FC2ブログ

2020-06-27 08:13

2020年: 新型コロナ世代の若者への言葉


 今年は若い人には大変受難の年が現在進行形で進んでいる。
知り合いの勤務する中学校でも3年生の修学旅行が中止に追い込まれ、子どもたちは不運を嘆いていたようだが、どうやら秋に行き先を変えて行けることになったらしい。
修学旅行は一生の思い出になる行事。それが何とか実施されるのは大変喜ばしい。

考えてみれば、こんな事は大東亜戦争以来経験してこなかった事態。若い人にとってはお父さんお母さん世代どころか、お祖父ちゃんお祖母ちゃん世代でも経験したことのない事態だと思う。


そんな時どう考えて生きていけばいいか。、若い人にそんな事を語りかけるようなものを残念ながら日本では見た事が無い。
丁度そんな事を今年卒業する学生さんへ贈る言葉として語った人がいる。アメリカのデニス・プレーガーがyoutubeで語っているもの。(アメリカは丁度今が卒業シーズン)
私はデニス・プレーガーについては保守の論客かなあという程度の知識しかない(つまり全く知らない)のだが、言っていることはまとも。

tarafuku10さんがその動画を翻訳してくれたので紹介したい。

丁度そんな年頃の子どもや孫のいる方には、「こんな風に語ったらどうか」という参考になると思う。

尚、この事を紹介したいと思ったのは、アメリカやヨーロッパは日本とは比べ物にならない位死者数が多い。6月26日現在で言えば、G5の死者数はアメリカ~12万7千人、イギリス~4万3千人、フランス~2万9千人、ドイツ~9千人、これに対し日本~969人である。
アメリカの死者数はベトナム戦争(58,220人)、朝鮮戦争(36,574人)の合計をはるかに超えている。死者数が西欧の中では断トツで少ないドイツでさえ9千人もの死者。
このことが、将来きっと人の心や考え方に影響を及ぼすことは間違いないと思われるからだ。
例えばベトナム戦争の場合などは、反戦運動の高まりが音楽の世界の大きな影響を与えたことは記憶に新しい。

それでは、そんな事を踏まえ、動画の翻訳を引用します。

<以下引用>
tarafuku10
https://twitter.com/tarafuku10/status/1275079879894036482

デニス・プレーガーの動画『2020年: 新型コロナ世代の卒業生に贈る』を訳してみた。就職、社会のつながり、そして「ニュー・ノーマル」。2020年の卒業生を待ち受ける不確実性という試練。この前代未聞の状況から何を学べるのか。デニス・プレーガーが3つのヒントを提供します。
午後11:55 · 2020年6月22日·Twitter
2020-6-25デニス・ブレーガー1



私たちは特別な時代に生きている。したがって、今年卒業するあなたは特別な世代に属している。「コロナ世代の卒業生」と永遠に呼ばれるかもしれない。

健康な人々や、自由な社会に住む人々も含め、何十億もの人が自宅に閉じ込められた。これは、歴史上初めてのことだ。
2020-6-25デニス・ブレーガー2



そこで、この時期に起きたことにからめて、3つほど教訓を述べさせてほしい。

その1: 人生はつらい。そして、不公平だ。予測もできない。

少なくとも西側諸国の若者のほとんどは、これを実感していなかった。さまざまな人生の困難が克服された後の時代と場所に住んでいるからだ。
2020-6-25デニス・ブレーガー3


おそらくあなたは、歴史上のどの時代に生きた若者よりも、健康で、安全で、自由な存在である。そうだとするなら、ひどい苦難を耐え忍んだ人々については、本を読むしか知るすべはない。二度の世界大戦を生き抜いた人々。そして、飢餓や疾病に悩まされた中世や古代の人々。
2020-6-25デニス・ブレーガー4


コロナウイルスにより、世界中で何百万もの人々の生活や夢が破壊された。こうした困難を体験し、身近に感じたことにより、人生がどれほどつらいものか理解できたはずだ。これにより、誰にでも必ず訪れる人生の試練に、より上手に対処できるようになるはずだ。
2020-6-25デニス・ブレーガー5


その2: 感謝の気持ちを忘れないこと

人にとって最も大切な性質は、感謝の気持ちだ。なぜなら、感謝の気持ちは、幸せと善の源となるからだ。言い換えれば、感謝の気持ちを持たない人は、幸せにも善良にもなれない。残念なことに、ほとんどの人は、感謝の気持ちが重要であることに気付くのが遅れる。
2020-6-25デニス・ブレーガー6


しかし、コロナウイルスのパンデミックのおかげで、これを実感できるようになった人は多いのではないか。友人とのレストランでの食事、スポーツ観戦やコンサート、親しい親戚の訪問など、ほんの数か月前の懐かしい出来事を何度思い起こしただろうか。
2020-6-25デニス・ブレーガー7


しかし、こうしたことが当たり前だったときに、それに感謝していただろうか。おそらく、していなかっただろう。

だから、次のことを自分自身に約束してほしい。人生のすばらしい出来事に感謝するのを、それらが失われるまで待たないこと。別の言い方をしよう。人生を通して私が指針としてきた態度を…
2020-6-25デニス・ブレーガー8


…どうか身に着けてほしい。「何もひどいことが起きていないのなら、人生はすばらしい」

ほとんどの人は、幸せになるために、何かすばらしいことが起きるのを待っている。私の考えは違う。幸せになるために、すばらしいことが起きるのを待つのではなく、何かひどいことが起きるまで、私は幸せなのだ。
2020-6-25デニス・ブレーガー9


その3: 自由はもろい。とてももろい(壊れやすい)

多くのアメリカ人が、たとえ同意していたにしても、最も基本的な権利の多くを手放すことを受け入れた。いとも簡単に。それには驚かされるばかりだ。少なくとも、どのような政府であっても人々の基本的な自由を簡単に取り上げることができるのだという事実に…
2020-6-25デニス・ブレーガー10


…皆さんも気付いただろう。こんなことが世界中で起きた。しかし、私は特にアメリカについて述べたい。これほど長きにわたって、これほど自由だった国はほかにないからだ。アメリカほど自由をそのシンボルとした国はない。だからこそフランスは、アメリカだけに自由の女神を贈ったのだ。
2020-6-25デニス・ブレーガー11


それでも、交通事故よりコロナウイルスで死ぬ人の方が少ない州ですら、薬や食品を買いにいくとき以外は自宅軟禁の状態に置かれることに人々は渋々ながらも同意した。2人以上で外を歩くことや、マスクなしで犬を散歩に連れていくことも禁止された。
2020-6-25デニス・ブレーガー12


驚くことに、貯金や、家業や、職が失われていくという経験をする中で、これらすべてに同意したのだ。 

コロナウイルスでほとんど誰も死んでいない州でこうした手段が取られることにもあなたは同意するかもしれない。私はしない。しかし、問題はそこではない。
2020-6-25デニス・ブレーガー13


問題は、現代の政府がどれほど簡単に警察国家になってしまうのかということだ。洗練されているはずのニューヨーク市では、3人以上で集まっている人々や、マスクをせずに外出している人々の写真を警察に送るように市長が市民に訴えた。
2020-6-25デニス・ブレーガー14


これらはすべて理にかなっているとあなたは思ったかもしれない。しかし、あなたが理にかなっていると思わないとき、政府を止めることができるだろうか。

コロナウイルスにより、世界の経済や社会生活は停止した。そこから希望の兆しを見つけようとするなら、…
2020-6-25デニス・ブレーガー15


…人生を豊かにするための教訓を学ぶ機会を私たちが得たということではないだろうか。だから、私は3つの教訓をここで提供した。

人生はつらい感謝の気持ちを忘れない。そして、自由はもろい(壊れやすい)

デニス・プレーガーでした。(了)

英文スクリプト: https://prageru.com/video/graduation-2020-the-covid-class/
2020-6-25デニス・ブレーガー16

<引用終り>

参考までに動画はこれです。



動画には字幕が付いていますがスペイン語です。アメリカの現在を象徴していますね。

アメリカはきっと変わります。日本も変わらないといけないでしょう。

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

心構えは・・

若い世代に対して言い含めるには良い動画だと思います。

大東亜戦争のさなか、あるいは戦後に娘時代を過ごした世代は、おふくろの味の伝承が出来なかったという話を思い出します。
物資の乏しい時代に「美味しい手料理」などは望めず、母は娘に我が家の味を伝えることが出来なかった。時代の連鎖に欠落が生じた。

武漢ウイルスは間違いなく日常の連鎖を壊したのです。
ウイルスだから仕方がない、という話で日本人は諦めていますが、そうではないという危機は感じなければならないと思います。
  1. 2020-06-27 09:27
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

異議あり

なんて大袈裟ないいかた。自分が勝手な事をしたら周囲の人に迷惑がかかるから自粛してるんでしょう。半永久的なことじゃない。それをを興行の利益を補償しろとか言った高田某のような自己中の金亡者のような輩は一般市民の忌み嫌うところです。しかるに、マスゴミではこれを咎める雰囲気は全くなかった。また市民の行動を「同調圧力」とか揶揄する軽薄な村本のような奴もいる。へどがでます。
  1. 2020-06-27 12:22
  2. URL
  3. 二瓶好一 #-
  4. 編集

Re: 心構えは・・

> 若い世代に対して言い含めるには良い動画だと思います。
>
> 大東亜戦争のさなか、あるいは戦後に娘時代を過ごした世代は、おふくろの味の伝承が出来なかったという話を思い出します。
> 物資の乏しい時代に「美味しい手料理」などは望めず、母は娘に我が家の味を伝えることが出来なかった。時代の連鎖に欠落が生じた。
>
> 武漢ウイルスは間違いなく日常の連鎖を壊したのです。
> ウイルスだから仕方がない、という話で日本人は諦めていますが、そうではないという危機は感じなければならないと思います。




返事が遅れました。恐縮です。
おふくろの味の伝承が出来なかった、凄い指摘ですが大いに納得します。
原因は沢山ありますが、食うや食わずの時代、猛烈な高度成長であまりにも多忙だった時代。
色々あると思いますが、余りにも便利になりすぎたことも大きな原因かと思います。

例えば、昔のお母さんは上手にご飯を炊くことが大切な技術でしたし、お母さんの誇りでもありました。はじめチョロチョロ 中ぱっぱ じゅうじゅう言ったら火を引いて 赤子泣いても蓋とるな。こんな言葉でそのノウハウを伝えました。
このノウハウは電気炊飯器メーカーの技術者には大切な言葉になりましたが、家庭からは消えました。
美味しいご飯を炊くという技術は炊飯器が勝手にやってくれるので、家庭から消えてしまったのです。

その為、最近では女子大の寮母さんの大切な仕事は、「コメを洗う時に洗剤を入れてはいけない」ということを教えることから始まる。こんな風になってしまいました(笑、でも事実です)。

最近製造業では「技術の伝承」ということが重要だと気が付いて、その為に自動化装置ではなく手仕事でやることの大切さを見直すところが増えています。
例えば金属加工の原点である旋盤加工。これも最近はNC旋盤で簡単に加工できますが、これを全くの手作業で、工具も昔ながらのハイス(HS鋼、ハイスピード鋼)のバイトを自分でグラインダーで研磨して刃先を作ることから始める。こんな事が行われているようです。
勿論こんな事を量産でやれという訳ではないのですが、基本は何かを理解して次のステップに進むことが重要だということです。

我が家では最近俎板をプラスチック製から昔ながらのヒノキの俎板に変えました。
思い立ってかえたのではなく、貰い物だったのですが、折角だからと使う事にしました。
見た目は綺麗なのですが、プラスチックならゾンザイに扱っても平気だったにが、ヒノキの白木のまな板は毎回きちんと洗って乾かさないといけません。面倒この上ないのですが、どうもこのほうが家人にとっても良いようです。
矢張り便利すぎるのも考え物かも知れません。
  1. 2020-06-29 18:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 異議あり

> なんて大袈裟ないいかた。自分が勝手な事をしたら周囲の人に迷惑がかかるから自粛してるんでしょう。半永久的なことじゃない。それをを興行の利益を補償しろとか言った高田某のような自己中の金亡者のような輩は一般市民の忌み嫌うところです。しかるに、マスゴミではこれを咎める雰囲気は全くなかった。また市民の行動を「同調圧力」とか揶揄する軽薄な村本のような奴もいる。へどがでます。
> なんて大袈裟ないいかた。自分が勝手な事をしたら周囲の人に迷惑がかかるから自粛してるんでしょう。半永久的なことじゃない。それをを興行の利益を補償しろとか言った高田某のような自己中の金亡者のような輩は一般市民の忌み嫌うところです。しかるに、マスゴミではこれを咎める雰囲気は全くなかった。また市民の行動を「同調圧力」とか揶揄する軽薄な村本のような奴もいる。へどがでます。



私にはよく理解できかねますので、このコメントには回答いたしかねます。悪しからず。
  1. 2020-06-29 18:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

キリスト教

以前よくデニス・プレーガーのTalk Radioを聞いていましたが、確か彼は熱心なキリスト教徒です。「科学を研究すればするほど神の存在を信じるようになる」というようなコメントを記憶しています。今回の動画には彼の信心が反映されているのかなと思いました。
  1. 2020-06-29 22:23
  2. URL
  3. wannabers #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020-06-30 09:50
  2. #
  3. 編集

無駄話です

学生時代は鍋でご飯炊いてました。狭い部屋で暇だったしずっと監視してる様なものですから
あれを忙しい主婦がやるのは大変でしょうね
生産ラインも混流となりホンダのNS-Xみたいなチームで組み上げるのも、アイランド生産とも言われてますが
日本は多能工化を推進したり割合教育熱心でしょうね
  1. 2020-06-30 15:13
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: キリスト教

> 以前よくデニス・プレーガーのTalk Radioを聞いていましたが、確か彼は熱心なキリスト教徒です。「科学を研究すればするほど神の存在を信じるようになる」というようなコメントを記憶しています。今回の動画には彼の信心が反映されているのかなと思いました。




なるほど、熱心なキリスト教徒だったんですか。
それで彼の言っていることがほぼ理解できました。
日本人には分からない信仰心です。日本人も神の存在を信じていますが、それは唯一絶対の神ではない。
プレーガーにとっての神は人間の上に立つ存在。日本人にとっての神は心の中にある存在。
こんな違いなのかもしれません。
貴重な話、有難う御座いました。



  1. 2020-06-30 21:23
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 中国COVID情報6/30

> 6/27, 中国河北省保定市安新県*: COVID-19対策のため,
> 全県の各村,小区,建物に対する全封鎖管理(外来者・外来車両の立入禁止)を実施する。安新県では,今般の北京市の感染症関連症例が6/14-28,13例確認
> *北京から133km,211deg(SW)、天津から140km,261deg(W)
>
> 措置
> 各村(小区,建物)関係者以外の外来者の立入禁止。
> 住民は特別な事情がないかぎり,外出を減らす。各家庭は毎日1名の同居家族を指定し出入証を持参して生活物資を1回購入,出入登録と体温測定を行う。
> ほかの人員は,通院,感染症の予防制御のため外出X
> 各村,小区,建物関係者以外の車は小区入を禁止。全車両の出入で運転手、乗車人員の出入証確認。
> 管理に従わず,職員の制止を拒み,外出を強行し,集団的な騒ぎを起こした者に対しては,公安機関は,法に基づいて処理する。
> 措置の解除日時は別途通知する
> 以上




情報有難う御座いました。
しかし凄いですね。こんな封鎖は矢張り独裁国家でなければ出来ません。
>集団的な騒ぎを起こした者に対しては,公安機関は,法に基づいて処理する
これは場合によっては「三途の川の向こうに投棄する」、こんな事なのでしょう。
おっかない国ですね。
  1. 2020-06-30 21:29
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 無駄話です

> 学生時代は鍋でご飯炊いてました。狭い部屋で暇だったしずっと監視してる様なものですから
> あれを忙しい主婦がやるのは大変でしょうね
> 生産ラインも混流となりホンダのNS-Xみたいなチームで組み上げるのも、アイランド生産とも言われてますが
> 日本は多能工化を推進したり割合教育熱心でしょうね



その通りです。
ですが、一番技術の伝承で大切なのは現場の技術の伝承が設計者や技術者と共有されていることです。
技術は現場の技能者の技能だけではない、設計技術も現場の技能の裏付けがなければ成り立たないからなんです。
こんな事を言いだすと、一晩中喋っていたくなります(笑)ので、この辺でやめます。

おっと、大切な事を忘れる所でした。技術の伝書の大切さを労務・経理にも理解させることも同じく大切、こんな事も忘れてはいけないと考えています。
  1. 2020-06-30 21:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

無駄話に返信ありがとうございます

ITは今新規に作る事は少なく、既存システムを分析し整理して次のシステムの設計に移ります
その調査分析も費用を頂きますがww
じゃあ客先の管理部門が現場を知ってるか?少ないですねプロジェクトに現場の人間を呼べと要求します
現場は忙しいですから嫌がりますが。理想論でシステム設計は出来ないんですよね

スパコン「富嶽」が四冠、プラズマシミュレータが一京を達成とチョット面白いニュースがありました
愚痴です(~_~;)
  1. 2020-06-30 23:40
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: 無駄話に返信ありがとうございます

> ITは今新規に作る事は少なく、既存システムを分析し整理して次のシステムの設計に移ります
> その調査分析も費用を頂きますがww
> じゃあ客先の管理部門が現場を知ってるか?少ないですねプロジェクトに現場の人間を呼べと要求します
> 現場は忙しいですから嫌がりますが。理想論でシステム設計は出来ないんですよね
>
> スパコン「富嶽」が四冠、プラズマシミュレータが一京を達成とチョット面白いニュースがありました
> 愚痴です(~_~;)



「富嶽」は凄いですね。「京」の失敗を見事に挽回しました。
「京」は早いには早いが欧米で一般的なソフトが使えない、これが大失敗でした。
富嶽はそこを改善したので、クレイ社に売れるようです。

この考え方は欧州では当たり前でした。クルマで2,3時間走れば言葉も通じない外国、こんな環境では自国独自のものという考え方など出てきませんから。
  1. 2020-07-02 06:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ラリー・エルダー/ Larry Elder

以前よくラジオでLarry Elderという黒人の保守論客のTalk Radioを聞いてました。マスメディアが絶対に報道しない事実を知れるので関心を持ちました。著書も読みましたが驚きの事実の羅列です。彼のスタンスは、黒人の問題は黒人自身に起因しているので、社会や白人のせいにせず自分たち自身で解決すべき、というものです。
黒人の新生児の私生児の比率は75%(彼の著書による)であるが、1970年代の25%から極端に増加している。それは生活保護の受給が安易になったクリントン時代から急増したそうです。
ご参考になるかもしれませんので、彼のウェブサイトのリンクを貼っておきます。
https://www.larryelder.com/
  1. 2020-07-13 11:55
  2. URL
  3. wannabers #-
  4. 編集

Re: ラリー・エルダー/ Larry Elder

> 以前よくラジオでLarry Elderという黒人の保守論客のTalk Radioを聞いてました。マスメディアが絶対に報道しない事実を知れるので関心を持ちました。著書も読みましたが驚きの事実の羅列です。彼のスタンスは、黒人の問題は黒人自身に起因しているので、社会や白人のせいにせず自分たち自身で解決すべき、というものです。
> 黒人の新生児の私生児の比率は75%(彼の著書による)であるが、1970年代の25%から極端に増加している。それは生活保護の受給が安易になったクリントン時代から急増したそうです。
> ご参考になるかもしれませんので、彼のウェブサイトのリンクを貼っておきます。
> https://www.larryelder.com/



ラリー・エルダー、知りませんでした。情報有難う御座います。
ウエブサイト見てみました。
率直な感想、やはりアメリカは多様で奥の深い国ですね。こんなまともなことを言う人がいる。
素晴しいことだと思います。

率直な所、日本の保守の言論人に少々幻滅していました。某百田などはその典型。
そんな意味でラリー・エルダーは筋金入りですね。ホント素晴らしい。


それから
>黒人の新生児の私生児の比率は75%
この件は愕然とする数字ですが、更にクリントン時代に淵源が有ると聞いて納得です。
クリントンもオバマも出自のおかしい人間なので、こんな事が起こるのかと思うと、改めて家庭崩壊を狙ったマルクス主義の恐ろしさを痛感しています。
  1. 2020-07-14 10:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する