2010-10-26 11:29

鉄鋼メーカーの海外移転加速

日本の基幹産業である鉄鋼と自動車が海外に逃げ出している、こんな話を今年1月に「ウォール・ストリート・ジャーナルが社説でボロクソに・・」としてエントリーした。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1402294/

 

また「鉄鋼メーカーの海外展開加速」でもそれを紹介した

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1586078/

 

 

それがいよいよ現実に形になって現れてきた。

 

<以下Responseより引用>

JFE、タイ初となる溶融亜鉛鍍金ラインを新設

2010年10月23日(土) 08時45分 

  

JFEスチールは、タイ子会社が自動車用溶融亜鉛鍍金ライン(CGL)をタイ南東部ラヨン県ヘマラート・イースタンシーボード工業団地内に新設すると発表した。

CGLの新設はタイでは初めて。タイは日系を含めて多くの自動車メーカーが進出しており、東南アジア最大の自動車生産国となっている。今後も自動車メーカーの生産能力の増強、工場新設が相次いで計画されており、自動車用高級鋼板の需要拡大が見込まれる。

このため、CGLを新設して自動車向け溶融亜鉛鍍金鋼板を現地生産してコスト競争力を強化するとともに、タイで生産を拡大する自動車メーカーの現地調達ニーズに対応する。

新設する工場の溶融亜鉛鍍金鋼板の製造能力は年産40万t。2013年4月から操業開始する予定。

 

<引用終り>

 

 

記事には無いが総投資額約3億ドル(約240億円)であるという。

鉄鋼メーカーだけあってメッキ工場とはいえ巨大な物である。

その立地するイースタンシーボード工業団地とはこんな所。

 

この工業団地内にはマツダ・フォード合弁のAAT、GMタイがある。またスズキも今工場建設中ではなかったか。

 

そして此処がその予定地

 

こんな所に240億円もの巨額の投資をした鉄鋼会社が二年半後には稼動を始める。

溶融亜鉛メッキ鋼板といえば一般にはトタン板だが、自動車用の溶融亜鉛メッキ鋼板は合金化処理をした全く別物の鋼板。

そして日本の鉄鋼製造技術を代表するハイテクの塊で、現代の自動車には無くてはならない物。

 

とうとうこんな物まで海外で生産する時代になったわけだ。

タイとしては新しい時代が始まろうとしている。

では日本は如何するか・・・・・ 難しい時代である。 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

鉄鋼会社が海外に出ざるを得ないのは、CO2を25%削減の民主党のせいです。CO2を出さずに鉄鋼の精錬は不可能でをす。
現在の省エネ法の規制の中で、これ以上、国内には居られない状況です。

昨日もある会合で政治家の話を聞きました。
最近、経団連とミーティングしたが、彼らが一番、心配しているのは円高よりCO2削減だったとか。
でも、政治家は「CO2を削減しないと日本の産業に未来は無いし、国際競争力を失う」なんて言ってましたので、何も分かってないですな。

CO2は環境問題に何の関係も無いというのが世界の常識。
日本だけ、いつまで続けるの?


  1. 2010-10-26 12:11
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

トヨタもカローラの生産を海外に移す話が出ているぐらいですから、こう言う話しも当たり前なのかもしれいない。
それに、神戸製鋼所は一千億円を投資してベトナムに新しい製鉄所を建設すると発表しましたが、独自に開発した「ITmk3(アイティ・マークスリー)」と呼ぶ製鉄法を用いるそうです。
このシステムだと、低品位の原料で生産できるようになりますので、製鉄の海外生産が加速化しそうです。
加えて、CO2民主党がこだわる理由は、ただ一つです。
CO2の債権化ビジネスがおいしい証券業界と癒着しているのではないかと、、、、。
福山副官房長官は大和證券出身だよ、四年も努めていたからね。
  1. 2010-10-26 13:00
  2. URL
  3. hetare-ojiji #79D/WHSg
  4. 編集

No title

海外進出と言うより海外移転ですね。
その分国内は空洞化していきますね。
二酸化炭素削減の国際公約(あのバカが)に加えて
為替の円高傾向が今後も長期化するとの観測が有るでしょう。
今回の円高問題は完全に民主党政権の無能ぶり(為替に限らず外交国内政策全般)の足下を見られて「仕掛けられた」結果で日本だけが「孤立」しているわけですから
外国との強調介入の余地はなく救いようが有りません。
要するに日本企業が日本では生産活動出来ない時代に突入したと言う事です。
その結果、日本のファンダメンタルズが草刈り場にされて
引きはがされて行く時代に突入したと言う事です。
従って日本で日本人の人材を採用する必要も有りません。
国内事業は縮小均衡化して行く訳ですから
企業にとって将来必要な優秀な人材は
これからシフトして行く国で採用して行けば良い。
国内もそれらの国の人材を採用して「準備室」の先行投資とすれば良い。
そんな状況になってしまいましたね。

バカ国民の選択の末路です。
本当の末路としない為にはもう一度「政権交代」をするしか有りません。




  1. 2010-10-26 13:34
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>鉄鋼会社が海外に出ざるを得ないのは、CO2を25%削減の民主党のせいです。CO2を出さずに鉄鋼の精錬は不可能でをす。
>現在の省エネ法の規制の中で、これ以上、国内には居られない状況です。
>
>昨日もある会合で政治家の話を聞きました。
>最近、経団連とミーティングしたが、彼らが一番、心配しているのは円高よりCO2削減だったとか。
>でも、政治家は「CO2を削減しないと日本の産業に未来は無いし、国際競争力を失う」なんて言ってましたので、何も分かってないですな。
>
>CO2は環境問題に何の関係も無いというのが世界の常識。
>日本だけ、いつまで続けるの?

同感です、
ある研究者・・・太陽活動の研究をしていて地球の気候と太陽活動の関連を研究している人・・
こんな方に、如何してあなた方は地球温暖化CO2のせいではないと声を上げないのですかと最近聞いてみました。
非常に困ったようですが研究所の所謂ボスの顔色を見ざるを得ないようでした。
でもそれで世界の常識から大きく外れていくのは何とも困ったものです。
  1. 2010-10-26 14:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To hetare-ojijiさん
>それに、神戸製鋼所は一千億円を投資してベトナムに新しい製鉄所を建設すると発表しましたが、独自に開発した「ITmk3(アイティ・マークスリー)」と呼ぶ製鉄法を用いるそうです。
>このシステムだと、低品位の原料で生産できるようになりますので、製鉄の海外生産が加速化しそうです。

高炉を使わない画期的な製鉄法ですね。
今年初めからアメリカで実証炉が稼動していたと思います。
日本が誇る凄い技術ですね。

>加えて、CO2民主党がこだわる理由は、ただ一つです。
>CO2の債権化ビジネスがおいしい証券業界と癒着しているのではないかと、、、、。
>福山副官房長官は大和證券出身だよ、四年も努めていたからね。

なるほど大和證券出身とは気がつきませんでした。
確かにCO2排出権取引は美味しい話、この排出権取引こそクライメイトゲート疑獄の核心です。
  1. 2010-10-27 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>海外進出と言うより海外移転ですね。
>その分国内は空洞化していきますね。

ご指摘有難うございます。確かに移転の方が実態を表している。
早速改題しました。

>要するに日本企業が日本では生産活動出来ない時代に突入したと言う事です。
>その結果、日本のファンダメンタルズが草刈り場にされて
>引きはがされて行く時代に突入したと言う事です。

既にアチコチでこの動きが加速しているのでしょうね。
マスゴミには危機感が有りませんからこんな話は出てきませんが・・

>従って日本で日本人の人材を採用する必要も有りません。
>国内事業は縮小均衡化して行く訳ですから
>企業にとって将来必要な優秀な人材は
>これからシフトして行く国で採用して行けば良い。
>国内もそれらの国の人材を採用して「準備室」の先行投資とすれば良い。
>そんな状況になってしまいましたね。

この人材の採用の話、ポッポは仕事が無ければ老人介護の仕事が有るなどと言っていました。
民死党連中にはこんな発想しかないのです。


>バカ国民の選択の末路です。
>本当の末路としない為にはもう一度「政権交代」をするしか有りません。

そう思うのですが、自民党は国民から嫌われています。
良い悪いではなく、好き嫌いではどうしようもない。
今の自民党には嫌いを好きに変える発想がどうしても必要です。
  1. 2010-10-27 07:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

体力の あるうち投資を 200兆 新技術への 掛け流しかな

 こうなったらもう国内は新技術の開発、採算の取れる超高度製品への特化以外ないでしょう。10年で200兆なら出来ないことはない。トップテンなら、体力勝負の大喧嘩ですが、オンリーワンなら言い値で売れます。
 ただこれには賢く強い国民が必要なんですよねえ。事業仕分けの前に議員仕分けが必要でしょう。

仕分けるは 国家予算の ことでなし 永田町の 人でなしから
  1. 2010-10-27 13:18
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>体力の あるうち投資を 200兆 新技術への 掛け流しかな
>
> こうなったらもう国内は新技術の開発、採算の取れる超高度製品への特化以外ないでしょう。10年で200兆なら出来ないことはない。トップテンなら、体力勝負の大喧嘩ですが、オンリーワンなら言い値で売れます。
> ただこれには賢く強い国民が必要なんですよねえ。事業仕分けの前に議員仕分けが必要でしょう。
>
>仕分けるは 国家予算の ことでなし 永田町の 人でなしから


同感です、世界一の技術なら簡単にマネなど出来ない。
ただその為には日本人が痛みに耐える必要があります。
世界一の技術の為には世界一の人間が必要、当然落ちこぼれが出ます。
そんな人たちのレベルアップを待つ時間はありませんから切り捨てざるを得ない、犠牲者は出ます。
その痛みに耐える為には競争社会に生きることを是認する教育が必要。
ゆとり教育の正反対の事をやらねばなりません。
今こそそんなコンセプトの教育が必要です。
  1. 2010-10-27 15:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する