2010-12-16 14:10

温暖化の犯人は

 地球温暖化詐欺を働いた連中はCO2をその犯人にでっち上げてきた。

しかし此処に来てその論理は破綻している。では温暖化したその犯人は何者か?

 

 

先ずこれを見てください

 

 

良く出来ている話だが、残念ながら温暖化の原因と言う所は言っていない。

それほど温暖化というのは厄介なのだが、最近になって温暖化の原因は主に太陽活動、そして気候変動の主要なファクターは太陽活動と海洋循環であることがハッキリしてきた。

 

詳細は以下を参照ください

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1304917/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1304984/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1309581/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1345778/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1340882/

 

 

 

 

 

この海洋循環とは世界最大の暖流、メキシコ湾流が主に欧州を温め、海底に沈んで約1000年後太平洋に湧出するという何とも壮大なサイクルである。

これがメキシコ湾流

 

左側が北米大陸、右側(写っていないが)がヨーロッパ大陸である。

この壮大な海流がヨーロッパを温めている。

(尚日本ではメキシコ湾流というが、メキシコ湾から出しているわけではない)

この暖流の僅かな変化が気候変動には大きな影響があることが分かってきた。

 

 

 

 

もう一つのファクターが太陽活動と宇宙線。

これも諸説有るが、中でも有力なのがスベンスマルク効果。

1998年に発見された新しい理論で、今盛んに研究されている。

 

これがスベンスマルク効果の概念図

 

 

一言で言えば

太陽活動が弱まる⇒太陽の磁場が弱まる⇒宇宙線が増える⇒雲が増える

こんなメカニズムのようだ。

 

そしてこの太陽活動、永年黒点数でその活動を観測されてきた、黒点の11年周期と言うのがその中心だが・・

しかし太陽の磁場の観測から黒点数が極大になると太陽の磁極の方向が変わり、それによって宇宙線の強さが変わることが分かってきた。

 

太陽黒点数と宇宙線の量推移

(小さいグラフを拡大、見難いがご了承を)

このように黒点数極大時、磁極の反転が起こる。

 

そして磁極の向きで宇宙線の量が変わる・・・

こんな話である。

(太陽の磁極の方向がプラスとマイナスでグラフの形が全く違う、不思議な現象である)

 

 

 

上に上げた動画で言っている中世温暖期、これが現在より暖かかった、そんな事が分かってきた。

 

だから気候変動とは1000年位のスパンで考えるべき事らしい、

その証人がこの人

紫式部である。

 

彼女の書いた源氏物語、その中には天候・気象についての記述が沢山ある。その中には現在より当時のほうが暖かかった証拠が色々。

例えば光源氏がマラリア(当時の言い方はわらは病)にかかっていたとか、ゲリラ豪雨があったとか。

 

昨今の温暖化詐欺騒動、あの世で紫式部が笑っているかもしれない・・・ 私がちゃんと書いておいたのに1000年経っても気がつかないなんて・・・

 

 

ではそんな事がどうしてCO2犯人説になり、全世界を巻き込む温暖化詐欺になったのか、それは次回に。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

錬金術をやるのに都合が良かったからじゃないかと邪推…。
  1. 2010-12-16 16:40
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>錬金術をやるのに都合が良かったからじゃないかと邪推…。


いえいえ邪推などととんでもない。

事実は・・・・・ 錬金術、正にその通りです。 

元はといえば科学者が石油依存、アラブに大金が流れ込む世界に危機感を覚えたこと。
その為には温暖化、これは実にいいテーマでした。
しかしそこに甘い汁が有るのを嗅ぎ取った強欲連中が一斉に群がった。
だからCOP15の時、議論したのは温室効果ガス削減の話ではなく、いかにして排出権取引をするか、日本を騙してカネを出させるか、この一点でした。
多分今年のCOP16でも同じだと思います。
  1. 2010-12-16 20:35
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

どういう本だったかは忘れましたが、京都で国際会議が開催された少し後に、「何故京都で会議をやったかって。日本から金をむしりとるためだよ。」と書いていた記事を読んだことがあります。

それで私は、このCo2による地球温暖化が大変だというのは、本当か嘘かは別として、日本から金を獲るために欧州が仕組んだものだと理解していました。

最近でも、名古屋での国際会議開催や韓国でのF-1開催は、何か裏がありそうと見ています。
  1. 2010-12-17 11:38
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>どういう本だったかは忘れましたが、京都で国際会議が開催された少し後に、「何故京都で会議をやったかって。日本から金をむしりとるためだよ。」と書いていた記事を読んだことがあります。
>
>それで私は、このCo2による地球温暖化が大変だというのは、本当か嘘かは別として、日本から金を獲るために欧州が仕組んだものだと理解していました。
>
>最近でも、名古屋での国際会議開催や韓国でのF-1開催は、何か裏がありそうと見ています。

ご無沙汰しています。
確かに仰るとおり、日本からカネをむしりとる為の物です。
その証拠が京都議定書の削減目標、
基準年度を1990年にしたところがミソ。
以前のエントリーにそのカラクリを書きましたのでご参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2065815/
イギリスドイツは2010年には何にもしなくても目標達成。
こんな馬鹿な話は有りません。

今回のCOP16でも基準年は1990年、しかしこれだとEUは楽な物。
日本だけが苦しむのです。
その欺瞞性に気がついたアメリカがさっさと離脱したのも尤もな話。
麻生元総理が削減目標は基準年を2005年にすべきと言ったのはそんな訳です。
  1. 2010-12-17 15:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 いやな話ばかりですが、メキシコ湾流が消滅したとのニュースの続報がありません。
 ただ、報道によれば欧州は大寒波襲来とのこと、アイスランドの火山爆発といいどうもまともとは思えません。
 もっとやらねばならない事がたくさんあるのに温暖化ごっことは・・・

途上国 やってることは 乞食かな 乞食と言わぬが 詐欺たるゆえん
  1. 2010-12-17 22:51
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> いやな話ばかりですが、メキシコ湾流が消滅したとのニュースの続報がありません。

確かにその話の続報は有りませんね。
ただメキシコ湾流は黒潮などとは比べ物にならない巨大な物で、幅200キロ、厚さ2キロ、量は毎秒7400万トン~9300万トンと言われています。ですからこんな物が半年や1年で急停止出来ないと思います。
過去にメキシコ湾流が停止したのは12900万年前から11500万年前のヤンガードライアス期ですが、その時でも停止に数十年かかったようです。(10年と言う説あり)
しかしグリーンランド海での沈み込みが衰えているらしいのは事実のようです。もっと調査が必要です。

> ただ、報道によれば欧州は大寒波襲来とのこと、アイスランドの火山爆発といいどうもまともとは思えません。
> もっとやらねばならない事がたくさんあるのに温暖化ごっことは・・・
>
>途上国 やってることは 乞食かな 乞食と言わぬが 詐欺たるゆえん

そのとおりだと思います。
もっと金を使って科学的な調査が必要なのに発展途上国はそのカネに群がっている。
そして欧米のカネの亡者(ゴアを代表として)が砂糖にたかる蟻の如く・・・
  1. 2010-12-18 09:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する