2010-08-01 17:47

トヨタ叩きの新局面

トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上

7月31日12時22分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=小谷野太郎】トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)問題で、急加速の原因が運転者の操作ミスとみられる複数の調査結果を、米高速道路交通安全局(NHTSA)が意図的に公表しなかった疑いのあることが30日、分かった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が報じた。

 7月にNHTSAを退職した元幹部が、実名で告発した話として伝えた。急加速が起きた23台について、NHTSAが運転記録を調べたところ、いずれもアクセルが全開でブレーキを踏んだ痕跡がなく、運転者のペダルの踏み間違いの可能性が高かったという。

 

<引用終り>

 

 

 

このニュース、あちこちで報道されているのでご存知と思う。

コレは読売の記事だが、外にも時事などで報道されている。

更に時事は告発した元幹部は門外漢なるNHTSAのコメントも載せている。

 

所でこのニュース、最初に報道したのはWSJなのだが奇妙な事にWSJ日本語版には載っていない。

英語版のWSJを探してみると「虫眼鏡的なところ」にその記事があった。

 

 

元々このトヨタバッシングはアメリカ民主党政権の日本民主党政権叩きの一環だった。

所がトヨタを幾ら叩いてもアメリカ人のトヨタに対する信頼は変わらない、

トヨタを叩けば国有化したGM・クライスラーが売れるかと思えばそうではない。

そしてオバマ政権が社会主義を目指している事が分かってきて、今オバマ人気は凋落の一途をたどっている。

このニュースはこんな背景で出てきたものの様である。

 

理不尽なトヨタバッシング、そして1640万ドル(約16億円)もの罰金、やっとコレに対する内部告発が出てきたのだが、事態は簡単ではないようだ。

 

どうも私にはこの問題が社会主義を目指すオバマ政権(民主党主流派)と反オバマ派(共和党とアメリカ民主党内の反オバマ派)との政争の具にされそうな気がするのである。

 

 

全く違う話だが、同じ日にこんなニュースが報道されている

 

<以下ロイターより引用>

米自動車大手救済の効果は出始めている=オバマ大統領

2010年 07月 31日 10:36 JST
 
 
 

{12806519299440}

Photo

 

 
 
 
 
 

 [デトロイト 30日 ロイター

 オバマ米大統領は30日、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーを2009年に政府が救済したことは正しかったとの立場を示した。

 オバマ大統領はこの日、デトロイトのGMとクライスラーの工場を視察した。クライスラーの工場で行った演説で「先の道のりは長いが、決断が困難だったこれらの救済の効果は、一部出始めている」と述べた。

 GMとクライスラーは2009年以降、合わせて620億ドルを超える救済を受けた。

 

<引用終り>

 

 

 

オバマ大統領は自分がアメリカの大統領(プレジデント)であるだけでなく、GM・クライスラーの社長(プレジデントには社長と言う意味もある)と思っているようだ。

 

上記のほかにも7月15日にはミシガン州に建設されるGMの電気自動車シボレーボルト用のバッテリー工場起工式にも出席している。

なおこのバッテリー工場は韓国のLG化学傘下の会社で、建設費の半分1億5100万ドル(約132億円)の助成金を政府が支出している。

最早なりふり構わずGM・クライスラーのテコ入れに走っているのである。

これでは社会主義といわれるのも無理はない

 

このトヨタ叩きの行方については今の所情報不足、もう少し様子を見守りたい。

それからオバマが必死にテコ入れしようとしているGMの電気自動車シボレーボルトについては次回エントリーしたいと思います。

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

整備工場のメカニックの使うスキャンツール(故障診断装置)でも車載コンピューターに蓄積されたデータは、一瞬とは言わないまでも数時間で分析可能と思いますけどね。走行状態を再現する各種のテストもありますので、かなりの部分までまで原因を特定できます。
まして、メーカーや交通安全局なら、さらに詳細な分析は可能で、もう原因は分かっているので、あとは政治的な判断だけじゃないの?と思います。

電気自動車。昨年から首都圏で開催される電池ショー、EV関係のショーは全て見に行ってますが・・・この活気の無さは何故?と言うのが印象です。

大手は殆ど出展してませんね。でもベンチャーも元気とはいえないし・・・








  1. 2010-08-01 19:07
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

トヨタバッシングは「マッチ-ポンプ」の印象が拭えず、トヨタユーザーとして不快でした。
逆に日本で海外製品の不具合があったとき、彼らはどんな処置を講じているのか。メーカーもマスコミも報じません。

例外は中国製毒餃子で、これは流石に人命にかかわります。
  1. 2010-08-01 21:40
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>整備工場のメカニックの使うスキャンツール(故障診断装置)でも車載コンピューターに蓄積されたデータは、一瞬とは言わないまでも数時間で分析可能と思いますけどね。走行状態を再現する各種のテストもありますので、かなりの部分までまで原因を特定できます。
>まして、メーカーや交通安全局なら、さらに詳細な分析は可能で、もう原因は分かっているので、あとは政治的な判断だけじゃないの?と思います。

その通りです。だからそんなに時間の掛かる方がおかしい。
政治的判断(=オバマの判断)でしょう。
ごく当たり前のメーカーが国家の我儘に振り回されている、コレが実態と思います。


>電気自動車。昨年から首都圏で開催される電池ショー、EV関係のショーは全て見に行ってますが・・・この活気の無さは何故?と言うのが印象です。
>
>大手は殆ど出展してませんね。でもベンチャーも元気とはいえないし・・・


電気自動車の歴史は失敗・挫折の歴史です。
100年前からコレを繰り返しています。
一番の原因は電池の能力、
航続距離、充電に要する時間、そして重量と価格。
航続距離が問題なら発電機を積めばよい、この発想が潜水艦です。
そしてシボレーボルトも同じ発想、
そしてその結果は・・・
次回私の考えをエントリーします。少々お待ちを。
  1. 2010-08-01 21:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>トヨタバッシングは「マッチ-ポンプ」の印象が拭えず、トヨタユーザーとして不快でした。
>逆に日本で海外製品の不具合があったとき、彼らはどんな処置を講じているのか。メーカーもマスコミも報じません。
>
>例外は中国製毒餃子で、これは流石に人命にかかわります。


例の公聴会での変なオバサンの証言、本当に不快でしたね。
こういう事になるとアメリカは徹底的にやるので日本人には理解できないところが多々有ります。
そして日本の一企業がアメリカ政府相手に苦闘しているとき、日本民主政権は全く知らん顔でした。いや足を引っ張っていました。
私はこの件を見てトヨタ労組が即民主政権から手を切る、そんな意見が出てくることを期待していたのですが・・・ 不発でした。

こんな事が起こったとき、日本でアメリカ政府相手に何とか戦えるのはトヨタとホンダだけでしょう。
それを思うとき早く労働組合が目を覚ましてほしいと思っています。
そしてマスゴミと戦ってほしいのですが・・・
  1. 2010-08-01 22:01
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 確か、アメリカ政府のトヨタバッシングはNUMMIの閉鎖に対する意趣返しだと聞きました。何しろGMの工場だし、いまアメリカ政府は実質的にGMのオーナーですからねえ。16億円というのが、その閉鎖に見合う補償だといいますから…

 電気自動車というものは、レシプロエンジンの自動車同様の実用性は得られるのでありましょうか?正直原理的に疑問です。電池の能力の飛躍的向上という、いつまでたって解決されない問題は原理的にこれが不可能なのではないかという気がします。
 この辺御教示いただけるならば大変に感激です。
  1. 2010-08-01 22:24
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> 確か、アメリカ政府のトヨタバッシングはNUMMIの閉鎖に対する意趣返しだと聞きました。何しろGMの工場だし、いまアメリカ政府は実質的にGMのオーナーですからねえ。16億円というのが、その閉鎖に見合う補償だといいますから…


この件についてのトヨタの考えは、NUMMIを存続させる為NUMMIでプリウスをつくる。そのプリウスをGMブランドで売っても良い。
こうだったと聞いています。
その為にプリウスのノウハウの全てをGMに見せたとも。
それでもGMはトヨタと手を組もうとはしませんでした。
その理由がシボレーボルトが有るからだったようです。


> 電気自動車というものは、レシプロエンジンの自動車同様の実用性は得られるのでありましょうか?正直原理的に疑問です。電池の能力の飛躍的向上という、いつまでたって解決されない問題は原理的にこれが不可能なのではないかという気がします。
> この辺御教示いただけるならば大変に感激です。

私もそう思っています。今の化学的電池では限界がある、燃料電池なら可能性はあるかもしれませんが、いずれにしても画期的な技術革新が必要でしょう。
私にはシボレーボルトが又しても世紀の失敗作になるのではないかと思っています。
  1. 2010-08-01 22:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

「ハンドルを右に切ったのに車が左に行った」などという理由で訴えた連中もいましたね。機械的に連結したステアリングが、左右反対の動きをするわけないのに。それとも、トヨタの車には、ステアリングのギアボックスを瞬間的に180度反転させたり、前輪の車軸の前から後ろへ、後ろから前へと移動させる装置でもついているのか(笑)

例の公聴会に出てきたおばさんの件もそうですが、アメリカのトヨタ叩きには、明確な証拠はほとんど出なかったんじゃないかと、私は疑っています。特に、急加速問題。あれ、ひょっとしたら、証拠はゼロだったのではないでしょうか。アメリカ人も、訴訟となると韓国人と同じように見え透いた嘘を並べることが多そうですからねえ。これもグローバルスタンダードなんでしょうか。

私も、電気自動車の実用化は、相当に疑っていて、当分の間は、ハイブリッド車が電池を動力に使用した車の限度ではないかと思っています。いずれにしても、シボレーボルトの話、楽しみです。
  1. 2010-08-02 02:30
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>「ハンドルを右に切ったのに車が左に行った」などという理由で訴えた連中もいましたね。機械的に連結したステアリングが、左右反対の動きをするわけないのに。それとも、トヨタの車には、ステアリングのギアボックスを瞬間的に180度反転させたり、前輪の車軸の前から後ろへ、後ろから前へと移動させる装置でもついているのか(笑)

余りにも馬鹿馬鹿しいので取り上げませんでしたが、この訴訟を起こしたのは在米韓国人です。だから韓国ではこの話が大きく取り上げられ、ホルホル記事が沢山有るようです。
日本でこんな事を言ったら、「スピードを出しすぎて滑っただけだろ、アホか!」で終りですね。

>例の公聴会に出てきたおばさんの件もそうですが、アメリカのトヨタ叩きには、明確な証拠はほとんど出なかったんじゃないかと、私は疑っています。特に、急加速問題。あれ、ひょっとしたら、証拠はゼロだったのではないでしょうか。アメリカ人も、訴訟となると韓国人と同じように見え透いた嘘を並べることが多そうですからねえ。これもグローバルスタンダードなんでしょうか。

その通りですね。証拠はゼロ・・それがだんだんばれて来ました。

そして、訴訟となると韓国人と同じように見え透いた嘘を並べる・・
こんなのが議会にも沢山居る。
でも日本も笑えません、日本も総理大臣以下内閣にも与党にもこんなのだウヨウヨ・・


>私も、電気自動車の実用化は、相当に疑っていて、当分の間は、ハイブリッド車が電池を動力に使用した車の限度ではないかと思っています。いずれにしても、シボレーボルトの話、楽しみです。

自動車も電車と同じように何処かから電気を取り込めれば、コレが世界の主流になっている事は間違いない。
でもそれが電池となると問題なのです。
  1. 2010-08-02 06:42
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する