FC2ブログ

2020-02-06 11:03

韓国についての二つの病理<西尾幹二先生と呉善花氏の話


 韓国の状況が末期的だ。月刊Hanada3月号では「総力大特集 北も南も断末魔」、こんなタイトルで特集記事を載せている。そこに西尾幹二先生が問題の病理を鋭く指摘した寄稿文を寄せている。
西尾先生は『韓国人が日本人に仕掛けてくる論争はなぜ一〇〇パーセントを勝ち取ろうとするイデオロギーの政争となるのか。日本側が真ん中を取って五〇パーセントで手を打とうとするとなぜ失敗するのか』、こんな切り口で、呉善花さんの話を引用しながら熱弁をふるっているのだが、この話は大変面白い。
そして韓国の反日が病理だが、日本の平和主義が事態を一層悪化させていると説く。


1月27日のエントリー「呉善花女史による何故日韓は和解し合えないのか?」で呉善花さんのことを取り上げたのだが、西尾先生の取り上げているのが問題の本質のように思うので、西尾先生の記事を一部紹介したいと思う。

尚西尾幹二先生の寄稿文は20ページ以上あり、全文は長すぎる。見たい方はどこかで「Hanada 3月号」を手に入れて見てください。
(尚念のため、Hanadaは毎月26日発売なのだが、3月号は1月27日朝イチでいつも行く本屋に行ったらもう売り切れ(この月だけ3月号は1月24日発売だったのだが、それにしても売り切れるのが早い)、慌てて別の本屋を確認してそちらに行って入手しました。)


<ではHanada3月号から一部引用>
引用者注:部分引用ですが長文です。急ぐ方は青太字で書いた呉善花さんの発言だけ見てください。

Hanada-2020年3月号・p294-p315 総力特集 北も南も断末魔より

二つの病理
ーーー韓国の反日と日本の平和主義   西尾幹二
Hanada-2020年3月・310ページ中段より
2020-2-5-1.jpg
・・・中略・・・
韓国人の不安の原因

 以上のすべてが韓国人の特性だと言っているわけではないが、韓国社会で信じられている古代史の妄想、檀君神話五千年とか、中国大陸の南部から奈良京都に及ぶ百済大帝国の存在とか、堂々たる誇大妄想が正史として担がれているすさまじさは、現在のあの半島の住民の日々の暮らしを支えるものの考え方と一体と化している。

 世界のなかの自分の哀れさ、惨めさを決して認めない。すなわち「現実」を認めることから決して出発しないリアリズムを欠いた観念世界への空砲にじつは支えられている韓国社会のいまのひとびとの生き方こそが、われわれ日本人に深刻な障害をもたらしているのである。

 韓国人が日本人に仕掛けてくる論争はなぜ一〇〇パーセントを勝ち取ろうとするイデオロギーの政争となるのか日本側が真ん中を取って五〇パーセントで手を打とうとするとなぜ失敗するのか。これこそが今本稿に求められている最大の問いである。

 明治日本の産業革命遺産のテーマは日韓併合より前の歴史なのであるから、韓国に関係がなく、外務省はユネスコの会議の入り口で韓国人の介入を拒否すべきであった。このテーマの討議参入を許諾しない意志を表明すべきであった。少しでも甘い顔を見せるとすべてを奪い取りにかかってくる彼らの本当の動機はなんであるか。それを説明してくれる唖然とさせる事件が私の身辺に起こった。

 私は坦々塾という私の主催する勉強会に拓殖大学教授の呉善花さんをお招きして講演をしてもらったことがある。そのなかに韓国人の心の奥底を開いてみせてくれるような大変に気になる言葉があった。間もなく二人で対談本『日韓悲劇の深層』(祥伝社新書)(引用者注:この本のことは後ほど書きます)を出版した。同書の巻末に呉さんの講演を全文収録することができて、気になっていた問題の言葉も再録することが可能になった。
 
 呉さんは韓国生まれの韓国育ちのひとであるが、いまは帰化して日本人である。そして日本人であるための努力はすさまじかった。韓国の官憲から不当な迫害を受け、身をもって文化移動を実践した悲劇の人であったということもいえる。

2020-2-5-05-1.jpg
日本が理解できず不安になり最後には許せなくなる

 ここで悲劇というのは単なる文学的形容ではない。日韓の垣を越えて移動する実行が言葉の最も高貴な意味における自己犠牲の実験的精神であったということの内実を示唆している。

 呉さんは講演のなかで次のようなことを言っていた。
 「韓国人からすると、日本人は全く分からない国民だ。日本人の精神の軸、そう呼べるものは一体何なのか。はっきりしない。韓国人にとっては、それは謎であるだけでなく不安の原因なのだ。

 韓国は朱子学の儒教社会である。これが軸といえるだろう。日本人は神道なのか武士道なのか仏教なのか一体何だ。他にもあるかもしれない。韓国人はそこで戸惑ってしまう。八百万の神々というが、太陽であったり樹木であったり。自然を敬うアフリカ人なら分かるけれども、いやしくも文明国ではあってはならないことだ。どういう精神性なのか。ここで韓国人は困ってしまう。

 頭が混乱するだけでなく、許せないという気持ちになってくる。韓国では祖先以外のものを拝むのは迷信の部類なのである。日本の室町時代のころ、韓国は仏教も陽明学も捨てて朱子学に絞った。文治主義の徹底化を図った。ところが日本ではこれ以降も野蛮な武士の戦いが一向に治らない。どうにもならない国だ。と自分たちの先祖は考えた。日本人には価値とか道徳とかはない」


現実が見えない知性

 こう述べたあと、呉さんはさらに次のように断定した。これは呉さん自身が日本人についてそう考え、信じているというのではなく、韓国人の立場に立つと、こういうことが言えるのではないかと言っているのである。誤解のなきよう願いたい。

 「でたらめな基準で生きている日本人は、真の価値が理解できないからいつも頭を叩いておかないと彼らはなにをするか分からない、と韓国人は考える。すぐ日本人は考えを変えてしまう。常にきちんと教え込んでおかないといけないのだ。韓国人が言うところの歴史認識とはこれであった、双方の国民がそれぞれ意見を主張しあって互いに歩み寄るというようなものでは決してないのである。日本人がやることは韓国が主張するものを受け取るだけ。反論や異論などとんでもない。繰り返し繰り返し韓国の言うことを日本人は心して聞け、ということなんです」

 非常に明快である。すさまじい話でもある。朴槿恵も文在寅もこのとおりに実行した。文治主義の誤解がどうの、朱子学の理解はどうのと、日本の知識人が口出ししそうな言葉づかいがチラホラ見えるが、思想史の文脈を相手にする必要はない。何かに追い立てられ、これほど純粋にイデオロギーに凝り固まった事例は、黙って見送る以外に方法がない。しかしここに彼らのある意味での本音が語られていることも、また疑い得ないと私は考えている。

 北朝鮮の食糧危機と集団餓死、政治犯収容所の残酷と見せしめ公開処刑の心も凍る光景、苦難の旅路をくぐり抜けた脱北者の悲痛な叫びー-そうした闇と光が交叉する生命の限界状況について韓国人がわれわれ日本人よりもはるかに少ない情報しか伝えられていないなどと考えることはできないだろう。

 近いがゆえに感覚的にかえって麻癖するということはあるかもしれない。けれども共産主義的全体主義に対し香港や台湾の人々がはっきり見せている恐怖、拒否の感情と、最も近い韓国人がそれをまったく見せない、どころか異様な北朝鮮にすり寄ってさえいるというのは、いかにも理解できない現代政治史の七不思議の一つである。彼らの知性にはまさに「現実」が見えない、というある種の欠陥があるせいではないか。それが時代遅れのマルクス主義的旧左翼型信仰を加速させてきたもとではないだろうか。

 呉善花さんは別のところで韓国が自国語をオールハングルにして漢字を捨てたことに知性の退行する原因があると述べている。同じような意見は何人もの人から聞いているが、私に学問的にそこまで言い切れる知識はない。ただ漢文で書かれていた自国語の歴史-―十九世紀まで朝鮮人は漢字漢文の最高の書き手であったーーをいまでは自ら読むことさえもできないというのは、いかにも不自然であり、致命傷と言わずして何と言うべきだろう。

 日本語から離れたいというナショナリズムが漢字放棄の動機であったといわれるのがもしも正しいなら、韓国人に特有のナショナリズムは、罪深い自縄自縛のやはり自己破壊型の「病理」であったという他ないであろう。


韓国の「未来」の意味

 呉善花さんはこうもつけ加えている。

 「多くの韓国人は、歴史認識に関して日本の常識や世界の常識と、韓国の常識を付け合わせてみようなどとは思いもしません。韓国人にとって日帝が韓国から収奪したということは揺るがすことのできない歴史認識の大前提なのです。韓国が『未来を向きましょう』という意味は、韓国は正しい、日本は間違っているということ、それ以外には理解もへったくれもないということなのです。とにかく謝って謝って、日本人は一生謝って過ごすべきなのだというふうに思っているのです」

 韓国人の本音を呉さんが伝えてくれているな、と思ったのはたとえばいまのこの部分である。

 どうもこういうことが本当らしい、ということは日本人もやっと分かってきた。恐ろしい話である。またじつにバカバカしい話でもある。が、ここまでくれば日本人もきっぱり拒絶すればいいだけのことだ。韓国ばかりでなく、中国もこの点では同じである。精神構造は基本的に変わらないからである。

 たとえば相手国の政権が変わるたびに日本は「未来志向」かどうかを試金石としたがる。日本の求める方向に協力的であるのを「未来を向いている」と名づけようとする。そうでないのには失望し、これからの外交は容易ではない、などと言う。

 呉さんの伝える韓国人の本音で「未来」はまったく逆の意味であることをわれわれは知り、氷水を浴びせられる思いもしようが日本人が覚悟を決めて相手国に対座するためには、甘い期待の言葉が封じられているのは当然とむしろ知っておかなくてはいけないのだ

・・・以下略・・・
<引用終り>


ここで
韓国が『未来を向きましょう』という意味は、韓国は正しい、日本は間違っているということ、それ以外には理解もへったくれもないということなのです。とにかく謝って謝って、日本人は一生謝って過ごすべきなのだというふうに思っているのです。

此処まで言われては当に取り付く島のない状態、そう言えます。
私もこんな事は理解したつもりでしたが、改めて元韓国人から言われるとその重みは格別です。
西尾幹二先生が「韓国人の心の奥底を開いてみせてくれるような大変に気になる言葉」と言っているのは、ズバリそんな事なのでしょう。

しかし、最近の某アカヒ新聞はじめ左翼反日メディアは未だに行っています。「未来志向」だと。
それに乗せられて、自民党内にも未来志向などと言う現実無視連中がいますね。

多分呉善花さんは今までに2回、韓国に入国しようとして拒否されました。呉善花さんは1983年に訪日、1988年に日本に帰化なので、日本人として入国しようとしたのですが、2007年に母の葬儀の為韓国に入国しようとして拒否。この時は日本人だったため日本領事館が動いて入国できた。2013年7月には親戚の結婚式出席のため仁川に入国しようとして完全入国拒否(本国送還命令 Repatriation Order、韓国入国法76条)。この時は日本行きの飛行機の機内に着席するまで係官が付いてきて確認した・・・、まるで犯罪者扱いだったようです。
こんなことでいろいろ紆余曲折が有って、韓国人の心の奥底を知ったということでしょう。西尾先生がこんな事を言っています。
 呉さんは韓国生まれの韓国育ちのひとであるが、いまは帰化して日本人である。そして日本人であるための努力はすさまじかった。韓国の官憲から不当な迫害を受け、身をもって文化移動を実践した悲劇の人であったということもいえる。

この韓国入国拒否がどんなものだったか、これがその報道。

<以下元記事はzakzak記事だがリンク切れの為アーカイブより引用>
「韓国、評論家・呉善花氏の入国拒否「文明国としてあってはならない」
2013.07.28
・・・前段略・・・
 成田空港で同夜、取材に応じた呉氏は「文明国としてあってはならないこと。人権も何もない。もっと冷静に対応してほしい」と、韓国側の対応を批判した。
・・・以下略・・・
<引用終り>

呉善花さんは文明国としてあってはならない事と言っているが、本心は「自分は日本国籍になったが、韓国は母国で文明国と思っていた。しかし韓国は文明国では無かった」、こう思ったのだと思う。しかし自分の母国を「土人国」と認めるには自分の中に相当の葛藤があったはずだ。それを西尾先生は「日本人であるための努力はすさまじかった」と言っているのだろう。


さてその西尾先生をしてここまで言わせた呉善花さんtの対談だが、こんな本として2015年に出版されています。
内容は私も読んでないので(注文したが未入手)、amazonのカスタマーレビューに内容の良く分かるものが有ったので引用します。

日韓 悲劇の深層 (祥伝社新書) (日本語) 新書 – 2015/10/2
西尾 幹二 (著), 呉善花 (著)
直いい親父」さんと言う方のカスタマーレビューより引用
タイトル: 保守派の評論家西尾幹二さんと呉善花さんの対談集です!!!
2015年10月7日に日本でレビュー済み
 保守派の評論家の西尾幹二さんと、韓国済州島生まれですが、「スカートの風」を著して以来、祖国からは「売国奴」と罵られ、「入国拒否」さえされている呉善花さんの2人の対談集です。
 元々は、呉さんは、「日本人には精神の軸がない」についての真相を知りたい、西尾さんはそれに対し所見を述べたい、ということから本書の企画はスタートしています。
 全体は以下の章に分かれています。   
第一章:朴槿恵韓国の悪夢   
第二章:反日は愛国 親日は売国
第三章韓国を覆う李朝の亡霊   
第四章:世界に希なるひイデオロギー国家・日本   
第五章:これからどうする 日本の朝鮮半島政策
付章:講演「『恨』と『もののあはれ』」 呉善花
 近年、特に朴槿恵大統領になってからの対日政策はひどいもので、限度を超えていて、今だ日本との首脳会談すら開かれていない有様です。(引用者注:2015年当時の話です)
 旧日本軍慰安婦問題を始めとする歴史の捏造、日本領土である竹島の不法占拠、そしてこともあろうに中国へのすり寄り。
 最近では、明治日本の産業革命遺産に対する韓国のいちゃもん、告げ口外交・・・・・・。
 これらは、韓国の華夷思想、そして、日本に対するコンプレックスによるものと思われますが、韓国から見れば日本人は、精神の軸がなく不気味に映るようです。
 呉さんによると、韓国の特有の精神性は『恨』で、日本のそれは『もののあはれ』ということになります。
 西尾さんは、日本人は自分を抑え、人と人との親和で平穏な関係を生み出していくことを第一とする生き方ですが、韓国人は個人主義で自己主張が強く、むしろ欧米に近いと考えています・・・ただし、欧米人の主張はもっと紳士的でマイルドです・・・・。
 さらに、西尾さんはドイツの戦後賠償の問題、謝罪の問題・・・ドイツは日本のように講和条約を結んでいないし、謝罪したのはホロコーストだけで、賠償もそのことに関しての個人賠償のみ・・・・・西尾さんの専門ですからね!!
 さらにお話は、両国の文化的なことについても言及し、呉さんが、「スカートの風」を著して以来、正しいことを言っているのにもかかわらず、自身だけでなく、家族、身内のものまでが迫害を受け、入国拒否さえされている経緯について話は進みます。
 はっきりと言えることは、日本人と韓国人、同じ東洋人で、近くの国でよく似ているよ思われますが、その中身、考え方は、全く違っているということです。そして、韓国と中国と北朝鮮はただの「反日」国家でなく、既に「敵性国家」の段階に入ったと考えたほうが良いということです。
<引用終り>

呉善花さんが身を持って体験した「韓国は敵性国家」、これをもっと皆さんに知ってもらいたいものです。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

精神的、思考的に幼稚なだけかと
  1. 2020-02-06 14:18
  2. URL
  3. すあたり #7hdiKmjA
  4. 編集

多様性を認めずに違う意見には排他的で攻撃的になる
連合赤軍や狂信者集団が想起されます
追軍売春婦が慰安婦となり旧朝鮮半島出身の出稼ぎ労働者が徴用工となり批判を許さない社会なんでしょうね
この思考回路だと現実の現象に疑問を抱き研究する西洋科学的な発想は育たないでしょう
私は「絶対」はあり得ないと思ってるし、その言葉を使う人は嫌いです
私が肌感覚で韓国人を理解するのは不可能でしょうね
  1. 2020-02-06 16:10
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

韓国人の脳内世界

2009年に閉鎖された日韓翻訳掲示板 「Enjoy Korea」 の参加者だった方が作ったサイトに、朝鮮民族の民族性や世界観が詳細にまとめられています。
目次は、韓国ウォッチャーなら (*-ω-) うんうん、と頷いてしまう事柄が簡潔にまとまっていて、10年以上前に、あのミンジョクをここまで的確に捉えたUP主の方の洞察力に脱帽します。

韓国人の世界
http://www37.tok2.com/home/koreanworld/

エンコリ観測データベース
http://koreanworld2.web.fc2.com/

韓国人の世界 | analysis
http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis.html

1.朝鮮民族の世界観
1-1.自他の境界が消失した民族
1-2.民族の総体としての主観「入場」
1-3.朝鮮人の「恨(ハン)」と「情」
1-4.朝鮮の自称「(普遍的)真実」
1-5.朝鮮の自称「普遍的道徳」と「普遍的絶対正義」
1-6.「事大」の伝統
1-7.朝鮮社会のタブー

2.朝鮮民族の精神世界
2-1.幼児のような民族性
2-2.目先の利益が最優先
2-3.「公正」が存在しない社会
2-4.「卑怯」が存在しない社会
2-5.「責任」が存在しない社会
2-6.「約束」が存在しない社会
2-7.他力本願社会

3.朝鮮の文化
3-1.文化が発祥しない国
3-2.文化を破壊し続ける国
3-3.文化が存続しない国

4.韓国の現状
4-1.経済だけが発展した似非先進国の姿
4-2.前近代的な思考を持つ人々
4-3.過去しか見えない人々
4-4.韓国の教育はどうなっているのか?
4-5.近代法が理解されない国
4-6.日本に対する異常な執着

5.韓国の「反日」構造
5-1.世界一の反日国家
5-2.「絶対正義」による反日活動
5-3.「愛国心」が存在しない国
5-4.国策としての「反日」
5-5.反日の象徴「独島」

6.相互理解のために
6-1.日本人と韓国人は異民族
6-2.常識が違う相手にはそれなりの対応を

韓国人の世界(旧版)
http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/analysis-old/analysis-old.html

朝鮮人の民族性
01.全ては自分のために!
02.我々は誰も信じない!
03.お前は味方か、それとも敵か?
04.真実と歪曲
05.責任なんて取りたくない
06.我慢は体に悪い
07.人の力を借りまくれ!
08.儒教を規範とせよ
09.文化は与えられるもの

韓国の現状
10.考えたらわか…らない!?
11.法は頼りにならぬもの
12.独島は我等が聖地!
13.日本人と韓国人は大差ない

傾向と対策
14.相互理解のために
15.韓国人の反応に見る韓国人の世界
16.一応フォローを
  1. 2020-02-06 23:18
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To:すあたり さん

> 精神的、思考的に幼稚なだけかと



幼稚でありますが、子どもの幼稚は育っていけば徐々に改善されてゆく。
韓国はその幼稚なレベルで死ぬまで治らない。
其処ですね、厄介なのは。
ご指摘のように拒否すべきは拒否です。
  1. 2020-02-07 07:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:are さん

> 多様性を認めずに違う意見には排他的で攻撃的になる
> 連合赤軍や狂信者集団が想起されます
> 追軍売春婦が慰安婦となり旧朝鮮半島出身の出稼ぎ労働者が徴用工となり批判を許さない社会なんでしょうね
> この思考回路だと現実の現象に疑問を抱き研究する西洋科学的な発想は育たないでしょう
> 私は「絶対」はあり得ないと思ってるし、その言葉を使う人は嫌いです
> 私が肌感覚で韓国人を理解するのは不可能でしょうね



なるほどねえ。
>肌感覚で理解するのは不可能

これは私もわかります。しかしこれからが私の経験で言えるこ。、
韓国人は立場が変わるとコロリと変わります。本心を隠してすり寄るのです。
しかも彼らは賄賂の使い方がうまいので、金品、女などで篭絡を狙います。
これは良く良く分かった人でも引っ掛かります。
国会に巣食うタヌキどもやマスゴミ界隈の羽織ゴロ、電波芸者は殆どこれでしょう。
  1. 2020-02-07 08:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 韓国人の脳内世界

> 2009年に閉鎖された日韓翻訳掲示板 「Enjoy Korea」 の参加者だった方が作ったサイトに、朝鮮民族の民族性や世界観が詳細にまとめられています。
> 目次は、韓国ウォッチャーなら (*-ω-) うんうん、と頷いてしまう事柄が簡潔にまとまっていて、10年以上前に、あのミンジョクをここまで的確に捉えたUP主の方の洞察力に脱帽します。
>
> 韓国人の世界
> http://www37.tok2.com/home/koreanworld/
>
> エンコリ観測データベース
> http://koreanworld2.web.fc2.com/
>
> 韓国人の世界 | analysis
> http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis.html
>
> 1.朝鮮民族の世界観
> 1-1.自他の境界が消失した民族
> 1-2.民族の総体としての主観「入場」
> 1-3.朝鮮人の「恨(ハン)」と「情」
> 1-4.朝鮮の自称「(普遍的)真実」
> 1-5.朝鮮の自称「普遍的道徳」と「普遍的絶対正義」
> 1-6.「事大」の伝統
> 1-7.朝鮮社会のタブー
>
> 2.朝鮮民族の精神世界
> 2-1.幼児のような民族性
> 2-2.目先の利益が最優先
> 2-3.「公正」が存在しない社会
> 2-4.「卑怯」が存在しない社会
> 2-5.「責任」が存在しない社会
> 2-6.「約束」が存在しない社会
> 2-7.他力本願社会
>
> 3.朝鮮の文化
> 3-1.文化が発祥しない国
> 3-2.文化を破壊し続ける国
> 3-3.文化が存続しない国
>
> 4.韓国の現状
> 4-1.経済だけが発展した似非先進国の姿
> 4-2.前近代的な思考を持つ人々
> 4-3.過去しか見えない人々
> 4-4.韓国の教育はどうなっているのか?
> 4-5.近代法が理解されない国
> 4-6.日本に対する異常な執着
>
> 5.韓国の「反日」構造
> 5-1.世界一の反日国家
> 5-2.「絶対正義」による反日活動
> 5-3.「愛国心」が存在しない国
> 5-4.国策としての「反日」
> 5-5.反日の象徴「独島」
>
> 6.相互理解のために
> 6-1.日本人と韓国人は異民族
> 6-2.常識が違う相手にはそれなりの対応を
>
> 韓国人の世界(旧版)
> http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/analysis-old/analysis-old.html
>
> 朝鮮人の民族性
> 01.全ては自分のために!
> 02.我々は誰も信じない!
> 03.お前は味方か、それとも敵か?
> 04.真実と歪曲
> 05.責任なんて取りたくない
> 06.我慢は体に悪い
> 07.人の力を借りまくれ!
> 08.儒教を規範とせよ
> 09.文化は与えられるもの
>
> 韓国の現状
> 10.考えたらわか…らない!?
> 11.法は頼りにならぬもの
> 12.独島は我等が聖地!
> 13.日本人と韓国人は大差ない
>
> 傾向と対策
> 14.相互理解のために
> 15.韓国人の反応に見る韓国人の世界
> 16.一応フォローを



面白い情報有難う御座います。
私がブログを始めたのが2008年10月、そのすぐ後でエンコリは無くなってしまったんですね。

この情報はじっくり読ませていただきます。大変参考になります。
  1. 2020-02-07 09:29
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

自尊と自虐

定年退職して韓国語を習い、韓国の新聞を翻訳している人が言っていました。韓国の新聞記者は、月に1回は嘘を言って 韓国すごいという記事を書くよう命じられている。
日本は謙譲語とか謙譲の美徳とか言うものが有り、絶世の美女でも自分の奥さんなら愚妻。ノーベル賞を取ったような人でも自分の息子なら愚息。
歯車の凸と凹のようなもので、びしっとかみ合ってしまう。
それがこんな関係になってしまったのでしょう。
  1. 2020-02-07 18:05
  2. URL
  3. 八目山人 #4lXsiBFM
  4. 編集

かの国の現状は自家中毒を起こした結果なのでもはや自業自得なのです。
我々は彼らとの話し合いなど無意味だということを理解するだけでいい。
彼らの親でもなんでもないのですから彼らの行く末を案じてやる必要もないのです。
淡々と害を排除するのが肝要かと。
日本人の優しさは美徳ではありますが誰彼構わず施すのは欠点となります。
優しさはその価値を知っている者のみに施せばいいのです。
  1. 2020-02-08 00:33
  2. URL
  3. #cRy4jAvc
  4. 編集

> 韓国人が日本人に仕掛けてくる論争はなぜ一〇〇パーセントを勝ち取ろうとするイデオロギーの政争となるのか。日本側が真ん中を取って五〇パーセントで手を打とうとするとなぜ失敗するのか

 これって日本だけでなくアメリカも散々やられてきてるんだと思いますよ。
 それどころかアメリカの方が、酷い目に遭っていると言えるのかも?

 アメリカは韓国を日本から独立させてやり、朝鮮戦争では自国の兵士を5万人死なせて韓国を守ってやったのです。

 でも朝鮮戦争の最中から李承晩政権はひたすら逃げるだけだったのに、過大な要求、あり得ない要求を突きつけるばかりで、挙句に休戦にも反対したのです。

 これって結局、韓国人は韓国式でない思考法は一切受け入れず理解する意思がなく、そして自分達を絶対化しているから、それ以外の文化や理念は絶対に理解できないし理解する意思もないのです。

 そして自分達が絶対であるから、アメリカは「ウリに従って軍隊出すニダ。 ウリは高貴なので危険な戦場は避けなけれならないのだから。」と言う発想でしょう?

 でそういう要求が100%とおらないと、猛烈に憎悪するのです。

 日本側から見ていると反日ばかりが目につき、だから「植民地支配が~」と言う話になるのですが、しかし韓国の反米って反日以上に深刻だし、一方韓国には何の害もなさず歴史的にも関係のなかった東南アジア諸国や南米諸国などは、徹底的に侮蔑しているのです。

 アメリカもこういう韓国の本性が分かったので辟易して、逃げ出そうとしているのでしょう。
  1. 2020-02-08 12:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

韓国人の世界、懐かしい、まだあったんだ。

今見てみるとまあ、言い得て妙なことばかり全く変化がないですねえ。
まあ、相関単位連中が変わるわけはないのですが、実態はもっとひどくなってるんでしょう。まともな時代を知る人々がどんどん減ってますからねえ。

しかし不思議です。

本性がどんなに変わらなくても国対国の付き合い方ならば少しは学習するだろうに、対日、対米とかで少しは付き合い方を変えるだろうに、昔はそのあたり知恵を使ってたフシがありますがどんどんひどくなってる。

連中の本書がどんどんむき出しになってるという感じがしてなりません。

世の中には自分より進歩している自分と全く違った価値観の持ち主たちがいる、そういう事実を受容できない人々だということが最大の問題なんでしょう。おそらくは古代世界の住人たちはこうだったのだろうと思います。

世界の人々は多かれ少なかれ自国民優越思想を持ってますが、国対国だけでなく人対人でもそれを剥き出しにはしないだけの知恵はあります。しかしこういう縛りが連中は薄い。というかどんどんなくなってきてる。

つまり劣化してきてると思うのは自分だけでしょうか。

他者の価値観や生き方を認めないというやつとは付き合えないのは個人でも一緒のこと。

これが国では絶縁するのが一番幸福です。

それでも世界の国々はなんとか折り合いをつけてるのです。そういう知恵も持てぬやつは国として扱わないほうが良いとしか言えないでしょう。こういう禁治産国家というものを取り締まれる国際法はないのでしょうかねえ。

本当に考え込んでしまいます。
  1. 2020-02-08 12:48
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

ケーススタディ

最近、こんな出来事があったそうです。↓

海外の反応 お隣速報
IOC、韓国VANK(バンク)に警告 「政治的な放射能オリンピックポスターはやめろ」 → 韓国人 「ジャパンマネー」「ジャパンマネー」「ジャパンマネー」
https://www.otonarisoku.com/archives/tokyo2020-vank.html

>国際オリンピック委員会(IOC)が韓国のサイバー外交使節団バンクが配布した「放射能オリンピック」のポスターを狙って「政治的メッセージ」と警告したことが分かった。
>クリスティアン理事は「これと同時にバンクがオリンピックエンブレムを無断で使用して政治的なメッセージを伝えることを糾弾したい」とし「今後、このような行為を控えてほしい」と頼んだ。
>IOC側はそのポスターに使用を自制するよう求めたのだ。

>先立ってバンクはイ・ジェソク広告研究所と一緒に自主的に東京オリンピックのポスターを企画・配布した。このポスターにはオリンピックの聖火リレーシーンをパロディして防護服を着た人物が放射性物質を運搬する姿が描かれている。この放射能ポスターは先月日本大使館の外壁に貼られたりもした。

>バンクはIOCの回答に強く抗議する回答を再び送ったと明らかにした。
>「私たちは、日本のイメージを貶めるためにオリンピックを政治的に利用したものではない」 と強調した。

>バンク側はIOCに再び送った書簡で「バンクは、オリンピックエンブレムを政治的に使用していない。日本の放射能の問題は、国によって利害関係が対立する政治的な問題ではない。地域住民の生存、健康、オリンピック参加者の健康と安全のための問題」と反発した。
>バンクは「オリンピック憲章第2条10項に基づいて選手のための医療と健康に関連した措置を奨励し、サポートしなければならないのはオリンピック委員会の義務でもある」とし「オリンピックで福島産農産物の使用、福島原発から隣接地域での試合の開催、聖火リレーに対するIOCの意見を聞きたい」と反問した。

>また、このようなIOCの対応についてバンクは「IOCが世界の平和と親善を追求し、オリンピック加盟国の世論を反映するより日本の右翼政治家たちのスポークスマンのように行動していることに反省しなければならない」と一喝した。

(元記事:https://www.ytn.co.kr/_ln/0104_202002051700067856)


上記のケースは、「韓国人の世界」 の以下の項目によって説明できるでしょう。

4-6. 日本に対する異常な執着
5-1. 世界一の反日国家

5-2. 「絶対正義」 による反日活動
4-2. 前近代的な思考を持つ人々
03. お前は味方か、それとも敵か?

04. 真実と歪曲
2-3. 「公正」 が存在しない社会
2-4. 「卑怯」 が存在しない社会

1-1. 自他の境界が消失した民族
2-1. 幼児のような民族性
06. 我慢は体に悪い

ドス黒い本音を美しい言葉で包み隠し、利己的な目的の行動を、さも皆のためであるかのように言い、「皆のためなんだから自分の言い分を認めろ!」 と迫る。しかしこのケースでは、最後の一文で、自らドス黒い本音をさらけ出してしまっています。
  1. 2020-02-08 13:16
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To:太朗 さん

> かの国の現状は自家中毒を起こした結果なのでもはや自業自得なのです。
> 我々は彼らとの話し合いなど無意味だということを理解するだけでいい。
> 彼らの親でもなんでもないのですから彼らの行く末を案じてやる必要もないのです。
> 淡々と害を排除するのが肝要かと。
> 日本人の優しさは美徳ではありますが誰彼構わず施すのは欠点となります。
> 優しさはその価値を知っている者のみに施せばいいのです。



名無しですが、太朗さんで間違いないと思いますので太朗さん宛の返事としますので宜しくお願いします。

この件は確かにその通り。
かの国は付合いを断つ。
日本に残るかの国の残党は、70年たっても日本に帰化も同化もしなのです。
祖国に帰ってもらうのがベストです。
  1. 2020-02-09 08:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこ さん

> > 韓国人が日本人に仕掛けてくる論争はなぜ一〇〇パーセントを勝ち取ろうとするイデオロギーの政争となるのか。日本側が真ん中を取って五〇パーセントで手を打とうとするとなぜ失敗するのか
>
>  これって日本だけでなくアメリカも散々やられてきてるんだと思いますよ。
>  それどころかアメリカの方が、酷い目に遭っていると言えるのかも?
>
>  アメリカは韓国を日本から独立させてやり、朝鮮戦争では自国の兵士を5万人死なせて韓国を守ってやったのです。
>
>  でも朝鮮戦争の最中から李承晩政権はひたすら逃げるだけだったのに、過大な要求、あり得ない要求を突きつけるばかりで、挙句に休戦にも反対したのです。
>
>  これって結局、韓国人は韓国式でない思考法は一切受け入れず理解する意思がなく、そして自分達を絶対化しているから、それ以外の文化や理念は絶対に理解できないし理解する意思もないのです。
>
>  そして自分達が絶対であるから、アメリカは「ウリに従って軍隊出すニダ。 ウリは高貴なので危険な戦場は避けなけれならないのだから。」と言う発想でしょう?
>
>  でそういう要求が100%とおらないと、猛烈に憎悪するのです。
>
>  日本側から見ていると反日ばかりが目につき、だから「植民地支配が~」と言う話になるのですが、しかし韓国の反米って反日以上に深刻だし、一方韓国には何の害もなさず歴史的にも関係のなかった東南アジア諸国や南米諸国などは、徹底的に侮蔑しているのです。
>
>  アメリカもこういう韓国の本性が分かったので辟易して、逃げ出そうとしているのでしょう。




韓国の問題についてのアメリカの関わりですが、この件は大戦中の1943年のカイロ宣言に遡る必要があります。
カイロ宣言
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E5%AE%A3%E8%A8%80

このカイロ宣言はさほど長い文章では無く、これが公文書として有効かどうかすら疑問が有りますが、これがその後のポツダム宣言や戦後処理、そして今日に至るまで影を落としています。
このカイロ宣言につぎの一文が有ります。
「前記三大国(注:アメリカ・イギリス・国民党シナ)ハ朝鮮ノ人民ノ奴隷状態ニ留意シ軈テ朝鮮ヲ自由且独立ノモノタラシムルノ決意ヲ有ス」

この「朝鮮ノ人民ノ奴隷状態」、これが曲者でして、これがGHQの戦後政策に基本になり、所謂朝鮮進駐軍(当時こんな名称が有ったわけではない)問題を引き起こしました。
そしてこの奴隷状態云々に欣喜雀躍したのが朝鮮韓国民でした。

アメリカ軍が朝鮮戦争で甚大な被害を被っても韓国を守ったのは、韓国を守るためではない。日本を守るためです。
いくら日本軍が強くてもピストル一つ持たない丸腰では勝ちようが有りません。
アメリカはそこで、日本に再軍備させ、北朝鮮・共産党中国と戦わせようとしました。しかし吉田茂が憲法を盾にして徹底してこれに反対。再武装だけは警察予備隊で実現しましたが、主目的は国内の治安回復でした。

韓国問題は此処を抜きにして考えると、韓国朝鮮人が人間ではない、ヒトモドキだった、これで終わってしまいます。
(これ自体、確かに大問題ですが・・・)

問題はルーズベルトの日本に対する怨念、ここを見ないといけないと思います。
そしてそのルーツはマリア・ルス号事件、以下参照ください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1316.html

そしてこの流れはオバマ時代まで連綿と続きました。
やっと今、まともな事が言えるようになった、そう思っています。
この流れに中に日本のファイブアイズ参加問題があるのですが、これは近日中に書きます。
  1. 2020-02-09 09:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> 韓国人の世界、懐かしい、まだあったんだ。
>
> 今見てみるとまあ、言い得て妙なことばかり全く変化がないですねえ。
> まあ、相関単位そう簡単に連中が変わるわけはないのですが、実態はもっとひどくなってるんでしょう。まともな時代を知る人々がどんどん減ってますからねえ。
>
> しかし不思議です。
>
> 本性がどんなに変わらなくても国対国の付き合い方ならば少しは学習するだろうに、対日、対米とかで少しは付き合い方を変えるだろうに、昔はそのあたり知恵を使ってたフシがありますがどんどんひどくなってる。
>
> 連中の本書本性がどんどんむき出しになってるという感じがしてなりません。
>
> 世の中には自分より進歩している自分と全く違った価値観の持ち主たちがいる、そういう事実を受容できない人々だということが最大の問題なんでしょう。おそらくは古代世界の住人たちはこうだったのだろうと思います。
>
> 世界の人々は多かれ少なかれ自国民優越思想を持ってますが、国対国だけでなく人対人でもそれを剥き出しにはしないだけの知恵はあります。しかしこういう縛りが連中は薄い。というかどんどんなくなってきてる。
>
> つまり劣化してきてると思うのは自分だけでしょうか。
>
> 他者の価値観や生き方を認めないというやつとは付き合えないのは個人でも一緒のこと。
>
> これが国では絶縁するのが一番幸福です。
>
> それでも世界の国々はなんとか折り合いをつけてるのです。そういう知恵も持てぬやつは国として扱わないほうが良いとしか言えないでしょう。こういう禁治産国家というものを取り締まれる国際法はないのでしょうかねえ。
>
> 本当に考え込んでしまいます。



全くエンコリの住人は凄い人が沢山いたと思います。
そんな事で纏めた「韓国人の世界」、これは凄いですね。

私も昔エンコリは時々覗きましたが、当に衆人の知恵を感じました。
あれから約10年ですか。
多分韓国はこの10年で一段と劣化が進んだともいます。
何せハングル専門教育が1970年から。
これからすでに50年経っています。もはやまともな人は現役からは絶滅した。間違いないでしょう。
  1. 2020-02-09 09:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: ケーススタディ

> 最近、こんな出来事があったそうです。↓
>
> 海外の反応 お隣速報
> IOC、韓国VANK(バンク)に警告 「政治的な放射能オリンピックポスターはやめろ」 → 韓国人 「ジャパンマネー」「ジャパンマネー」「ジャパンマネー」
> https://www.otonarisoku.com/archives/tokyo2020-vank.html
>
> >国際オリンピック委員会(IOC)が韓国のサイバー外交使節団バンクが配布した「放射能オリンピック」のポスターを狙って「政治的メッセージ」と警告したことが分かった。
> >クリスティアン理事は「これと同時にバンクがオリンピックエンブレムを無断で使用して政治的なメッセージを伝えることを糾弾したい」とし「今後、このような行為を控えてほしい」と頼んだ。
> >IOC側はそのポスターに使用を自制するよう求めたのだ。
>
> >先立ってバンクはイ・ジェソク広告研究所と一緒に自主的に東京オリンピックのポスターを企画・配布した。このポスターにはオリンピックの聖火リレーシーンをパロディして防護服を着た人物が放射性物質を運搬する姿が描かれている。この放射能ポスターは先月日本大使館の外壁に貼られたりもした。
>
> >バンクはIOCの回答に強く抗議する回答を再び送ったと明らかにした。
> >「私たちは、日本のイメージを貶めるためにオリンピックを政治的に利用したものではない」 と強調した。
>
> >バンク側はIOCに再び送った書簡で「バンクは、オリンピックエンブレムを政治的に使用していない。日本の放射能の問題は、国によって利害関係が対立する政治的な問題ではない。地域住民の生存、健康、オリンピック参加者の健康と安全のための問題」と反発した。
> >バンクは「オリンピック憲章第2条10項に基づいて選手のための医療と健康に関連した措置を奨励し、サポートしなければならないのはオリンピック委員会の義務でもある」とし「オリンピックで福島産農産物の使用、福島原発から隣接地域での試合の開催、聖火リレーに対するIOCの意見を聞きたい」と反問した。
>
> >また、このようなIOCの対応についてバンクは「IOCが世界の平和と親善を追求し、オリンピック加盟国の世論を反映するより日本の右翼政治家たちのスポークスマンのように行動していることに反省しなければならない」と一喝した。
>
> (元記事:https://www.ytn.co.kr/_ln/0104_202002051700067856)
>
>
> 上記のケースは、「韓国人の世界」 の以下の項目によって説明できるでしょう。
>
> 4-6. 日本に対する異常な執着
> 5-1. 世界一の反日国家
>
> 5-2. 「絶対正義」 による反日活動
> 4-2. 前近代的な思考を持つ人々
> 03. お前は味方か、それとも敵か?
>
> 04. 真実と歪曲
> 2-3. 「公正」 が存在しない社会
> 2-4. 「卑怯」 が存在しない社会
>
> 1-1. 自他の境界が消失した民族
> 2-1. 幼児のような民族性
> 06. 我慢は体に悪い
>
> ドス黒い本音を美しい言葉で包み隠し、利己的な目的の行動を、さも皆のためであるかのように言い、「皆のためなんだから自分の言い分を認めろ!」 と迫る。しかしこのケースでは、最後の一文で、自らドス黒い本音をさらけ出してしまっています。



なるほど納得です。
あんな卑劣なポスターを作る連中は、それだけでオリンピックに来たら入国拒否、会場では入場拒否。
これが一番です。
オッとついでに、ホテル旅館も宿泊拒否が良い。もうその時期でしょう。
  1. 2020-02-09 09:22
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 自尊と自虐

> 定年退職して韓国語を習い、韓国の新聞を翻訳している人が言っていました。韓国の新聞記者は、月に1回は嘘を言って 韓国すごいという記事を書くよう命じられている。
> 日本は謙譲語とか謙譲の美徳とか言うものが有り、絶世の美女でも自分の奥さんなら愚妻。ノーベル賞を取ったような人でも自分の息子なら愚息。
> 歯車の凸と凹のようなもので、びしっとかみ合ってしまう。
> それがこんな関係になってしまったのでしょう。



返事が遅れました。恐縮です。
この件は日韓の違いを見るうえで重要な指摘ですね。
>歯車の凸と凹
素晴しい例えだと思います。私もこれから使わせてもらおうかなあ。

同じような事を呉善花さんの著書でも見ました。
「韓国人の日本での感想。ある時ビジネスマンがある会社を訪問して、受付で社長さんをお願いしますといったら、受付の女の子が「〇〇(社長の名前)は不在です」と社長の名前を呼び捨てで言った。こんな事は韓国では金輪際有りえない。この会社の社長は従業員に嘗められているダメな会社だ。そう思った」
こんな話です。当に歯車の凸と凹、そんな話ですね。
  1. 2020-02-12 10:11
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する