FC2ブログ

2018-08-23 15:51

日本の銀行がラオスにカネを貸さなければダム事故も無かった??との噂


 ラオスのダム決壊事故は大惨事なのだが、最近コメント欄で皆さんから奇妙な話を教えていただいた。曰く、ラオスのダム事故は日本の銀行がラオスにカネを支援したせいだという。
出ました! 日本のセイダーズ!!、

ネットの反応はこうである。(注:参考事例として紹介)

2018-8-22アノニマスポストの投稿 
https://twitter.com/anonymous201504/status/1031877765090308096


マジで頭大丈夫か、これで終わりではあるが、ちょっと私の知るところを書いてみます。
主旨は本当に日本の銀行がカネを貸したのかという事。

まず最初にこの件の関連エントリー
「ラオスのダム事故の根は深い」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1557.html

そしてこれがメコンウォッチ
http://www.mekongwatch.org/PDF/LaosDam_%E5%A3%B0%E6%98%8E_20180731.pdf
メコン・ウォッチ  2018 年7 月31 日
声 明
「ラオス南部のダム決壊で甚大な被害」
「開発には日本からの資金も」

これがパヨクの報道
https://hbol.jp/173229
建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと
志葉玲
2018.08.21
ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に

<引用ここまで>

内容はバカバカしいので、本文は引用しません。まあリンク先を見てください。

尚、裏の桜さんの意見では、この志葉玲という人物、このようなパヨクとは「真性の差別主義者で真性の反日反国家主義者」なのだという。私もまったく同感で実に危険な人物である。だからこそ事実がどうなっているかを皆さんに知っていただきたいと思う。


所でメコンウォッチで見逃せないのがこんな記述なので、ここだけ本文を抜粋引用し問題点を指摘したい。
<以下該当部分だけ>
セピアン・セナムノイ・ダム事業を実施しているのは、①タイと韓国の企業、ラオスの国営企業による合弁会社ですが、②資金面では日本も関与しています。合弁会社に協調融資するタイ銀行団のうち、クルンシィ・アユタヤ銀行は現在、株式の76.88%を三菱UFJ 銀行が保有、三菱UFJ フィナンシャル・グループの傘下にあります(*6)。融資決定は統合前となりますが、現経営陣には最高経営責任者(CEO)をはじめ多数の日本人が加わっています(*7)。同じく、③クルンタイ銀行では時価総額 14 億 8,265 万 6,244 円の株を年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)が保有しています。また、GPIF は、合弁会社を構成するラオス国営企業に融資をしている韓国輸出入銀行の債権も時価総額62 億6,814 万2,753 円を保有しています(ともに2017 年度末)(*8)。
<引用終り>


問題点を分かりやすくするため、セピアン・セナムノイ発電事業(PNPC)の概要を説明。

重要ポイントは、この事業はBOTと言って(BOT=Build、Operation、Transfe)契約会社が自己調達資金で建設し、操業して投資を回収、その後(この場合は27年後)設備一式をラオスに引き渡す方式。
普通は工事完了したら設備は発注元(ラオス)に引き渡すと考えるのだが、この場合は違う。このダムは27年間契約会社(PNPC)のモノであるその契約会社(PNOC)は韓国2社、タイ、ラオスの合弁だが、マジョリティは51%で韓国である。だからこの会社は韓国の会社といってもいい

この事故はラオスにある韓国の会社が起した事故という事はこの図でわかる。

2018-8-22PNPC概要 
ソース:https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=de&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fwww.pnpclaos.com%2Findex.php%2Fen%2F&anno=2(ドイツ語です)

 問題点
① タイと韓国の企業、ラオスの国営企業による合弁会社
この表現は正確ではない。
「韓国2社でマジョリティを取った合弁会社で、他の2社はタイとラオス」が正しい。
だからラオスにあるダムだが、現在は韓国が51%持っている会社のものである。

② 資金面では日本も関与しています。
これは嘘です。現にすぐ次の行に
「クルンシィ・アユタヤ銀行(中略)融資決定は統合前となります」と書いてある。

此処でアユタヤ銀行を三菱UFJが買い取った経緯を見てみます。

元々アユタヤ銀行の株はアメリカのGEが大株主として持っていました。しかしGEは前CEOのイメルトが金融からの撤退を決め、株を売却することになり、それを入札で取得したのが三菱UFJでした。2013年6月でした。しかし三菱UFJは完全子会社の為、さらに株を買い増しすることにし、TOB(株式公開買い付け)を実施しました。これが終わったのが2013年12月。結局アユタヤ銀行の子会社化は2014年1月(2013年12月)からという事になります。
(日本人着任=2014年1月、株式取得手続き完了=2013年12月)

そしてこの銀行団によるプロジェクト・ファイナンスは2013年11月28日には契約文書の署名が行われています。多分このプロジェクトとしての最初の融資は2014年2月6日に実行されていますので、この時点でアユタヤ銀行が日本の三菱UFJ傘下ではありますが、これはもう決まっている融資を実行しただけという意味合いです。
これで日本のカネが云々とは言えませんね。嘘吐きしてまで隠したいのは、「この決壊したダムはラオスにある韓国の会社のモノ」という事実です。

③ クルンタイ銀行では時価総額 14 億 8,265 万 6,244 円の株を年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)が保有
これも事実かも知れませんが真実ではない。
クルンタイ銀行はタイの国営銀行でタイ国財務省直轄。株の時価総額は昨日(2018-8-22)現在で2683億バーツ(約9068億円)、せいぜい時価総額の0.2%以下を持っているだけ。
こんなことでクルンタイ銀行のやっていることにイチャモンなど云える筈がないですね。


最後のおまけ

アユタヤ銀行はこんなイエローカラーが特徴です。
これは2011年の写真だが、田舎のショッピングセンター内の銀行窓口。平日の午後7時。
2018-8-22アユタヤ銀行シラチャ支店 
土日も含め毎日午後8時まで営業。日本とは違いますね。
  1. ラオス
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

ご無沙汰しています。
この件、以前紹介した「あるウソつきのブログ」でも”どうやって日本のせいにするか”とのエントリーで取り上げていたのでまた参照ブログとして…と思ってみたらコメントされていましたね(笑)
 志葉玲は例によって時系列無視の半島メンタルですが、妻の増山麗奈にはちょっと興味がありまして(紙の爆弾とかにも連載持っていたような。6年ほど前に一、二度買って読みましたが)。善良な人たちは眉をひそめるでしょうが、母乳アートとかで確か客席にも母乳飛ばしていたような。こういうの大好物です(笑)いや変態違いますよ。ここは多様性です、多様性。

 でも自転車のサドルに精液をつけた北海道・東神楽出身の共産党・長野市議と同じですかね(笑)
  1. 2018-08-23 23:55
  2. URL
  3. ノッチmrng #-
  4. 編集

このサヨクのおバカ記事、わたしも読みました。
コメントを書きましたが、コメント欄はこのライターのバカさ加減への批判がたくさんありました。
このライターの頭のなかは、とにかく日本が悪いでみちみちているのでしょう。わたしが小学生の頃の教師のようです。どちらも早くいなくなればいいのにと思っています。
  1. 2018-08-24 10:14
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

ノッチさん
母乳アートなんてあるんですね?気持ち悪いの一言です。
あるウソつきのブログも面白そうなので、お気に入り登録しました。
  1. 2018-08-24 10:20
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

xe-namnoy dam の技術資料ですが2つ見つかりました。

一つはこれ
http://www.yooshin.co.kr/upload/20_14_0.pdf

これ例の維新です。ご丁寧に顔写真付きで自慢げにアップしてます。機械翻訳で読んでみましたがサドルダムには記載もありません。コイツラはおそらく原設計の資料から具体化したんでしょうがおそらく主要な所は手を入れさせてもらってないでしょうね。

穴掘りについても縷々書いてますがやった業者がわかってしまっては虚しい限り。きちんとした資料は欧州にあるんでしょう。

そして欧州川の資料ですが灯台下暗しでした。
おそらくはすでにご覧になってる

http://www.pnpclaos.com/index.php/en

の中にあるリンクで
http://www.pnpclaos.com/index.php/en/environmental-social/control-documents

をたどると

Environmental Impact Assessment
の下にPDFが並んでいます。

これただの環境アセスメントだろうと思ってたのですがそのfront coverはどうやら技術情報です。

そこのchap3から5位を見ていただくとわかりますがいろいろでてきます。

こちらではサドルダムが3つしかない。

実は2chでもこのあたりが話題になってましてどうやら地図自体が等高線がいい加減らしい。高さが合わないとか問題になってました。ここから推理ですがこのプランで施工しようとしたら測量がおかしく何箇所かサドルダムを追加せざる負えなくなたんじゃあないかということだと思います。現実にchap5では5箇所に増えています。

書かれてるのはそっけなく2行だけ、ただアースダムであることは明記されてます。(但し3基という記述あり)

本当にスゴイ人達だなあと思いますわ。

そして後半のsupplementary annexesというのが環境アセスメントの文章のようです。

これもみな2chでみたのですが他の国のダム事故の原因を技術的に究明しようなんてことやってるのは世界おそらくここだけですから貴重です。

志葉某はおそらく半島筋の手先でしょうからこのあたり煩いと思ってるのでしょう
まあこういう基地外のおかげで半島人のヒトモドキぶりがあぶり出されるのです。

ご苦労なことです。
  1. 2018-08-24 10:41
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:ノッチmrng さん

> ご無沙汰しています。
> この件、以前紹介した「あるウソつきのブログ」でも”どうやって日本のせいにするか”とのエントリーで取り上げていたのでまた参照ブログとして…と思ってみたらコメントされていましたね(笑)
>  志葉玲は例によって時系列無視の半島メンタルですが、妻の増山麗奈にはちょっと興味がありまして(紙の爆弾とかにも連載持っていたような。6年ほど前に一、二度買って読みましたが)。善良な人たちは眉をひそめるでしょうが、母乳アートとかで確か客席にも母乳飛ばしていたような。こういうの大好物です(笑)いや変態違いますよ。ここは多様性です、多様性。
>
>  でも自転車のサドルに精液をつけた北海道・東神楽出身の共産党・長野市議と同じですかね(笑)



こちらこそご無沙汰しています。
紹介いただいた「母乳アート」ですか。世の中に蓮っ葉な女はいるものですが、ここまで蓮っ葉なのは初めて聞きました。
いやあ、長生きするものですね。凄い蓮っ葉オンナ、でも実物は見たくないですね。薄汚さすぎます。

それから自転車のサドルに精液をかける市議。こんな奴に一票を投じた人が哀れです。
  1. 2018-08-24 18:50
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:ninja300さん

> このサヨクのおバカ記事、わたしも読みました。
> コメントを書きましたが、コメント欄はこのライターのバカさ加減への批判がたくさんありました。
> このライターの頭のなかは、とにかく日本が悪いでみちみちているのでしょう。わたしが小学生の頃の教師のようです。どちらも早くいなくなればいいのにと思っています。



バカに付ける薬はないと言いますが、こんな奴が飯を食えるような社会が問題と思っています。
兎に角兵糧攻めで飯が食えなくなれば人間変わらざるを得ません。

間もなく自民党総裁選挙ですが、ぜひとも安倍さんに圧勝してほしい。
安倍さんが圧勝すれば、その次は憲法改正とメディアの浄化です。特にメディアの浄化は国民の絶大な支援が無いとメディアに潰されます。
ぜひともメディア浄化、これを推し進めたいですね。
  1. 2018-08-24 18:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> xe-namnoy dam の技術資料ですが2つ見つかりました。
>
> 一つはこれ
> http://www.yooshin.co.kr/upload/20_14_0.pdf
>
> これ例の維新です。ご丁寧に顔写真付きで自慢げにアップしてます。機械翻訳で読んでみましたがサドルダムには記載もありません。コイツラはおそらく原設計の資料から具体化したんでしょうがおそらく主要な所は手を入れさせてもらってないでしょうね。
>
> 穴掘りについても縷々書いてますがやった業者がわかってしまっては虚しい限り。きちんとした資料は欧州にあるんでしょう。
>
> そして欧州川の資料ですが灯台下暗しでした。
> おそらくはすでにご覧になってる
>
> http://www.pnpclaos.com/index.php/en
>
> の中にあるリンクで
> http://www.pnpclaos.com/index.php/en/environmental-social/control-documents
>
> をたどると
>
> Environmental Impact Assessment
> の下にPDFが並んでいます。
>
> これただの環境アセスメントだろうと思ってたのですがそのfront coverはどうやら技術情報です。
>
> そこのchap3から5位を見ていただくとわかりますがいろいろでてきます。
>
> こちらではサドルダムが3つしかない。
>
> 実は2chでもこのあたりが話題になってましてどうやら地図自体が等高線がいい加減らしい。高さが合わないとか問題になってました。ここから推理ですがこのプランで施工しようとしたら測量がおかしく何箇所かサドルダムを追加せざる負えなくなたんじゃあないかということだと思います。現実にchap5では5箇所に増えています。
>
> 書かれてるのはそっけなく2行だけ、ただアースダムであることは明記されてます。(但し3基という記述あり)
>
> 本当にスゴイ人達だなあと思いますわ。
>
> そして後半のsupplementary annexesというのが環境アセスメントの文章のようです。
>
> これもみな2chでみたのですが他の国のダム事故の原因を技術的に究明しようなんてことやってるのは世界おそらくここだけですから貴重です。
>
> 志葉某はおそらく半島筋の手先でしょうからこのあたり煩いと思ってるのでしょう
> まあこういう基地外のおかげで半島人のヒトモドキぶりがあぶり出されるのです。
>
> ご苦労なことです。



情報有難う御座います。じっくり読んでいるのですが、何せ膨大な量。参った参ったです。

全体の纏めを早くと思っているのですが、もう少し時間がかかりそうです。
  1. 2018-08-24 19:21
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

NINJA300さん

短足おじさんさま、失礼してNINJYA300さんへコメさせてもらいます。
あるウソつきのブログのお気に入り登録ありがとうございます。といっても私は何の関係もないんですが(笑)
VWの排ガス不正のエントリーのほかに2008/11/22のいじめに関するものも衝撃的でした。このブログ主さんは関西のようですが、本場のいじめはここまでひどいとは…。鉛筆を太腿に挿して足で蹴り込むとかギャングの拷問か犯罪でしかないですよね…。
  1. 2018-08-25 05:28
  2. URL
  3. ノッチmrng #-
  4. 編集

実体はもっと酷い

以下の記事を見てください。

http://www.toyo-keizai.co.jp/news/general/2012/post_5132.php

このプロジェクト30%はまず自己資金ですが実体はそうじゃないようです。
どうやら連中初期投資30%のラオス政府出資分まで全額肩代わりしており初期出資分7300万ドルまで韓国政府の有償融資らしい。そして残りの70%については半分がタイの銀行団、半分が韓国輸出入銀行と世界銀行の折半だったらしい。

つまり初期投資分については韓国が75%出資ということです。
要はラオス政府はこのプロジェクト、実質的にロハではじめられたということです。

PF分も現在はタイの銀行団ですが最初は世界銀行と韓国輸出入銀行が25%ずつ出資というのが以前のプランだったようです。

賄賂云々と言うけれどここまでやってくれて入札金額をあそこまで叩けば普通は転びますわ。

韓国政府とラオス政府の取り決めはおそらくPNPCには反映されていないはずですからこれだけじゃあわからないということです。これはSKが逃げられないだけじゃあなくて韓国政府も逃げられないでしょう。

この上SKは自前じゃあ何もできないから欧州のコンサルやトンネル会社に言い値で上前をはねられた上に測量不足で追加工事がでてきた、ということでしょう。ここで連中が手抜きしないわけはないでしょうね。
なにか人として最も大事なものが欠けてるわ。

あ、だからヒトモドキですね。

最悪のときに最悪のことをやらかした、その可能性が出てきました。
  1. 2018-08-25 07:48
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:ノッチmrng さん、NINJA300 さん

> 短足おじさんさま、失礼してNINJYA300さんへコメさせてもらいます。
> あるウソつきのブログのお気に入り登録ありがとうございます。といっても私は何の関係もないんですが(笑)
> VWの排ガス不正のエントリーのほかに2008/11/22のいじめに関するものも衝撃的でした。このブログ主さんは関西のようですが、本場のいじめはここまでひどいとは…。鉛筆を太腿に挿して足で蹴り込むとかギャングの拷問か犯罪でしかないですよね…。



どうぞどうぞ、遠慮なく使ってください。私のコメント欄はどなたにもオープン。
こんな所でいろんな方の知識・知恵を知ることが出来る。まさに知の楽しみだと思っています。
  1. 2018-08-26 06:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 実体はもっと酷い

> 以下の記事を見てください。
>
> http://www.toyo-keizai.co.jp/news/general/2012/post_5132.php
>
> このプロジェクト30%はまず自己資金ですが実体はそうじゃないようです。
> どうやら連中初期投資30%のラオス政府出資分まで全額肩代わりしており初期出資分7300万ドルまで韓国政府の有償融資らしい。そして残りの70%については半分がタイの銀行団、半分が韓国輸出入銀行と世界銀行の折半だったらしい。
>
> つまり初期投資分については韓国が75%出資ということです。
> 要はラオス政府はこのプロジェクト、実質的にロハではじめられたということです。
>
> PF分も現在はタイの銀行団ですが最初は世界銀行と韓国輸出入銀行が25%ずつ出資というのが以前のプランだったようです。
>
> 賄賂云々と言うけれどここまでやってくれて入札金額をあそこまで叩けば普通は転びますわ。
>
> 韓国政府とラオス政府の取り決めはおそらくPNPCには反映されていないはずですからこれだけじゃあわからないということです。これはSKが逃げられないだけじゃあなくて韓国政府も逃げられないでしょう。
>
> この上SKは自前じゃあ何もできないから欧州のコンサルやトンネル会社に言い値で上前をはねられた上に測量不足で追加工事がでてきた、ということでしょう。ここで連中が手抜きしないわけはないでしょうね。
> なにか人として最も大事なものが欠けてるわ。
>
> あ、だからヒトモドキですね。
>
> 最悪のときに最悪のことをやらかした、その可能性が出てきました。



情報有難う御座います。
しかし調べれば色々出てくるものですねえ。

実はどこかで見たのですが、このプロジェクトは最初世界銀行(又はアジア開発銀行)が噛んでいたのですが、そこには逃げられた、こんな話を見た記憶があります。その時はフーンと思っていただけでしたが、今回の記事で納得しました。
最初に噛んでいたのはADBですから、世界銀行ではなくアジア開発銀行ですね。アジア開発銀行は日本主導の銀行でトップも日本人。そして開発プロジェクトによっては環境破壊とか住民の移転移住、そして開発に伴う貧困の発生など色んな弊害も有ります。その為そんな部分もしっかり審査するので許可されない案件も結構多い。アジア開発銀行が逃げたのはこのプロジェクトの持つ問題点を見抜いたためではないかと思います。
何せ日本に当てはめれば、軽井沢辺りに巨大なダムを作り、そこから碓井峠を越えて落差700mの立て坑で水を落とし、群馬県の安中あたりの発電所で電気を起こす。日本で黒四が凄いと言っていますが、そんなものは吹っ飛ぶ凄い話。

この事故原因調査は実はもう始まっていまして、報道されていませんが日本も噛んでいます。東電です。
この辺り、今分かっていることを書いてみます。
多分推測ですが、事故の異常さといい、韓国人救助隊の入国を証拠隠滅の恐れが有るからと言ってラオスが許可しない所と言い、韓国抜きで事故原因を調べるのではないでしょうか。
色々ご指摘いただいた韓国の国を挙げての関与の仕方から見て、国際紛争になるのは間違いないでしょう。一昔前なら戦争になっても可笑しくない案件。そう思います。
  1. 2018-08-26 06:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018-08-27 09:23
  2. #
  3. 編集

To:都民ですさん

お久しぶりです。コメント有難う御座います。
これからも宜しければお立ち寄りください。
  1. 2018-08-28 09:05
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する