2010-08-19 16:38

五平餅の話

東海地方の山間部の郷土食に五平餅と言う物がある。

今では東海地方のあちこちで食べることが出来るが、以前は主に愛知県三河・長野県南部・岐阜県東濃地方の山間部だけにある郷土食であった。

 

 

これが五平餅

御飯をつぶして杉板で作った串につけて焼き、胡桃とかゴマを入れた味噌をつけて焼いた物。

この形が最も古くからの形で「わらじ型」

味噌の味が香ばしく美味しいですよ。

 

 

 

今何故こんな物を出してきたのかというと 、この五平餅は私が幼い頃食べてとても美味しかった。そして大人になって車に乗り始めた頃この五平餅が食べたくてあちこちを食べ歩いた。

そして今月ついにこの五平餅のルーツにたどり着いたというわけ。

 

 

 

少々長くなるがその話の顛末は、

話は昭和20年1月に始まる。当時私はやっと3歳になったばかり・・・歳が分かる・・・

その頃私の家の隣に三河の山奥の農家の方が住んでいた。

戦時中の徴用で軍需工場に働きに来ていた人であった。

昭和20年1月と3歳の子が何故正確に分かるかというと、昭和19年12月~20年1月に愛知県を襲った東南海・三河地震があった。その地震の余震が酷く家の中に住めなくなり、庭先に仮小屋を作って住んでいたが、そこで食べたのがこの五平餅だった。

徴用で来ていた人が三河の郷土食を非常食として作ってくれたもの。勿論五平餅なる名前などはずっと後になって分かったこと。

そして五平餅を食べたのはこの時だけ、以来大人になるまで目にすることも無かった。

 

 

車に乗るようになった昭和40年代初め、私はヒマができると五平餅探しに三河の山中を走り回った。

幼い頃食べた味を探しての旅、まあ今の食べ歩きの元祖みたいなもの。

 

その頃は田舎の食堂や菓子屋のオバチャンが片手間に焼いていた。

ある時などは五平餅を注文したらなかなか出てこない、催促すると「今御飯を炊いているからちょっと待って」と言われ、1時間待ってやっと五平餅を1本食べた事も・・・

平和な時代でした。

 

 

今月子ども達が帰省したので久しぶりにドライブにでも行こうということになり、長野県南部の大平(おおだいら)峠まで行ってきた。

 

 

大平峠   正面の歌碑は斉藤茂吉の歌

(写っている人は関係ない人です)

(注:正確には此処は大平峠の最高点ではない、最高点は数キロ飯田より、標高1358M)

茂吉の歌

”麓にはあららぎという村ありて

  吾にかなしき名をぞ とどむる”

 

 

峠の茶店 ・・ 木曾見茶屋

此処から下を見下ろすと麓に蘭(アララギ)部落がみえる 

 

この茶店で食べた五平餅

 

 

 

この大平峠が何処にあるかというと中山道の妻籠の宿から伊那谷の飯田にぬける大平街道の途中にある。

但しこの道、今は国道が別ルートを通っている為殆ど車は通らない。特に冬場は半年くらい通行止め、そんな道である。

この茶店のあるところで海抜1226メートル、麓から狭い急坂を一気に上ってくる。

 

 

この峠から6キロほど進むと大平の部落に着く。

元々戸数20数戸の小さな部落だった。

最盛期は大正時代から昭和のはじめ頃で、中山道・鉄道のある木曾谷と伊那谷の飯田地方を結ぶ重要なルートだった。しかし国道が別ルート(清内路峠)を通るようになった為、40年ほど前集団移住し今は廃村である。

しかし大平宿を残す会などによる保存運動で今でも夏場には宿泊も可能。廃村のうまい活用事例として有名である。

 

廃校になった小学校

 

校舎の羽目板には

 

この張り紙には黄色スズメバチは興奮させなければ心配ないと書いて有ります。事実ですがこのハチはスズメバチの中でも凶暴なので若し見かけたらご注意ください。

(実は私は今月9日、庭木の枝を払っていてアシナガバチに刺され、1週間ほど左手がパンパンに腫れ酷い目にあいました)

 

そしてコレが五平餅のルーツについて

 

大平の小学校近くにこの立て札が立っていた。

この大平部落は昔は木曾谷(中山道)と伊那谷(信州街道)を結ぶ重要な宿場だった、だからこの伝承は信頼できる。

 

 

私にとっては何十年ぶりかで一つの疑問が解けた。

そんな意味で面白いドライブだった。

 

 

最後に愛煙家の皆さんに懐かしい写真を

 

これは中山道妻籠の宿のタバコ屋の店先。

若い人は多分見たことも無いタバコではないかなあ・・・

右から二つ目は「シンセイ」、四つ目は「ゴールデンバット」

未だ売っているんですねえ。

懐かしい。 

  1. 歴史
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

No title

こういう話はいいですね。
前にも何処かで書いた様に思いますが
暴力団絡みの裁判で名古屋の裁判所に通った事が有りますが
その時担当してくれた名古屋在住の弁護士がこの五平餅が大好物。
私もずいぶん戴きました。
お土産で戴いて帰って当時元気だった家内も大好物になりました。

最後のタバコ屋の写真いいですねえ。
昔ヘビースモーカーとしては懐かしさを通りこしています。
僕らの世代ではゴールデンバットはもう死語でしたが
日本橋の高島屋に予約すると買えました。
死んだじいちゃんを思い出しながら買って
「大先輩」にプレゼントすると喜ばれました。
それがごますりとしては結構効いたかもしれません。
ごますりと言うよりはボクはじいちゃんを懐かしんでいただけなのですが。

小学校の写真も懐かしい感じ良い写真です。

  1. 2010-08-19 19:20
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

追伸

こういうエントリは感謝ですな。
なんか癒されます。

  1. 2010-08-19 19:38
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>こういう話はいいですね。
>前にも何処かで書いた様に思いますが
>暴力団絡みの裁判で名古屋の裁判所に通った事が有りますが
>その時担当してくれた名古屋在住の弁護士がこの五平餅が大好物。
>私もずいぶん戴きました。
>お土産で戴いて帰って当時元気だった家内も大好物になりました。
>
>最後のタバコ屋の写真いいですねえ。
>昔ヘビースモーカーとしては懐かしさを通りこしています。
>僕らの世代ではゴールデンバットはもう死語でしたが
>日本橋の高島屋に予約すると買えました。
>死んだじいちゃんを思い出しながら買って
>「大先輩」にプレゼントすると喜ばれました。
>それがごますりとしては結構効いたかもしれません。
>ごますりと言うよりはボクはじいちゃんを懐かしんでいただけなのですが。
>
>小学校の写真も懐かしい感じ良い写真です。


そうですか、無くなった奥様にもご賞味いただいた・・
美味しい食べ物には楽しい思い出が有りますね。

タバコは私も16年前に止めましたが、それまではヘビースモーカーでした。
それであんな昔のタバコを見ると、何か昔の彼女にあったような懐かしさを覚えます。
でもあの頃は「今日も元気だ タバコがうまい」の時代だったんですが、あの頃の元気さは何処にいったんでしょう。
  1. 2010-08-19 21:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

「わかば」に「しんせい」「ゴールデンバット」ですか、懐かしいなあ。
この3つが並んでいるなら「いこい」もほしいところです。調べてみたら「いこい」はとっくの昔に販売中止になっていたんですね。

「わかば」って、ハイライトが70円で出ていた時に50円で出た煙草ですよね。安煙草というイメージがあったので、大学に入った時に、学長が「わかば」を吸っているのを見て驚いた覚えがあります。

と言っても、大学入学前からたくさん煙草を吸っていたというわけではなく、煙草屋の小僧で、これらの煙草を売っていた側でした。
  1. 2010-08-19 21:19
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>「わかば」に「しんせい」「ゴールデンバット」ですか、懐かしいなあ。
>この3つが並んでいるなら「いこい」もほしいところです。調べてみたら「いこい」はとっくの昔に販売中止になっていたんですね。
>
>「わかば」って、ハイライトが70円で出ていた時に50円で出た煙草ですよね。安煙草というイメージがあったので、大学に入った時に、学長が「わかば」を吸っているのを見て驚いた覚えがあります。
>
>と言っても、大学入学前からたくさん煙草を吸っていたというわけではなく、煙草屋の小僧で、これらの煙草を売っていた側でした。


「いこい」が販売中止なのに「しんせい」や「ゴールデンバット」が現役で残っているのが不思議ですよね。
私は「いこい」でタバコを覚えた世代ですが、その当時でも「ゴールデンバット」は滅多に見かけないものでした。
人によってはあの細巻の所がいいと言う人もいましたが、今はどんな人が吸っているんでしょうか。
  1. 2010-08-19 21:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

懐かしい食べ物です。
五平餅、決め手は上手に焼けた味噌。焼きオニギリの味噌も美味しいですし、白いオニギリに味噌をつけて食べるのも美味しい。

五平餅ではありませんが、祖母が新潟の人で「油味噌」(?)を上手に作る人でした。これも素朴で美味しかった。この味噌をオニギリやご飯につけて食べると絶品。

東海地方は八丁味噌の産地。郷土色とはいいものです。
  1. 2010-08-20 04:59
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>懐かしい食べ物です。
>五平餅、決め手は上手に焼けた味噌。焼きオニギリの味噌も美味しいですし、白いオニギリに味噌をつけて食べるのも美味しい。
>
>五平餅ではありませんが、祖母が新潟の人で「油味噌」(?)を上手に作る人でした。これも素朴で美味しかった。この味噌をオニギリやご飯につけて食べると絶品。
>
>東海地方は八丁味噌の産地。郷土色とはいいものです。


味噌の味は皆さんお好き、
>決め手は上手に焼けた味噌
同感です。
こんな五平餅の話をアップしたら、余計五平餅が食べたくなりました。
  1. 2010-08-20 06:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。
よいお盆休みをお過ごしになられたことと思います。
私も、親友と二人で久しぶりに旅行に行って、とても楽しかったです。
旅は新しい学びや発見があるので、本当に楽しいものだと思いました。

さて、五平餅、わたしも大好きです。
昔々、小学生くらいのころ、祖母と出かけた先で買ってもらって一緒に食べたのが、初めての五平餅との出会い。それからしばらくして祖母の調子が悪くなったこともあって、五平餅は私にとって「祖母との思い出の食べ物」です。
旅先などで見かけると、懐かしくってつい買ってしまいます。

米と味噌は合いますよね。
金山寺味噌とか、いくらでもご飯が食べられます。。。日本の食べ物はおいしいものが多過ぎて、本当に危険です(笑)。
  1. 2010-08-20 08:56
  2. URL
  3. kei-iza #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kei-izaさん
>こんにちは。
>よいお盆休みをお過ごしになられたことと思います。
>私も、親友と二人で久しぶりに旅行に行って、とても楽しかったです。
>旅は新しい学びや発見があるので、本当に楽しいものだと思いました。
>
>さて、五平餅、わたしも大好きです。
>昔々、小学生くらいのころ、祖母と出かけた先で買ってもらって一緒に食べたのが、初めての五平餅との出会い。それからしばらくして祖母の調子が悪くなったこともあって、五平餅は私にとって「祖母との思い出の食べ物」です。
>旅先などで見かけると、懐かしくってつい買ってしまいます。
>
>米と味噌は合いますよね。
>金山寺味噌とか、いくらでもご飯が食べられます。。。日本の食べ物はおいしいものが多過ぎて、本当に危険です(笑)。


なるほど、お祖母さまとの思い出が五平餅ですか。
食べるたびに昔を思い出す・・ いい思い出ですね。

日本は本当に食べる物が美味しい、幸せな国です。
  1. 2010-08-20 16:12
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

大平峠に、五平餅の由来を書いた看板があったんですね。15年くらい前、何度か行ったことがあるのに、気づきませんでした。
旧宿場の近くで、この狭く、くねくねした道が、昔の重要な街道だったと知り、驚いたものです。飯田の周辺や、開田高原は、大好きな場所です。ワラビもいっぱい生えてるし。

  1. 2010-08-21 04:37
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>大平峠に、五平餅の由来を書いた看板があったんですね。15年くらい前、何度か行ったことがあるのに、気づきませんでした。
>旧宿場の近くで、この狭く、くねくねした道が、昔の重要な街道だったと知り、驚いたものです。飯田の周辺や、開田高原は、大好きな場所です。ワラビもいっぱい生えてるし。


今では知る人とてない旧道ですが良くご存知、ビックリです。
多分五平餅の由来を書いた看板は比較的最近作られたものではないかと思います。ですからkamosukeさんが行かれた時には無かったのではないかと。


この街道は今でこそホントの旧道ですが木曾谷と伊那谷を結ぶ重要な道、
木曾谷は中山道が通っていますが平地が少なく食料も不足、伊那谷は広いので物資はある。そこで伊那谷から木曾谷への物資輸送ですが、使えるルートは中山道奈良井の宿に出る権兵衛峠越えとこの大平峠越えの二つしかない。
そんな事で重要なルートでした。

私がはじめて大平に行ったのは昭和40年代初めですが、その頃はあの山道をバスが飯田まで走っていました(一日3往復)。地元ではこのバスを泣きバスと呼んでいました。急峻な山道(勿論未舗装)をローギヤでエンジンをワンワン言わせながらのぼる様がバスが泣いているように見えたようです。


看板に書かれている五平餅を最初につくった大蔵五平さんですが、大平の宿を開拓したのは山田屋新七と大蔵五平治ですが、その木地師大蔵五平治が五平と言い伝えられているのだと思います。

大平峠の紅葉は素晴らしいです。私も紅葉の季節に又行こうかなあ。
  1. 2010-08-21 07:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>大平峠の紅葉は素晴らしいです。私も紅葉の季節に又行こうかなあ。

大平峠は、紅葉がきれいなんですか。春から初夏にかけてしか行ったことがなかったので、わかりませんでした。FIVキャリアの猫と同居するようになってから、旅行と無縁になってしまいましたが、行ってみたいなあ。
  1. 2010-08-24 00:37
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん

>>大平峠の紅葉は素晴らしいです。私も紅葉の季節に又行こうかなあ。
>
>大平峠は、紅葉がきれいなんですか。春から初夏にかけてしか行ったことがなかったので、わかりませんでした。FIVキャリアの猫と同居するようになってから、旅行と無縁になってしまいましたが、行ってみたいなあ。
>

今年は夏が極端に暑いのですが、多分これから急激に気温が下がるのでしょう。
そうだとすると紅葉がどうなりますか。
綺麗な紅葉が楽しめるかもしれません。
  1. 2010-08-24 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する