FC2ブログ

2020-05-16 19:27

日本は新しい世界に<自殺者数が4月は激減している


 武漢肺炎(新型コロナウイルス)で世界中が戦争状態。日本でも緊急事態宣言が一部解除されてきたものの、戦いは続いている。この人類が初めて経験するウイルスで日本が変わり始めた兆候が出てきた。
今回は速報ということでそれを書いてみたい。

日本で何が変わってきたか・・・、

それは日本の自殺者数が4月度、大きく減少に転じたようなのだ。。

先ずは最初にその報道から。

<以下引用>
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3977832.htm?1589614584937

4月の自殺者数、前年比約20%減
12日 20時15分

 先月の全国の自殺者数が前の年に比べおよそ20%減ったことが、厚生労働省などのまとめでわかりました。

 厚労省などによりますと、先月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人で、19.8%減ったことがわかりました。少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅だということです。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、家族ら同居する人が外出せず家にいることや、職場や学校に行く機会が減り、悩むことが少なかったことなどが要因とみられています。
<引用終り>

多分、こんな自殺者数減少という事象に対し、マスゴミさんはどう判断していいのか分からないのだろう。いい加減にお茶を濁す報道とはこんなものか。
他の報道を探しても、あまりしっかりした報道が見つからない・・・。

ではどのように変わってきたか、その詳細をグラフで見てみたい。(こんな時は、ピンポイントで見ても実態は見えてこない。中長期的に見ると傾向が見えてくる)

2020-5-16月別自殺者数推移(2015-2020)
ソース:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R02/R01_jisatuno_joukyou.pdf
(上掲資料のグラフを筆者加工)

このグラフは月ごとの自殺者数推移の折れ線グラフを5年分重ねたもの。今年の分がないので筆者が追記したのだが、線の色が特に平成30年はピンク色で甚だ見にくいし、データが重なっているので余計見ずらいがご了承を。

言いたいのは自殺者数は月ごとに山谷を繰り返しているが、全体では年々少しずつ減少してきた。今年は1月は例年と似たような傾向だが2月から減少の兆候が有り、4月にはっきりしてきた。(2月はうるう年で1日多いが、前回のうるう年と比べても減少傾向は変わらない)

4月の自殺者数は1455人で、前年比は20%減だが、5年前のH27年比では30%減だ。

どうしてこんな事に注目するかというと、先ずはこのグラフを見てください。

2020-5-16自殺者数の年次推移(s53-)
ソース:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R02/R01_jisatuno_joukyou.pdf

このグラフは昭和53年(1978年)からの毎年の自殺者数の推移。
特徴的なのが平成10年から14年続いた自殺者数年間3万人越え。これは原因がさっぱり分からず、色んなところで何とか対策しようと躍起になったものの効果がでず、結局14年間も続いてしまった。
この自殺者数3万人超えこそ失われた10年20年を代表するデータだし、平成の停滞を国民が痛感する事実でもある。
そして日本は自殺大国と外国からは揶揄されるし、自殺した本人もだが、家族や友人知人の悲しみは消えることも無い。
しかし平成24年(民主党政権最末期、12月に政権交代)に3万人台以下となり、それ以降緩やかに自殺者数は減少してきた。

ここで、本年4月の自殺者数減少を考える前に、1998年の自殺者数急増の状況を見直してみたい。

これがプロットが細かいが月ごとの自殺者数をプロットしたグラフ。
2019-2-13自殺者数・失業者数推移
参考エントリー:http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1614.html

このグラフは、私が永年ずっと注目してきたグラフ。1998年3月に何故突如自殺者数が激増したのか。この答えこそ日本が失われた10年20年から脱却する方法だと思っていた。
1998年3月に突如グラフが跳ね上がったのは単なる偶然では無く、日本中を支配する何かがある。そんな目で見てきたのだが、遂に自殺者が突如急減する。そんな新しい現実が出てきた。

このグラフでわかるが、自殺者には月ごとの変動に傾向があることが良く分かると思う。

ここでもう一つ、2番目のグラフ「自殺者数の年次推移」を見て欲しい。
1998年3月以前は、大体年間2万人より少し多い程度。これが安定成長期、バブル期(86/12-91/2)を通じて大体の日本の国民性からくるレベルだと思う。

しかしこの年2万人のレベルを割り込んで来れば、日本人の意識が過去にはない新しい段階に入った、前向きに生きていこうとする人が増えてきたことになる。
日本人の意識がどの程度変わるかは難しいが、遂に戦後75年の頸木から解き離れるときが近づいてきたのかも知れない。いやそれを切望している。

今はまだ1ヵ月の数字を見ただけで即断は難しいが、何かが変わってきたことは間違いないと思う。
日本人ミンナが、ウイルスという新たな見えざる敵と戦うことを覚悟した。
私にはそう見える。今後の傾向を注意していきたい。


**オマケ**
私が何故こんな事が気になるかと言えば、この武漢肺炎(新型コロナウイルス)に関しては、「日本もうダメだ」、「アベのやることは後手後手で最早手遅れだ」、「日本は2週間後にはNYになる」、こんな論調が蔓延している。これこそウイルスよりひどい感染爆発と言って良い。そんな中に「日本の自殺者は又激増する。さあ大変だ~~」こんな事を言う人があちこちにいるためだ。私の尊敬する高名なチャイナウォッチャーの方だってその一人なのが悲しい。
そんな自殺者激増だあ報道の例としてこんなモノを参考までに引用しよう。

<以下引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200419-00000002-pseven-soci
新型コロナで自殺者増加の恐れ高まる 「相談電話」のいま
4/19(日) 7:05  NEWS ポストセブン

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されて10日あまり。感染拡大を防ぐため、営業停止や仕事量の減少など、多くの人に影響が出ている。そんな中、心配なのが、経済的・精神的に追い込まれ、自殺を考える人が増えることだ。

 3月発表の「2019年の自殺者統計」によれば、令和元年の自殺者数は2万169人。10年連続の減少とはいえ、2万人以上が自殺に追い込まれる深刻な状況が続いている。
(引用者注:大変だ大変だと騒いでいるが、この2万169人というのは1978年(S53年)の統計開始以来最小の数字。メシの種が無くなって大変なのだろう。

「ましてや今年は新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の影響で、自殺者が急増した1998年のような最悪の事態が再来しかねない。そんな危機感が自殺対策の関係者の間では広がっています」

 と話すのは、元NHKの報道ディレクターで、自殺対策支援センター ライフリンクの清水康之さんだ。

 1997~1998年は山一証券、長銀などの大手金融機関が次々破綻し、失業者が急増。ホームレスに転落する人が続出した一方、資金繰りの悪化で中小企業の倒産も相次ぎ、自殺者が加速度的に増加した。

「そんな経済が激動した1997年の年度末である1998年3月に、自殺者が8000人以上増え、前年比35%増となりました。一気にわが国の自殺者総数が3万人の大台を突破したのです」(清水さん・以下同)
(引用者注:自殺者数激増は単月では98年3月から、しかし97年度(98年3月まで)が激増した訳では無く、激増し年間3万人を超えたのは暦年の98年から。97年に金融機関が次々破綻した事実を無理やり自殺と結びつけようとした(関連は無論ある)理屈付けと思われる)

 自殺者数の推移グラフでも1998年の急増は突出。これ以降、14年連続で自殺者数は3万人を超え続け、異常事態の呼び水となった。その状況が、新型コロナの広がりによる影響で、再び起きるのではないかと、危惧されているのだ。
・・・以下略 詳細は上掲リンク先参照・・・
<引用終り>

こんな推測報道が日本を覆っている。ウイルスよりそれに便乗した日本貶め報道が問題で、それをアベ貶めに利用する悪質アカヒなどのゴミメディアが問題だと思っている。

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

厚労省の発表PDF(リンクが貼れませんでしたm(_ _;)m)の戦後の推移を見ると
戦後直ぐは(1947)から1958に向けて増えその後落ち着き平成10年に又ピークを迎える
色々な解釈があるでしょうけど戦後からのトレンドで見る事も必要なのかなとも思います
高度経済成長との関係などとも

話は変わりますが交通事故死は1970の1万7000人から今は3200人と激減してます
法改正でのシートベルト着用やメーカーによる安全性追求の結果でしょう
今は高齢者による運転ミスが目立つようになりました自律運転等ももっと高度化してほしいです

コロナの影響で国家間の政治的関係サプライチェーンも変わるでしょうし
個人では働き方や心理的にも他人との距離感に変化が出るでしょう
韓国でナイトクラブ経由の感染が広まったのに20代ではナイトクラブは自粛しないが3/4とか
日韓では他人との距離感が違うとはよく言われますが人混みが気持ちいい人もいるんでしょう
  1. 2020-05-17 10:58
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

To:are さん

> 厚労省の発表PDF(リンクが貼れませんでしたm(_ _;)m)の戦後の推移を見ると
> 戦後直ぐは(1947)から1958に向けて増えその後落ち着き平成10年に又ピークを迎える
> 色々な解釈があるでしょうけど戦後からのトレンドで見る事も必要なのかなとも思います
> 高度経済成長との関係などとも
>
> 話は変わりますが交通事故死は1970の1万7000人から今は3200人と激減してます
> 法改正でのシートベルト着用やメーカーによる安全性追求の結果でしょう
> 今は高齢者による運転ミスが目立つようになりました自律運転等ももっと高度化してほしいです
>
> コロナの影響で国家間の政治的関係サプライチェーンも変わるでしょうし
> 個人では働き方や心理的にも他人との距離感に変化が出るでしょう
> 韓国でナイトクラブ経由の感染が広まったのに20代ではナイトクラブは自粛しないが3/4とか
> 日韓では他人との距離感が違うとはよく言われますが人混みが気持ちいい人もいるんでしょう




最初に1998年3月に突如自殺者が増えた件、結論を言えば原因はデフレです。

少々古いエントリーですが、以下ブログ参照ください。
・自殺 2万5000人下回る 2016-01-16 14:31
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1215.html
・自殺 2万5000人下回る<続編 2016-01-18 17:51
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1216.html

またこれも参考になります
・自殺死亡率日本は下から6番<これがマスゴミのプロパガンダ<*追記あり 2017-05-26 16:54
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1394.html

また以下Wikiには戦前からの日本の自殺のデータが有ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA

わたしなりに色々調べた結論です。
自殺者数激増がデフレが原因なら、自殺者数激減の原因は何か。
日本人の意識改革ではないかと思うのです。
今後もそんな意味で注目していきます。
  1. 2020-05-17 14:44
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

心の鎖国

武漢肺炎の影響で何が変わったのか。色々と変わっているので自殺者激減の原因を特定するのは難しいと思いますが、私は日本が鎖国を実施したことが大きいと思います。
国家の鎖国、そして人と人の間の大きな距離の存在などにより日本人は心の鎖国を実施したのです。これには政府に対する失望も大きいと思います。このような状況でなぜ自殺者が激減したのか。
日本人は政府に対して心を閉ざすと同時に人に対しても、そして社会に対しても心を閉ざしたのです。心を閉ざしてしまえばもはや悩む必要はありません。悲しいことかもしれませんが、それが身を守る最善の手段でもあるとも思います。
私の若かりし頃を思い出してみると、悲しいこと辛いことがいくつかありましたが、最終的に心を閉ざすことによって切り抜けてきたように思います。
武漢肺炎の流行で変わったことは日本人の政府に対する心ではないかと思います。財務省とか厚生労働省、総務省は気が付いていないと思いますが、国民の意識が完全に変わったように思います。いずれ彼らは思い知るでしょう。
日本人は心を閉ざすようになったと思います。
  1. 2020-05-19 08:06
  2. URL
  3. 縄文人 #wM6nolEE
  4. 編集

1998年は北海道拓殖銀行も破綻してますよね。私の今の会社は、当時北海道拓殖銀行をメインバンクにしていたので、結構大変だったような話を聞きました(私は1999年入社なので、詳しい話は分かりません)。そういえばこの頃から、貸し渋りや貸しはがしと言ったような言葉もよく聞くようになりましたよね。それにより、多くの会社が資金繰りの悪化により倒産に追い込まれたのでしょう。
  1. 2020-05-19 23:26
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

自殺者が減ったあというのは良いことでしょう。

ただその原因はどうも重層的な気がします。
小生、一番大きな原因はstay homeだと思います。自殺しかねないやつは1人にするな、は自殺防止の王道です。隣に家族が1人でもいればアホなこと考えるやつはいないものです。

調べれば分かるんですが心中事件ていうのは例外だし年々減ってます。社会は健全な方向に動いてるんだと思います。

次にやはり自殺防止のキャンペーンはそれなりにそこそこは有効だということです。自殺するやつは間違いなく死の直前は1人です。そのときになにかの声を届けることは重要です。小生の友人にも自殺したやつがいました。妻に死なれ家族の犯罪がもとで追い込まれたんだと思うのですが、メールは送って激励はしたんですが直接声を送れなかったのは本当に残念でした。愚痴の言い合いでもいいですが馬鹿話でもしてたら自殺なんてしないものです。

ただ小生が一番大きいと思ってるのは日本人の気質の変化です。

和田秀樹という御仁がいます。

世の中では受験評論家めいた人物と見られることが多いのですが本人は真面目な精神病の、しかも高齢者が中心の医者です。彼だけではないのですがその意見の中で日本人の気質の変化を述べてるものがあります。シゾフレ日本人他。

メランコ人間とシゾフレ人間という言い方をするのですが自己中心的性格と、他者同調的性格とでもいいうる分析なんですが1960年前後に日本人は明確にメランコリックな性格からスキゾフレニーな方向へ変化したと言ってます。これは小生に実感とも同じで1958年生まれの小生はその前後の友人と話す機会が多いのですが前と後ろでは集団としての感性がまるで違う、と感じたことは一再では有りません。

自分中心という感覚のメランコリーな人々では困難に直面するほど孤立し自殺に至ってしまうのです。これが他人軸で動くならば他者からの攻撃は問題ですが、社会は基本無理くりなことは公には言いませんから、極端に走ることは少ないのです。これは自己の信念を貫くことが重要だと考えるならばと少し問題とも言えるのあり、少し不真面目になってるとも言えなくは有りません。しかし社会がこういう追い詰められた人間に死んでしまえと言わない以上は、人は振り返ることができるのです。

つまりは自殺に走るような気質の日本人が少数派になってきたということが自殺減少の真因だと思ってます。

この2つの気質の分かれ目はどうも東京オリンピックを知ってるかどうか、位のところという気がします。

和田氏はこれを決して良いこととは思っていないようですしその論にも頷けるものはあります。まあ、この手の問題の落とし所というのは得てしてその中間点というのが通常ですから、ある意味ではその点でも良いものとなってるのかも知れません。

今後のことは分かりませんがね。
  1. 2020-05-20 14:04
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2020-05-20 14:05
  2. #
  3. 編集

不正投稿とされました。復活お願いします。
  1. 2020-05-20 14:06
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 心の鎖国

> 武漢肺炎の影響で何が変わったのか。色々と変わっているので自殺者激減の原因を特定するのは難しいと思いますが、私は日本が鎖国を実施したことが大きいと思います。
> 国家の鎖国、そして人と人の間の大きな距離の存在などにより日本人は心の鎖国を実施したのです。これには政府に対する失望も大きいと思います。このような状況でなぜ自殺者が激減したのか。
> 日本人は政府に対して心を閉ざすと同時に人に対しても、そして社会に対しても心を閉ざしたのです。心を閉ざしてしまえばもはや悩む必要はありません。悲しいことかもしれませんが、それが身を守る最善の手段でもあるとも思います。
> 私の若かりし頃を思い出してみると、悲しいこと辛いことがいくつかありましたが、最終的に心を閉ざすことによって切り抜けてきたように思います。
> 武漢肺炎の流行で変わったことは日本人の政府に対する心ではないかと思います。財務省とか厚生労働省、総務省は気が付いていないと思いますが、国民の意識が完全に変わったように思います。いずれ彼らは思い知るでしょう。
> 日本人は心を閉ざすようになったと思います。




確かに武漢肺炎で官僚(地方自治体含む)、マスゴミに対する不信感が極大まで達したと思います。
それと自殺にどんな関係が有るかですが、私は以前から自殺者数推移を調べていまして、キーポイントは東日本大震災ではないかと思っています。
本文の3番目に月単位の自殺者数をプロットしたグラフが有り、それの2011年が異常な動きをしています。例年自殺者がピークになる3月4月が少なく5月6月にピークが有ります。
私はこれについて、可能な限り公開されているデータを調べました。警察の方からも大震災の混乱で集計の遅れが有り、それを5月6月で計上したと報告されています。そして私なりに以前からの傾向から集計遅れを復元して試算した結果は、大震災後自殺者は減っていると言うモノでした。

よく異常事態が有ると自殺者が激増するぞと言う人がいますが、(今回の武漢肺炎騒動でも同じことを言っていますが)、日本人はそんな軟(やわ)では無く、逆に頑張ろうと立ち上がる人の方が多いというのが私の結論です。
結果、大震災以降自殺者は少しずつ減り始め、大震災の翌年、民主党政権最末期に自殺者は3万人の大台を下回りました。この年、自民党政権に変わったのですが、それは12月の事。だから民主党連中は自殺者3万人以下は俺たちの政権でのことと言いますが、これは事実ですが、原因は大震災で日本人の心が変わったことでした。

私はこの事実の解析から、大震災で日本人の心が変わった。更に武漢肺炎でもう一段日本人の心が変わると見ています。
  1. 2020-05-20 17:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> 不正投稿とされました。復活お願いします。



了解しました。復活させました。
尚コメントが二つになっているので、後で確認し、どちらか一つにします。
  1. 2020-05-20 17:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:雄の三毛猫 さん

> 1998年は北海道拓殖銀行も破綻してますよね。私の今の会社は、当時北海道拓殖銀行をメインバンクにしていたので、結構大変だったような話を聞きました(私は1999年入社なので、詳しい話は分かりません)。そういえばこの頃から、貸し渋りや貸しはがしと言ったような言葉もよく聞くようになりましたよね。それにより、多くの会社が資金繰りの悪化により倒産に追い込まれたのでしょう。




実は1998年は多難な年でして、この頃日本の大手銀行は全部名前が変わりました。拓銀や長銀は無くなりましたが、他の銀行も全部名前が変わりましたね。
私はこれこそ日本の第二の敗戦の結果だと思っています。第一の敗戦は1945年。アメリカ民主党のFDRに仕掛けられた戦争でした。そして第二の敗戦は1998年。これはアメリカ民主党のビル・クリントンに仕掛けられた戦争でした。
二つの戦争に共通するのは、アメリカの手下がシナ・中国です。最初は蒋介石国民党、次は鄧小平共産党ですね。

そして今がある。
今年は歴史に残る年になると思います。
不死鳥日本が三度(みたび)立ち上がるときです。
1回目は明治維新(1868年)、2回目はその77年後に敗戦から立ち上がりました(1945年)。
3回目はその75年後、そうです今年です。さて不死鳥は何処で飛び立つか・・・。

  1. 2020-05-20 18:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> 自殺者が減ったあというのは良いことでしょう。
>
> ただその原因はどうも重層的な気がします。
> 小生、一番大きな原因はstay homeだと思います。自殺しかねないやつは1人にするな、は自殺防止の王道です。隣に家族が1人でもいればアホなこと考えるやつはいないものです。
>
> 調べれば分かるんですが心中事件ていうのは例外だし年々減ってます。社会は健全な方向に動いてるんだと思います。
>
> 次にやはり自殺防止のキャンペーンはそれなりにそこそこは有効だということです。自殺するやつは間違いなく死の直前は1人です。そのときになにかの声を届けることは重要です。小生の友人にも自殺したやつがいました。妻に死なれ家族の犯罪がもとで追い込まれたんだと思うのですが、メールは送って激励はしたんですが直接声を送れなかったのは本当に残念でした。愚痴の言い合いでもいいですが馬鹿話でもしてたら自殺なんてしないものです。
>
> ただ小生が一番大きいと思ってるのは日本人の気質の変化です。
>
> 和田秀樹という御仁がいます。
>
> 世の中では受験評論家めいた人物と見られることが多いのですが本人は真面目な精神病の、しかも高齢者が中心の医者です。彼だけではないのですがその意見の中で日本人の気質の変化を述べてるものがあります。シゾフレ日本人他。
>
> メランコ人間とシゾフレ人間という言い方をするのですが自己中心的性格と、他者同調的性格とでもいいうる分析なんですが1960年前後に日本人は明確にメランコリックな性格からスキゾフレニーな方向へ変化したと言ってます。これは小生に実感とも同じで1958年生まれの小生はその前後の友人と話す機会が多いのですが前と後ろでは集団としての感性がまるで違う、と感じたことは一再では有りません。
>
> 自分中心という感覚のメランコリーな人々では困難に直面するほど孤立し自殺に至ってしまうのです。これが他人軸で動くならば他者からの攻撃は問題ですが、社会は基本無理くりなことは公には言いませんから、極端に走ることは少ないのです。これは自己の信念を貫くことが重要だと考えるならばと少し問題とも言えるのあり、少し不真面目になってるとも言えなくは有りません。しかし社会がこういう追い詰められた人間に死んでしまえと言わない以上は、人は振り返ることができるのです。
>
> つまりは自殺に走るような気質の日本人が少数派になってきたということが自殺減少の真因だと思ってます。
>
> この2つの気質の分かれ目はどうも東京オリンピックを知ってるかどうか、位のところという気がします。
>
> 和田氏はこれを決して良いこととは思っていないようですしその論にも頷けるものはあります。まあ、この手の問題の落とし所というのは得てしてその中間点というのが通常ですから、ある意味ではその点でも良いものとなってるのかも知れません。
>
> 今後のことは分かりませんがね。




復元するのは多分これで良いかと思いますので、これを生かします。
名もう一つのコメントもしばらく消さずに残します。
実はFC2のフォーマットがいつの間にか変わってしまい、迷惑コメントが復活に2アクション必要になっていました。
FC2も勝手な事をしてくれるものです。

自殺は本人のみならず周りの人にも多大な影響が有ります。
かくいう私も知り合いの子息の自殺を見ていまして、家族にとっては何時まで経っても悲しい話で消えませんね。

和田秀樹氏の件。面白そうですね。
ネットで見たらユニークな議論をしているようで、もう少し調べてみたいですね。
  1. 2020-05-21 18:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する