FC2ブログ

2020-05-27 15:33

武漢肺炎<日本のミラクルに対する見方が変わってきた


 昨日から緊急事態宣言が全面解除された。やっと経済が正常化されるということで先ずは良かった。
と言って手放しで喜んでもいられない。
安倍首相は、「日本ならではのやり方で流行をほぼ収束できた」と言っているが、もちろん二度目の緊急事態宣言も有り得るわけで、油断大敵ということだろう。

さて、こんな事で日本は何とか収束できたのだが、他の先進国と比較すると、日本の死者数は突出して少ない。桁違いの少なさであることは間違いない。

ちょっと本題に入る前に現在の死者数の状況 (5月26日現在 G7+スペイン)

 国名      死者数    人口100万人当たり  人口(単位:百万人)
アメリカ     99.800     302          330
イギリス     36.800     544          67
イタリア     32.800     544          60
フランス     28.000     436          65 
スペイン     26.000     574          46 
ドイツ        8.400       101            83
カナダ        6.500       174          37
日本          830                  7                            126


このような状況に世界からはジャパニーズ・ミラクルと言う声が聞こえてくる。
例えばこんなエントリー

そして現在はと言えば、日本人がこのミラクルに対し、『如何してこのように少ない死者数になったのか』を世界に発信していないので、世界中から不思議がられている。

例えばこんな記事
『コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人 英国の高級スーパーでは「日本食」の検索が53%も増加~ネットの反応「日本人のことが癪に障る人たちがマスコミを牛耳ってるからね」  2020年5月25日』


そしてこれが問題の本質を表していると思われる記事、5月27日付の読売のもの。
<以下引用>

「不可解」「ミステリー」、感染者数伸びない日本に戸惑う欧米メディア
2020/05/27 07:12
(引用者注:この記事の見出しは紙の新聞ではこうなっている。
「3密」回避 日本評価も  欧米メディア批判一転
こんな風に見出しを変える所に日本のメディアの困惑ぶりが分かる。参考までに記載)

新型コロナ
 【ニューヨーク=橋本潤也】緊急事態宣言を25日に解除した日本政府の新型コロナウイルス対策について、欧米メディアの評価が変化しつつある。当初、欧米と異なる対応を批判してきたが、日本政府の「3密」回避の呼びかけや、日本独自の習慣、保険制度などを評価する指摘も出てきている。

 多くの欧米メディアは日本の対応を疑問視してきた。公共交通機関の混雑や、罰則を伴わない緊急事態宣言に批判が集まったほか、PCR検査の件数について「ドイツや韓国と比べるとゼロを一つ付け忘れたように見える」(4月30日の英BBC)と少なさを問題視する指摘もあった。迅速に大量の検査を行い、感染者の移動経路を把握し、感染拡大を食い止めた韓国が成功例として称賛された。

 欧米メディアには日本の感染者数が伸びないことに、「不可解」「ミステリー」と戸惑う声もある。米紙ワシントン・ポストは25日の記事で、少ない感染者の「理由は明確でない」としつつ、感染を早期に把握できた要因の一つに日本の国民皆保険制度を挙げた。志村けんさんや岡江久美子さんら著名人の悲報が、「人々にウイルスの危険性を気付かせた」とも指摘した。

 英紙ガーディアンは22日の「大惨事目前からサクセスストーリーへ」と題する記事で、花粉症対策のマスク着用や、握手やハグをあまりせず、玄関で靴を脱ぐ日本の習慣が感染防止に寄与した可能性を指摘した。

 日本式の取り組みを参考にする動きもある。米ニューヨーク市議会衛生委員長のマーク・レバイン氏は21日、日本政府が作成した密閉、密集、密接の「3つの密を避けましょう」というポスターを英訳版と共にツイッター上に掲載した。「これが日本が取り組んでいること。何が最もリスクが高いかを強調する上で良い方法だ」と紹介している。
<引用終り>


さてここからが本題。

実は日本が奇跡と言われるのはこれが初めてではない。
それを江戸っ子風に言えば
「てやんでぇ べら棒めぇ、日本てぇ国はなあ、トインビー大先生の昔から奇跡の国とお墨付きをもらってんだぁ、ちとやそっとで奇跡奇跡と騒ぐんじゃねえよ・・・。おまえら、百年遅れてんだ。味噌汁で顏ぉ洗って出直してこい。なにぃ、毛唐は味噌汁飲まないってかぁ、知るかぁ。」
(トインビー大先生=アーノルド・J・トインビー、エゲレス国の歴史学者、1889-1975)

そのトインビーが日本の奇跡と言ったのはこんなこと。
人類の歴史の奇跡の一つは、日本の明治以降の近代化である
"One of the miracles in human history is modernization of Japan since the Meiji period."

トインビーは更にこんな事も言っている。
「19世紀末の西欧から東方を眺めれば、トルコから清国に至る諸帝国は西欧に抵抗できなかった。インドもベトナムもジャワも、その原住民は羊のように従順に、ただ黙々として毛を刈り取る者に反抗しようとはしなかった。ただ日本だけがきわめて珍しい例外であった」(アーノルド・トインビー『文明の実験』

こんなことで、トインビーは日本の明治期の近代化を歴史の奇跡と言っているのだが、その背景を見ると、当時の西欧諸国には、自分たちの文明こそが標準であり普遍であるとの驕慢が染みついていた。彼らは、その自信と圧倒的な軍事力や経済力を背景に、アジアでの植民地政策を推し進めていた。
そのような中で、白人西欧列強の植民地政策に対抗して立ち上がった日本には、共に戦い協同する有色人国家はなく、世界の中で孤立していた。当然、西欧諸国からは不快感と敵意を浴びせられた。

特にこの傾向は「日露戦争(1904-1905、M38-M39)での日本の勝利」で一層顕著になる。
日露戦争は明治維新から38年、ペリー来航(1853)から見ても51年のこと。驚異的な速さでの近代化は間違いない。


明治の近代化についてはここまでにします。要点は明治の近代化というのは西欧から見ると奇跡だということ。それでは先を急ぎます。


やっと本題に入ります。
武漢肺炎(新型コロナウイルス)対策に日本が成功した。これが西欧から見ると奇跡だということ、ここがポイントです。

先に日本の明治期の近代化を歴史の奇跡と言った、その背景は、当時の西欧諸国には、自分たちの文明こそが標準であり普遍であるとの驕慢が染みついていた。こう書きました。
このことが現在の武漢肺炎(新型コロナウイルス)対策にも言えると思うのです。
現在でも西欧諸国(特にG5の日本以外のアメリカ・イギリス・ドイツ・フランス)には自分たちの文明文化が世界の標準であり普遍である、こう信じ込んでいます
これに対し、その自分たちがやっている『絶対正しい事=武漢肺炎対策』に従おうとしない生意気な国がある。日本だ
こう言ってボロクソに叩いてきた結果が、死者数が桁違いに少ないという現実。
こんなことでは無いでしょうか。

そして重要な事。西欧のメディアの日本叩き、これの尻馬に乗っているアホな連中がいます。
日本の新聞テレビ、マスゴミです。この業界で蠢く羽織ゴロ、電波芸者の類もそうですね。

日本のメディア連中の言っていることが、欧米メディアの論調そのままなのは分かると思います。つまり、日本のメディア連中が最初から欧米の論調が正しいとひれ伏している。その結果、アメリカでは、イギリスではの出羽の守がぞろぞろ出てくるし、日本はもう終わりだの尾張の守もあとからあとから。厄介ですね。


さてそこで見方を変えます。
4月26日のエントリーでこんなことを書きました。
日本というのは、ジャンクフードを食べて運動もしないくせにスリムな女の子のようなものだ。半数の人は彼女を無視したがる。もう半数は彼女を憎らしく思う

これこそ今日本が直面している最大の問題ではないかと思うのです。
日本がこうして成功したといえば言うほど西欧エリートの一部に反感が募る。日本が成功したというと、西欧のウイルス対策を主導してきた人たちがバカに見える。

この事は単にウイルス騒動を越えて、ハンチントン云う所に文明の衝突そのものではないでしょうか。厄介極まりない問題です。


例えばこれは2016年5月の伊勢志摩サミット
2020-5-27伊勢志摩サミット


ここ伊勢神宮が単に古い名所という訳ではない。日本人の精神の根幹をなすものなのだ。
そしてこんな所から日本人の清浄を貴ぶ習慣が生まれた。

2020-4-10手水

日本には神の前に出るときは身を清める習慣がある。だから日本には手を洗う習慣が定着し、きれいな水を確保する上水道を江戸時代から整備してきた。

2020-5-27江戸の水道

江戸時代の東京(江戸)の水道システムを支える玉川上水は1653年に完成。全長43キロ、高低差92mとの事。
こんな昔からの先人の苦労が有るからこそ、手を洗うという習慣も定着したのだと思う。

ローマは一日にして成らずといいますが、東京も、日本も一日にして成らずです。
是非ともこんな事を世界に発信してほしいですね。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(30)

コメント

日本列島は奇跡の場所

長いこと欧米人が誤解して、戦後は日本人も思い込まされてきた誤りの最たるものは 「日本は明治維新によって近代化した新興国家である」 というものでしょう。
以前も書いたかもしれませんが、江戸時代の日本は、蒸気機関の発明と、それに続く産業革命が起きなかっただけで、そのほかの文化のレベルは欧米に負けないものでした。

なにしろ、東京湾に流れ込んでいた利根川を、太平洋側に流れるように付け替える大規模な土木工事を、奴隷も使わずに成し遂げているのです。
また、世界で初めて作られた商品先物取引所は、江戸時代の大坂・堂島米会所でした。

江戸時代にはお米が 「証券化」 されていたことをご存知ですか (高槻 泰郎) | 現代新書 | 講談社
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56562

江戸時代に盛んだった 「和算」 は、欧米の数学に引けを取らないレベルだったし、それを多くの庶民がたしなんで、神社に和算を奉納したりもしていました。
当然、その土台となったのは高い識字率で、江戸時代の時点で日本の識字率は世界一でした。

そうした土台の上に、間宮林蔵の樺太測量や間宮海峡の発見もあったわけで、日本が他のアジア・アフリカ地域と違って、欧米の植民地化による 「無理矢理な近代化」 ではなく、「和魂洋才」 というマイペースな近代化ができたのも、しっかりとした文化の土台があったからでしょう。
なにしろ日本列島は、縄文時代から民族が入れ替わることなく、1つの文明を発展させてきた 「奇跡の場所」 なんですから。
  1. 2020-05-27 20:13
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

「豊かになれば日本のようになれる」 は幻想

↓日本は保健所の仕組みも独特だという記事なんですが、あまり語られることがないですね。

新型コロナ、日本独自戦略の背景に結核との闘い 対策の要 「保健所」 の歴史から見えるもの | 47NEWS
関西大 高鳥毛敏雄教授 (公衆衛生学)
https://this.kiji.is/636063326715642977

>日本のコロナ対策は、欧米では聞かないクラスター対策を行い流行拡大の阻止をしていますが、それは全国に保健所と保健師が残されていたからこそ成り立っています。そうでなければ欧米諸国と同じ展開となった可能性があります。

>保健所が誕生した1937年は、日中戦争が始まった年。外国とだけでなく、内なる結核との闘いもしなければならなかったわけです。事態を憂慮された皇后陛下から援助がなされ、「結核予防会」 が設立されました。

>現行憲法下では、中国や韓国のように国民を監視・管理することは難しいと思います。
>緊急事態には社会防衛を優先すべきとの主張もありますが、過去の判例などを考えると難しいように思います。日本では感染症流行時であっても、警察や軍隊を動員してまで市民を取り締まることを正当化するのは難しいのです。このことを理解しておく必要があります。

>これに対して欧米先進国の多くは、第二次世界大戦の戦勝国であることから、戦前の感染症対策のフレームワークをベースにした体制を維持しています。例えば、米国の公衆衛生長官の名称は軍医総監 (Surgeon General) とされています。また、欧米の感染症に関わる研究機関や研究所と軍の施設とは深い関係にあります。フランスや米国で、「これは戦争だ」 などと首脳が発言しているのもその表れです。


1つ前のコメントの続きになりますが、日本は戦前から国民の民度が高くて、選挙も行われていた民主主義国家であって、べつにGHQに民主化してもらったわけじゃありません。

それをアメリカが勘違いして、「どんな国もアメリカが介入すれば、日本と同じように民主化することができて、経済も発展する。」 などと考えて、首を突っ込んで痛い目に遭ったのが、ベトナムやイラクなどでしょう。また、「中国も経済的に豊かになれば、社会が成熟して、民主化するはずだ。」 という考えも、根っこは同じでしょうね。

トランプ大統領は、それをわかっていると思います。なので少し前までは、口では 「北朝鮮が核開発やミサイル開発をやめれば、世界中から投資が集まって、経済が発展するだろう。」 と言っていたけど、本心ではそんな事、最初から全然思っていなかったと思いますね。
  1. 2020-05-27 20:16
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

かんぱちさんと同じく思ってます
江戸時代にも独自の文化を育み寺子屋等の教育が行き渡っていた日本は特異点なのかも知れません
明治以降は不平等条約の解消に向け必死だった部分もありますが大津事件の様に毅然とした対応もしています
西欧は日の沈まない国や南米やアフリカの植民地支配で傲慢になった部分がありますね。
WWⅡ後の植民地の独立は西欧には面白くなかったでしょう。オランダ王室は今でも日本を妬んでるとかww
ですが日本の特異性があるのでジャパニーズスタンダードが各国に受け入れられるのは難しいでしょう。台湾が似てる感じですが。
和算や伊能忠敬の測量など高度な技術もありました日本人はアピールするのが苦手ですね。
中韓ぐらい厚かましいのがスタンダードかも知れませんが、あれは…と思う人が多いでしょうね
  1. 2020-05-27 20:47
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

暴論

「日本人は貧しい。しかし高貴だ」
「世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族を挙げるとしたら、それは日本人だ」

元駐日フランス大使ポール・クルーデルが大戦中に発した「敵国日本」を称える言葉です。

欧米人が日本はワカラン国だと散々述べている現在、トインビーもハンチントンもそしてクルーデルも先人たちは日本の深いところを理解しようとしていました。

私は欧米人と日本人はゴリラとチンパンジーのように生物種が違うと思えばいいのではないかと極論します。どちらの猿がいいか悪いかの問題とは別にして。

欧米人のいいところは物事を科学的に分析して比較検討することなので、日本人がコロナ対策を上手くやった秘訣を知りたいと思う。

ただ、例えば勉強できる人がなぜ自分は勉強できるのかを余り自覚しないように、日本人はコロナ対策を相手に上手く説明する感覚が乏しい。日本を説明することすべてが日本人は説明能力が乏しい。分析したがる欧米人はそこが分からず癪のタネではないかと暴論を申し上げます。
  1. 2020-05-28 06:44
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 日本列島は奇跡の場所

> 長いこと欧米人が誤解して、戦後は日本人も思い込まされてきた誤りの最たるものは 「日本は明治維新によって近代化した新興国家である」 というものでしょう。
> 以前も書いたかもしれませんが、江戸時代の日本は、蒸気機関の発明と、それに続く産業革命が起きなかっただけで、そのほかの文化のレベルは欧米に負けないものでした。
>
> なにしろ、東京湾に流れ込んでいた利根川を、太平洋側に流れるように付け替える大規模な土木工事を、奴隷も使わずに成し遂げているのです。
> また、世界で初めて作られた商品先物取引所は、江戸時代の大坂・堂島米会所でした。
>
> 江戸時代にはお米が 「証券化」 されていたことをご存知ですか (高槻 泰郎) | 現代新書 | 講談社
> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56562
>
> 江戸時代に盛んだった 「和算」 は、欧米の数学に引けを取らないレベルだったし、それを多くの庶民がたしなんで、神社に和算を奉納したりもしていました。
> 当然、その土台となったのは高い識字率で、江戸時代の時点で日本の識字率は世界一でした。
>
> そうした土台の上に、間宮林蔵の樺太測量や間宮海峡の発見もあったわけで、日本が他のアジア・アフリカ地域と違って、欧米の植民地化による 「無理矢理な近代化」 ではなく、「和魂洋才」 というマイペースな近代化ができたのも、しっかりとした文化の土台があったからでしょう。
> なにしろ日本列島は、縄文時代から民族が入れ替わることなく、1つの文明を発展させてきた 「奇跡の場所」 なんですから。




全く同感です。
こんな事を子どもの頃からキチンと教えないといけませんね。
それが戦後教育で江戸時代を暗黒の時代と教えたりしている。ヨーロッパの中世が暗黒の時代だったのは確かですが、それをそっくり日本に当てはめて、無理やり暗黒の時代としてしまった。
戦後教育の罪は大きいですね。

これからこんな日本の奇跡が奇跡でも何でもない、そんなしっかりした歴史教育と、それに関する議論を深めていきたいです。
まず手始めは日本の官僚の中に巣食う反日連中の駆除から始めねばいけません。
  1. 2020-05-28 08:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 「豊かになれば日本のようになれる」 は幻想

> ↓日本は保健所の仕組みも独特だという記事なんですが、あまり語られることがないですね。
>
> 新型コロナ、日本独自戦略の背景に結核との闘い 対策の要 「保健所」 の歴史から見えるもの | 47NEWS
> 関西大 高鳥毛敏雄教授 (公衆衛生学)
> https://this.kiji.is/636063326715642977
>
> >日本のコロナ対策は、欧米では聞かないクラスター対策を行い流行拡大の阻止をしていますが、それは全国に保健所と保健師が残されていたからこそ成り立っています。そうでなければ欧米諸国と同じ展開となった可能性があります。
>
> >保健所が誕生した1937年は、日中戦争が始まった年。外国とだけでなく、内なる結核との闘いもしなければならなかったわけです。事態を憂慮された皇后陛下から援助がなされ、「結核予防会」 が設立されました。
>
> >現行憲法下では、中国や韓国のように国民を監視・管理することは難しいと思います。
> >緊急事態には社会防衛を優先すべきとの主張もありますが、過去の判例などを考えると難しいように思います。日本では感染症流行時であっても、警察や軍隊を動員してまで市民を取り締まることを正当化するのは難しいのです。このことを理解しておく必要があります。
>
> >これに対して欧米先進国の多くは、第二次世界大戦の戦勝国であることから、戦前の感染症対策のフレームワークをベースにした体制を維持しています。例えば、米国の公衆衛生長官の名称は軍医総監 (Surgeon General) とされています。また、欧米の感染症に関わる研究機関や研究所と軍の施設とは深い関係にあります。フランスや米国で、「これは戦争だ」 などと首脳が発言しているのもその表れです。
>
>
> 1つ前のコメントの続きになりますが、日本は戦前から国民の民度が高くて、選挙も行われていた民主主義国家であって、べつにGHQに民主化してもらったわけじゃありません。
>
> それをアメリカが勘違いして、「どんな国もアメリカが介入すれば、日本と同じように民主化することができて、経済も発展する。」 などと考えて、首を突っ込んで痛い目に遭ったのが、ベトナムやイラクなどでしょう。また、「中国も経済的に豊かになれば、社会が成熟して、民主化するはずだ。」 という考えも、根っこは同じでしょうね。
>
> トランプ大統領は、それをわかっていると思います。なので少し前までは、口では 「北朝鮮が核開発やミサイル開発をやめれば、世界中から投資が集まって、経済が発展するだろう。」 と言っていたけど、本心ではそんな事、最初から全然思っていなかったと思いますね。





情報有難う御座います。保健所については、私は世界の事情は分かりませんが、それを熟知した尾身先生が陣頭指揮してやっていることから、やはり日本でしかやれなかったことなのでしょう。

それから、アメリカのここ70年以上の失敗の歴史は、すべて「アメリカが手本を示せば日本のようになる」という認識が原因でした。

4月26日にこんなエントリーをしました。
武漢肺炎<日本の新型コロナウイルス対策が評価されない理由 2020-04-26 16:46
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1750.html

ここでこの記者の著書を紹介したのですが、ここにこんな記述が有ります。

概観
2003年のイラク戦争へのプロローグの期間中、ジョージWブッシュは、日本を例に繰り返し、なぜイラクを西側同盟内の民主国家として作り直すことができるのかを主張した。 彼が日本と同じくらい多様でユニークな国が快く変容することができれば、どんな国でもできると彼は考えた。 ジョージW.ブッシュの戦前の仮定の大部分は、長い間馬鹿にされてきましたが、この特定の前提は広く保持されたままです。 失敗が目に見えない今日でも、最終的にはイラクが最終的に別の「日本」として浮上するという一般的な感覚がまだあります。


此処ではブッシュ大統領の認識が間違っていることを指摘しているのだが、こんな認識がいまだにアメリカエスタブリッシュメントの中に生きている。
これは重要だと思います。

そしてアメリカの言う事を聞かなかった日本がアメリカの何十倍も上手くやった。
こんな事を世界に示したことは、日本にとって画期的な事でした。
多分日露戦争の勝利に匹敵する衝撃を西欧諸国に与えたと思います。

  1. 2020-05-28 09:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:are さん

> かんぱちさんと同じく思ってます
> 江戸時代にも独自の文化を育み寺子屋等の教育が行き渡っていた日本は特異点なのかも知れません
> 明治以降は不平等条約の解消に向け必死だった部分もありますが大津事件の様に毅然とした対応もしています
> 西欧は日の沈まない国や南米やアフリカの植民地支配で傲慢になった部分がありますね。
> WWⅡ後の植民地の独立は西欧には面白くなかったでしょう。オランダ王室は今でも日本を妬んでるとかww
> ですが日本の特異性があるのでジャパニーズスタンダードが各国に受け入れられるのは難しいでしょう。台湾が似てる感じですが。
> 和算や伊能忠敬の測量など高度な技術もありました日本人はアピールするのが苦手ですね。
> 中韓ぐらい厚かましいのがスタンダードかも知れませんが、あれは…と思う人が多いでしょうね



オランダ王室の件ですが、こんなエントリーが有ります。
欧州の反日国 2014-11-09 21:08
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1029.html

オランダ国王の言っていることを読むと、猛烈に腹が立ちます。
植民地からのアガリで優雅に暮らしていた連中なので、それが出来なくなって恨んでいるのです。

しかしこんな話を聞かねばならない天皇陛下(現上皇陛下)のお気持ちは当に「耐えがたきを耐え、忍び難きをしのび」だったのでしょう。

  1. 2020-05-28 09:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 暴論

> 「日本人は貧しい。しかし高貴だ」
> 「世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族を挙げるとしたら、それは日本人だ」
>
> 元駐日フランス大使ポール・クルーデルが大戦中に発した「敵国日本」を称える言葉です。
>
> 欧米人が日本はワカラン国だと散々述べている現在、トインビーもハンチントンもそしてクルーデルも先人たちは日本の深いところを理解しようとしていました。
>
> 私は欧米人と日本人はゴリラとチンパンジーのように生物種が違うと思えばいいのではないかと極論します。どちらの猿がいいか悪いかの問題とは別にして。
>
> 欧米人のいいところは物事を科学的に分析して比較検討することなので、日本人がコロナ対策を上手くやった秘訣を知りたいと思う。
>
> ただ、例えば勉強できる人がなぜ自分は勉強できるのかを余り自覚しないように、日本人はコロナ対策を相手に上手く説明する感覚が乏しい。日本を説明することすべてが日本人は説明能力が乏しい。分析したがる欧米人はそこが分からず癪のタネではないかと暴論を申し上げます。




暴論ではありません。正論そのものです。
流石相模さん、ゴリラとチンパンジーの違いと思えばいい。これは多分事実でしょう。
何せ日本人は1万年以上平和に暮らしてきたんですから。差ができるのも当たり前。

実は相模さんの意見で私はこんな事を思い出しています。
デブの人について、「デブが3代続いたら、DNAにデブの遺伝子が入ってしまう」、こんな話です。
そう理解して生きていかねばいけない。そんな思いです。
  1. 2020-05-28 09:24
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

原爆より強力な竹槍

 アメリカの死者は10万人を超えてしまいした。

 これって長崎原爆をはるかに超えて広島原爆に迫る被害です。

 アメリカ政府は総人口の9割に厳しいロックダウンを強い、NY州など大量のPCR検査を無料で実施しました。

 こうしたアメリカなど欧米諸国の政策に対して、日本政府の対応を「竹槍」と揶揄した人たちがいますけれど、結果からみると日本政府の「竹槍」は原爆より強力だったのです。

 ワタシはこのウィルスは、本来はこんな原爆のような強権政策で対応できるものではなく、手洗いやマスクの着用など、国民一人一人の地道な感染防止努力の方が遥かに効果的だったのではないかと思います。

 感染初期からこうした地道な努力を呼び掛けた日本政府と、それに従って努力した日本国民が「竹槍が原爆に勝つ」という結果を生んだのだと思います。
  1. 2020-05-28 14:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 書き忘れましたが、マスクの効用について、ちょっとおもしろい記事を拾いました。

 アメリカがマスクを嫌う風潮はスペイン風邪流行時から
 http://karapaia.com/archives/52291196.html

>1919年1月15日、衛生局が二度目のマスク着用令を出す前は、感染者510人、死者50人だったが、1月26日になると、その数は、感染者12人、死者4人に減った。

 スペイン風邪はインフルエンザウィルスですから空気感染します。
 それでもマスクの着用強制で、これだけの効果があるのです。

 これだとコロナウィルスにはさらに効果があるでしょう?

 日本の成功はこうしたマスクのような一見竹槍のようなひ弱そうな武器をすべての人が使用したことにあるのでは?
  1. 2020-05-28 14:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

無駄話です

よもぎねこさんの話と被るんですが
短足おじさんも教育には苦労されたと思います。
私は社員教育に絡んだ事がありますが考えたのは「スーパースターを育てるより全員のレベルを5%でも上げたほうが良い」でした
欧米と日本の教育も違うんでしょうね。
中国の科挙の伝統を引きずる韓国の受験戦争。バカロレアのフランス。トップ校は私立で寄付金で運営している米英。評価は色々ですけど答えは無いかも
よもさんは塾講師、おじさんもタイで苦労私は一応教職免許ありますけど(笑)
理解してもらうは難しいですね
  1. 2020-05-28 16:00
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: 原爆より強力な竹槍

>  アメリカの死者は10万人を超えてしまいした。
>
>  これって長崎原爆をはるかに超えて広島原爆に迫る被害です。
>
>  アメリカ政府は総人口の9割に厳しいロックダウンを強い、NY州など大量のPCR検査を無料で実施しました。
>
>  こうしたアメリカなど欧米諸国の政策に対して、日本政府の対応を「竹槍」と揶揄した人たちがいますけれど、結果からみると日本政府の「竹槍」は原爆より強力だったのです。
>
>  ワタシはこのウィルスは、本来はこんな原爆のような強権政策で対応できるものではなく、手洗いやマスクの着用など、国民一人一人の地道な感染防止努力の方が遥かに効果的だったのではないかと思います。
>
>  感染初期からこうした地道な努力を呼び掛けた日本政府と、それに従って努力した日本国民が「竹槍が原爆に勝つ」という結果を生んだのだと思います。




確かにその通り、地道な努力の積み重ねであることは間違いありません。
しかしその努力の前提となる様々な条件が有るのです。
例えば5月6日のエントリーで取り上げたセレッソ大阪のロティーナ監督(スペイン人)が指摘していましたが、マスクをするとなったら誰でも家にマスクを持っていた。これはスペイン人から見ると脅威でしょう。
例えば手を洗えといいますが、そもそも他の国にはきれいな水の出る水道が有るのかも疑問です。
そんな点で日本は綺麗な水を確保するために昔からいろんな手を打ってきた歴史を持っています。

その為に莫大な投資をしてきた結果が今日の日本の成功のカギと言えるでしょう。

そしてもう一つが信仰です。
日本のように初詣に神社に行く時、入り口の手水で手を洗ってから(口を漱いでから)参拝する。
こんな習慣は他の宗教には一切ない、日本独自のモノです。



  1. 2020-05-28 16:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこ さん

>  書き忘れましたが、マスクの効用について、ちょっとおもしろい記事を拾いました。
>
>  アメリカがマスクを嫌う風潮はスペイン風邪流行時から
>  http://karapaia.com/archives/52291196.html
>
> >1919年1月15日、衛生局が二度目のマスク着用令を出す前は、感染者510人、死者50人だったが、1月26日になると、その数は、感染者12人、死者4人に減った。
>
>  スペイン風邪はインフルエンザウィルスですから空気感染します。
>  それでもマスクの着用強制で、これだけの効果があるのです。



私もそう思います。
ある程度落ち着いたら、この顛末はきちんと総括せねばいけないでしょう。
>
>  これだとコロナウィルスにはさらに効果があるでしょう?
>
>  日本の成功はこうしたマスクのような一見竹槍のようなひ弱そうな武器をすべての人が使用したことにあるのでは?
  1. 2020-05-28 16:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 無駄話です

> よもぎねこさんの話と被るんですが
> 短足おじさんも教育には苦労されたと思います。
> 私は社員教育に絡んだ事がありますが考えたのは「スーパースターを育てるより全員のレベルを5%でも上げたほうが良い」でした
> 欧米と日本の教育も違うんでしょうね。
> 中国の科挙の伝統を引きずる韓国の受験戦争。バカロレアのフランス。トップ校は私立で寄付金で運営している米英。評価は色々ですけど答えは無いかも
> よもさんは塾講師、おじさんもタイで苦労私は一応教職免許ありますけど(笑)
> 理解してもらうは難しいですね




教育については私なりの持論を持っていますので、ちょっとそのことについて。
先ず、全員のレベルアップは非常に大事で大賛成ですが、それと同時に、いやそれ以上にエリート教育も必要です。
例えば野菜や草花を育てるとき、同じように種をまいても、芽の出るもの、出ない物。芽が出てもあまりよく育たぬもの、大きく育つもの、様々です。人間もこれと同じで、同じように教育しても育つ人と育たぬ人が出るのが当たり前。
こう理解しています。
これは人それぞれの個性と言ってもいいでしょう。
ですから教育は
① 全体の底上げをはかる部分
② 個人の得意分野を徹底的に伸ばす部分
③ エリートを育てる部分
この三つがどうしても必要です。
中でもエリートを育てれば、それが周囲にいい影響を与え、周囲を引っ張っていきますから大切だと思います。

そしてではその教育をする指導者の立場になったらどうするか。
沢山ありますが、一つに絞れば、「背中で人を引っ張って行けるかどうか」、これに尽きます。
  1. 2020-05-28 17:18
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

エリート教育は難しい

 ご指摘のエリートに必要な資質は、正義感、公平性、先見性や慈愛の精神など学力とは無縁のもののように思います。日本の現在の教育制度では生まれない。自頭が良いことは最低条件として必要でしょうが、エリートに必要なのは人格教育だと思います。
 昭和天皇の養育係は杉浦重剛、乃木希典、など江戸の教育を受けた無私の精神を持った人たちでした。そんな無私の人から薫陶を受けえた人から真のエリートは生まれる。残念ながら、今の日本には似非エリートの残骸みたいな人しかいない。民主党はそんな連中の集団でした。最近なら土光敏夫みたいな人が若干名でもいたら、世の中が変わる。よくなるのではないかと思います。
  1. 2020-05-28 17:40
  2. URL
  3. 朝鮮人は日本の敵 #-
  4. 編集

Re: エリート教育は難しい

>  ご指摘のエリートに必要な資質は、正義感、公平性、先見性や慈愛の精神など学力とは無縁のもののように思います。日本の現在の教育制度では生まれない。自頭が良いことは最低条件として必要でしょうが、エリートに必要なのは人格教育だと思います。
>  昭和天皇の養育係は杉浦重剛、乃木希典、など江戸の教育を受けた無私の精神を持った人たちでした。そんな無私の人から薫陶を受けえた人から真のエリートは生まれる。残念ながら、今の日本には似非エリートの残骸みたいな人しかいない。民主党はそんな連中の集団でした。最近なら土光敏夫みたいな人が若干名でもいたら、世の中が変わる。よくなるのではないかと思います。



その通りですね。
昭和天皇の養育係乃木希典についてはこんなエピソードを聞いたことが有ります。
学習院初等科に通っていた時、冬の寒い日に車で通学しようとした裕仁親王に乃木はこう諭したそうです。
「外套を着れば寒くありません。歩いて通えば運動になるし、体も温まります」
こんなことで、ずっと歩いて学習院初等科に通ったそうです。
昭和天皇のしっかりした考え方はこんな所から養われたのだと思います。
  1. 2020-05-29 19:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

エリート教育は一筋縄では行かないです。私にはできません
帝王学とも言われますがMBA取得では使えません。日本にも司法試験や医学試験合格しても???の人も居ますから。
信長、秀吉、家康この三人が同時代に生きたことは凄いしそれぞれの評価もイロイロですが
人の登用、人使いが凄かったと思います。
安倍首相はお疲れですが後任は???ですね。石破?枝野が政権交代?
オバマが退任時にホットした顔と白髪だらけの頭を見てトップの大変さを見せられましたね
オバマの施策について評価する気はありません
日本の組織は調和型で独裁者型では無いのが多いですね
禿バンクからはファーストリテイリングの柳井もアリババのジャック・マーも退任しました
西武の堤も独裁者型、東急の五島も
阪急の小林一三はあまり悪く言われないけど。松下幸之助や本田宗一郎の様に人徳もあるのかも知れませんね。
売家と唐様で書く三代目。も
  1. 2020-05-30 01:17
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

チョット脱力の話で

神戸に居たとき阪急の岡本、JRだと摂津本山に居ました
よもさんのに書いたけど甲南大学や甲南女子がありパンとケーキが美味しい所でした
隣はJR住吉、阪急は御影です、ここも落ち着いた街ですし住吉川もいい雰囲気です
イノシシが出ますがね
今は旅行は難しいですが
香雪美術館 朝日新聞の創業者のコレクションです 弓弦羽神社も良いですよ
https://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/

近くに白鶴美術館。 坂がキツイですが日本酒の白鶴の嘉納家で運営されてます
http://www.hakutsuru-museum.org/
旅行できなくてもネットでも少しは味わえるかも。建物が雰囲気あるんですよ

昔の金持ちの金の使い方ですかね
  1. 2020-05-30 20:34
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

私個人は元は左巻きな人間でしたし、今も、現実離れした自虐、反日もイヤですが、日本スゲー史観にも気恥ずかしさや抵抗を感じるタイプです(どこぞの隣国みたいですし)。

しかし、この集近閉ウィルスの対処については素直に日本スゲーでいいかなと。
リンクを貼られている

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72750

コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人

の記事を書かれた方はどちらかというと私には「出羽の守」タイプに思える感じの人。
その方が「そう言う」ならば本当に日本スゲーなんだろうと思いました。
まあ、すごいも何も結果がすべて・・なんですけどね。

「失敗した」と思い込むのは、そりゃテレビ・新聞しかみてなければそう思っちゃいますよね。
日本の大手メディア、特にテレビ局の人間は日本の外には何もかもが日本より「上手くやってる」
ユートピアのように描くんですから。いえ、本当ならいいんですけど、実際は違ってたり単純に
比較できなかったり・・の場合がほとんど。今回の集近閉ウィルス禍に関してはほとんどが「間違い」。
また、こんな最中にも「韓国アゲ」「韓流ごり押し」やってるのも酷かった。

そういえば、今からわずか数か月前の2月ごろ。その頃、日本でダイアモンドプリンセス号、まだ欧米諸国では感染が発覚していなかったころにイタリアについて「日本とは経験が違う」などと週刊文春で絶賛していた「専門家」がいましたが、その直後にイタリアで大量感染が始まったことには、不謹慎ではありますが、失笑してしまいました。












  1. 2020-05-31 13:36
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

To:are さん

> エリート教育は一筋縄では行かないです。私にはできません
> 帝王学とも言われますがMBA取得では使えません。日本にも司法試験や医学試験合格しても???の人も居ますから。
> 信長、秀吉、家康この三人が同時代に生きたことは凄いしそれぞれの評価もイロイロですが
> 人の登用、人使いが凄かったと思います。
> 安倍首相はお疲れですが後任は???ですね。石破?枝野が政権交代?
> オバマが退任時にホットした顔と白髪だらけの頭を見てトップの大変さを見せられましたね
> オバマの施策について評価する気はありません
> 日本の組織は調和型で独裁者型では無いのが多いですね
> 禿バンクからはファーストリテイリングの柳井もアリババのジャック・マーも退任しました
> 西武の堤も独裁者型、東急の五島も
> 阪急の小林一三はあまり悪く言われないけど。松下幸之助や本田宗一郎の様に人徳もあるのかも知れませんね。
> 売家と唐様で書く三代目。も




エリート教育は難しいですが、例えばダイアモンドの研磨を考えてみます
美しいダイアモンドですが、その研磨剤はダイアモンドの粉末です。美しくも何でもありません。
それと同じで、教育する立場は、いつか教え子が自分を超える存在になってくれると信じて教育をしています。
出藍の誉れですね。
教育者の最低の者は、自分を越えようとする人の頭を叩いて潰しにかかる。実社会ではよくある話ですが、コレではダメですね。
青磁の世界ではこんなのばかりで、本当に嫌になります。
  1. 2020-05-31 18:23
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: チョット脱力の話で

> 神戸に居たとき阪急の岡本、JRだと摂津本山に居ました
> よもさんのに書いたけど甲南大学や甲南女子がありパンとケーキが美味しい所でした
> 隣はJR住吉、阪急は御影です、ここも落ち着いた街ですし住吉川もいい雰囲気です
> イノシシが出ますがね
> 今は旅行は難しいですが
> 香雪美術館 朝日新聞の創業者のコレクションです 弓弦羽神社も良いですよ
> https://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/
>
> 近くに白鶴美術館。 坂がキツイですが日本酒の白鶴の嘉納家で運営されてます
> http://www.hakutsuru-museum.org/
> 旅行できなくてもネットでも少しは味わえるかも。建物が雰囲気あるんですよ
>
> 昔の金持ちの金の使い方ですかね



神戸は私の姉一家が住んでいるので時々行きますが、あまりアチコチ行ったことが有りません。
美しい街で、名物が天井川くらいしか知識がないです。
白鶴美術館は行きたいですね。当地方にも酒の博物館があるので比べてみたいです。
  1. 2020-05-31 18:34
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:prijon さん

> 私個人は元は左巻きな人間でしたし、今も、現実離れした自虐、反日もイヤですが、日本スゲー史観にも気恥ずかしさや抵抗を感じるタイプです(どこぞの隣国みたいですし)。
>
> しかし、この集近閉ウィルスの対処については素直に日本スゲーでいいかなと。
> リンクを貼られている
>
> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72750
>
> コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人
>
> の記事を書かれた方はどちらかというと私には「出羽の守」タイプに思える感じの人。
> その方が「そう言う」ならば本当に日本スゲーなんだろうと思いました。
> まあ、すごいも何も結果がすべて・・なんですけどね。
>
> 「失敗した」と思い込むのは、そりゃテレビ・新聞しかみてなければそう思っちゃいますよね。
> 日本の大手メディア、特にテレビ局の人間は日本の外には何もかもが日本より「上手くやってる」
> ユートピアのように描くんですから。いえ、本当ならいいんですけど、実際は違ってたり単純に
> 比較できなかったり・・の場合がほとんど。今回の集近閉ウィルス禍に関してはほとんどが「間違い」。
> また、こんな最中にも「韓国アゲ」「韓流ごり押し」やってるのも酷かった。
>
> そういえば、今からわずか数か月前の2月ごろ。その頃、日本でダイアモンドプリンセス号、まだ欧米諸国では感染が発覚していなかったころにイタリアについて「日本とは経験が違う」などと週刊文春で絶賛していた「専門家」がいましたが、その直後にイタリアで大量感染が始まったことには、不謹慎ではありますが、失笑してしまいました。
> 私個人は元は左巻きな人間でしたし、今も、現実離れした自虐、反日もイヤですが、日本スゲー史観にも気恥ずかしさや抵抗を感じるタイプです(どこぞの隣国みたいですし)。
>
> しかし、この集近閉ウィルスの対処については素直に日本スゲーでいいかなと。
> リンクを貼られている
>
> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72750
>
> コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人
>
> の記事を書かれた方はどちらかというと私には「出羽の守」タイプに思える感じの人。
> その方が「そう言う」ならば本当に日本スゲーなんだろうと思いました。
> まあ、すごいも何も結果がすべて・・なんですけどね。
>
> 「失敗した」と思い込むのは、そりゃテレビ・新聞しかみてなければそう思っちゃいますよね。
> 日本の大手メディア、特にテレビ局の人間は日本の外には何もかもが日本より「上手くやってる」
> ユートピアのように描くんですから。いえ、本当ならいいんですけど、実際は違ってたり単純に
> 比較できなかったり・・の場合がほとんど。今回の集近閉ウィルス禍に関してはほとんどが「間違い」。
> また、こんな最中にも「韓国アゲ」「韓流ごり押し」やってるのも酷かった。
>
> そういえば、今からわずか数か月前の2月ごろ。その頃、日本でダイアモンドプリンセス号、まだ欧米諸国では感染が発覚していなかったころにイタリアについて「日本とは経験が違う」などと週刊文春で絶賛していた「専門家」がいましたが、その直後にイタリアで大量感染が始まったことには、不謹慎ではありますが、失笑してしまいました。



私が現在の様な考え方をしたきっかけは海外での経験でした。
タイでの経験が大きかったのですが、もう一つがアメリカ視察旅行で3週間行ってきたこと。
何でも見てやろうで色んなところを見てきました。

その時得た結論は、外国は凄いけれど日本はもっと凄い。こんな思いを強くしました。
但し、日本は凄いけれど、その分責任も大きいことを自覚しないと駄目ということも悟りました。

今アメリカは猛烈な勢いで変化しようとしています。
その中で日本ができることが沢山ある。中でも文化面、例えば音楽とか芸術とか、そんな分野でももっといろいろできることがあるのではないかと思っています。
  1. 2020-05-31 18:49
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

暇つぶしと思ってください

灘五郷:酒蔵
http://www.nadagogo.ne.jp/brewery/
聞かれた事のある酒造があると思います
見学やレストランがある酒造も
白鶴美術館は飲食できませんが別館は二代目の趣味?アフリカや中東の絨毯など
住吉川沿いに永井荷風の住居があります、こじんまりした家ですが
神戸博物館も好きです、横浜正金の建物を使ってます

犬山の明治村には行ってみたいですね
こんな状態になると行きたい所が増えるww
戯言m(_ _;)m
  1. 2020-06-01 00:00
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

我が国にとって至極当たり前のことで秘訣などではないのです。
にも関わらず秘訣や秘策があるように思っている。
まず自分たちを省みて何が違うのか何が必要なのかという分析ができていないのでしょう。
日本の分析よりも自分たちの分析を先にやらねば比較もできないのです。
叩き潰したはずの生意気な国が復活してトップレベルに経済成長してしまった。
彼らにとっては非常にショッキングだったのでしょうね。
そこでやり方を真似するとかではなく、人権やら環境やらを使ってマウント取りに走っていった。
ソ連崩壊でそれらの団体に流れたアカの意図も手伝ってそういった流れができてしまいました。
やれ日本は人権意識が~環境が~みたいなあれですね。
傲慢を捨てず自分に必要なものすら理解できず、
精神的に優位に立つことばかり考えているから現状があるのです。
  1. 2020-06-02 12:28
  2. URL
  3. 太朗 #cRy4jAvc
  4. 編集

Re: 暇つぶしと思ってください

> 灘五郷:酒蔵
> http://www.nadagogo.ne.jp/brewery/
> 聞かれた事のある酒造があると思います
> 見学やレストランがある酒造も
> 白鶴美術館は飲食できませんが別館は二代目の趣味?アフリカや中東の絨毯など
> 住吉川沿いに永井荷風の住居があります、こじんまりした家ですが
> 神戸博物館も好きです、横浜正金の建物を使ってます
>
> 犬山の明治村には行ってみたいですね
> こんな状態になると行きたい所が増えるww
> 戯言m(_ _;)m




灘五合の紹介有難う御座います。2週間ほど前まで剣菱を飲んでいました。
私の好みの酒です。

所でヒマつぶしの話題など。
灘五合のイラストの後ろに新幹線が描かれています。
しかしこの新幹線、形が失敗作新幹線に似た形をしています。JRでは二度とこんな形にはしないと思いますが、イラストを描く人が気が付かなかったんでしょうね。

失敗作新幹線とは300系新幹線です。通称鉄仮面。
この先頭車の形がノーズのその先端がレール面に近くなっていまして、いかにも空気抵抗を少なくしているようなデザインですが、この形の為車両後部で尻振り運動を起こします。
これは乗り心地を悪くする致命的欠点でして、現在ではこんなデザインは有りません。
最近の新幹線車両(特にN700など)のノーズポイント(先端部分の事)はレール面より少し高くなっています。
失敗に学んだ技術の歴史ですね。
・・・無駄話でした・・・。
  1. 2020-06-02 15:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:太朗 さん

> 我が国にとって至極当たり前のことで秘訣などではないのです。
> にも関わらず秘訣や秘策があるように思っている。
> まず自分たちを省みて何が違うのか何が必要なのかという分析ができていないのでしょう。
> 日本の分析よりも自分たちの分析を先にやらねば比較もできないのです。
> 叩き潰したはずの生意気な国が復活してトップレベルに経済成長してしまった。
> 彼らにとっては非常にショッキングだったのでしょうね。
> そこでやり方を真似するとかではなく、人権やら環境やらを使ってマウント取りに走っていった。
> ソ連崩壊でそれらの団体に流れたアカの意図も手伝ってそういった流れができてしまいました。
> やれ日本は人権意識が~環境が~みたいなあれですね。
> 傲慢を捨てず自分に必要なものすら理解できず、
> 精神的に優位に立つことばかり考えているから現状があるのです。



この件は今準備中の次回エントリーで書くつもりです。
それからコメントの内容がアメリカの事を言っているのは正しいのですが、もう一つ厄介な国が控えています。
ドイツです。

そんな所を含めて書くつもりです。
  1. 2020-06-02 18:24
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

海外での経験

>私が現在の様な考え方をしたきっかけは海外での経験でした。

人にもよりますが、海外居住体験があると考え方が変わるというか「日本すげー」って思うことが
多くなりますよね。別に「ネトウヨ」でなくても。
ちなみに私は子供時代(70年代)に海外居住の経験があります。
地理的にいわゆる先進国である欧州にも近い国でしたので、欧州にもちょくちょく親に連れられて行ってました。

子供で、それも親の仕事の都合で連れられていっただけなので、深い考察や知識とは無縁ですが、
そんな何も知らない身の上でもわかること、というか感じることは

「日本ってなんて便利な国なんだ」「何事もきちんとしている」ということ。

今はどうか知りませんが、海外に滞在、居住した方なら誰でも体験していることかと思いますが、大半の国々は日本より「大雑把」「いい加減」な国がほとんどで、依頼した仕事が何かといっては遅延したり予定通りいかないのは当たり前ですよね(いわゆる「先進国」とされる国すら)。

あと物質的な豊富さ。子供時代の私はラジコン、つまり無線操縦の模型の車にハマっていましたが、
海外(たとえいわゆる「先進国」でも)、本体、部品ともに日本ほど安価かつ良質の製品が容易に入手できる国は珍しい・・と思いました(現地のガキんちょに売ってくれってねだられたこと多数)

いえ、ラジコンに限らず、アニメ・マンガにゲーム・・etc、日本くらい子供むけの娯楽が充実している国、ハイテク、エレクトロニクス製品、それも良質のものが容易に手に入る国ってないんじゃ?と思いました。その後、80年代に入ってこれらの製品、コンテンツが世界を席巻することになりましたが、個人的には当然で何の驚きもありませんでしたね・・。

もちろん、日本のダメな点もあって、良い面と裏表の関係ではあるのですが、とにかく「細かすぎる」ってことですかね。間違っている・・というわけでは決してないのだけれども、リスクや弊害に神経質なあまりに却って芽をつぶす・・みたいな。

具体的な例をあげると、今、よく話題になるドローンですかね。この分野、中国企業(DJI)などが
席巻していますが、そのコアな部品の多くは日本製だったりしますし、昔は日本の方が先行したりしました。
しかし、いろいろと規制が厳しくて(飛行場所など)、ユーザーもメーカーもやる気が削がれてしまって、結局、失敗したらしたで、そのときに考えよう・・みたいな国の企業に先行されて・・なことになってしまいました。
まあ、後先考えない・・というのも問題ですが、やたらとリスクについて考えすぎて身動きとれなくなるのもどうなんかな・・と思ったりもします。

まあ、以上の通り、私の「愛国心」なんてきっかけは子供時代のおもちゃという(笑)皆さんに比べるとそれこそ子供っぽくて薄っぺらなものですけどね(笑)






  1. 2020-06-05 13:10
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

無駄話

子供のおもちゃが豊富なのは平和で心が豊かなのかも?
携帯ゲーム等が今は言われますがブロック崩しを作ったりインベーダーゲームもしたな
育児玩具は需要はありますコンビなんかですけど中国製は売れません
安全性に疑念を抱くんでしょうね
おもちゃも社会の安定度の指標かも知れませんね
お年玉でデパートの広告を見ていたな!買えなかったけど
  1. 2020-06-05 18:41
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: 海外での経験

> >私が現在の様な考え方をしたきっかけは海外での経験でした。
>
> 人にもよりますが、海外居住体験があると考え方が変わるというか「日本すげー」って思うことが
> 多くなりますよね。別に「ネトウヨ」でなくても。
> ちなみに私は子供時代(70年代)に海外居住の経験があります。
> 地理的にいわゆる先進国である欧州にも近い国でしたので、欧州にもちょくちょく親に連れられて行ってました。
>
> 子供で、それも親の仕事の都合で連れられていっただけなので、深い考察や知識とは無縁ですが、
> そんな何も知らない身の上でもわかること、というか感じることは
>
> 「日本ってなんて便利な国なんだ」「何事もきちんとしている」ということ。
>
> 今はどうか知りませんが、海外に滞在、居住した方なら誰でも体験していることかと思いますが、大半の国々は日本より「大雑把」「いい加減」な国がほとんどで、依頼した仕事が何かといっては遅延したり予定通りいかないのは当たり前ですよね(いわゆる「先進国」とされる国すら)。
>
> あと物質的な豊富さ。子供時代の私はラジコン、つまり無線操縦の模型の車にハマっていましたが、
> 海外(たとえいわゆる「先進国」でも)、本体、部品ともに日本ほど安価かつ良質の製品が容易に入手できる国は珍しい・・と思いました(現地のガキんちょに売ってくれってねだられたこと多数)
>
> いえ、ラジコンに限らず、アニメ・マンガにゲーム・・etc、日本くらい子供むけの娯楽が充実している国、ハイテク、エレクトロニクス製品、それも良質のものが容易に手に入る国ってないんじゃ?と思いました。その後、80年代に入ってこれらの製品、コンテンツが世界を席巻することになりましたが、個人的には当然で何の驚きもありませんでしたね・・。
>
> もちろん、日本のダメな点もあって、良い面と裏表の関係ではあるのですが、とにかく「細かすぎる」ってことですかね。間違っている・・というわけでは決してないのだけれども、リスクや弊害に神経質なあまりに却って芽をつぶす・・みたいな。
>
> 具体的な例をあげると、今、よく話題になるドローンですかね。この分野、中国企業(DJI)などが
> 席巻していますが、そのコアな部品の多くは日本製だったりしますし、昔は日本の方が先行したりしました。
> しかし、いろいろと規制が厳しくて(飛行場所など)、ユーザーもメーカーもやる気が削がれてしまって、結局、失敗したらしたで、そのときに考えよう・・みたいな国の企業に先行されて・・なことになってしまいました。
> まあ、後先考えない・・というのも問題ですが、やたらとリスクについて考えすぎて身動きとれなくなるのもどうなんかな・・と思ったりもします。
>
> まあ、以上の通り、私の「愛国心」なんてきっかけは子供時代のおもちゃという(笑)皆さんに比べるとそれこそ子供っぽくて薄っぺらなものですけどね(笑)




良く分かります。
日本物はどんなものでも品質が良くて価格が安い。
わたしなんぞはタイ時代、日本の文房具やら時計などをお土産に良く買っていったものです。

そしてご指摘のドローンの事例、これこそ日本の問題の本質をついています。
高品質の部品が作れるのに、コンセプトを纏めて商品化するのが苦手、ここでしょう。
この原因には日本の企業風土も関係していると見ています。
失敗を叩く減点主義です。
日本人の持つ平等思想に悪乗りして、人は有る持ち点があると考え、失敗したら減点する。
成功しても当たり前で加点しませんから、やる気のある人が育たない。
特に公務員官僚、金融機関などに蔓延していますね。
  1. 2020-06-07 10:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 無駄話

> 子供のおもちゃが豊富なのは平和で心が豊かなのかも?
> 携帯ゲーム等が今は言われますがブロック崩しを作ったりインベーダーゲームもしたな
> 育児玩具は需要はありますコンビなんかですけど中国製は売れません
> 安全性に疑念を抱くんでしょうね
> おもちゃも社会の安定度の指標かも知れませんね
> お年玉でデパートの広告を見ていたな!買えなかったけど



まあ中国製のおもちゃは品質なんてものじゃないですから。
日本で中国製がそれほど悪い印象を持たれていないのは、日系企業が中国に作らせるものには日本品質とのきついチェックが入るからです。
その品質を中国品質と勘違いすると間違いが起こると思っています。

  1. 2020-06-07 10:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する