具とを一緒においておいたところ2シーズンでシナ製は錆だらけ、すぐだめになりました。同じ状態の日本製は全く異常なし(というよりも30年以上もほったらかしにしてもサビが出てない)。
>
>このあたりから違うんですよね。

なるほど凄い事例ですね。
その違いをホントは日本人がもっと認識しないといけないのかも。
町の食品スーパーに行くとメイド・イン・チャイナは殆どありません。
有るのは外食産業と大手スーパーだけ。
だんだん日本人も分かってきたようです。
  1. 2011-01-19 06:54
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ホンダS800、ダットサンフェアーレディ、スカGTR

心揺さぶる車が全くなくなりました。
何でもRVへの傾向の所為か?
車メーカーがポピュリズムに陥り過ぎて無いですかね?
GTRの桜井真一郎さんの様な方がいなくなりましたものね。

愚民を扇動するような車を作って欲しいものです。

ところでロブテックの工具、帰国したら早速買います。

  1. 2011-01-19 07:42
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>ホンダS800、ダットサンフェアーレディ、スカGTR
>
>心揺さぶる車が全くなくなりました。
>何でもRVへの傾向の所為か?
>車メーカーがポピュリズムに陥り過ぎて無いですかね?
>GTRの桜井真一郎さんの様な方がいなくなりましたものね。
>
>愚民を扇動するような車を作って欲しいものです。

見ただけでワクワクする様なクルマ、そんな物が無いですね。
実用一点張りのクルマは商売にはなるんでしょうが、それだけでは物足りない。
嫁さんにする女性とスクリーンで見る映画スターの差でしょうか。
昔はそんな車が色々有ったんですが、アメリカ式の短期間で利益を出す経営では無理なのかも。

>ところでロブテックの工具、帰国したら早速買います。

たかが工具ですが、昔の職人は持っている道具を結構自慢していた物です。
ロブテックの工具もこれを持った職人が「凄いだろう、手作りだぜ。ネジの頭が舐めない優れものだ。」
こんな自慢をするようなら日本のものづくりの伝統は残ると思います。

尚このモンキーレンチの詳細はここにのっています。
http://autos.yahoo.co.jp/news/detail/newmodel/150525/

職人が全て手作りの為、1日数丁しか出来ないとか。
価格は1万円(小)、1万2千円(大)。汎用品も作っているようです。
  1. 2011-01-19 10:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>職人が全て手作りの為、1日数丁しか出来ないとか。
価格は1万円(小)、1万2千円(大)。汎用品も作っているようです。

高い!
しかし男が一旦口にしたからには!
時差ボケで眠れぬ目がまた冴えたです(i_i)
  1. 2011-01-19 10:42
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>>職人が全て手作りの為、1日数丁しか出来ないとか。
>価格は1万円(小)、1万2千円(大)。汎用品も作っているようです。
>
>高い!
>しかし男が一旦口にしたからには!
>時差ボケで眠れぬ目がまた冴えたです(i_i)

高いですが1万円のモンキーレンチにかける男のロマン・
いいじゃないですか。
  1. 2011-01-19 15:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する