2010-12-27 10:38

欧州の寒波で空港混乱<半分は人災らしい

欧州を襲った大寒波で空港が大混乱。

多くの人が影響を受け、旅行のキャンセルも相当有ったようだ。

所でこの寒波による混乱、どうも原因は寒波ばかりではない。

 

<以下日経より引用>

欧州の空、寒波でまた混乱 仏独など欠航や閉鎖

2010/12/25 1:45

 【ブリュッセル=共同】欧州各地で続く降雪と寒波の影響で24日、フランスドイツ、ベルギーなどの空港で欠航や一時閉鎖が相次ぎ、休暇の旅行客や帰省客数万人が足止めを食った。多くはクリスマスまでに目的地にたどりつけない見通しだ。

 寒波の影響で先週から機能がまひしていたロンドンのヒースロー空港はほぼ正常化しつつあるが、他の空港での混乱の影響が出ている。

 パリのシャルル・ドゴール空港では24日午前、約400の発着便がキャンセルとなり、空港内には行き場のない家族連れら数千人があふれた。

 フランス航空当局によると、駐機中の機体の凍結を防止する薬剤が不足し、米国ドイツからの搬入待ちの状況。凍結防止作業に当たる会社の従業員がストを行ったことも混乱拡大に拍車を掛けたという。

 ドイツでは国内で3番目に利用客が多いデュッセルドルフ空港が一時閉鎖、ベルギーのブリュッセル空港でも欠航が相次いだ。

 

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE0E6E2E6968DE0E6E3E0E0E2E3E29494E0E2E2E2

 

<引用終り>

 

このニュースは少し古く、27日時点ではドゴール空港の凍結防止薬剤もアメリカから到着し、混乱は解消の方向であると言う。

しかし問題は地球温暖化を声高に叫んでいた欧州の温暖化詐欺、自分達のかけた詐欺に自分達が引っかかって雪対策を怠った為、こんな混乱が起こってしまった。

こんな事が言えると思う。

 

だからイギリスなどではもっと寒いモスクワやヘルシンキの空港は問題ない、如何してヒースローやドゴール空港が問題になったのかとの声が大きくなってきている。

 

 

これはモスクワ空港の凍結防止作業風景。

飛行機は翼の上に雪が凍結したら飛べないので、この作業は冬の一番大事な作業。

 

でも日本で100年ぶりの大寒波に襲われたら大丈夫だろうか。

機材は? 要員は? そして薬剤は?

そしてフランスでも問題になったように、こんな時にストなんかやられたら如何なるだろうか。

蓮舫一味が気が狂ったように公務員のスト権を認めさせようとしている。

良く考え直したいものだ。

 

イギリス気象庁もこの冬は暖冬との予報を出し、12月としては100年ぶりの大寒波と訂正して非難を浴びている。

 

欧州の空港混乱、半分は人災、それも自分達で仕掛けた温暖化詐欺に自分達がひっかかった。そんな事が言えるように思う。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 確か今年の初めも寒波だったような記憶がありますし、南半球は冬は相当きつかったんじゃなかったでしょうか。この状態で暖冬という予報を出せる神経に敬服します。太陽黒点はクリスマスを潮に増加に転じましたが増加率は決して高くありません。サイクル24はものすごく低調なものになりそうです。
 マウンダーはともかくダルトン程度は覚悟が必要でしょう。
 どうなるんでしょうか。
  1. 2010-12-28 00:29
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> 確か今年の初めも寒波だったような記憶がありますし、南半球は冬は相当きつかったんじゃなかったでしょうか。この状態で暖冬という予報を出せる神経に敬服します。太陽黒点はクリスマスを潮に増加に転じましたが増加率は決して高くありません。サイクル24はものすごく低調なものになりそうです。
> マウンダーはともかくダルトン程度は覚悟が必要でしょう。
> どうなるんでしょうか。

丁度1年前COP15でコペンハーゲンがごたごたしている時から大寒波が始まりました。
しかし今年の猛暑でそんな事はすっかり忘れたようです。

確かに太陽黒点は1週間ほどゼロでクリスマスから復活しましたが、太陽活動は低調そのもの。仰るようにダルトン極小期は覚悟せねばならないでしょう。
それがその先どうなるかはサイクル25まで待たないと何とも言えないかも知れません。
今ハッキリしているのは2012年頃太陽の磁極が逆転する、そこから寒冷化が一気に進みそうだと言う事のようです。
  1. 2010-12-28 07:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 なんか今度は米国で寒波の様相です。今年は確かに北半球で夏の高温は確かでしょうが、本当に平均してみて過去最高だとかいえるんでしょうか。
 嘘をつくのはいいことではないでしょうが、元データくらいきちんと管理しておけといいたいですね。

 物事の変化などと言うものは、一本調子の変化などはそうない物で一維持的に変動幅が拡大しその後ドンと行くものでしょう。
 政治家という連中はこのあたりに不気味さを感じないのでしょうか。
 謎であります。
  1. 2010-12-28 23:31
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> なんか今度は米国で寒波の様相です。今年は確かに北半球で夏の高温は確かでしょうが、本当に平均してみて過去最高だとかいえるんでしょうか。
> 嘘をつくのはいいことではないでしょうが、元データくらいきちんと管理しておけといいたいですね。
>
> 物事の変化などと言うものは、一本調子の変化などはそうない物で一維持的に変動幅が拡大しその後ドンと行くものでしょう。
> 政治家という連中はこのあたりに不気味さを感じないのでしょうか。
> 謎であります。


ニューヨークでは12月としては60年ぶりの大雪だそうで、セントラルパークで50センチの雪が積ったとか。
所がNYタイムズはこの大寒波も全ては地球温暖化が原因とか、
信じられない議論を展開しているようです。
馬鹿は死ななきゃ治らない・・・
これは政治家とマスゴミに蔓延する不治の病かと。
  1. 2010-12-29 06:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する