2010-07-22 12:06

ホンダの戦略

ホンダの伊東社長が7月20日記者会見をしたのだが、その報道が話を受け取った記者によって様々であった。

大変興味深いことが含まれているので並べてみる。

 

ホンダ伊東社長「中国スト、従業員との会話が不足していた」 

・・・クルマ専門誌「レスポンス」

http://response.jp/article/2010/07/21/143049.html

 

 

「日本人が集まるここ日本で、英語を使おうなんてバカな話だ」

・・・産経新聞

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/418524/ 

 

ホンダ 環境車「全方位」戦略にシフト

・・・産経新聞

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/418162/

 

 

全く内容の違う話なのだが、最初に日本人として大変気になる中国工場のストライキについて。

 

(二番目の英語公用語論、三番目の環境車としてのEVの可能性については別途考えたい)

 

 

 

<以下レスポンスより引用>

ホンダ伊東社長「中国スト、従業員との会話が不足していた」

2010年7月21日(水) 11時21分 

ホンダの伊東孝紳社長は20日の記者会見で、中国で起こったストライキについて、「いろいろ事情は聞いているが、従業員のみなさんとわれわれ現地のマネジメントとの会話が不足していたためだったと思う」と述べた。

ホンダの海外進出は日本の自動車メーカーのなかでは早く、現地の従業員と協調しながら工場運営を上手くやってきたという歴史がある。しかし、最近は「それがおろそかになっていた」という。その結果、今回のストライキにつながってしまったと見ている。

一番大事なのはコミュニケーション」と伊東社長は語り、それをもう一度充実させる方針を打ち出した。現在、役員クラスから現場監督まで、その対応策を打っているところとのことだ。 

《山田清志》

 

 

 

ホンダの中国工場でのストライキ発生は、ホンダが日本のメーカーとしては海外進出で極めて長い歴史を持ち、とてもうまくやっている事を知っているだけに私にとっても衝撃であった。

これは5月31日のストライキの様子。

 

そしてその事についてホンダから、いずれ原因と対策が公表されると思っていた。しかしなかなか発表されなかった。

今回も一般のマスコミでは報道されなかったが、レスポンスが報道してくれたのでやっとその原因についてのホンダの考え方が分かったと言うわけ。

 

 

勿論コニュニケーション不足などは最初から誰でも分かる。

注目すべきは伊東社長が「従業員のみなさんと現地のマネジメントとの会話が不足」では無く、「従業員のみなさんとわれわれ現地のマネジメントとの会話が不足」と語っている事である。

つまり現地従業員⇔現地マネジメントでは無い。

現地従業員⇔現地マネジメント⇔日本マネジメントと捉えている事である。

 

実は海外展開で最も重要なのが日本の考え方、もの造りの思想などを如何に現地に伝え定着させるか、コレが一番難しい。

 

日本人マネジメントが朝礼や幹部会・全体集会などで会社方針や安全・品質問題などを話すことは当然ある。

然し基本的にはコレは一方通行、従業員が話したことを如何受け取ったか、従業員の考え方などは直接聞く事などはとても難しい。

だから「話した、その結果は現地幹部から聞いている」

コレでオシマイである。

 

だから現地人の中には

「この会社のボスは所詮日本本社の言いなり、どうせ3~4年で帰ってしまう。その間面白おかしく暮らせばいいと思っている」

こんな意識が芽生えてくる。

事実日本人の中にも、仕事上で問題が起こっても週末のゴルフを優先させるような事などざらではないだろうか。

 

この様な問題を如何するか、ホンダはそれを

われわれ現地のマネジメントとの会話が不足」という表現で話したのだと思う。

 

このことを具体的に如何するか、ホンダの対策は海外に展開するいろんな企業にとって大いに参考になるはずだ。

それが公表される事を期待している。

 

尚コミュニケーションの基本は言葉である。

伊東社長が社内の公用語を英語にする話を「馬鹿なこと」と一蹴したと報道されている。これが英語など要らないと言う意味ではなく英語が重要である事を熟知した上での発言。今後さらに重要度が増す事は当然と考えての発言だがそれは次回に。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

仰る様な事はあるとは思いますが、中国ですから。

今度の日系企業に対する大規模ストは明らかに官製ストだと思いますよ。
日本は中国をそろそろ市場の一つとだけ考えて、粛々と他国に生産拠点をシフトさせるのが利口だと思います。
でなければ、足抜け出来ず延々と採算も合わない工場にカネを毟られ中国人労働者を退職者まで含めて生涯面倒を見なければならなくなる。

中国は資本主義の自由国家になったのではなく、未だ社会主義、共産主義の国であると言う点、常に忘れるべきではないと思うのです。
実際、日本以外の国はここ数年急速に生産拠点引き上げてるでしょう。何で日本だけ新規工場立ち上げとか、自殺行為を続けてるんでしょうか?
  1. 2010-07-22 19:59
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>仰る様な事はあるとは思いますが、中国ですから。
>
>今度の日系企業に対する大規模ストは明らかに官製ストだと思いますよ。
>日本は中国をそろそろ市場の一つとだけ考えて、粛々と他国に生産拠点をシフトさせるのが利口だと思います。
>でなければ、足抜け出来ず延々と採算も合わない工場にカネを毟られ中国人労働者を退職者まで含めて生涯面倒を見なければならなくなる。
>
>中国は資本主義の自由国家になったのではなく、未だ社会主義、共産主義の国であると言う点、常に忘れるべきではないと思うのです。
>実際、日本以外の国はここ数年急速に生産拠点引き上げてるでしょう。何で日本だけ新規工場立ち上げとか、自殺行為を続けてるんでしょうか?


明らかに官製スト、その通りだと思います。
ただし困った事にその様には言えないのがホンダトップの苦しいところ。
当然ですがホンダは中国から外の国に拠点を移す作戦に転じた事は間違いない、でもそれは多分絶対言えない事だと思います。

そんな事情がコミュニケーション不足との発言なのですが、残念ながらその先は憶測の域を出ない。
ただコレもホンダは口外しませんが、これだけ煮え湯を飲まされたのです。
何らかの対策を考えている事は確かだと思います。
  1. 2010-07-22 20:17
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

シナ人が まともなストを やるものか アジアサッカー 思い出せばよし

シナ人を 見てればすぐに 分かる事 逃げる算段 最初にしておけ

有名ブログですが
http://kkmyo.blog70.fc2.com/

ここの辻本氏のような付き合い方しか出来ない連中と割り切らねば行けないようです。
  1. 2010-07-24 23:20
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>シナ人が まともなストを やるものか アジアサッカー 思い出せばよし
>
>シナ人を 見てればすぐに 分かる事 逃げる算段 最初にしておけ
>
>有名ブログですが
>http://kkmyo.blog70.fc2.com/
>
>ここの辻本氏のような付き合い方しか出来ない連中と割り切らねば行けないようです。


紹介いただいたブログは私も見ております。鋭い視点と永年現地で苦労してきた事が良く分かる分析、大いに参考になります。

確かにシナ人(朝鮮人も同じ)は我々とは別の世界の人間くらいに考えないといけないですね。
但しホンダの場合、進出しなければ市場を他のメーカーにとられる。
市場を確保する為進出すればこんなリスクが有る。困った事です。
  1. 2010-07-25 11:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する