FC2ブログ

2018-08-04 16:51

ラオスのダム決壊<FSから問題があるのでは?


 ラオス南部のダム決壊事故は大惨事なのだが、どうにも問題点が良く分からない。
そんな折、コメント欄でkazkさんから貴重な情報をいただいた。このダムはドイツ語版のwikiに出ていると。
ドイツ語版wiki
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=de&u=https://de.wikipedia.org/wiki/Xe-Pian_Xe-Namnoy_Hydroelectric_Power_Project&prev=search
 
そこで大体全貌が見えてきたのだが、どうもこの問題はプロジェクトの最初の段階であるFS(フィジビリティ スタディ<feasibility study>、「実行可能性調査」「企業化調査」といわれる)から問題含みでは無いかと思うので、そんな所を纏めてみた。


最初にこのプロジェクトの全体像を見てみたい。
これはダム周辺の地図だが、立体的に見えるのでわかりやすい。

2018-8-4ラオスのダム事故現場周辺の地図 
http://www.pnpclaos.com/index.php/en/project/project-in-briefより加工

現地はラオス最南部である。大まかな場所を言えば、日本からタイのバンコクへ行く航空路が南シナ海からベトナム中部のダナン市上空、ラオス第二の都市パクセー市上空を通ってバンコクに向かい、まもなく降下していきますが、そのパクセーの少し手前左側(南側)にあたります。また現地はボーラウェン高原 (Bolaven Plateau)の一部でもあります。

上掲地図で分かりますが、現地のアッタプー市辺りは標高100mくらいですが、そこから急峻な崖で、山の上は周囲を1000mくらいの山に取り囲まれた盆地。盆地の中は標高800m~900mです。
この盆地から二つの川が流れだしていまして、東に向かうのがセナムノイ川(xe namnoy)、西に向かうのがセピアン川(xe pian)、この高原に南北に二つのダムを作り、南側がセナムノイダム、北側がセピアンダム。そしてこの二つのダムを中央のセナムノイ川とセピアン川の分水嶺に当たるところに地下導水管を敷設、セナムノイダム、セピアンダムを一つのダムとして運用、ダムの水は盆地の縁の導水管で高原の下に落として発電する。こんな凄い話、見たことも無い大規模プロジェクトです。

これがメインのセナムノイダム(xe namunoy)
2018-8-4xe namnoy dam 
ロックフィルダムです。左側に見える洪水吐(余水吐)は地山に設けられている。
(構造上ロックフィルダムは越流させられない、それで地山に洪水吐を設置)
この洪水吐の位置でダム湖の満水レベルが決まります。
尚ネットではこのダムが決壊したダムだという話が色々ありますが、このダムは決壊していません。決壊したのは上掲図にありますが、左側にあるサドルダムDです。

これがもう一つのメインダム、セピアンダム
2018-8-4xe pian dam 
このダムは洪水吐は重力式ダム、それ以外のダム本体はロックフィルダムになっている。

此処からもう一つの厄介な問題が見えてきます。メインのセナムノイダムの放流水はセナムノイ川に出ていきますので、高原の東に流れます。
もう一つのセピアンダムの放流水はセピアン川に流れますので、高原の西に流れます。
そしてメインのセナムノイダムのサドルダムは左を向いているので、サドルダムが決壊するとダム湖の水は大部分西側に流れます。つまりダム湖の中に分水嶺が有るという不思議な構造、それがセナムノイダムという事です。

今回のダム決壊事故はセナムノイダムが出来て、従来流れていた谷川が全く枯れてしまった。そこにサドルダム決壊で以前なら山の向こう(東側)に流れていた水まで全部小さな谷に押し寄せたというものでした。
地元の人がこんな難しい話など知る訳ありませんね。
被害にあわれた方にはお気の毒としか言いようも有りません。


こんなダムで洪水調整をどうするかですが、こんな図で分かります。

2018-8-4ラオスのダムの断面図 ダムの水位調整は満水水位はダムの洪水吐、それより下げるには発電所用の導水管(直径4.4m~5.0m)で水を抜く構造です。(他にあるかどうか調べたが分からない)


さてその決壊したサドルダムDですが、災害当初からこんな写真が出まわっていました。

2018-8-4ラオスのダム決壊直前の様子 

しかし何時何処で撮られたものか分からないのでブログに取り上げませんでした。今回その出所が分かりました。
このダムは長さ770m、高さ25mで一見ロックフィルダム風ですが、土を盛り上げただけのアースダム(アースフィルダム)
ダム決壊寸前で約1m沈下している。

「ラオス決壊は土のダムで越流させた設計と管理ミス」
団藤保晴  | ネットジャーナリスト、元新聞記者 8/1(水) 6:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/dandoyasuharu/20180801-00091429/

これが決壊直後の写真と日本式と韓国式の比較

2018-8-3ラオスのダム日本式と韓国式比較 
実はこの図もネットで匿名さん投稿のものとして当初から出回っていました。多分事情をよくご存じの方が匿名で実態を告発したものと思います。

日本側は堅牢で強固な方式【総合型ロックフィル方式】を提案、50年保証もつけて見積もりを出していた。一方、韓国企業が日本方式より簡素な【普通のアースダムロックフィル方式】を提案、日本の見積もりの1/3の金額で日本より短期工期ということで入札。SK建設は計画より4ヶ月前倒しして工事終了。2000万ドルのボーナスを受け取ってしまっています。

所でこのダムにはもっと致命的な欠陥も有ったようです。
参考までに日本のアースダムの代表として愛知県の入鹿池を見てみます、江戸時代初期の1633年完成、溜池としてはわが国最大貯水量だそうです。

2018-7-31入鹿池と明治村 
入鹿池と左側が博物館明治村。遠くに見えるのは御嶽山です。

これが入鹿池堤防
満水水位から約6m上が堤防上面になるように洪水吐(余水吐)で管理しています・
2018-8-4入鹿池堤防 

この入鹿池、200年以上大事故は無かったのですが、江戸時代最末期の慶応4年(明治元年)、「入鹿切れ」と呼ばれる決壊事故を起こし、死者が千人近い大惨事になりました。
今年がその150年目で慰霊祭が行われています。
「入鹿切れ 150年忌法要 犬山 /愛知」
https://mainichi.jp/articles/20180412/ddl/k23/040/162000c

この入鹿切れではこんな重さ15トンもある巨石が流れてきました。現在も悲劇を記念する記念碑になっています。
2018-8-4入鹿切れ流石 
http://www.aichi-c.ed.jp/contents/syakai/syakai/owari/owa0050.htm
余談:レンホーにもこんなものを見せて、頭を小突いてやりたいですね。100年200年に一度というのは今目の前で起こることなんだよと。


一寸余談が長くなりました。私が言いたいのは粘土を盛り上げたアースダムでも決して悪い訳ではありません、しかし問題は粘土を如何に締め固めるか、この一点に成否がかかっています。

しかしラオスのダムは堤防上面から満水水面まで1m位これでは水が堤防を越える「越流」が起きて下さいと言わんばかり。しかも粘土の締固めにも疑問符が付きます。
それに私は専門家ではありませんが、このサドルダム、水位の調整ははるか向こうのメインダムの洪水吐のみ。
サドルダムからメインダムまでは2.3キロは有ると思うのですが、一般に水路設計などで円滑に水が流れるためには千分の一(1キロで1mの高低差)は必要と言われ、若しサドルダムで何らかの理由(局地的豪雨や支流の流入など)で水位が1m上昇すると、例えメインダムゲートを開けても、「水は仕方ねえなあ、まあボチボチ行くか」で簡単には水位は下がりません。この設計は恐らく致命的なミスでしょう。

堤防の締固めについては、日本最古の貯水池「狭山池」に敷葉工法(しきはこうほう/葉のついた枝を土留めに使う工法)が使われているなど、凄い技術が見られます。
狭山池


こんなことで日本にはいろんな歴史と技術の積み重ねが有るのですが、そんな事は韓国には期待するほうが無理ですね。

最後にFSの話です。こんな巨大な建築物は最初に狙ったいろんなことが狙い通りに出来たかどうかをキチンと検証する必要があります。
例えば計画した雨量に対し実際はどうだったのか、水位の上昇はどうだったんか、こんな事をきちんと調べ、ダム管理につないでいく必要があります。
FSが重要なのは此処なのです。

しかもこのFSはベルギーの会社がやったと聞きました。多分ドイツも発電機や送電などで沢山関係していると思います。

韓国のスタッフにFSを理解できる人がいたでしょうか。ダムの貯水を始める段階で、あちこちの変異や応力などを当然調べるべきですが、そんな気配も見当たらないですね。

此処からは私の藪にらみ、独断と偏見ですが・・・。
FS段階で非常に高価な構想なので、日本の見積もりでは採算が全く合わない。そこでコリアを焚きつけて価格を叩きに叩いた。結果日本の3分の1の価格で何とか採算が合うようになった。
しかしこれは実にヤバイ。コリアにこんな難しい事が出来るだろうか。そこでドイツやベルギーは発電機やタービンをコリアに売りつけてさっさとトンズラ。そうしたら案の定ダムが崩壊した。以上私の独断と偏見、妄想でした。

計画の大本から問題だと思います。
尚このプロジェクトはBOT(Build Operate and Transfer)方式ですので、建築後27年間は運営会社が稼ぎ、その後ラオスに移転する計画なので、ここにも問題がありそうです。

  1. ラオス
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

本当に調べれば調べるほど無茶苦茶だなあ、としか言えない工事ですよねえ。

まず連中は事故の起こる少し前までこんなこと言ってホルホルしてました。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=421&aid=0003496087

ところが事故を起こしてしまうと大雨のせいだとなるわけです。

ある記事によると3日で75ミリだったらしい。時間雨量3ミリねえ…
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180731-00091318/

ところが雨量って結構分かるんですよ。まあ、山の上の集中豪雨というのはありそうですがどうなんだろう。

これが間近のアタプーの雨量

https://www.accuweather.com/en/LA/Attapeu/356930/july-weather/356930?monyr=7/1/2018&view=table

こちらは日本の気象庁、少し離れたラスケというところ。

https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/dailyview/graph_mkhtml_d.php?&n=48955&p=31&s=1&r=0&y=2018&m=7&d=24&e=0&k=0

こんなのラオスじゃ珍しくもないでしょう。前のエントリーで2枚の衛星写真がありましたが隣のHonay hoの水位がそう上がってるようにも見えません。まず嘘でしょう。そもそもダムの役割果たしてません。

このダム10億㎥の貯水量ということですが面積500km2だから平均水位は2m少し、満水時でサドルダムが2m崩壊すれば5億㎥の水が失われます。地図見る限りは満水に程遠かったようですがサドルダム全壊ですから5億㎥というのはそう大きな差はないでしょう。50億㎥という記事もありましたがまあ単位がわからない人々にはどうでもいいんでしょう。

探せばボロは出てきます。
悪名高い2CHまとめですが元記事見るならいいでしょう。

https://2ch-matomet-zazen.com/%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E3%83%80%E3%83%A0%E6%96%BD%E5%B7%A5%E9%9F%93%E5%9B%BDsk%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E3%83%80%E3%83%A0%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E7%B5%8C%E9%A8%93%E7%84%A1%E3%81%842ch/

SK建設の元社長の会社にどうやら丸投げしてたらしい。叩きすぎて利益が出ないということになったようです。すごいなあ。

SK建設って韓国内でどういう実績があるのだろうと思ったのですが全然でてこない。
というより韓国のダムってどんなの?って思ったので調べてみるとこんなのが引っかかりました。
カイカイですが、どうやら上位のダムは皆日本の施工らしい。さすが水豊ダム造った久保田豊の日本公営です。
https://kaikai.ch/board/47637/

ここまで来ると韓国のダムってどんなもんなのという疑問がわきました。調べると
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=https://www.water.or.kr/realtime/sub01/sub01/dam/hydr.do%3Fs_mid%3D1323%26seq%3D1408%26p_group_seq%3D1407%26menu_mode%3D3%26damcd%3D1003110&prev=search

こんなのがありました。まあ立派といえば立派ですがこれ誰が造ったの?

探せばでてくるもんです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs1990/11/0/11_0_229/_pdf/-char/ja

日本の電力土木の歴史なんですがこれは一番最後の海外編ですが、戦前戦後を分けていないところがすごい。
この白眉は手書きの略図です。何なんだろう、ほとんど日本の手が入ってんじゃない。韓国の主要な大ダムは皆日本の土建屋の施工です。あの悪名高いODAですからね。

それにしても朝鮮窒素の野口遵の業績は偉大です。
当時世界第2位のダムを作り上げており戦後70年以上も半島ではこれを凌駕するものがでていません。

確か黒部ダムを作るときに間組の関係者が場所と予算の制約がなければフーバーダムくらいのものだって造ってみせると言っていたのですが今はよく分かるものです。

その野口の最後の夢が鴨緑江の上流に巨大人造湖を作りその水を日本海側に落として大発電所を作るというものでしたがそれをなんと3豚が実行しようとしてるらしい。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180519-00085385/
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09220610/?all=1

上も下もやってることは一緒のようです。

古代の未開人は未開のままに置いておくのが良かったのですよね。本当になまじ科学や文化を知ってしまってとんでもないことをしでかすようになってしまいました。こういう未開人を育ててしまったのは日本の責任なんだよなあ。

形容する言葉が見つかりません。
  1. 2018-08-05 19:57
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:Kazk さん

> 本当に調べれば調べるほど無茶苦茶だなあ、としか言えない工事ですよねえ。
>
> まず連中は事故の起こる少し前までこんなこと言ってホルホルしてました。
> https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=421&aid=0003496087
>
> ところが事故を起こしてしまうと大雨のせいだとなるわけです。
>
> ある記事によると3日で75ミリだったらしい。時間雨量3ミリねえ…
> https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180731-00091318/
>
> ところが雨量って結構分かるんですよ。まあ、山の上の集中豪雨というのはありそうですがどうなんだろう。
>
> これが間近のアタプーの雨量
>
> https://www.accuweather.com/en/LA/Attapeu/356930/july-weather/356930?monyr=7/1/2018&view=table
>
> こちらは日本の気象庁、少し離れたラスケというところ。
>
> https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/dailyview/graph_mkhtml_d.php?&n=48955&p=31&s=1&r=0&y=2018&m=7&d=24&e=0&k=0
>
> こんなのラオスじゃ珍しくもないでしょう。前のエントリーで2枚の衛星写真がありましたが隣のHonay hoの水位がそう上がってるようにも見えません。まず嘘でしょう。そもそもダムの役割果たしてません。
>
> このダム10億㎥の貯水量ということですが面積500km2だから平均水位は2m少し、満水時でサドルダムが2m崩壊すれば5億㎥の水が失われます。地図見る限りは満水に程遠かったようですがサドルダム全壊ですから5億㎥というのはそう大きな差はないでしょう。50億㎥という記事もありましたがまあ単位がわからない人々にはどうでもいいんでしょう。
>
> 探せばボロは出てきます。
> 悪名高い2CHまとめですが元記事見るならいいでしょう。
>
> https://2ch-matomet-zazen.com/%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E3%83%80%E3%83%A0%E6%96%BD%E5%B7%A5%E9%9F%93%E5%9B%BDsk%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E3%83%80%E3%83%A0%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E7%B5%8C%E9%A8%93%E7%84%A1%E3%81%842ch/
>
> SK建設の元社長の会社にどうやら丸投げしてたらしい。叩きすぎて利益が出ないということになったようです。すごいなあ。
>
> SK建設って韓国内でどういう実績があるのだろうと思ったのですが全然でてこない。
> というより韓国のダムってどんなの?って思ったので調べてみるとこんなのが引っかかりました。
> カイカイですが、どうやら上位のダムは皆日本の施工らしい。さすが水豊ダム造った久保田豊の日本公営です。
> https://kaikai.ch/board/47637/
>
> ここまで来ると韓国のダムってどんなもんなのという疑問がわきました。調べると
> https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=https://www.water.or.kr/realtime/sub01/sub01/dam/hydr.do%3Fs_mid%3D1323%26seq%3D1408%26p_group_seq%3D1407%26menu_mode%3D3%26damcd%3D1003110&prev=search
>
> こんなのがありました。まあ立派といえば立派ですがこれ誰が造ったの?
>
> 探せばでてくるもんです。
> https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs1990/11/0/11_0_229/_pdf/-char/ja
>
> 日本の電力土木の歴史なんですがこれは一番最後の海外編ですが、戦前戦後を分けていないところがすごい。
> この白眉は手書きの略図です。何なんだろう、ほとんど日本の手が入ってんじゃない。韓国の主要な大ダムは皆日本の土建屋の施工です。あの悪名高いODAですからね。
>
> それにしても朝鮮窒素の野口遵の業績は偉大です。
> 当時世界第2位のダムを作り上げており戦後70年以上も半島ではこれを凌駕するものがでていません。
>
> 確か黒部ダムを作るときに間組の関係者が場所と予算の制約がなければフーバーダムくらいのものだって造ってみせると言っていたのですが今はよく分かるものです。
>
> その野口の最後の夢が鴨緑江の上流に巨大人造湖を作りその水を日本海側に落として大発電所を作るというものでしたがそれをなんと3豚が実行しようとしてるらしい。
>
> https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180519-00085385/
> https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09220610/?all=1
>
> 上も下もやってることは一緒のようです。
>
> 古代の未開人は未開のままに置いておくのが良かったのですよね。本当になまじ科学や文化を知ってしまってとんでもないことをしでかすようになってしまいました。こういう未開人を育ててしまったのは日本の責任なんだよなあ。
>
> 形容する言葉が見つかりません。



色々情報有難う御座います。
この件はもう少しまとめたいと思っていますが、要点は共産主義独裁政権がやりたい放題をしたこと。
そこにおバカとしか言いようのないコリアが食いついたこと。
もう一つコリアは日本の情報を(多分ラオス政府経由で)盗んだのではないかと思われること。
こんなことなので、多分ラオス政府にとっても国家存亡の危機。それはコリアも同じですね。物凄いことになりそうです。
  1. 2018-08-07 05:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

サドルダムDの建設中写真?

さきほど、まとめサイトをつらつら見ていたら、サドルダムDの建設中写真が載っているページがありました。すでにご覧になっているかもしれませんが、このページです。

http://matometanews.com/archives/1906646.html

低い場所に土を盛っただけ。我々が子供の頃に、田んぼのそばの用水で作った池みたいなものです。「本当かよ?」と言いたくなるような作りです。偽写真かコラージュかと疑いたくなります。

これでは、水を貯めはじめた直後から堤の下から水が漏れ、少しずつ土を流して、堤が沈下していたんじゃないでしょうか。これが作為のない写真だったとしたら、想像を絶した工事ですね。
  1. 2018-08-08 17:14
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

Re: サドルダムDの建設中写真?

> さきほど、まとめサイトをつらつら見ていたら、サドルダムDの建設中写真が載っているページがありました。すでにご覧になっているかもしれませんが、このページです。
>
> http://matometanews.com/archives/1906646.html
>
> 低い場所に土を盛っただけ。我々が子供の頃に、田んぼのそばの用水で作った池みたいなものです。「本当かよ?」と言いたくなるような作りです。偽写真かコラージュかと疑いたくなります。
>
> これでは、水を貯めはじめた直後から堤の下から水が漏れ、少しずつ土を流して、堤が沈下していたんじゃないでしょうか。これが作為のない写真だったとしたら、想像を絶した工事ですね。



情報有り難うございます。
凄い情報です。確認しているところですが、本物でよさそう。
つまりどこかの内部情報がリークされたものではないかと思います。

今書こうとしているのですが、この問題はラオスの国家破綻にも繋がりかねない。更にタイにも飛び火しそうと見ています。

一つ気になることがあります。ベルギーやドイツが関係している筈なのですが、サッパリ情報が出てきません。
FSをやったのがベルギーの会社だし、発電機や水車はドイツ製と推測しますが、余りにも情報がない。
多分触ると大火傷しそうな案件と見られているようです。
  1. 2018-08-09 18:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する