FC2ブログ

2020-03-16 07:40

武漢肺炎<世界は日本に倣え、だが日本は?


 武漢肺炎は全世界に拡散してしまった。遂にアメリカはイギリスやアイルランドまで入国禁止にしたと報道されている。

まず最初に、これが昨日(3/15)夕方現在の感染者数
日本はスイス・イギリスだけでなくノルウェー、スエーデン、オランダ、デンマークにも抜かれ、現在15位になって・・・と思いきや、一夜明けてみたら・・・。
【本日(3/16)06:50確認してみたら、日本はベルギー・オーストリアにも抜かれ17位に・・・、あまりの変化に画像更新が間に合わない(涙)】
(日本メディア風に言えば、ヨーロッパ勢強し!、日本何と17位に陥落!!

2020-3-15武漢肺炎国別感染者数
https://www.worldometers.info/coronavirus/

さて、この感染拡大に対する対処法はと言えば・・・。
フランスやイギリスだけでなくスエーデン、ノルウェー、フィンランドも日本方式に切り替えるとの事。
日本はダメだ、韓国を見習えと叫んでいたマスゴミ諸君、どうするんだえ。世界は日本を見習えと言っているのに。

<以下はアノニマスポストの情報>
イギリス、フランスに続き、スウェーデン・ノルウェー・フィンランドも軽症者は検査しない方針 医療先進国では日本方式が標準に~ネットの反応「医療資源潰すだけだしね」
https://anonymous-post.mobi/archives/21421

スウェーデン
https://www.dn.se/sthlm/farre-kommer-att-provtas-for-coronaviruset-i-stockholm/
フィンランド
https://yle.fi/uutiset/3-11256138
ノルウェー
https://www.fhi.no/nettpub/coronavirus/helsepersonell/testing-og-diagnostikk-for-nytt-koronavirus-coronavirus/
<引用ここまで>


しかし日本メディアは相変わらず日本の数字を嵩上げし、ダイプリ号と感染者数を合算して報道している。

<以下時事通信の報道>
感染1500人超す 新型コロナ、死者は31人
3/15(日) 17:56配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000044-jij-soci
<引用終り>


先日友人たちと喫茶店でコーヒーを飲んでいた時、テレビしか見ない情報弱者の友人がこのダイプリ号の感染者数を合算した数字を言う。そこで私が港に入った船はそのままでは外国だよ。その船から降りたら日本だよ。空港だってそうだろう。イミグレを通ったら外国だから免税点だってあるだろう。こんな話をした。
そうしたら友人の一人(叩き上げの現場人)がこんな事を言った。
友人曰く「そうだよ、俺は経験が有るから知ってる。会社の近くの港にロシアの船が入るだろう。その船はタラップの所に自動小銃を持った怖い警備員がいる。迂闊に入って行くと殺されても文句は言えない。あそこは外国なんだ。それとおんなじだゾ。」

しかしこんな常識すら日本のゴミメディアには分からないと見える。
マスゴミ改革=大掃除が必要だと痛感した。

尚日本のダメメディアは朝日・毎日・中日東京とNHKと思われているが、時事通信も朝日に輪をかけたくらい酷いということだと思う。

  1. 疫病
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

前スレ関連でしょうけど

前スレ関連でしょうけど 東京商工リサーチのアンケートです
上場企業「新型コロナウイルス影響」調査 (3月13日正午現在)
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200313_01.html
このうち、新型コロナウイルスにより売上、利益面などの業績面でマイナスの影響を受けた企業は115社。115社のなかで業績予想の修正(78社)による次期見通しの売上減少額は5,172億円、最終利益の減少額は1,232億円にのぼった。
参考までに
  1. 2020-03-16 08:10
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

Re: 前スレ関連でしょうけど

> 前スレ関連でしょうけど 東京商工リサーチのアンケートです
> 上場企業「新型コロナウイルス影響」調査 (3月13日正午現在)
> https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200313_01.html
> このうち、新型コロナウイルスにより売上、利益面などの業績面でマイナスの影響を受けた企業は115社。115社のなかで業績予想の修正(78社)による次期見通しの売上減少額は5,172億円、最終利益の減少額は1,232億円にのぼった。
> 参考までに



なるほど、情報有難う御座います。全文読んでみました。
確かにその通りですが、今現在、直近のことだけでなく長期的な問題にも目を向けて欲しい所です。
多分これからこの影響がどんどん加速してゆく。
最後に行きつく所は、歴史の指し示すところは戦争です。
困ったことですが、それが現実ですね。
  1. 2020-03-16 16:31
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

武漢肺炎については、小生今までのところはほぼ予測どおりだったと思います。

単純な計算ですが2/1の国内感染者数を200程度と計算し1週で倍増すると考えれば6週経過で25000人前後という予想がつくからです。国は感染者推定を陽性者の15倍位と見てると思うのですが、小生はDP号の結果等から死者の1000倍程度と予想してます。最初の数字はその結果です。

支那人の旅行者は2/1までに世界中に出ていましたから初期値にばらつきがあるだけでどちらにしろ等比級数で増えます。友人から日本は大丈夫かと言われたときには、なあに日本は2週くらい先行ってるだけだし早晩追いつくよと言っといたら完全に当たりましたし、検査の無意味さを数学的に解き明かしたこともありました。

今回の騒動ほど基礎数学が分かってて良かった、と思ったことはありません。

ただここからは全くわかりません。どのあたりで感染者を収束させることができるかは全く想像できないからです。これまともに計算するにはロジスティックス曲線を考えねばいけませんが、この微分方程式を特にはけっこう大変ですから、どうせ近似計算ならばということで2次式で色々計算してみました。ただこれはパラメーターをどう取るかで150日から4000日まで結果が変わってしまい全く予測になってません。

今回の騒動で色んな人が色んな事言ってますが、本当に科学的リテラシーがありきちんと予測して結果を出した人はそういません。

小生が信頼するのは高橋洋一くらいです。

その高橋が初めて収束条件を考えて計算をしました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71133

本人もこの数字にはカンの要素が多いことは言ってますが4月半ばくらいに新規の発生者がなくなり5月半ば過ぎというのが予想です。1月半ばを初日と考えればおよそ150日、小生のどんぶり勘定の最短とほぼ同じですがどうでしょうか。正直甘いという気がします。

この問題は日本で収束させてもそれは病気の終息ではない、という冷厳な事実だと思います。

これはいわばウイルスを無理やり抑え込んでいるだけですから抑え込みを解いたら復活する可能性が多分にあります。おそらく支那で本格的な経済の回転が始まればおそらく第二次の流行が始まるんじゃなかろうかという気がします。

さらには欧州を始めとしてこなままでは半年程度では収束するとはとても思えない地域が多い上に、途上国、南半球はおそらくこれからです。

この後支那はどうするつもりでしょうが。もう多くの国は支那との交流を考え直す方向に移るしか無いでしょう。連中の今の態度を見ればおそらくまた同じことを犯しかねないからです。連中は鳥インフルやペストなどの危険が多すぎます。

これで落ち着いたらどうなるでしょうか、国際的な村八分になりかねないだろう、と小生は思います。

閑話休題

高橋氏の連載の中に出てくる対数グラフは印象的です。感染者を抑え込めてるのは台湾、日本シンガポールというのはかなり印象的な気がします。

シンガポールはその国の成り立ちから言ってこのような疫病はその存続に関わりかねませんし、明るい北朝鮮ですから強権を振るうのはかんたんです。抑え込みは比較的簡単です。
台湾は政治的立場から支那発の危機については当然備えが大きいはずです。

それに対して我が国は人口1億3千万近い大国です。条件が全然違います。これをここまで抑え込んでるんだから相当なものです。でもやってることはノストラダムスの時代と大差ありません。日本のような国が一番原始的な方法で来てるのです。完全に民度勝負ですよね。

まあこれで収束は可能でしょうが相当に脆いものでしょう。そして終息は不可能だと思います。第二第三の危機をもたらさぬためには支那という連中に共産主義を持たせないという選択以外ないでしょう。

これをアカ共の終わりにしなければいけないでしょう。
  1. 2020-03-16 22:16
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> 武漢肺炎については、小生今までのところはほぼ予測どおりだったと思います。
>
> 単純な計算ですが2/1の国内感染者数を200程度と計算し1週で倍増すると考えれば6週経過で25000人前後という予想がつくからです。国は感染者推定を陽性者の15倍位と見てると思うのですが、小生はDP号の結果等から死者の1000倍程度と予想してます。最初の数字はその結果です。
>
> 支那人の旅行者は2/1までに世界中に出ていましたから初期値にばらつきがあるだけでどちらにしろ等比級数で増えます。友人から日本は大丈夫かと言われたときには、なあに日本は2週くらい先行ってるだけだし早晩追いつくよと言っといたら完全に当たりましたし、検査の無意味さを数学的に解き明かしたこともありました。
>
> 今回の騒動ほど基礎数学が分かってて良かった、と思ったことはありません。
>
> ただここからは全くわかりません。どのあたりで感染者を収束させることができるかは全く想像できないからです。これまともに計算するにはロジスティックス曲線を考えねばいけませんが、この微分方程式を特にはけっこう大変ですから、どうせ近似計算ならばということで2次式で色々計算してみました。ただこれはパラメーターをどう取るかで150日から4000日まで結果が変わってしまい全く予測になってません。
>
> 今回の騒動で色んな人が色んな事言ってますが、本当に科学的リテラシーがありきちんと予測して結果を出した人はそういません。
>
> 小生が信頼するのは高橋洋一くらいです。
>
> その高橋が初めて収束条件を考えて計算をしました。
>
> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71133
>
> 本人もこの数字にはカンの要素が多いことは言ってますが4月半ばくらいに新規の発生者がなくなり5月半ば過ぎというのが予想です。1月半ばを初日と考えればおよそ150日、小生のどんぶり勘定の最短とほぼ同じですがどうでしょうか。正直甘いという気がします。
>
> この問題は日本で収束させてもそれは病気の終息ではない、という冷厳な事実だと思います。
>
> これはいわばウイルスを無理やり抑え込んでいるだけですから抑え込みを解いたら復活する可能性が多分にあります。おそらく支那で本格的な経済の回転が始まればおそらく第二次の流行が始まるんじゃなかろうかという気がします。
>
> さらには欧州を始めとしてこなままでは半年程度では収束するとはとても思えない地域が多い上に、途上国、南半球はおそらくこれからです。
>
> この後支那はどうするつもりでしょうが。もう多くの国は支那との交流を考え直す方向に移るしか無いでしょう。連中の今の態度を見ればおそらくまた同じことを犯しかねないからです。連中は鳥インフルやペストなどの危険が多すぎます。
>
> これで落ち着いたらどうなるでしょうか、国際的な村八分になりかねないだろう、と小生は思います。
>
> 閑話休題
>
> 高橋氏の連載の中に出てくる対数グラフは印象的です。感染者を抑え込めてるのは台湾、日本シンガポールというのはかなり印象的な気がします。
>
> シンガポールはその国の成り立ちから言ってこのような疫病はその存続に関わりかねませんし、明るい北朝鮮ですから強権を振るうのはかんたんです。抑え込みは比較的簡単です。
> 台湾は政治的立場から支那発の危機については当然備えが大きいはずです。
>
> それに対して我が国は人口1億3千万近い大国です。条件が全然違います。これをここまで抑え込んでるんだから相当なものです。でもやってることはノストラダムスの時代と大差ありません。日本のような国が一番原始的な方法で来てるのです。完全に民度勝負ですよね。
>
> まあこれで収束は可能でしょうが相当に脆いものでしょう。そして終息は不可能だと思います。第二第三の危機をもたらさぬためには支那という連中に共産主義を持たせないという選択以外ないでしょう。
>
> これをアカ共の終わりにしなければいけないでしょう。



詳細な分析有難う御座います。
特に高橋洋一氏の記事、全文読んでみましたが、流石ですね。良く分かります。

そして
>これをアカ共の終わりにしなければいけないでしょう。

これですね。これを一つずつ問題にしてアカの駆除を進める。
体に中に住み着いた赤い寄生虫は深く深く潜っていますから、駆除には副作用があるでしょう。とても苦しいことが沢山出る筈です。
でもその副作用に耐えてこそ、積年の寄生虫の害毒から解き離れることができる。
苦しいですが、頑張りたいものです。
  1. 2020-03-17 08:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

それにしても人口比感染者数が新聞の表にでていないのは解せません。
  1. 2020-03-17 12:45
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> それにしても人口比感染者数が新聞の表にでていないのは解せません。



そうですね。
でもそんな事を公表したら・・・。
1位 イタリア  人口百万人当たり521人
2位 スイス     〃     317人
3位 ノルウェー   〃     271人
4位 スペイン    〃     253人
中略・・・
…  中国      〃     56人
中略・・・
…  日本      〃     7人

こんなことで、このウイルスが白人にかかり易く作ったことがバレてしまうかも。
いえいえ、これは私の妄想です。信用しないでください。
  1. 2020-03-18 10:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 ワタシは2月からマニアックにこの武漢ウィルスについての情報を追っているのですが、日本政府は1月から現行の方式で対応していますね。
 そして成功しています。

 但しこれは日本のオリジナルではなく、この種の感染症、つまり感染力がそこそこ強く、致死率は割と低い感染症への対応の王道のようです。

 だからあのお騒がせの岩田健太郎から、政府専門家会議のメンバーまで、感染症専門家は全員日本政府の対応を支持しているのです。

 そして厚生省の用意したマニュアルでも、そのような対応になっていたみたいです。
 だから厚労省の官僚が中心になって粛々とその対応を続けていたのです。

 首相の出番は、感染拡大の速度が危機的になって、医療崩壊につながりかねないレベルになった時に、イベントの自粛等、国民生活に大きな影響のある問題について決断し、責任を取らなければならない場合だけです。

 こういう対応は、最初の内は、例えば早々と入国拒否や厳しい隔離策を打ち出した諸外国の首脳に比べて、は、非常に無能で無為無策に見えたのですが、しかし現実にはこれが一番有効だったわけです。

 中国からの渡航拒否など一見非情に安心感を与えてくれるのですが、しかし現実には中国が人人感染を認めた1月20日には、ウィルスはすでに世界中に拡散していました。 そして1月24日には武漢は封鎖されて、武漢からの人の移動はなくなりました。

 実際、現実に日本を含めて海外で、感染経路のわかっている感染は全て1月20日以前の武漢からの来訪者からの感染です。
 例えば春節中に日本に来た中国人から感染例と言うのは、見つかっていないのです。

 逆にダイアモンドプリンセス号の最初の感染者が香港の男性だったり、ハワイに旅行した日本人が感染して帰国したりと、中国外から感染が明らかな例があります。

 またアメリカ等がチャーター機で連れ帰ったダイアモンドプリンセス号の客を隔離したのだって意味がありません。
 
 こういう隔離は純然たる人権侵害であるばかりか、今後の感染拡大を考えたらこのように無用に恐怖を煽るようなことをしてはイケナイのです。

 だから今欧米諸国は無残な事になっています。

 日本方式が元来の武漢ウィルスに対する王道であれば、欧米の感染症専門家だって同様の対応を提言していたでしょう。
 
 しかし欧米式の政治家のリーダーシップから言えば、日本の方式は取れなかったのでしょうね。

 北海道は今日で緊急事態を終えました。
 今日までの感染者は150人余です。

 北海道知事が緊急事態宣言をしたのは、このまま感染が拡大すると、医療機関の対応能力を超えて医療崩壊に至るという危機感からです。

 しかしデンマークやノルウェーなど、北海道と人口が変わらない国々が、既に日本を超える感染者を出しています。
 しかも恐ろしくハイスピードでそうなったのです。

 いくら高福祉先進国でも医療現場は大変な事になっているでしょう。

 それにしてもこういう国々だって本来なら感染者が100人強になった時に、緊急対応に切り替えるべきだったのでしょうが、それができない間にドンドン患者が増えているのです。
 
 地理的にいくら中国から遠くても、今の欧米には観光客や移民として山のように中国人が来訪していたし、中国人移民だった大量にいたのです。
 だから中国での感染が出た当初から、当然自国でも感染拡大が始まる事は覚悟するべきでした。

 何で西欧諸国がこのウィルスに対して科学的な対応を取れなかったのか?

 これは今後を考えていく上で非常に興味深いです。

 

  1. 2020-03-19 10:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

先日ご紹介した高橋洋一の記事ですがそれとは別にきちんとした対数グラフを作れるサイトが有りました。

https://datacat.cc/covid19/

です。
こちらではなかなか作れない対数グラフを作れます。
詳細はこちらで、というよりもギガジンから見つけたんですが

https://gigazine.net/news/20200312-databrew-covid19-data-explorer/

これを見ると西欧各国と日本の対策に差は歴然です。

このほかギガジン結構役立つ情報が多いです。

こんなのがあります。

https://gigazine.net/news/20200312-coronavirus-act/

元データはこれ

https://medium.com/@tomaspueyo/coronavirus-act-today-or-people-will-die-f4d3d9cd99ca

感染拡大のシミュレートとして面白いのがこれです。

https://gigazine.net/news/20200316-coronavirus-spread-simulator/

アカ共の傀儡テドロスの馬鹿がまたアホなこと言ってますねえ。

検査は重要ですがその不適切な実施は医療崩壊を招きかねないことのほうがよほど重要でしょう。
8割は問題自体がない。1割5分は軽症で済む。残りの5%を発掘するのだが今の検査の精度では感染率が5%なら検査制度は3割程度しか行かない。この住学的事実を説明しなければいけません。

本当に馬鹿としか言いようがない。

アフリカ諸国は今のうちに2ヶ月分くらいの食料を備蓄して国を二ヶ月止めることそれを考えるのが一番ベターでしょう。
  1. 2020-03-19 10:48
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

収束がどうなるんだろ?

最新のグラフを見ると収束には程遠い動きです
リストもどんどん長くなりバチカンまで入ってる有様ですね
企業では人もの金+情報と言われます
有限のリソースで最大のパフォーマンスを得ることが求められるんですが
中国と日本ではそのパフォーマンスの方向が違う気がしています
中国は短期的に最大の利益を上げるヤケ畑農業とも言われる方向
日本は長期的に安定成長を志向する感じで
どっちが良いかは人に依るでしょう。韓国は中国を煮詰めた感じがしますけどね。
  1. 2020-03-20 03:20
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

ピークは押さえ込んでいる?

「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」の左下のグラフをときどきみています。いくつもの項目があり、その中でも「日別増加数(発症・確定・退院)」がおもしろい(拡大もできます)。
https://gis.jag-japan.com/covid19jp/

発症や確定の人数のピークが、日本では、今のところ押さえ込まれていることがよくわかります。国の専門家会議の見込み通りといった印象です。また、退院数も増えています。

このままあと1か月程度、ピークを押さえ込んでいけば、重症者と死者の数も減り、徐々に収束していくような気がします。それだけに綱渡り状態が続いている、ともいえますから、警戒をゆるめてはいけないでしょう。しばらくは苦しい状態が続くでしょうが、国民も踏ん張りどころですね。
  1. 2020-03-20 15:00
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

To:よもぎねこ さん

>  ワタシは2月からマニアックにこの武漢ウィルスについての情報を追っているのですが、日本政府は1月から現行の方式で対応していますね。
>  そして成功しています。
>
>  但しこれは日本のオリジナルではなく、この種の感染症、つまり感染力がそこそこ強く、致死率は割と低い感染症への対応の王道のようです。
>
>  だからあのお騒がせの岩田健太郎から、政府専門家会議のメンバーまで、感染症専門家は全員日本政府の対応を支持しているのです。
>
>  そして厚生省の用意したマニュアルでも、そのような対応になっていたみたいです。
>  だから厚労省の官僚が中心になって粛々とその対応を続けていたのです。
>
>  首相の出番は、感染拡大の速度が危機的になって、医療崩壊につながりかねないレベルになった時に、イベントの自粛等、国民生活に大きな影響のある問題について決断し、責任を取らなければならない場合だけです。
>
>  こういう対応は、最初の内は、例えば早々と入国拒否や厳しい隔離策を打ち出した諸外国の首脳に比べて、は、非常に無能で無為無策に見えたのですが、しかし現実にはこれが一番有効だったわけです。
>
>  中国からの渡航拒否など一見非情に安心感を与えてくれるのですが、しかし現実には中国が人人感染を認めた1月20日には、ウィルスはすでに世界中に拡散していました。 そして1月24日には武漢は封鎖されて、武漢からの人の移動はなくなりました。
>
>  実際、現実に日本を含めて海外で、感染経路のわかっている感染は全て1月20日以前の武漢からの来訪者からの感染です。
>  例えば春節中に日本に来た中国人から感染例と言うのは、見つかっていないのです。
>
>  逆にダイアモンドプリンセス号の最初の感染者が香港の男性だったり、ハワイに旅行した日本人が感染して帰国したりと、中国外から感染が明らかな例があります。
>
>  またアメリカ等がチャーター機で連れ帰ったダイアモンドプリンセス号の客を隔離したのだって意味がありません。
>  
>  こういう隔離は純然たる人権侵害であるばかりか、今後の感染拡大を考えたらこのように無用に恐怖を煽るようなことをしてはイケナイのです。
>
>  だから今欧米諸国は無残な事になっています。
>
>  日本方式が元来の武漢ウィルスに対する王道であれば、欧米の感染症専門家だって同様の対応を提言していたでしょう。
>  
>  しかし欧米式の政治家のリーダーシップから言えば、日本の方式は取れなかったのでしょうね。
>
>  北海道は今日で緊急事態を終えました。
>  今日までの感染者は150人余です。
>
>  北海道知事が緊急事態宣言をしたのは、このまま感染が拡大すると、医療機関の対応能力を超えて医療崩壊に至るという危機感からです。
>
>  しかしデンマークやノルウェーなど、北海道と人口が変わらない国々が、既に日本を超える感染者を出しています。
>  しかも恐ろしくハイスピードでそうなったのです。
>
>  いくら高福祉先進国でも医療現場は大変な事になっているでしょう。
>
>  それにしてもこういう国々だって本来なら感染者が100人強になった時に、緊急対応に切り替えるべきだったのでしょうが、それができない間にドンドン患者が増えているのです。
>  
>  地理的にいくら中国から遠くても、今の欧米には観光客や移民として山のように中国人が来訪していたし、中国人移民だった大量にいたのです。
>  だから中国での感染が出た当初から、当然自国でも感染拡大が始まる事は覚悟するべきでした。
>
>  何で西欧諸国がこのウィルスに対して科学的な対応を取れなかったのか?
>
>  これは今後を考えていく上で非常に興味深いです。




ヨーロッパの対応失敗は原因は簡単ではありません。
しかし多分文明問題に収斂すると見ています。要するに文明の衝突です。
この問題の帰結は分かりませんが、今は戦闘が局地戦から全面戦争に切り替わった段階。
敵も新しい武器を持ち出す時期です。

そんな見方で何とかこの難問を読み解いてみたいと思います。
一つだけ言えること。今日本は1945年からの臥薪嘗胆の時代から立ち上がるチャンスを得た。立ち上がれるか否かは日本人のやる気次第。こう思っています。

ご先祖様に恥じない生き方がしたいと思っています。
  1. 2020-03-20 20:37
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> 先日ご紹介した高橋洋一の記事ですがそれとは別にきちんとした対数グラフを作れるサイトが有りました。
>
> https://datacat.cc/covid19/
>
> です。
> こちらではなかなか作れない対数グラフを作れます。
> 詳細はこちらで、というよりもギガジンから見つけたんですが
>
> https://gigazine.net/news/20200312-databrew-covid19-data-explorer/
>
> これを見ると西欧各国と日本の対策に差は歴然です。
>
> このほかギガジン結構役立つ情報が多いです。
>
> こんなのがあります。
>
> https://gigazine.net/news/20200312-coronavirus-act/
>
> 元データはこれ
>
> https://medium.com/@tomaspueyo/coronavirus-act-today-or-people-will-die-f4d3d9cd99ca
>
> 感染拡大のシミュレートとして面白いのがこれです。
>
> https://gigazine.net/news/20200316-coronavirus-spread-simulator/
>
> アカ共の傀儡テドロスの馬鹿がまたアホなこと言ってますねえ。
>
> 検査は重要ですがその不適切な実施は医療崩壊を招きかねないことのほうがよほど重要でしょう。
> 8割は問題自体がない。1割5分は軽症で済む。残りの5%を発掘するのだが今の検査の精度では感染率が5%なら検査制度は3割程度しか行かない。この住学的事実を説明しなければいけません。
>
> 本当に馬鹿としか言いようがない。
>
> アフリカ諸国は今のうちに2ヶ月分くらいの食料を備蓄して国を二ヶ月止めることそれを考えるのが一番ベターでしょう。



面白い情報有難う御座います。
キチンとグラフ化し、問題点を分析するという最も必要なグラフが市井の市民から出され、一般マスゴミにはそんな能力も無い。致命的ですね。

しかし事態を見て暗澹たるものを感じます。
今日の文明社会の基礎は矢張り西欧にある。その西欧が破産してゆく。悲しいですね。
しかしここまで来たら最早西欧の没落はほぼ決定でしょう。
ニ本は巻き込まれないようにしなければ。
  1. 2020-03-20 20:49
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 収束がどうなるんだろ?

> 最新のグラフを見ると収束には程遠い動きです
> リストもどんどん長くなりバチカンまで入ってる有様ですね
> 企業では人もの金+情報と言われます
> 有限のリソースで最大のパフォーマンスを得ることが求められるんですが
> 中国と日本ではそのパフォーマンスの方向が違う気がしています
> 中国は短期的に最大の利益を上げるヤケ畑農業とも言われる方向
> 日本は長期的に安定成長を志向する感じで
> どっちが良いかは人に依るでしょう。韓国は中国を煮詰めた感じがしますけどね。



今回のケースは、多分終息するには相当の長期間かかる。
それまで生きていられるかどうかでしょう。
体力の無いものから死んでゆく。そんな事態が既に始まっていると思っています。

  1. 2020-03-20 20:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: ピークは押さえ込んでいる?

> 「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」の左下のグラフをときどきみています。いくつもの項目があり、その中でも「日別増加数(発症・確定・退院)」がおもしろい(拡大もできます)。
> https://gis.jag-japan.com/covid19jp/
>
> 発症や確定の人数のピークが、日本では、今のところ押さえ込まれていることがよくわかります。国の専門家会議の見込み通りといった印象です。また、退院数も増えています。
>
> このままあと1か月程度、ピークを押さえ込んでいけば、重症者と死者の数も減り、徐々に収束していくような気がします。それだけに綱渡り状態が続いている、ともいえますから、警戒をゆるめてはいけないでしょう。しばらくは苦しい状態が続くでしょうが、国民も踏ん張りどころですね。



いいグラフが有りましたねえ。とても良く分かります。
あと1ヶ月ですか。長いなあ。
国によってはそこまで待たずに食料が切れる国がでそうです。
その先は地獄の一丁目。

今は何とか日本の抑え込みが成功することを祈るばかりです。
  1. 2020-03-20 20:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する