FC2ブログ

2020-03-22 17:05

武漢肺炎を疑われた話


 先日、家人のいつも通っている脳神経内科のクリニックに行ってきた。家人は難病を抱えているため、毎月1回名古屋のクリニックに通院している。今月は先週火曜日はその日。
所が出かける少し前に体温を測ったら38.6℃もある。
こんなことでそのまま医者に行った所、当然ながら今話題のウイルスではないかと疑われた。
一寸そんな顛末と私が思うことを書いてみたい。

最初にどうしてそんな熱が出たのか、そしてどこの医者に行ったのかを掻い摘んで。

家人の難病はパーキンソン病で、時々熱が出ることがある。特に昨年秋頃はそんな事が酷かった。
家人の発熱は不思議な事に点滴をするとあっさり収まってしまう。昨年後半も何度かそんな発熱でかかり付けのクリニックに飛んで行って診察をしてもらったが、結局対症療法しかない、そんな事で今日まで来ている。
(余談だが、この発熱、便秘と関係が有るようだが、この話はちょっと置いておきます)

今回は毎月一回の定例の診察なのだが、直前にいきなり発熱。その状態で診察を受けたらどうなったか。

最初にそのクリニックの受付に行って、定例の予約できたのだが直前に発熱し、今38.6℃もあると説明した。看護婦さんが飛んできて、すぐに別フロアの待合室に行って、他の人となるべく離れていてくれと言われた。なるほどねえ。
その後、体温測定の後ただちに胸のレントゲン撮影に。
その後診察を受けたのだが、幸いレントゲンでは肺の画像には異常が無かったので、問診で肺炎の症状が無いのを確認。
その後そのまま通常のパーキンソン病の診察。更に点滴を打ってもらい、帰りにはまあ元気になって帰宅した。

家人のケースでは「もしかして?」と疑われたが、まあ異常が無かったのでここで終わりだった。しかし、よく考えてみると、多分若し肺のレントゲンで少しでも異常がありそうだったら即CT検査になっていたと思う。
注:そのクリニックはX線とMRIは有るがCTはない。だから別の中核病院にすぐ行くことになっただろう)
CTでは若し肺炎なら、細菌性肺炎や誤嚥性肺炎と武漢肺炎は明確に区別できるものらしい。


こんなことで、武漢肺炎は町医者の患者でも、疑わしい患者は拠点病院のCTで確認できる。私のその一端を垣間見たわけだ。

所でこんな事の陰には、あまり報道されないが、日本の医療制度や設備の先進性が隠れている。
例えば、私も今回初めて知ったのだが、日本のCTスキャンの普及率は世界一なのだという。

これはそのグラフ
人口100万人当たりのCTスキャン台数は断トツ世界一絶対数でも人口3.3億のアメリカとトップを争っているとか。日本はCTスキャン大国だったのだ。
2020-3-22CT台数1
引用元:新型コロナ防疫で、地味に活躍する「CTスキャン」の話
https://togetter.com/li/1482255
(引用者注:この記事は大変有用な内容が多い。是非ご一読を)

こんな事情があるので、日本の武漢肺炎対策は、重篤な人、重篤になりそうな人を早く見つけ早期治療。これを中心にしている。その陰にはCTスキャンの世界一の普及率と言う現実がある。


所でCTスキャンで相当の所まで分かるという話は、私も昨年経験した。
これも家人のケースだが、家人は昨年9月に足を骨折した。その10日後、今度は原因不明の体調不良と発熱でまたもや救急医療のお世話になった。
この時、CTの凄さを実感できた。私もCTは概略知っていたが、あれだけ全身くまなく調べられるとは・・・。
担当医の方には持病のパーキンソン病が有ることを説明しておいたし、血圧を測ったら200もあったということで徹底的に調べてくれた。その時全身のCTをとり、その報告書を見せてもらう事が出来た。(多分普通は門外不出だと思う)
家人のCTは首から下、下肢まで、肺から肝腎脾など内臓全部、下肢血管の血栓の有無に至るまで、全部調べてあった。最新医療の凄さを実感したものだった。

なるほどこれなら、CTを取ってからPCR検査で武漢肺炎ウイルスを確認すれば確実だと理解できた。

日本の武漢肺炎は死者数が他の国に比べると非常に少ない。日本が隠しているなどと言ういわれのない疑いさえかけられる始末。だがこんな日本の先進医療の実態が分かれば、そして重篤な患者を重点に治療していけば、死者数が少なくなるのも理解できる話だと思う。

昨日のエントリーで、イタリア、スペイン、フランスのラテン系3ヵ国だけで死者数は阪神淡路大震災に近いと書いたが、今日見ると既に阪神淡路大震災の死者数を越えている。
もはや戦争、これは日本人にはピンとこないが世界の現実である。

  1. 疫病
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

朝鮮人、立憲民主党、マスごみは日本の敵。

とてつもない大金持ちでもない限り、日本で助からない病人は世界のどこに行っても助かりようがない。日本の病人は世界で一番恵まれた人たちなのだ。そのような恩恵を理解していない元凶は、マスごみにある。常に日本の外に素晴らしいものがあり、正しいものは国外にあるという教条主義的な信仰。自分の頭で物事を考えることのできない連中が巣くっているいるから、朝鮮のバカげた検査を理想的なものとして喧伝し続ける。高学歴のバカしかいないんでしょうな。滅ぼすしかない。
  1. 2020-03-23 00:49
  2. URL
  3. 朝鮮人は日本の敵 #-
  4. 編集

Re: 朝鮮人、立憲民主党、マスごみは日本の敵。

> とてつもない大金持ちでもない限り、日本で助からない病人は世界のどこに行っても助かりようがない。日本の病人は世界で一番恵まれた人たちなのだ。そのような恩恵を理解していない元凶は、マスごみにある。常に日本の外に素晴らしいものがあり、正しいものは国外にあるという教条主義的な信仰。自分の頭で物事を考えることのできない連中が巣くっているいるから、朝鮮のバカげた検査を理想的なものとして喧伝し続ける。高学歴のバカしかいないんでしょうな。滅ぼすしかない。



最初に、「朝鮮人、立憲民主党、マスゴミは日本の敵」、これがまさしく正論でしょうね。

所で朝鮮のバカげた検査、これをとうとうニューヨークもやってしまったようです。
その結果はとんでもない医療崩壊が起きている。
日本のやってきたことが実は王道だった、これが事実として、他国の失敗異例と多くの犠牲者の人柱の上で証明されてきたようです。
  1. 2020-03-23 09:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する