FC2ブログ

2020-04-05 10:25

季節は清明、こんな時シナから日本への海路を考える


 昨日は24節気のひとつ「清明」でした。中国では清明節というお祝いで墓参りなどするらしい。
そんな清明について、私にはとても気になることがある。
以前、稲の伝来のルートについて調べていた時分かったこと。日本と中国の間には東シナ海が有り、往来は大変危険だとの常識があるが、その常識とは関係なく自由に往来していた連中がいる。倭寇である。

その倭寇の襲撃には時期が決まっていて、年2回あるのだという。
その倭寇の襲撃時期は旧暦の清明節(春分の日の15日後、今年は4月4日)から5月までの1~2ヶ月と、重陽節すなわち旧暦の9月9日(今年なら10月25日)から1ヶ月弱の間がその時期であった。

この倭寇の襲撃時期というのは、中国から日本へ小さな船でもたどり着ける時期。今中国は武漢肺炎で大騒動だが、そんな時心配なのがボートピープル。
そして、倭寇が暴れていた時期は中国から日本へ小さな船でもたどり着ける時期だということです。

丁度いまはそんな時期になった。これをシナからの難民を考えるうえで重要だと思う訳です。


そんな事で昔のエントリーで稲の伝来について考えたのですが、その記事から中国と日本との間の往来に絞って記事を纏めなおしてみました。

稲の伝来に関しての古いエントリーはこの記事
『古代の海の道から現在を考える  2014-11-24 17:52』
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1036.html


最初に倭寇が東シナ海を跋扈していた時の襲撃ルート

倭寇の侵略地とルート(中国の海商と海賊:山川出版社刊より)
2014-11-22倭寇の侵略地

その倭寇については良く分からないが、ほとんど唯一ともいえる倭寇を描いた図によれば

倭寇図巻(東京大学史料編纂室蔵)
2014-11-21倭寇図巻(東京大学史料編纂室蔵)

倭寇図巻(東京大学史料編纂室蔵)その2(部分)
2014-11-21倭寇図巻(東京大学史料編纂室蔵)その2(部分)

こんな小さな舟でこの大海原を暴れまわっていたようだ。

この様に時代が違うとはいえ、遣唐使船のような大きな船でも手こずった東シナ海の航海、それがあんな小さな船でも可能、その理由は上に上げた「中国の海商と海賊」では以下のように書いている。

 万暦「温州府志」兵戎志、海防、「入寇海道」の条を引用する形で、
「日本から帆船で東北風が多く吹けば、その風を受けて薩摩、長崎県の五島からただちに浙江省中部沿海地区に到達する航路となった。その際の目標が寧波府の象山県東部の海上に位置する菲山列島であった。そこから沿海にそって南下すれば温州が襲撃地となり、北上すれば舟山列島が襲撃地となるとみられたのである。
倭寇の襲撃時期は旧暦の清明節(陽暦の4月上旬)から5月までの1~2ヶ月と、重陽節すなわち旧暦の9月9日から1ヶ月弱のあいだがその時期であった。

つまり日本から中国に行き、そして帰ることに出来る時期は年2回あり、この時期であればあのような小さな船でも往来できたわけだ。
船乗りにとって風を読むことは命にかかわること、だから海の民は風のことを熟知していたのであろう。


中国江南地方と日本・朝鮮との航路が有る季節だけ往復可能であったことを裏付ける資料が同じ文献に出ている。

これは朝鮮半島の高麗の記録「高麗史」の中に記載された宋代の中国商人の記録の中に出身地の分かるものがあり、それを纏めたもの。

高麗史にみる宋代海商表
2014-11-24高麗史にみる宋代海商表

ここには西暦1017年~1059年までの間に詳細不明の1件を除く20回の来航記録がある。
その20回中15回は7月~8月に到着している。
また同じ名前の人物が2回来ているものも有る。
つまり中国江南地方と朝鮮(日本もたぶん事情は同じ)との航路は、安全な季節があり、彼らはそれを良く知っていたと思える。
(尚この様なことは資料豊富な日本の方がもっとハッキリするだろうが・・・)


もう一つ、この中国江南地方から日本へのルートについてこんな話が有る。

この図は2001年にNHKスペシャル「日本人はるかな旅」で紹介された稲の渡来ルート(古い記事ですが、滅多にない情報が含まれているので紹介します)

稲の伝来地図
2014-11-24稲の伝来地図
出典:http://bunarinn.lolipop.jp/bunarinn.lolipop/bunarintokodaisi/inenotami/inenotami/ine4/ine4.html


正直な所、このNHKスペシャルが放送されていた頃、私は海外で仕事をしていたので残念ながらこの番組は見ていない。
しかし改めて色々資料を調べると、どうも何やら強いバイアスがかかっている報道の様に感じる。とは言うモノの貴重な情報も有るのでここに取り上げた。

この上掲イネの渡来ルート図で右下の赤枠内に興味深い事が書いてある。
以下のように書いてある

現在でも上海付近の漁民が漁に出ていて天候のせい(多くは台風のようだが)で、長崎の西海岸に漂着することがある。
日本政府はこれらの漁民を国費で飛行機に乗せて中国の送り返しているが、彼らが日本に到着する日数はほとんでが1~3日である。平均すると毎年1,2名が飛行機に乗っている。
第二のルートで日本から大陸へ渡っていくのは非常に困難だと思われるが、その反対の方法ならいともたやすく日本へたどり着けるのである。

そして以下は取材したNHKディレクターの書いたもの。取材は恐らく2000年頃と思われ、現在は相当事情は変わっているだろうが、大いに参考になるので、その内容を以下引用する。

<以下抜粋引用>
浙江省の沿岸は地形が複雑に入り組んでいて良質な漁港が無数にある。
やがて洪漁村(浙江省奉北市)という集落に辿り着いた。ここは中華民国総統であった蒋介石のゆかりの地だという。到着してまず驚いた。夕方で丁度漁民たちが海から戻り水揚げが始まったのだが、彼らの舟がどれも竹の筏(いかだ)なのである。長さ約10m、幅2m。どの筏も太い竹を20本ほど組み合わせただけの簡単な造りである。申し訳程度の小さな船外機が付いている。

ここは波は小さいが潮の干満の差が激しく、漁民は引き潮とともに漁に出て、満ち潮とともに港に引き揚げてくる。これはまさに太古さながらの漁である。主な獲物は浅瀬で海底をさらって獲るアサリなど貝類、そして仕掛け網で獲るアジやカニなどの近海魚である。舟を持つ費用は殆どかからないこの筏漁は、豊かな魚貝に恵まれた内海という環境に相まって、古くからずっと続いてきたそうで、もしかしたら河姆渡の昔から続いているのかもしれない。

さらに「日本まで流されることがよくある」という。潮の流れや風の関係で、漂流すると二日ほどで日本の九州沿岸あたりに流れ着くらしい。 確認するために海上保安庁に問い合わせると「現在はさすがに減ったが、1960年代頃までは中国の浙江省や福建省から漂流してきた漁船を、頻繁に沿岸や海上で救助していた」というのである。

河姆渡のあたりから流れ始めると、まず大河長江から吐き出された流れによって沖合いに運ばれ、やがて対馬海流にのって九州あたりに到着する。風向きが良い春から夏だと、この流れはさらに加速し、まる一日ほどで着くこともあるのだという。
<引用終り>


さて延々と長いこの話、やっと結論です。
私が言いたかったこと。
中国と日本の間には東シナ海が有り、そう簡単には越えられないと思われていますが実は違う。
季節を選べば・・・ それは年2回あるのだが・・・
倭寇の伝馬船くらいでも中国から日本には来られるのだ。
一番可能性の高い長江下流域、上海や寧波辺りから日本の九州まで800キロ位の海路。
そんな所だが、いとも簡単に日本までたどり着ける、これは将来起こるであろう中国の崩壊を考えるうえで非常に重要な事だと思っている。

その中国の崩壊が今秒読みに入っています。こんな古い話の中から現代でも参考にすべきことが沢山あるのではないか。そう思います。

丁度季節は清明。春の一番いい季節ですが、今世界は戦争状態と言ってもいいでしょう。備えが今こそ必要だと思います。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

海洋民族はタフだと思いますよ、中国はそれほどではない感じがしますが
ミクロネシア等はタフな感じがします

北側では樺太、北方領土、千島列島等で交流がありました
北方民族資料館
http://www.zaidan-hakodate.com/hoppominzoku/#sisetu
これの蝦夷錦は中国から中国北部→北海道のアイヌと言われてます

おじさんのスレの趣旨とは違いますが山田長政などタフですよね
  1. 2020-04-05 11:37
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

さらにゾッとする話

ネット上では、数年前から 「三峡ダムが決壊する」 という噂が、まことしやかに流れています。元々はグーグルアースの三峡ダムの航空写真が、以前と違って歪んでいると指摘されたのが始まりで、YouTubeを 「三峡ダム 決壊」 というキーワードで検索すると、解説した動画が山ほど出てきます。

三峡ダムの規模は常軌を逸していて、ダム湖の端から端までの距離は、東京-神戸の距離と同じくらいあるそうです。そのため、四川省など内陸部で大地震が頻発するようになったのは、三峡ダムのせいではないかと考える人も多いようです。

で、怖いのが 「もし、このバカでかいダムが決壊したら、武漢や上海を含む長江流域の都市群は壊滅し、数億人が被害を受ける。」 と予想されていることです。もし三峡ダムが決壊したら、大量の土左衛門やら、ボートピープルやら、汚染された土壌やら、コロナウイルスやら、支那大陸のありとあらゆる災厄が九州沿岸まで流されてくるんじゃないかと心配です。

世界最大の中国の三峡ダムが決壊寸前!? 「10年もたない」 といわれ今年で10年…いつ決壊してもおかしくない!? - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Vhe9jbNg7m8

三峡ダムは中国共産党が生み出した制御不能のモンスター!下流域の住民は利権の人質 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=1Rb4eThAOQk

【衝撃】決壊寸前!! 世界最大の 「三峡ダム」 が恐ろしすぎる【中国湖北省】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=lgjRo3_YVIA
  1. 2020-04-05 17:49
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

政府のやっていることは間違っている

記事とは関係ありませんがコロナ肺炎のことを書かせてもらいます。
下の体験記によると、感染していても外国帰りでない人は、入院させてもらえるのは7日後ぐらいの様です。このような件なら、2日目か3日目にきちんと検査をして、感染が特定されて「はいコロナですねお薬出しておきます」と言ってアビガンを飲ませれば4日後ぐらいには7割ぐらいの人は治ってしまうのではないでしょうか。医師会などは治療薬がない治療薬がないなんて、盛んにPRしていますが。

政府のやっている事は、全く持って間違っていると思います。
一人発生すると、その周りの人何十人も 罹っていないのに検査しまくって、発症してもいない人を隔離室に入れ、1カ月も占拠させている。
そして外出禁止だと言ってあらゆる催事をやめさせている。
こんなことをしていたら気分が落ち込むばかりだ。このままでは自殺者もぐんと増えるのではないか?
https://snjpn.net/archives/189372
  1. 2020-04-06 06:16
  2. URL
  3. 八目山人 #4lXsiBFM
  4. 編集

To:are さん

> 海洋民族はタフだと思いますよ、中国はそれほどではない感じがしますが
> ミクロネシア等はタフな感じがします
>
> 北側では樺太、北方領土、千島列島等で交流がありました
> 北方民族資料館
> http://www.zaidan-hakodate.com/hoppominzoku/#sisetu
> これの蝦夷錦は中国から中国北部→北海道のアイヌと言われてます
>
> おじさんのスレの趣旨とは違いますが山田長政などタフですよね



海洋民族はタフ、全く同感です。
縄文時代の交易を考えると、現在では想像もつかない遠距離交易をしています。
いい例が黒曜石などは神津島産の物が広く流通しています。神津島から本土に自由に航海していたとしか思えません。
ご指摘の蝦夷錦もそうですね。
以前愛知県西三河のある博物館で蝦夷錦を公開していたことが有ります。
はるばる北海道から愛知県までやってきていたんですね。その時調べたことが有るのですが、蝦夷錦のルートは中国北部から北海道では無く、中国北部⇒樺太⇒北海道でした。間に入るのは樺太アイヌとギリヤーク人だったと記憶しています。

海を渡るといえば私はこんな事を聞いたことが有ります。
タイにいた時のスタッフには華僑系が結構多かった。そんな華僑系タイ人に中国からゴザ一枚持って船でタイに来た話を聞いてみると、私のお祖父さんもゴザ一枚だけ持って船に乗って来た。そう言っていますね。
(ゴザ一枚=着の身着のままで船に乗って来たことの象徴としてこう言っています)
  1. 2020-04-06 08:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: さらにゾッとする話

> ネット上では、数年前から 「三峡ダムが決壊する」 という噂が、まことしやかに流れています。元々はグーグルアースの三峡ダムの航空写真が、以前と違って歪んでいると指摘されたのが始まりで、YouTubeを 「三峡ダム 決壊」 というキーワードで検索すると、解説した動画が山ほど出てきます。
>
> 三峡ダムの規模は常軌を逸していて、ダム湖の端から端までの距離は、東京-神戸の距離と同じくらいあるそうです。そのため、四川省など内陸部で大地震が頻発するようになったのは、三峡ダムのせいではないかと考える人も多いようです。
>
> で、怖いのが 「もし、このバカでかいダムが決壊したら、武漢や上海を含む長江流域の都市群は壊滅し、数億人が被害を受ける。」 と予想されていることです。もし三峡ダムが決壊したら、大量の土左衛門やら、ボートピープルやら、汚染された土壌やら、コロナウイルスやら、支那大陸のありとあらゆる災厄が九州沿岸まで流されてくるんじゃないかと心配です。
>
> 世界最大の中国の三峡ダムが決壊寸前!? 「10年もたない」 といわれ今年で10年…いつ決壊してもおかしくない!? - YouTube
> https://www.youtube.com/watch?v=Vhe9jbNg7m8
>
> 三峡ダムは中国共産党が生み出した制御不能のモンスター!下流域の住民は利権の人質 - YouTube
> https://www.youtube.com/watch?v=1Rb4eThAOQk
>
> 【衝撃】決壊寸前!! 世界最大の 「三峡ダム」 が恐ろしすぎる【中国湖北省】 - YouTube
> https://www.youtube.com/watch?v=lgjRo3_YVIA



私のエントリーの本心がバレてしまいました(笑)。
流石かんぱちさん、色々情報有難う御座います。

今の状況は心配ではあるモノの詳しいことがさっぱり分からない。こうでは無いでしょうか。
試算によれば、若し三峡ダムが崩壊した場合、上海辺りは高さ10mの津波が押し寄せると聞いたことが有ります。
死者は億の単位だろうと。

この件はいつかエントリーしようと思っていたのですが、その時期が近づいているようです。
何せシナは蒋介石が黄河を決壊させたことが有ります。
習近平が長江を破壊しても可笑しくありません。
  1. 2020-04-06 09:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 政府のやっていることは間違っている

> 記事とは関係ありませんがコロナ肺炎のことを書かせてもらいます。
> 下の体験記によると、感染していても外国帰りでない人は、入院させてもらえるのは7日後ぐらいの様です。このような件なら、2日目か3日目にきちんと検査をして、感染が特定されて「はいコロナですねお薬出しておきます」と言ってアビガンを飲ませれば4日後ぐらいには7割ぐらいの人は治ってしまうのではないでしょうか。医師会などは治療薬がない治療薬がないなんて、盛んにPRしていますが。
>
> 政府のやっている事は、全く持って間違っていると思います。
> 一人発生すると、その周りの人何十人も 罹っていないのに検査しまくって、発症してもいない人を隔離室に入れ、1カ月も占拠させている。
> そして外出禁止だと言ってあらゆる催事をやめさせている。
> こんなことをしていたら気分が落ち込むばかりだ。このままでは自殺者もぐんと増えるのではないか?
> https://snjpn.net/archives/189372



大変興味深い体験記、有難う御座います。じっくり読んでみました。
どんな方かは分かりませんが、冷静に事実を纏めており、とても良く分かります。苦労されていることも良く分かります。

ですが、ここは個人のレベルと国全体のレベルで考え方が変わってくると思います。(一種の合成の誤謬なのかもしれません)
日本のやっていることは、死者を減らすこと、何とか重症者のレベルで食い止める事。そして医療崩壊を防ぐこと。特に医師や看護師と言った医療従事者の感染を防ぐこと。こんな事を重点にしています。
この結果が死者数によく表れています。
たとえば今日現在。
全世界で感染者数は127万人、死者は6万9千人です。
感染者数はアメリカ~33万、スペイン~13万、イタリア~12.8万人、ドイツ~10万人、日本は31位で3千600人です。
死者酢はイタリヤ~1万5千900人、スペイン~1万2600人、アメリカ~9600人、フランス~8000人、先進国では死者の少ないドイツは9位で1580人、そして日本は28位で85人です。

日本は死者を減らすことを主目的にしていますので、検査数は少ないですが、重症化しそうな患者は確実に治療できる体制をとっています。
医療崩壊してしまった国では(例えばイタリヤやスペイン)、高齢者は切り捨てて若い人を助けるしかないという状況。スペインなどは軍が消毒に介護施設に入ると、放置された患者や放置された死体があちこちで確認されているとか。こうなったら地獄でしょうね。
また10日ほど前ですが、イタリヤでは医師だけでも50人ほど死んでいるというニュースを見ました。これが一番恐ろしいんですね。これが進むと医師や看護師が逃げ出して、完全な医療崩壊で死者激増になります。

こんなことで死者を減らす、何とか重症の段階で食い止めるという日本の政策は間違いなかったと思いますが、では実際現場で体験した個人は苦労されているでしょう。
その点は大変だが頑張ってくださいというしかありません。

大局的に見て日本の政策は正しいことは死者数を見れば良く分かります。そして日本の死者数をやっかんでドイツ辺りから日本の検査数が少ないとケチが付いています。しかしPCR検査は精度は良くありません。陽性の人を検査して陽性と判定する割合を感度と言いますが、どうもこれは70%位らしい。だから検査しても多数の偽陰性の人が出る訳です。また陰性の人を検査して陰性と判定するのを特異度と言いますが、これはどうも90%位らしい。だから闇雲に検査すると沢山の擬陽性の人を作り出し、これは陽性なので入院させると完全にベッド不足です。
だから止むを得ず、日本は完全に症状の疑われた人だけ検査している。
幸い日本には世界一の普及率のCTscanが有り、これで相当正確に判定可能だそうですから、重症化する前に手が打てるでしょう。

以上が現在の日本のやっていることです。日本にやっていることの正しさは死者数の少なさで良く表れています。
もし日本の死者数が死者の少ないドイツ並みになっても今日現在で2500人くらいになり、日本中大騒動になるでしょう。
こんな理解で実態を見ていただきたいと思います。
  1. 2020-04-06 16:18
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

短足おじさん二世さん、おはよう御座います

なる程、確かに日本に海から来る事が可能ですね。

崩壊又は、危機の内容に因ると思われます。以下は私見です。

① 政情の混乱から来る原因のみの場合ですと、確かに日本へ流れて来るかもしれないですね。其の場合でも、流出する割合から、台湾や、朝鮮半島の方が到達し易いので、日本に流れて来る割合は前記した地域より少ないのではと、又対応を考慮する時間が多少有ると考察しています。其の結果半島民が日本へという事態は大いに有るかもですね。

② 食料危機から来る原因の場合ですと、態々食料自給率の低い日本に向かうよりは、陸続きの他所、例えば東南アジア等に向かうのが多いのではと考察しています。また、SARS-CoV-2によるCOVID-19による影響(一部では、半月毎に変異してるというレポートも有りますね)により、人から家畜への感染が拡散されたり(一部猫科動物に感染例の報告が出てきましたね)、又害虫等により穀物等への被害の懸念も提起されてますね。海産物を求め日本近海に押し寄せる事態は初期には有るかもですね。

③ 自然災害から来る原因の場合ですと、上記②に近いですが、災害の多い日本に行こうと思うかなと考えるかは疑問が残ります。

いずれにせよ、今と、昔は違いますが、仮に武力で征服した所で、日本人有っての日本なのですから、日本人が少数に成った状態での外国人は定住するのには向いてない、又は相当苦労を伴う土地なのではと考察しています。
現実的には、少数の中共人に乗っ取られてるかもですが、どういう崩壊に伴う混乱が起こるかは解からないですが、在日米軍という保険は果たして実行力が有るのかは、其の時にならないと、これまた解からないのでしょうかね?
保険に頼るのではなくて、自ら・・・。
お粗末でした。
  1. 2020-04-07 08:21
  2. URL
  3. 中道ウハウハw #zTZgd8x.
  4. 編集

To:中道ウハウハw さん

> 短足おじさん二世さん、おはよう御座います
>
> なる程、確かに日本に海から来る事が可能ですね。
>
> 崩壊又は、危機の内容に因ると思われます。以下は私見です。
>
> ① 政情の混乱から来る原因のみの場合ですと、確かに日本へ流れて来るかもしれないですね。其の場合でも、流出する割合から、台湾や、朝鮮半島の方が到達し易いので、日本に流れて来る割合は前記した地域より少ないのではと、又対応を考慮する時間が多少有ると考察しています。其の結果半島民が日本へという事態は大いに有るかもですね。
>
> ② 食料危機から来る原因の場合ですと、態々食料自給率の低い日本に向かうよりは、陸続きの他所、例えば東南アジア等に向かうのが多いのではと考察しています。また、SARS-CoV-2によるCOVID-19による影響(一部では、半月毎に変異してるというレポートも有りますね)により、人から家畜への感染が拡散されたり(一部猫科動物に感染例の報告が出てきましたね)、又害虫等により穀物等への被害の懸念も提起されてますね。海産物を求め日本近海に押し寄せる事態は初期には有るかもですね。
>
> ③ 自然災害から来る原因の場合ですと、上記②に近いですが、災害の多い日本に行こうと思うかなと考えるかは疑問が残ります。
>
> いずれにせよ、今と、昔は違いますが、仮に武力で征服した所で、日本人有っての日本なのですから、日本人が少数に成った状態での外国人は定住するのには向いてない、又は相当苦労を伴う土地なのではと考察しています。
> 現実的には、少数の中共人に乗っ取られてるかもですが、どういう崩壊に伴う混乱が起こるかは解からないですが、在日米軍という保険は果たして実行力が有るのかは、其の時にならないと、これまた解からないのでしょうかね?
> 保険に頼るのではなくて、自ら・・・。
> お粗末でした。



危機の内容で難民の流出の仕方が変わる。確かにその通りだと思います。
ですが、歴史を紐解いても、最近のヨーロッパの難民危機を見ても、難民の本質は経済難民でしょう。
政治的難民は確かにいると思いますが、それは少数派ではないかと思います。
そして過去の経済難民は船で出てくるのが当たり前です。理由は飛行機の場合は空港の出国審査で引っかかるので経済難民は陸路か海路になります。
現在のヨーロッパを見ればわかりますね。相当の長距離をテクテク歩くか船です。

中国から出るボートピープルが狙いやすい所は、広東辺りから出る場合は、マレーシア、インドネシア、ベトナム方面です。季節風の関係でこうなります。
上海周辺から出る場合は日本に来ます。これは本文に書いた通り。
本文で紹介した2014年の記事には最後に台湾沖の台湾海峡からアルゴスブイを流したルートが乗っています。
台湾沖から尖閣周辺を通って一直線で九州南部に到達します。
最後に北京周辺からは矢張り韓国方面になるかと思います。

それから難民は先進国を目指します。当然ですよね。
これについてはヨーロッパがいい見本です。ヨーロッパに入り込んだ難民は、母国にいるより数段良い暮らしを生活保護で手に入れています。だから絶対働かないし、帰国しようともしません。

いずれにしても中国は最早解体する以外ないので、少しでも被害を防ぐことが重要ですね。
  1. 2020-04-07 19:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する