2009-01-26 10:15

日産マーチ生産を海外へ移行の波紋

 1月16日付日経新聞の一面トップで“日産が国内向け新型マーチの生産をタイに移行”する事が報道された。

これは日本にとって“ついに国内用の自動車までが海外生産”と言うことで非常に重要な報道だった、

しかしその後日経以外の新聞ではほんの一行程度触れているだけ、マスコミはあまり重要視していないように見える。

しかしそうだろうか、考えてみたい。

 

 

 

まずは1月16日付日経新聞の報道

 

 日産、主力車「マーチ」生産をタイに全面移管

 日産自動車は業績の悪化を受け、収益改善に向けたリストラに乗り出す。主力小型車「マーチ」の生産をタイに全面移管して原価を3割削減、円高を活用して日本に輸入する。今後5年間の新型車開発件数も2割削減、来年度の役員報酬も大幅に減らす方針だ。日本車メーカーで主力量販車の生産を海外に全面移管するのは初めて。1ドル=90円前後の円高と世界的な販売不振を背景に、事業構造を抜本的に転換する。

 日産は現在マーチを追浜工場(神奈川県横須賀市)で全量生産して国内専用車として年4万7000台程度販売している。2010年の全面改良に合わせて国内生産を打ち切り、日本での販売分は全量タイから輸入する。自動車業界では一部車種を海外から輸入するケースはあったが、主力量販車の全面移管は例がない。 (07:00)

 

<引用終わり>

 

日産マーチ 現行モデル

 

 

 

  

所でタイで生産した車が日本で受け入れられるか?

特に品質はどうか?

 

実はこれには先例がある、

ホンダのフィットシリーズにフィットアリアと言う名の4ドアセダンがある、 

  

実はこれタイのホンダオートモビルタイランド社製なのだ、

タイではホンダシティとして売られているモデルであり、品質的には日本製となんら遜色ない。

日本でもそれなりにユーザーには受け入れられている。

 

ホンダ・シティ =フィットアリア

但しホンダシティは昨年9月モデルチェンジしたため、この車は2009年1月で販売終了した。 

 

 

タイ等では他に日本には入ってきていないが世界中で販売されている車がある。

タイではトヨタ・ハイラックスVIGO(ヴィーゴ)、インドネシアでトヨタ・キジャンといわれている多目的車がそれだ。

 

トヨタ・ハイラックスVIGO(ヴィーゴ)これはタイ製

 

 

この車、日本には入ってきていないのでなじみが無いが、トヨタ内ではIMVシリーズと呼ばれ、世界で100万台クラスの販売をする四天王(カローラ・ヴィッツ・カムリ・IMV)の一角を占めている。

 

この様に外国製の日本車が世界中を走っているので、何時日本に大量に入ってきてもおかしくない。

 

日本の産業の空洞化が叫ばれて久しいが、とうとう自動車も外国性が当たり前の時代が来たと言える。

 

 

日産マーチのように国内用の車も海外製となる・・・

このことは何を意味するか?

それは日本人の労働の質が変わらざるを得ないことを意味すると考えたい。

日本と海外で同じ仕事をするのであれば、勝負はコストだけ。

日本人は海外の人では出来ない高度な仕事にしか活路を見出せない、

大変難しいが日本人の労働の質のより高いレベルへの転換が迫られている。

日産マーチの海外生産移行問題はこう我々一人一人に突きつけている。

 

 

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

こんにちは。ご無沙汰してます。
これは来るべくして来たゲンジツでしょうか?
PCなどはすでにほとんどが海外生産でしょう。台湾メーカーのノートブックPCもほとんどが大陸製です。

自動車でもホンダは広州生産のものを、すでに欧州向けに輸出していますから、徐々に日本国内向けの車も海外生産に移行するのかもしれません。

日本生産は匠技を生かした高級品に活路を見出すしかないのかもしれません。たとえばカール・ツアイスのレンズなど日本のコシナ製造です。このような緻密な精度を要求される高品質製品はドイツ人と日本人にしか生産できないでしょう。車で云えばトヨタ・レクサスのようなプレミアム商品だけが国内生産で高価格、高コスト、しかし高利潤で行くしかないような気がします。まさに転換期ですね。
  1. 2009-01-26 17:30
  2. URL
  3. アムゼルくん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To アムゼル師匠 

>こんにちは。ご無沙汰してます。

こちらこそご無沙汰しております、
最近カメラワークが冴えてきているようで、いつも楽しく拝見しています。

>これは来るべくして来たゲンジツでしょうか?

私は日本が自ら蒔いた種だと思っています、
(蒔かなければ自分らの明日が無い、それが現実なのですが)
そして私もその種を蒔き育ててきた一人ですので複雑な心境では有ります。


>日本生産は匠技を生かした高級品に活路を見出すしかないのかもしれません。たとえばカール・ツアイスのレンズなど日本のコシナ製造です。このような緻密な精度を要求される高品質製品はドイツ人と日本人にしか生産できないでしょう。車で云えばトヨタ・レクサスのようなプレミアム商品だけが国内生産で高価格、高コスト、しかし高利潤で行くしかないような気がします。まさに転換期ですね。

ご指摘の通りです。さすが師匠ずばり本質を突いたご意見と思います。

そこで問題なのはこの様な転換イコール人のレベルアップ、
このために教育(学校だけで無く、社会全体として)が最重要なのですが、
お役人様やマスコミ連中は全く目が覚めていない、
困ったものです。

それから私もこの手の問題の渦中に巻き込まれ、
明日から1週間位の予定でタイに出張せねばなりません。
暑い国でもアムゼルくんの世界を楽しませていただこうと思っています。
  1. 2009-01-26 19:03
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

仰ることは基本的にその通りだと思いますが、単に高度化というだけではピンと来ない人も多いかもしれませんね。
最近はソフトウェア開発でも海外に発注することが増えてきましたが、そのような現状を踏まえて私のところの若いエンジニアには常々こう言っています。
「人月あたりのコストで言うと、君たちに掛かるコストはインドに外注に出した場合の約3倍だ(実際には具体的な数字で言ってますが)。さて、君たちは3倍のコスト差を正当化できるだけの付加価値を付けることができるのか? 今どき日本語ができるというだけで、3倍のコスト差が埋まるなどと思うなよ」と。

ある意味、仕事を出す側からすると当然の論理なんですが、これで若いもんが多少なりとも危機感を持ってくれれば良いんですけど。単純なコスト競争力がまったく無いのであれば、一体どうすれば良いのか、まずは彼ら自身に考えてもらいたい。結局、お上はあてになんかなりませんからね。
  1. 2009-02-09 23:19
  2. URL
  3. 超級大懶猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 超級大懶猫さん

いらっしゃいませ、コメント有難うございます。

>仰ることは基本的にその通りだと思いますが、単に高度化というだけではピンと来ない人も多いかもしれませんね。

そうなんです、私のように海外で仕事をして来たものから見ると日本人は天下泰平そのもの、
目の前に敵が押し寄せてきているのにのんびり居眠り中、

>「人月あたりのコストで言うと、君たちに掛かるコストはインドに外注に出した場合の約3倍だ(実際には具体的な数字で言ってますが)。さて、君たちは3倍のコスト差を正当化できるだけの付加価値を付けることができるのか? 今どき日本語ができるというだけで、3倍のコスト差が埋まるなどと思うなよ」と。

タイの場合で言えば現地の大学出のエンジニアと日本人若手エンジニアとでは学力的にはあまり差は有りません。
やる気・向上心はタイ人の方がはるかに上、
日本人が勝てるのは、日本人には過去の諸先輩方が築きあげた財産があるからなのですが、日本人がそれに気がついていないんです。

>ある意味、仕事を出す側からすると当然の論理なんですが、これで若いもんが多少なりとも危機感を持ってくれれば良いんですけど。単純なコスト競争力がまったく無いのであれば、一体どうすれば良いのか、まずは彼ら自身に考えてもらいたい。結局、お上はあてになんかなりませんからね。

一番肝心なのは一人一人がいかに高い志(こころざし)を持つか、
この一点だと思うのです、
超級大懶猫さん の様にそれを毎日毎日繰り返すことで、少しずつそれが浸透していく、
そう思っています。

所で話は変わりますが超級大懶猫さんは何とお読みするのですか?
音読みは出来ますが訓読みは何でしょう、
中国語には大懶猫懶人と言う言葉があるそうですが、それと関係あるのでしょうか?
  1. 2009-02-10 15:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

実はこの10年ほどむやみに海外出張の多い部署にいるため、回数だけはあちこちに行っています。で思うのですが、どんな国にもそれなりに問題があり、けしてユートピアなんて存在しないんですけれども、見渡してみると、やはり日本に生まれたというのは、いろいろな意味でそれだけで相当に幸運だったと言って良さそうだということですね。

>日本人が勝てるのは、日本人には過去の諸先輩方が築きあげた財産があるからなのですが、日本人がそれに気がついていないんです。

海外に出ると、日本のパスポートがいかに威力のあるものか、ほぼ世界で最強のパスポートと言ってよいことを痛感しますよね。これなんかまさに諸先輩の営々たる努力の賜物なんですが。

>所で話は変わりますが超級大懶猫さんは何とお読みするのですか?
>音読みは出来ますが訓読みは何でしょう、
>中国語には大懶猫懶人と言う言葉があるそうですが、それと関係あるのでしょうか?

あはは、強いて言えば、北京語で読んでもらえると一番正しいです。某中国語BBSで使っていたHNをそのまま使っているので。
ピンインではchao ji da lan maoとなります。字面が気に入っているので使ってますが、中国語はもうほとんど忘れちゃいました(^.^;
  1. 2009-02-11 00:20
  2. URL
  3. 超級大懶猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 超級大懶猫さん
>To 短足おじさんさん

>海外に出ると、日本のパスポートがいかに威力のあるものか、ほぼ世界で最強のパスポートと言ってよいことを痛感しますよね。これなんかまさに諸先輩の営々たる努力の賜物なんですが。
>

まさにその通りですね、有難いことです。
でもこれを有難いと思うのは超級大懶猫さんの様に海外で苦労された方、
観光旅行や短期出張などで来た人は当たり前と思っています。
こんな実態や先人の苦労など報道されませんからね。
  1. 2009-02-11 10:05
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する