2010-11-09 22:17

ミャンマー国境の思い出

ミャンマーで行なわれた総選挙関連で、タイとの国境付近で現地少数民族と政府軍の武力衝突があった。

少なくとも1万5千人の難民がタイに逃げ込んだと報道されている。

所でこのタイ側の町メソートには何年か前行ったことがあるのでどんな所か紹介したい。

難民の人には大変だが、最近韓・賎獄内閣で食あたりしそうなので、ちょっと箸休めの写真でもどうぞ。

 

最初に難民の報道から

 

<以下WSJより引用>

ミャンマー政府軍、国境で少数民族と衝突=難民1万人以上

2010年 11月 9日  8:42 JST    

 【バンコク】ミャンマーで20年ぶりの総選挙が行われた翌日の8日、同国少数民族のカレン族と同国政府軍との間で散発的な衝突が発生している。政府軍は国境に近い少数民族居住地域で支配権を確立しようとしており、衝突激化の恐れが強まっている。

  一方、総選挙の開票作業は8日も続行されているが、滞っており、野党は選挙で不正があったと主張している。国営メディアは同日、選挙管理委員会当局者の話として、退役将軍6人を含む政府支援の候補者40人が当選したと伝えている。

 少数民族と政府軍との衝突は総選挙中、タイとの国境に近いミャンマーの東部国境地域で発生した。

 モエイ川のタイ側国境地域からは銃撃音や迫撃砲の音が聞こえ、8日中続いた。タイ政府関係者によれば、小舟や徒歩で川を越えてタイ側に避難した人々の数は1万人以上と推定されるという。

・・・以下略・・・

詳細は以下を参照ください

http://jp.wsj.com/World/Europe/node_145902

<引用終り>

 

これは歩いて国境の川を渡って避難する人たち

 

これはタイに到着した避難民

女の人が白い物を頬に塗っているが現地カレン族の習慣である。

 

 

 

さて現在の状況はこんなものだが、此処からは私の見たもの。

 

最初に現地はターク県のメソートという町だが、多分日本人には殆ど馴染みが無い。こんな所です。

 

 

タイの首都バンコクから北に約500キロ、地図で茶色がターク県、その西はずれがメソートである。

 

ミャンマーとの国境の検問所

 

検問所を反対から見ると

 

金網の中(左側)はミャンマー、右側はタイ

 

 

国境の川(モエイ川)に掛かる友好橋

 

この時は国境の橋は歩いて渡る事も出来た。

 

 

モエイ川の川原にあるミャンマー人のキャンプ

この時は難民が居る云々と言う話は無かったがこんな状況。

 

タイ側はショウウインドウ政策で町は綺麗、道も立派

 

買い物帰りのミャンマー人、(多分カレン族)

 

 

 

以上がミャンマーとの国境の町メソートの印象

ミャンマー人の貧しさがとても印象に残っている。

 

 

そしてメソートからの帰り道、

メソートからは県庁所在地タークまでは標高5~600メートルの峠越えの道が約80キロ。

 

これはこの山道のほぼ中間の峠にあったタイ山岳民族のやっていた市場

 

廻りは山また山

 

市場で見かけた山岳民族の可愛い女の子

 

 

ミャンマーからの難民の話は心の痛む話だが、私が以前見たときはこんな牧歌的な風景もあったという話。

難民の人たちが一日も早く元の平和な暮らしに戻れる事を願っている。

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

No title

 この地域は両方ともカレン族でしょうか。ミャンマーと言えば軍事政権の話ばかりですが、この手の少数民族がたくさんおり、宗教上の問題とかで対立が絶えないと聞いてます。
 確か、ネ・ウィンにしてもスー・チーの父親のアウン・サンにしても日本で軍事教練受けた連中ですよね。まあ、厄介のものになってしまったものです。
 民主化勢力というけど、やることがかなり性急すぎるのではないでしょうか。今さら社会主義を唱える軍事政権もあれですが…

 ブログ主様にはこの手の話の正当な評価をお願いしたいと思います。
 正直なところ、日本ではほんとうのところが全然分かりません。まず第一に日本のマスゴミはカス以下ですから、その偏向を取り除くことが必要です。それができても外国通信社あたりの配信じゃやっぱり偏向がある。
 東南アジアの周辺国、特にタイあたりの情報は割と入らない。やはり事情が分かる人に教えてもらうしかありません。

 よろしくお願いします。
  1. 2010-11-10 12:06
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> この地域は両方ともカレン族でしょうか。ミャンマーと言えば軍事政権の話ばかりですが、この手の少数民族がたくさんおり、宗教上の問題とかで対立が絶えないと聞いてます。

ミャンマーは元々人口の6割くらいがビルマ族ですが他は色んな少数民族。
最大はモン族でカレン族は2番目、そしてこのあたりはカレン族が多いがモン族もいるはずです。
それからタイ側にはカレン族は殆んどいないはずです。

> ブログ主様にはこの手の話の正当な評価をお願いしたいと思います。
> 正直なところ、日本ではほんとうのところが全然分かりません。まず第一に日本のマスゴミはカス以下ですから、その偏向を取り除くことが必要です。それができても外国通信社あたりの配信じゃやっぱり偏向がある。
> 東南アジアの周辺国、特にタイあたりの情報は割と入らない。やはり事情が分かる人に教えてもらうしかありません。

正直なところ私も現地の生の情報は入手できません。
だから外信から判断する以外方法が無いのです。
ただBBC等だけではご指摘の通り偏向があるかもしれないので、タイの新聞なども参考にはしています。

そして今のところ詳しいことは良く分からない、今回の戦闘も今まで政府側についていたカレン族の仏教徒武装勢力が反乱をおこした。この程度しか言えません。
詳細が分かったらエントリーします。

それから現地メソートと言う所は不思議なところでして、県庁所在地からは約80キロですが途中は山脈で険しいところ。
だから陸の孤島です。
そしてターク県はタイ中部の(つまりバンコクの)言葉ですが、此処だけは北部方言でチェンマイと同じ。
でも今はチェンマイに行く道は廃道になっています。(全く別ルートは有りますが)
いずれ機会をみてそんな所を書くつもりです。
  1. 2010-11-10 15:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この少数民族と云う勢力は中国の影響下に有るのではないですか?
僕はスーチーを英雄視する西側の論調には疑問を感じているのです。
スーチーは西欧(特に英国米国)の利権代理人にすぎない。
そこを危惧し再び実質西欧の植民地化する事を嫌った
ミャンマー国民が軍事政権を建てて西欧列強に対抗した。
対抗と云っても小国ですから鎖国するしか有りません。
西欧は軍事独裁を批判し
スーチー開放と民主化を連動させて
「民主化キャンペーン」を打って軍事政権を封じ込めに掛かった。
これは利権戦争ですよ。
そのすき間につけ入ったのが中国です。
西欧の旧態依然とした手法の裏をかいて中国が勢力が手を延ばしている。
スーチーの父と後継者があれ程駆逐に遂力した「華僑」が再び帰って来ている。
軍事政権とすれば欧米の経済封鎖で疲弊し
本当は嫌で仕方ない中国に頼らざるを得ない状況に追い込まれた。
そういう方向に欧米自らが追い込んでいる様に思います。
欧米の人権外交の稚拙さを見る思い。
そして同じアジア人として日本の欧米追随一辺倒の外交にも無念を覚えます。
日本こそ「中国」の歯止めになれる筈なのに、
GHQの敗戦教育が保守層にも行き渡ってしまって
「民主化」と云うキーワードで思考停止する様です。
欧米の「民主化」は「侵略」と同義と云う意味が隠されている事を理解していない。



  1. 2010-11-11 05:56
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>この少数民族と云う勢力は中国の影響下に有るのではないですか?
>僕はスーチーを英雄視する西側の論調には疑問を感じているのです。

カレン族の武装組織にはキリスト教徒系と仏教徒系があり、従来キリスト教徒系が反政府、仏教徒系が政府側でした。
今回の反乱は仏教徒系が起こしているので、その裏の事情が良く分かりません。


>スーチーは西欧(特に英国米国)の利権代理人にすぎない。
>そこを危惧し再び実質西欧の植民地化する事を嫌った
>ミャンマー国民が軍事政権を建てて西欧列強に対抗した。
>対抗と云っても小国ですから鎖国するしか有りません。
>西欧は軍事独裁を批判し
>スーチー開放と民主化を連動させて
>「民主化キャンペーン」を打って軍事政権を封じ込めに掛かった。
>これは利権戦争ですよ。
>そのすき間につけ入ったのが中国です。
>西欧の旧態依然とした手法の裏をかいて中国が勢力が手を延ばしている。
>スーチーの父と後継者があれ程駆逐に遂力した「華僑」が再び帰って来ている。
>軍事政権とすれば欧米の経済封鎖で疲弊し
>本当は嫌で仕方ない中国に頼らざるを得ない状況に追い込まれた。
>そういう方向に欧米自らが追い込んでいる様に思います。
>欧米の人権外交の稚拙さを見る思い。

高山正之氏は欧米や華僑資本に牛耳られるのを防ぎ独立を確保する為、彼らは貧しくなる道を選んだと言っています。私もそう思います。

>そして同じアジア人として日本の欧米追随一辺倒の外交にも無念を覚えます。
>日本こそ「中国」の歯止めになれる筈なのに、
>GHQの敗戦教育が保守層にも行き渡ってしまって
>「民主化」と云うキーワードで思考停止する様です。
>欧米の「民主化」は「侵略」と同義と云う意味が隠されている事を理解していない。

ミャンマーは先月突如国旗を変更しました。従来の国旗は赤地で左上が青だったのですが新国旗は黄・緑・赤の三色で中央に白の星。
所がこの国旗は1941年~45年(つまり日本が来ていた時期)の国旗と同じ三色旗で中央の星だけが以前と違う物。
この国旗の偏向理由は公表されていませんが、
ここに現政権の考え方が出ているように思える・・・
日本人がその答えを見つける必要があるかと思います。
  1. 2010-11-11 09:09
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

訂正します。
 ⇒ この国旗の偏向理由は
〇 ⇒ この国旗の変更理由は

目が見えません・・・
  1. 2010-11-11 09:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する