FC2ブログ

2020-01-13 11:18

アホ・バカ分布を考える


 アホ・バカ分布図と言うものが有る。
人を罵るときに使う言葉が関西と関東で違う、関西は「アホ(阿呆)」、関東は「バカ(莫迦、馬鹿)」、その分布やほかの表現についてテレビ番組で調べたもの。
私は愛知県在住で、アホ・バカ分布の「バカ圏」の西の端、アホ圏に近い所に住んでいる。
例えば私は4人兄弟だが、二人はアホ圏(但し内一人は最近バカ圏に転居)、二人はバカ圏である。

1月7日のエントリーのコメント欄で、かんぱちさんから頂いたコメントにこのアホバカ分布に関するものが有った。この件について日頃思っていることを書いてみたい。
かんぱちさん、どうも有難う御座いました。
北海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産に推薦  2020-01-07 17:27
かんぱちさんのコメントは「日本語という言語について

最初にちょっと私のアホバカ分布についての感想など。

このアホバカ分布で厄介な事。アホ圏の人は「アホ」と言われても平気だが、バカと言われると怒る。これはバカ圏の人も同じで、「アホ」と言われると気分を悪くする(但しアホ圏の人がバカと言われたときほど強くはないようだ)。
仕事上でも、議論が白熱してくるとこんな些細なことが問題になったりする。また家族親族間でもそうだ。
例えば私の親族の場合。
私のアホ圏で生まれ育った姪の子ども時代の話。
私の家が姪の母親の実家なので遊びに来る。おばあちゃんは目の中に入れても痛くない可愛い孫なので大歓迎。
所が暫くすると、姪が「もうお祖母ちゃんなんか嫌い」と言い出す。如何して嫌いなのと聞くと、「だっていつもバカ、バカ、バカ、バカって言うんだもん。嫌い!」と怒っている。
実は当地方の方言で、「〇個ほど」とか「〇個ばかり」という時に「ばかり」の「り」を省略して「〇個ばか」と言ったりする。姪はこの「ばか」を「アホ・バカのバカ」と聞いて怒っていた訳だ。
(注:私はアホバカ分布でいうと「たわけ(たーけ、語源は田分け)」圏だが、バカとタワケ併用)


前置きが長くなりました。ではアホ・バカ分布についてです。

最初に7日のエントリー。
北海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産に推薦  2020-01-07 17:27
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1704.html

此処でかんぱちさんのコメント。
日本語という言語について
。。。前段は省略、次回エントリーで取り上げます・・・

ところで、「探偵ナイトスクープ」 というテレビ番組をご存知ですか? 視聴者からいろいろな疑問や質問を受け付けて、それについて番組で調査するというバラエティの長寿番組です。(保守派論客の百田尚樹さんは、この番組の放送作家でした。)

この番組が始まったばかりの1990年代に 「人を罵る時に『バカ』と言う地域と『アホ』と言う地域があるけど、その境界線はどこ?」 という質問が来て、番組で調べたことがあります。(まだインターネットが普及する前のことで、調査には、ものすごく手間と時間がかかったようです。)

その結果、「関東では『バカ』、関西では『アホ』、東海地方では『たわけ』と言う人が多い」 など、おもしろい事実をいろいろ突き止めたのですが、中でも 「沖縄の『フリムン』という言葉は、本土では上代に使われていた(奈良時代あたりに廃れてしまった)『惚れ者』という言葉から来ている」 という事を突き止め、大反響になって、本も出版されました。(私は番組をリアルタイムでは見ていないのですが、本は持っています。)

全国アホ・バカ分布考 ― はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫) | 1996/11/29 | 松本 修 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4101441219

番組をリアルタイムで見ていた人が書いたと思われるブログやウィキペディアの記事もありましたので、ご参考までに。

『探偵ナイトスクープ』のアホバカ分布図 プロローグ編 - 昭和考古学とブログエッセイの旅
https://parupuntenobu.hatenablog.jp/entry/%e6%8e%a2%e5%81%b5%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%83%9b%e3%83%90%e3%82%ab%e5%88%86%e5%b8%83%e5%9b%b3

『探偵ナイトスクープ』のアホバカ分布図 各地方の「アホバカ」表現編 - 昭和考古学とブログエッセイの旅
https://parupuntenobu.hatenablog.jp/entry/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%9b%e3%83%90%e3%82%ab%e5%88%86%e5%b8%83

718夜『全国アホバカ分布考』松本修 | 松岡正剛の千夜千冊
https://1000ya.isis.ne.jp/0718.html

アホ・バカ分布図 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%82%a2%e3%83%9b%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%ab%e5%88%86%e5%b8%83%e5%9b%b3

もちろん、沖縄の言語が日本語の一方言であるという事実は、このバラエティ番組で取り上げられる前から、学術的な調査によってわかっていました。いずれにせよ、日本人は太古の昔から、舟に乗って、北は北海道から南は沖縄まで、日本列島を移動していたわけですね。
2020-01-10 00:16 URL かんぱち #vF6NeGQU 編集

<引用終り>

それではアホバカ分布図です。

2020-1-13アホバカ分布図
https://plaza.rakuten.co.jp/foret/diary/201207120000/


凄いですねえ。言葉は京都から順に広がっていき、周辺には古い時代の言葉が残る。
そしてその分かれ目のはっきりしているのが「天下分け目の関ケ原」だった。

この京都から遠い所に古い言葉が残る。実は私も昨年青森県に行き、それを実感しました。
青森県津軽地方の大型ショッピングセンター「イオンモールつがる柏」は以前ニックネームがWADONA(わどな)でした。「わどな」は津軽弁で「私と貴方」ですが、「われ(吾」となんじ(汝)」です。
所でこの私を「わ」と言うのは、奄美大島方言も私は「わー」です。こんな所に古い言葉が残っているんですね。


所で天下分け目の関ケ原、これでピンときたものが有ります。
日清食品のカップ麺「どん兵衛」です。どん兵衛はあまり知られていませんが、味が二種類あります。西日本向けと東日本向けでは味を変えているのです。その分岐点がやはり関ケ原でした。

【関西の力】だし(2)どん兵衛が東西で味が違う理由-「境界線」は天下分け目の関ケ原、異例の工夫
2020-1-13どん兵衛の東西境界
https://www.sankei.com/west/news/180731/wst1807310001-n1.html


所が話はまだ続きます。
お正月の雑煮、これに入れる餅は関東は切り餅、関西は丸餅ですが、これも関ケ原あたりが分岐点。
農水省がこんな事を言っています。

2020-1-13丸餅各餅分布
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1101/spe2_01.html

2020-1-13角餅と丸餅


関ケ原が天下分け目、これは言葉の面でも、餅の丸か角かの違いでも、何とカップウドンどん兵衛の味でも、矢張り東西の分かれ目でした。
関ヶ原の関は「不破の関」、そしてここから東が「不破の関の東」で関東。
昔から決まっていたんですね。

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

こんにちは。

 以前エスカレータが、右側通行から左側通行に別れるのは何処かという番組がありましたが、岐阜県大垣の駅では、通行区分がなくこの辺りが右と左の分かれ目ではないかということに。

 大垣は関ヶ原にも近く、天下分け目と通ずるものがあるようです。

 あほ、ばかのほかに、仕事で住んでいた金沢では「だら」と云いますが「あんた、だらか」と云われだいぶ傷つきました。
  1. 2020-01-13 13:07
  2. URL
  3. inkyo  #yNKEkr8c
  4. 編集

祝!! ユネスコ世界の記憶 認定<丶`∀´>ノ ニダー

14世紀の朝鮮で刷られた「世界初の金属活字による印刷物」、どー見みても、手書きにしか見えない。
ttps://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1578535820/
  1. 2020-01-13 20:14
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

アホバカ分布考ですか。

この著者でもっとすごいのがありますよ。

全国マン・チン分布考 (インターナショナル新書)

というものです。内容は表題の通り、そのものの名前の分布です。まあ結局は柳田あたりの蝸牛考と同じになるのですがこういうことはなかなか真面目に演る人がいないから重要ではありますね。

ただこれは西側が先進地域だったおそらくは江戸期までの現象だと思います。ここ100年くらいは逆転してるはずです。

日本語という言語についてはもう10年以上前に出た本ですが

世界言語の中の日本語 松本克己

という本があります。日本語系統論についての当時の最新研究だったはずですが頓珍漢なこと言ってるバカが多いんで今でも最新研究でしょう。

とにかく日本語は古いのだということです。言語学者が追えるのはせいぜいが6.7千年程度、ところが周辺に似た言語がない日本語はその系統がわからないということが昔から問題でした。何の事はない、縄文がスケールが長すぎただけなんですよね。言語として成立してから1万年以上は優に超えているのですから近縁の言語がないのは当然だということです。

著者はこのことを論証しています。語彙の内容から見ればおそらくは南方からやってきた言語でありその痕跡は今の南方所後からも見ることができるといいます。ニュージーランドの国歌は1番はマオリ語ですが母音に重点があり、しごく簡単な発音などから見てもそれだけでなにかあると思わなければいけません。太平洋の諸民族はかつてのスンダ大陸から出ていったのか、それとも台湾あたりから出ていったのか知りませんが基本南方系言語に違いはないのです。そういったことを教えてくれる本です。

そして今の理科系科学は日本人の構造は一種の3重構造であると言おうことまで解明しています。農耕の渡来はシナ大陸の江南地域からの直接の渡来であり、朝鮮半島は数千年人が存在しなかった時代があり九州あたりの倭人が渡ったと考えるほうがまともです。本当にキチガイ共と議論しなければいけないのは本当に面倒です。

閑話休題

日本国の二重構造は西側が半島との関わりが強すぎたことが一つの原因です。朝廷の支配自体はたしかに奈良期以前に及んだとしても文化的な統合はもっと後期です。かつては鈴鹿、不破、愛発関の東は関東でした。朝廷にとっては広大なフロンティアだったんです。

日本が半島から手を引いて本格的な発展が始まります。それが北海道に及ぶまでに1000年以上かかってるわけです。ある意味、日本の発展を阻害していた存在なのです。

雑煮の分布地図ですがもっと面白いものがあります。

http://kitakawachisofttennis.web.fc2.com/hp1/tora/default/2013/01/post-3c3e.html

こちらに掲載されてる地図ですが、小生は千葉県民ですが千葉の市原だけ異常です。
どうやらこれは当時の庶民ではなくお殿様が持ち込んだものらしいのです。結構不思議な図ではあります。

餅の焼く、煮るですがかつては東ではもち米の質が悪く一度焼かねばすぐどろどろになり食えたものではなかったのです。だから焼いて表面を硬くする必要がありました。

西側ではおそらくはもち米の質がよくまた付き方が良いのでいきなり火を通せたはずです。

この手の問題はおそらくは皆理由があったことと思います。


  1. 2020-01-14 00:29
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: こんにちは。

>  以前エスカレータが、右側通行から左側通行に別れるのは何処かという番組がありましたが、岐阜県大垣の駅では、通行区分がなくこの辺りが右と左の分かれ目ではないかということに。
>
>  大垣は関ヶ原にも近く、天下分け目と通ずるものがあるようです。
>
>  あほ、ばかのほかに、仕事で住んでいた金沢では「だら」と云いますが「あんた、だらか」と云われだいぶ傷つきました。



エスカレーターの右左も多分そうなんでしょうね。私は愛知県なので左ですが、一人だけ右の人が入ったりすると大変通りにくいです。これなども自然にできたものなんですね。

金沢の「だら」はアホバカ分布図によれば、石川富山県は「だら」。そしてなんと出雲も「だら」です。
この分布は恐らく古代の勢力圏で、日本海側は出雲の勢力圏だった、さらに日本海の海上交通ルートも関係しているのでしょう。
私はこんな所は縄文弥生時代からの事情が絡んでいると見ています。
壮大な日本の歴史の一端が言葉に表れている。そう見ています。
  1. 2020-01-14 13:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:名無しさん

> 祝!! ユネスコ世界の記憶 認定<丶`∀´>ノ ニダー
>
> 14世紀の朝鮮で刷られた「世界初の金属活字による印刷物」、どー見みても、手書きにしか見えない。
> ttps://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1578535820/



コメント有難うございます。
  1. 2020-01-14 13:47
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> アホバカ分布考ですか。
>
> この著者でもっとすごいのがありますよ。
>
> 全国マン・チン分布考 (インターナショナル新書)
>
> というものです。内容は表題の通り、そのものの名前の分布です。まあ結局は柳田あたりの蝸牛考と同じになるのですがこういうことはなかなか真面目に演る人がいないから重要ではありますね。
>
> ただこれは西側が先進地域だったおそらくは江戸期までの現象だと思います。ここ100年くらいは逆転してるはずです。
>
> 日本語という言語についてはもう10年以上前に出た本ですが
>
> 世界言語の中の日本語 松本克己
>
> という本があります。日本語系統論についての当時の最新研究だったはずですが頓珍漢なこと言ってるバカが多いんで今でも最新研究でしょう。
>
> とにかく日本語は古いのだということです。言語学者が追えるのはせいぜいが6.7千年程度、ところが周辺に似た言語がない日本語はその系統がわからないということが昔から問題でした。何の事はない、縄文がスケールが長すぎただけなんですよね。言語として成立してから1万年以上は優に超えているのですから近縁の言語がないのは当然だということです。
>
> 著者はこのことを論証しています。語彙の内容から見ればおそらくは南方からやってきた言語でありその痕跡は今の南方所後からも見ることができるといいます。ニュージーランドの国歌は1番はマオリ語ですが母音に重点があり、しごく簡単な発音などから見てもそれだけでなにかあると思わなければいけません。太平洋の諸民族はかつてのスンダ大陸から出ていったのか、それとも台湾あたりから出ていったのか知りませんが基本南方系言語に違いはないのです。そういったことを教えてくれる本です。
>
> そして今の理科系科学は日本人の構造は一種の3重構造であると言おうことまで解明しています。農耕の渡来はシナ大陸の江南地域からの直接の渡来であり、朝鮮半島は数千年人が存在しなかった時代があり九州あたりの倭人が渡ったと考えるほうがまともです。本当にキチガイ共と議論しなければいけないのは本当に面倒です。
>
> 閑話休題
>
> 日本国の二重構造は西側が半島との関わりが強すぎたことが一つの原因です。朝廷の支配自体はたしかに奈良期以前に及んだとしても文化的な統合はもっと後期です。かつては鈴鹿、不破、愛発関の東は関東でした。朝廷にとっては広大なフロンティアだったんです。
>
> 日本が半島から手を引いて本格的な発展が始まります。それが北海道に及ぶまでに1000年以上かかってるわけです。ある意味、日本の発展を阻害していた存在なのです。
>
> 雑煮の分布地図ですがもっと面白いものがあります。
>
> http://kitakawachisofttennis.web.fc2.com/hp1/tora/default/2013/01/post-3c3e.html
>
> こちらに掲載されてる地図ですが、小生は千葉県民ですが千葉の市原だけ異常です。
> どうやらこれは当時の庶民ではなくお殿様が持ち込んだものらしいのです。結構不思議な図ではあります。
>
> 餅の焼く、煮るですがかつては東ではもち米の質が悪く一度焼かねばすぐどろどろになり食えたものではなかったのです。だから焼いて表面を硬くする必要がありました。
>
> 西側ではおそらくはもち米の質がよくまた付き方が良いのでいきなり火を通せたはずです。
>
> この手の問題はおそらくは皆理由があったことと思います。




最初に「世界言語の中の日本語 松本克己」ですが、難解な本をよくご存じですね。さすがkazk さん。私も一生懸命読んでいるのですが何せ難解です。一つには著者が知っていることを全部書こうとしているので、焦点が定まらないこともあります。ですが最大の問題は読み手(つまり私)が知恵が足りない(笑)。
この問題はボチボチ書いていきます。近日中に書くつもりです。
  1. 2020-01-14 15:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

言葉ではないですが、去年九月に亡くなった母が私の姉の浜松の短大への入学に付き添った時、その地の赤味噌が口に合わなかったとぼやいていたのを思い出します。私も正直、味噌汁は甘口の白味噌が好きですね。初めて長崎県外に出て東京で就職して東京で暮らし始めた頃うどんやそばのつゆが透き通っていなくて衝撃的でした。
愛知県の短足おじさんさんが気を悪くしない様に付け加えておくと、きしめんと餡かけスパゲッティは好物です。佐世保駅近くにも「コメダ珈琲」の店が1年前くらいから開店しています。
  1. 2020-01-14 15:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 言葉ではないですが、去年九月に亡くなった母が私の姉の浜松の短大への入学に付き添った時、その地の赤味噌が口に合わなかったとぼやいていたのを思い出します。私も正直、味噌汁は甘口の白味噌が好きですね。初めて長崎県外に出て東京で就職して東京で暮らし始めた頃うどんやそばのつゆが透き通っていなくて衝撃的でした。
> 愛知県の短足おじさんさんが気を悪くしない様に付け加えておくと、きしめんと餡かけスパゲッティは好物です。佐世保駅近くにも「コメダ珈琲」の店が1年前くらいから開店しています。



食べ物の好みは地域で変わりますが、味噌はその好みがはっきりしていますね。
私の地域の友人に熊本出身者が二人いますが、二人とも統治に着た当初は味噌汁が食べられなかったと言っています。3か月くらいダメだったと笑って今sが、二人とも今はアカ味噌が一番うまいと言っています。
まあ、慣れなんでしょうね。

それから赤みその褐色の色はメイラード反応によるもの。糖と蛋白質が結合してあんな色になるのですが、これはパンの外側とか、肉などの焼き色と同じものです。
但しパンなどは焼くのですぐ色がでますが、味噌は常温の為、長時間熟成するとあの色になります。
当地方の赤みその場合、熟成に3年かかります。仕込んだ当初は白みそと同じ色ですね。

赤みその色で驚かずに、白みそを長期間授受性させれば赤みそになる。大雑把に言えばこんな事でご理解ください。
  1. 2020-01-15 07:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

なるほど、関ケ原の戦いは阿保と馬鹿との戦いと言えそうです。
薄味と濃い味との戦いでもあったなら、お腹が痛いほど笑える。
  1. 2020-01-17 11:10
  2. URL
  3. 無才 #brXp5Gdo
  4. 編集

To:無才 さん

> なるほど、関ケ原の戦いは阿保と馬鹿との戦いと言えそうです。
> 薄味と濃い味との戦いでもあったなら、お腹が痛いほど笑える。



阿保と馬鹿の戦い、確かにそんな面もありますね。
まあしかし、応仁の乱から百数十年の乱世でしたから、そんな阿保馬鹿の戦いをしなければ混乱を断ち切れなかったでしょう。
余りその後については言われませんが、その後も乱世の残滓を何とかするため、家康は猛烈な引き締め策をしていました。
面白いものです。
  1. 2020-01-17 19:16
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

おもしろい地域差

カップうどん 「どん兵衛」 の話が出たので、ついでに・・・

「都道府県ランキング」 や 「地域差や東日本と西日本の違い」 は、ネットでも人気のある鉄板ネタのようで、たくさん記事がありますね。おもしろいのは 「カップ焼きそば」 の地域差です。

都道府県別「好きなカップ焼きそば」調査結果!ペヤングとUFOの境界線は? - Jタウン研究所 - Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/research/results/198255.html?p=all

「好きなカップ焼きそば」 が東日本と西日本で意見がまっぷたつ!ひたすら我が道をゆく都道府県も | Pouch[ポーチ]
https://youpouch.com/2016/12/30/398921/

そもそも最初から全国販売されていなかった商品もあるのですが、売れない地域での販売をやめてしまって、結果的にローカル商品になってしまったものもあるというのが、おもしろいですね。

ちなみに、Jタウンネット (Jタウン研究所) は、日常的に 「都道府県ランキング」 の記事を出していて、そのために 「アンケートへの投票」 も日常的に呼びかけています。今だと 「すき焼きといえば 「煮る」? 「焼く」? 」 について、投票を受け付けてます。(貼り付けたURLは、全て地域が東京(tokyo)になっていますが、ここを自分が住んでいる道府県に替えると、正しく集計されるようです。)

Jタウン研究所 - Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/research/

すき焼きといえば 「煮る」? 「焼く」?【都道府県別投票】 - Jタウン研究所 - Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/research/votes/300136.html

ただ、これらはあくまで 「アンケート調査」 の結果なので、どこまで正確なデータなのかは、わかりません。やはりデータとして信用できるのは、「消費量」 などから集計したランキングでしょう。

よく言われる 「『肉』といえば、東日本では『豚肉』、西日本では『牛肉』のこと」 などは、アンケート調査の結果と、実際の消費量が一致してますね。

「お肉」 といえば牛?豚?一部地域では歴史的経緯がくっきり - Jタウン研究所 - Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/research/results/245385.html?p=all

東西日本の「肉」の違いをまとめてみる (最新) - ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/1841523.html

豚肉消費量と牛肉消費量の都道府県別調査 - 地理はじめました
http://www.tirihajimemashita.com/article/447357920.html

こうしたデータをまとめているサイトも見つけました。個人でやっているサイトのようですが、「学力テストの正答率」 と 「離婚件数、父子・母子家庭数」 の相関関係など、異なる複数のデータの相関関係についても考察しており、かなりアカデミックです。

都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
https://todo-ran.com/

食生活|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
https://todo-ran.com/t/categ/10018

東西対立型ランキング|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
https://todo-ran.com/t/type/1

その中にあった、おもしろいランキングと考察です。

サケ消費量 [ 2016年第一位 青森県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
https://todo-ran.com/t/kiji/10940

相関ランキングでも豚肉消費量や納豆消費量など東高西低型のランキングと正の相関が高く、これらと同じ分布であることを示している。

サケ・マス論
サケ類の骨が(中略)北海道・東北地方の遺跡で次々と発見され、縄文時代の人々が動物資源のひとつとしてサケ類を利用してきたことが明らかとなりつつあることからも、縄文時代の東日本では食糧の多くをサケ類に依存していたという(中略)説はある程度は正しいものと考えてよいものと思われる。
  1. 2020-01-18 01:07
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: おもしろい地域差

> カップうどん 「どん兵衛」 の話が出たので、ついでに・・・
>
> 「都道府県ランキング」 や 「地域差や東日本と西日本の違い」 は、ネットでも人気のある鉄板ネタのようで、たくさん記事がありますね。おもしろいのは 「カップ焼きそば」 の地域差です。
>
> 都道府県別「好きなカップ焼きそば」調査結果!ペヤングとUFOの境界線は? - Jタウン研究所 - Jタウンネット
> https://j-town.net/tokyo/research/results/198255.html?p=all
>
> 「好きなカップ焼きそば」 が東日本と西日本で意見がまっぷたつ!ひたすら我が道をゆく都道府県も | Pouch[ポーチ]
> https://youpouch.com/2016/12/30/398921/
>
> そもそも最初から全国販売されていなかった商品もあるのですが、売れない地域での販売をやめてしまって、結果的にローカル商品になってしまったものもあるというのが、おもしろいですね。
>
> ちなみに、Jタウンネット (Jタウン研究所) は、日常的に 「都道府県ランキング」 の記事を出していて、そのために 「アンケートへの投票」 も日常的に呼びかけています。今だと 「すき焼きといえば 「煮る」? 「焼く」? 」 について、投票を受け付けてます。(貼り付けたURLは、全て地域が東京(tokyo)になっていますが、ここを自分が住んでいる道府県に替えると、正しく集計されるようです。)
>
> Jタウン研究所 - Jタウンネット
> https://j-town.net/tokyo/research/
>
> すき焼きといえば 「煮る」? 「焼く」?【都道府県別投票】 - Jタウン研究所 - Jタウンネット
> https://j-town.net/tokyo/research/votes/300136.html
>
> ただ、これらはあくまで 「アンケート調査」 の結果なので、どこまで正確なデータなのかは、わかりません。やはりデータとして信用できるのは、「消費量」 などから集計したランキングでしょう。
>
> よく言われる 「『肉』といえば、東日本では『豚肉』、西日本では『牛肉』のこと」 などは、アンケート調査の結果と、実際の消費量が一致してますね。
>
> 「お肉」 といえば牛?豚?一部地域では歴史的経緯がくっきり - Jタウン研究所 - Jタウンネット
> https://j-town.net/tokyo/research/results/245385.html?p=all
>
> 東西日本の「肉」の違いをまとめてみる (最新) - ガベージニュース
> http://www.garbagenews.net/archives/1841523.html
>
> 豚肉消費量と牛肉消費量の都道府県別調査 - 地理はじめました
> http://www.tirihajimemashita.com/article/447357920.html
>
> こうしたデータをまとめているサイトも見つけました。個人でやっているサイトのようですが、「学力テストの正答率」 と 「離婚件数、父子・母子家庭数」 の相関関係など、異なる複数のデータの相関関係についても考察しており、かなりアカデミックです。
>
> 都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
> https://todo-ran.com/
>
> 食生活|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
> https://todo-ran.com/t/categ/10018
>
> 東西対立型ランキング|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
> https://todo-ran.com/t/type/1
>
> その中にあった、おもしろいランキングと考察です。
>
> サケ消費量 [ 2016年第一位 青森県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
> https://todo-ran.com/t/kiji/10940
>
> 相関ランキングでも豚肉消費量や納豆消費量など東高西低型のランキングと正の相関が高く、これらと同じ分布であることを示している。
>
> サケ・マス論
> サケ類の骨が(中略)北海道・東北地方の遺跡で次々と発見され、縄文時代の人々が動物資源のひとつとしてサケ類を利用してきたことが明らかとなりつつあることからも、縄文時代の東日本では食糧の多くをサケ類に依存していたという(中略)説はある程度は正しいものと考えてよいものと思われる。



面白い情報、有難う御座います。
地域性にはその土地の地理的事情や歴史的な問題が絡んでいます。そんな事を見ていくのも楽しいですね。
私が気になっているのは、青森県のインスタント麺消費量がずば抜けて多い。これと県民の肥満が関係しているようです。
こんな事をこれからの日本再生のネタに考えていけるのではないかと思うのですがどうなんでしょうか。
  1. 2020-01-19 09:47
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>私が気になっているのは、青森県のインスタント麺消費量がずば抜けて多い。

たしかに、そうですね。なんでだろう・・・? ・・・と、しばらく考えたら、わかりました(笑)。

この方が作成した 「都道府県別インスタントラーメン消費量ランキング」 ですが、以下のような説明が付いています。

「総務省の家計調査から都道府県別インスタントラーメン消費量ランキング。(中略)家計調査には県庁所在地と政令指定都市の数値が掲載されており、政令指定都市がある県は政令指定都市と県庁所在地の平均値を、政令指定都市がない県は県庁所在地の数値を県の消費量としている。」

インスタントラーメン消費量 [ 2016年第一位 青森県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
https://todo-ran.com/t/kiji/11811

つまり、「青森県の消費量」 として紹介されているものは、実際は 「青森市の消費量」 なんですね。そして、青森市が抱える 「地理的事情」 といえば、これです。

道府県庁所在地の降積雪比較|知雪、富山の雪を知る|とやま雪の文化|富山県
http://www.pref.toyama.jp/sections/1711/yuki/know/know_hikaku.html

世界の豪雪都市ランキング&積雪世界記録!世界一雪が多い国は日本だった!! - 雑学ミステリー
https://zatsugaku-mystery.com/snowfall-ranking/

日本の都道府県庁所在地で最も降雪量が多いのは、札幌市でも長野市でも北陸地方の都市でもなく、青森市なんです。というか、青森市は 「都市部の降雪量 世界一」 なんですね。そして、この方の考察には、以下のように書いてあります。

「相関ランキングを見ると年間降雪量や干物消費量と正の相関が高く、雪が多く干物消費量が多いところでカップラーメンの消費量が多い。干物同様にカップラーメンの保存食としての特徴が雪国で好まれているようだ。」

という事で、いかかがでしょうか? あぁ~、すっきりした(笑)。
  1. 2020-01-19 14:28
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To:かんぱち さん

> >私が気になっているのは、青森県のインスタント麺消費量がずば抜けて多い。
>
> たしかに、そうですね。なんでだろう・・・? ・・・と、しばらく考えたら、わかりました(笑)。
>
> この方が作成した 「都道府県別インスタントラーメン消費量ランキング」 ですが、以下のような説明が付いています。
>
> 「総務省の家計調査から都道府県別インスタントラーメン消費量ランキング。(中略)家計調査には県庁所在地と政令指定都市の数値が掲載されており、政令指定都市がある県は政令指定都市と県庁所在地の平均値を、政令指定都市がない県は県庁所在地の数値を県の消費量としている。」
>
> インスタントラーメン消費量 [ 2016年第一位 青森県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
> https://todo-ran.com/t/kiji/11811
>
> つまり、「青森県の消費量」 として紹介されているものは、実際は 「青森市の消費量」 なんですね。そして、青森市が抱える 「地理的事情」 といえば、これです。
>
> 道府県庁所在地の降積雪比較|知雪、富山の雪を知る|とやま雪の文化|富山県
> http://www.pref.toyama.jp/sections/1711/yuki/know/know_hikaku.html
>
> 世界の豪雪都市ランキング&積雪世界記録!世界一雪が多い国は日本だった!! - 雑学ミステリー
> https://zatsugaku-mystery.com/snowfall-ranking/
>
> 日本の都道府県庁所在地で最も降雪量が多いのは、札幌市でも長野市でも北陸地方の都市でもなく、青森市なんです。というか、青森市は 「都市部の降雪量 世界一」 なんですね。そして、この方の考察には、以下のように書いてあります。
>
> 「相関ランキングを見ると年間降雪量や干物消費量と正の相関が高く、雪が多く干物消費量が多いところでカップラーメンの消費量が多い。干物同様にカップラーメンの保存食としての特徴が雪国で好まれているようだ。」
>
> という事で、いかかがでしょうか? あぁ~、すっきりした(笑)。



色々ご検討いただき有難う御座います。
私がこの件で最初に疑問に思ったのは、昨年4月末に青森に行った時でした。
昼飯を食べる為、大型ショッピングセンターに入ったのですが、店内を見渡して嫌に肥満体の人が目につくことに気が付きました。特に若い女性で肥満体が多いと感じた。それで気になって色々そんな目で見てみると確かに肥満です。
そこで現地でもインスタント麺が原因だという人がいるようです。
しかし同様に積雪の多い北海道や秋田・山形などはそこまでインスタント麺の消費は多くない。
何か他にも原因が潜んでいると思うのですが、これ以上は現地の人に調べてもらうより方法は無いでしょう。

そんなことでこの調査は疑問が残ったということで幕引きとしたいと思います。
色々調査いただき、大変興味深い資料を見せていただいたことを感謝します。
有難う御座いました。
  1. 2020-01-20 23:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する