FC2ブログ

2018-07-29 10:14

ラオスのダム崩壊に思う事


 ラオスで発電用ダムが湛水を始めた途端に崩壊し、大惨事となっている。特に先回のエントリーで紹介した鉄砲水の映像は衝撃的だった。私も鉄砲水の怖さは知っているつもりだったが、今回の鉄砲水の動画は想像以上。

さてそのダムなのだが、たくさん報道があるモノのどうにも良く分からない。そんな時ラオスの旧宗主国フランスから現場の衛星画像が公表された。フランスの地球観測衛星で急遽撮影したらしい。
フランスの衛星は地表の水のある所と無い所が識別できるようで、そんな衛星画像である。
尚この画像はkamosukeさんから紹介いただきました。kamosukeさん、どうも有難う御座いました。

最初にその画像

これは事故直前の7月13日の画像
この画像は水のある所は黒く表示されていることに注意
2018-7-28ダムの衛星写真決壊前 

これはダム決壊後の映像 7月25日撮影
2018-7-28ダムの衛星写真決壊後 
ソース:http://www.cesbio.ups-tlse.fr/multitemp/?p=13872

Xe Namnoyダム湖がダム決壊後に空っぽになって、下流の村々がアチコチ水没したところが出来たことが良く分かる。素晴らしい映像だ。
そして衛星画像から事故後に湖面レベルが15m下がったことが分かるのだという。(上掲ソースより)

またもう一つ、今まで良く分からなかったことが分かった。最初の情報ではダム湖は二つのダムと五つの副ダムが有ると言われ、どうにも良く分からなかったのだが、これもわかった。

上掲衛星写真にXe Namnoy Dam Lake の右側に Houai Ho Dam Lake という似たような大きさのダム湖が写っている。今回のXepian-Xe Nam Noy Damというのは右側の Houai Ho Damと二つ合わせたものという事で、それなら二つのダムと五つの副ダムというのも理解できる。
ソース:https://thanhnien.vn/thoi-su/dap-thuy-dien-bi-vo-o-attapeu-la-du-an-bot-dau-tien-tai-lao-986731.html (ベトナム語です)

そしてこのダム湖と発電所はこんな関係(不鮮明な画像ですが、概略は分かると思います)
2018-7-28セ・ナムノイダムの構造 

2018-7-29セナムノイダム・システム 

これはyonhapnewsで拾った画像だが、これで見ると右側の Houai Ho Dam Lake と Xe Namnoy Dam Lake は間の谷川を水路として使って繋いでいるようだ。それからXe Namnoy Dam Lake のダム堰堤と反対側に取水口があり、そこから地下の導水管を使って発電所に送っているように見える。
まあ壮大なシステムと言えるだろう。


これからが本題。このダム崩壊の原因はどんなものなのかがなかなか見えてこない。

最初からネットではこれがダム崩壊現場と言われていたし、タイのTVでもここを放映していたのだが・・・。

2018-7-29セナムノイダム崩壊現場1 
https://imgur.com/piQkI0z

余りにも衝撃的で、私もダムの専門家ではないので軽々には書けなかったのだが、やっと韓国のマスコミが現地リポートを書き始めた。何せ今まで立ち入り禁止だったようだ。

<以下引用、自動翻訳です>
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/07/28/0200000000AKR20180728038600084.HTML
【ルポ】事故5日目に凄惨なみすぼらしい姿現したラオスボジョデム(補助ダム?)
送稿時間| 2018/07/28 19:38

「崩壊vs損失」論議無色... 長さ770mの巨大な堤防事実上消え
ダム包装したアスファルトすら打ち上げ下がっ... 道路境界石ようやく耐え
、ラオス政府、建設工事疑惑提起も... SK建設側"失わ"重ね説明
(アタープ[ラオス] =連合ニュース)ミンヨウンギュ特派員= 28日午後、直接訪ねて行った、ラオス南部ああタープ(アッタプー)州三彼岸(セピアン) - 歳男ノイ(セナムノイ)水力発電所ボジョデム事故現場は、睡魔が引き裂き間凄惨なみすぼらしい姿そのものだった。

事故が発生したか5日が経ったが崩壊か、失わかをめぐるこれまでの議論が無色ほど多くの構造物が崩れて座り込ん破壊された状態で置かれていた。
・・・以下本文は徒に長いので省略、写真のみ引用します・・・

写真1
2018-7-29セナムノイダム崩壊現場21 

この写真の次には以下のコメントが
>標高900~1千mのこのボジョデムにあった長さ770m、高さ25m、幅5mほどの巨大な堤防は事実上消えたとしても過言ではない。

写真2
2018-7-29セナムノイダム崩壊現場22 

写真3
2018-7-29セナムノイダム崩壊現場23 

・・・以下略、詳細は上掲リンク先参照ください・・・

ここで私の疑問の前にダムの構造について。

写真を見ても外見ロックフィル風ながら、中身は普通の土を盛ったダム。池の堤防じゃあるまいし・・・、
ダムにはコンクリート製のダムと土や石で作る「フィルダム」がありますがそのフィルダムにはこんな種類。

2018-7-28ロックフィルダムの種類 

このダムは外観はロックフィルダムのように見えるが、中身は違う。ロックフィルダムは中央の遮水コア、又は表面のダム湖側に遮水層としてアスファルトかコンクリートの遮水層がある筈だが、この崩壊したダムにはそんなものはない単に土を盛り上げただけのもの、これは一番右のアースダムという形式だが、これはため池などには当たり前のものだが巨大なダムには不向き(水圧に耐えられない)。
今回のダムは高さ25mなのでアースダムでも不可能では無いのかも知れないが、それならばしっかりした締固めがやってあるかどうかである。
(昔、日本で最初のロックフィルダムである御母衣ダム建設で、ダム中心部のコアという遮水層を作る粘度の質や水分量の選択と管理、それの締固めがダムの成否を決めると聞いたことが有る)

締固めはこんなもの、昔なら「よいとまけ」ですね(古い!)。
2018-7-29よいとまけ今昔 


さてこんな風でこのダム決壊事故、どう見ても欠陥計画と欠陥施工としか見えない。
そんな折、ラオスのエネルギー相が「基準に満たない建設が原因」と記者会見で指摘している。
つまり単なる施工ミスでは無く、計画、設計、施工全ての問題という意味ではないだろうか。
韓国品質のしでかした大惨事という事だと思う。

<以下日経より引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3353526027072018FFE000/
ラオスのダム決壊「基準に満たない建設が原因」 ラオスエネルギー相 
2018/7/27 23:25
 
 【バンコク=岸本まりみ】ラオス南東部のアッタプー県で発生したダムの決壊事故を受け、ラオスのカンマニー・インティラートエネルギー・鉱業相が26日の記者会見で「基準に満たない低水準の建設が事故の原因」との見方を示した。27日、ラオス国営通信が報じた。「降り続いた大雨が原因」とする企業側の主張をはねつけた。

 決壊したセピアンセナムノイダムは韓国大手財閥SKグループのSK建設と韓国西部発電、タイ政府系の発電大手ラチャブリ電力、ラオスの国営企業が合弁で建設していた。筆頭株主は26%を出資するSK建設。2013年に着工し、19年の稼働を目指して建設を進めていた。

 被害の全容はなお不明だが、ダムの決壊で周辺の村落が水没。少なくとも27人が死亡、3千人以上が家を失ったことが確認されている。

<引用終り>

最後にもう一つ、このダムは工期を4か月も短縮し、ボーナスを2000万ドル(22億円)もせしめたとも報道されている。
この原因は多分、私の推定だが、同じラオスで日本が手掛けている別のダムが完成まじかで、来年2月完成予定となっている。(今年5月より試験湛水を始めている)
ダムの名前はナムニアップダム、黒四ダムに匹敵する巨大ダムのようだ。
このダムより早く完成させることで、韓国の技術の優位性をアピールしたかったのでは無いだろうか。

しかし流石韓国品質、とんでもない結果だが、この影響がどこまで行くか想像もつかない所だ。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

恐怖のメガソーラーパーク
http://yohkan.seesaa.net/article/460806951.html#comment

※短足おじさん二世さんと同様、izaの人気ブロガーだったyohkanさんがラオスの件とからめ、日本国内の水害でも問題になったメガソーラーについて問題提起しています。

>韓国企業のインフラ建設は、わが国にとって無関係ではない。民主党政権が始めた『太陽光発電など再生可能エネルギー買取制度』に乗り、韓国系電力会社や建設企業が暗躍する。

放射脳恐怖説に恐れ慄き、反原発運動を認めた己の間抜けさゆえだが、日本国民は国内で太陽光発電事業を進める外国企業に、自分たちの支払う電力料金や税金を掠め取らている。

無論、被害はそこに止まらない。森林を伐採して太陽光パネルを敷き詰めれば、環境を破壊し、水害や土砂崩れなど甚大な自然災害を招く。パネル自体も人体に危険な有害物質を含む。

景観だって台無しだ。日本人が永く誇りとしてきた豊かな緑は永遠に失われ、ビカビカ、ギラギラと太陽を反射する、無粋な鉄枠とガラス板が、山や野原を醜く覆う。
  1. 2018-07-31 13:13
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

ラオスの方々には、お気の毒としか言いようが有りませんが、

朝鮮のお得意な「中抜き」を体現した構造のダムですね。


それにしても、これほどのクズ施工をラオスの人は見抜けなかったのが不思議です。
まあ、袖の下効果なのでしょうね。
  1. 2018-07-31 19:53
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 恐怖のメガソーラーパーク
> http://yohkan.seesaa.net/article/460806951.html#comment
>
> ※短足おじさん二世さんと同様、izaの人気ブロガーだったyohkanさんがラオスの件とからめ、日本国内の水害でも問題になったメガソーラーについて問題提起しています。
>
> >韓国企業のインフラ建設は、わが国にとって無関係ではない。民主党政権が始めた『太陽光発電など再生可能エネルギー買取制度』に乗り、韓国系電力会社や建設企業が暗躍する。
>
> 放射脳恐怖説に恐れ慄き、反原発運動を認めた己の間抜けさゆえだが、日本国民は国内で太陽光発電事業を進める外国企業に、自分たちの支払う電力料金や税金を掠め取らている。
>
> 無論、被害はそこに止まらない。森林を伐採して太陽光パネルを敷き詰めれば、環境を破壊し、水害や土砂崩れなど甚大な自然災害を招く。パネル自体も人体に危険な有害物質を含む。
>
> 景観だって台無しだ。日本人が永く誇りとしてきた豊かな緑は永遠に失われ、ビカビカ、ギラギラと太陽を反射する、無粋な鉄枠とガラス板が、山や野原を醜く覆う。



情報有難うございます。
このソーラー発電は確かにご指摘の問題があり、本当はやるべきものではありません。
がしかし問題はこいつが世界の風潮になっていることです。勿論これで利益を得る連中が沢山いる事が根にあります。だから日本だけ反対を叫んでも事は簡単ではない。
もう一つ、これに乗っかったのが民主党政権時代の韓国利権に乗っかった失政です。

こんな事は元より分かっていまして、安倍政権になってからソーラー発電の買取価格も徐々に引き下げてきましたし、昨年には改正FIT法を作り、メンテナンスの義務化だとかいろいろ手を打ってきました。今の安倍政権のままなら、こんなアホな制度は徐々に制限して最終的には廃止に追い込みたいところだと思います。

この問題は解決には国民が目覚めることが何より需要です。
民主党政権時代の失政を指摘するのは正しいのですが、その政権を選んだのは国民です。だからマスゴミに騙されたと泣く前に自分たちがどうして騙されたか、二度と騙されないためにどうすべきか、これを国民一人ひとりが考えないと又類似の問題が起こると思います。
  1. 2018-08-01 09:20
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:勃ちあがれ日本人 さん

> ラオスの方々には、お気の毒としか言いようが有りませんが、
>
> 朝鮮のお得意な「中抜き」を体現した構造のダムですね。
>
>
> それにしても、これほどのクズ施工をラオスの人は見抜けなかったのが不思議です。
> まあ、袖の下効果なのでしょうね。



この問題は工事の手抜きなどという問題ではないと見ています。
ダム工事の基本が全く分かっていない、だから計画・設計・施工・監理、こんな事すべてが出鱈目でした。
そして残念ながらラオスの人たちにこの工事の問題点を見抜く目は元々無い、そう思っています。この問題点を見抜くためには長い長い歴史が必要で、そんなものの上に今日が有るんだと思っています。

この件は視点を変えて、日本の貯水池などと比較してみたいと思っています。比較するのは日本最大の池である入鹿池、多分勃ちあがれ日本人さんもこの池ならご存じと思います。約400年前に出来た池ですが、200年以上無事故でしたが、江戸時代最末期の慶応4年(=明治元年)に決壊事故を起こし大被害を出しています。今年初めには事故後150年を記念して慰霊祭が行われています。
これは近日中にエントリー予定です。
  1. 2018-08-01 09:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

国土強靭化って聞かなくなりましたね

>工事の手抜きなどという問題ではないと見ています。
>江戸時代最末期の慶応4年(=明治元年)に決壊事故を起こし大被害を出しています。

入鹿池はよく知ってます。
でも、歴史は知りませんでした。

ここ何年、行っていませんが。
学校の遠足は大体あそこへ行くものでした。犬山城、明治村、入鹿池と
この地方で定番のコースですね。(今もそうなのかな)


たぶん、
歴史修正主義か
易姓革命で、いろんなものを捨てて成りすます民族性が
「学習」という事と相いれないんでしょうねえ。


土木で一番恐ろしいのは水。

日本人は身に染みて学んで来た筈なんですが、
周りを見回すと、無知無能連中の起こした結果と大差ない状態なのが残念です。

危険だと分かっていて手が打たれていないから。

目先の22億で莫迦やった南朝鮮と
緊縮財政で、防災ケチって各地で災害引き起こしている(つまり人災)日本政府と
同じ様に見えるのは、私だけでしょうか?
  1. 2018-08-01 19:53
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

この手の問題を見るときには小生は必ず技術的な諸元を見ることにしてるのですが、このダムの諸元がどこ見てもわからないんですよ。結局、ドイツ語のWikiで知ることが出来ました。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=de&u=https://de.wikipedia.org/wiki/Xe-Pian_Xe-Namnoy_Hydroelectric_Power_Project&prev=search

google翻訳を通していますがまあようやく大体のところがわかりました。このダムの貯水量が全くわからなかったのです。
こちらでようやく堤高73m堤長1600m貯水量10.43億㎥とわかりました。貯水量がどこにもでていませんでした。

規模とするとでかいですが関電のナニエップダムのほうが堤高はあり貯水量は倍以上、しかも作りは重力式とロックフィルですから差は歴然としてます。

しかし連中は愚かにも競争を企んだらしい。

http://blogos.com/article/314299/

馬鹿以外の何者でもありません。

事故の記事でもようやくこんなのがでてます。

https://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.vop.co.kr%2FA00001314867.html&edit-text=


こちらの一枚目の写真がどうやら崩壊の直前だったようですが、こんなものどう見たって最底でも施工不良、本当は設計不良でしょう。

それにしても世界のダムは恵まれてると思います。ナニエップはその規模が黒部ダムとほぼ同じですが、貯水量は10倍です。ナニエップはその立地が首都ビエンチャンのすぐ近く。ラオス人の中にもこんなところに韓国人の手を入れさせないという常識がある連中はいたのでしょう。

ダムに関して言うとこのメコンとかの国際河川の場合、問題ばかりが起こります。おそらくはカンボジアはまたスカばかり引くんでしょうか。

上流に大貯水量のダムを作るとその運用によってはほとんど渇水期を無くすことも出来ます。黒部ダムが出来てから黒部川ではほとんど渇水期がなくなりました。年間流量の3倍近い貯水量があるのだからコントロールは簡単なんです。東南アジアの大ダムもきちんと運用すればなんとでもなるんでしょうがこれは国際紛争の種でしょう。

今回の事件は最底の国が最底のことをやっただけですがこういう連中は決していなくならないのでしょう。
ひどい連中を世界に出してしまったものです。
  1. 2018-08-01 22:23
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 国土強靭化って聞かなくなりましたね

> >工事の手抜きなどという問題ではないと見ています。
> >江戸時代最末期の慶応4年(=明治元年)に決壊事故を起こし大被害を出しています。
>
> 入鹿池はよく知ってます。
> でも、歴史は知りませんでした。
>
> ここ何年、行っていませんが。
> 学校の遠足は大体あそこへ行くものでした。犬山城、明治村、入鹿池と
> この地方で定番のコースですね。(今もそうなのかな)
>
>
> たぶん、
> 歴史修正主義か
> 易姓革命で、いろんなものを捨てて成りすます民族性が
> 「学習」という事と相いれないんでしょうねえ。
>
>
> 土木で一番恐ろしいのは水。
>
> 日本人は身に染みて学んで来た筈なんですが、
> 周りを見回すと、無知無能連中の起こした結果と大差ない状態なのが残念です。
>
> 危険だと分かっていて手が打たれていないから。
>
> 目先の22億で莫迦やった南朝鮮と
> 緊縮財政で、防災ケチって各地で災害引き起こしている(つまり人災)日本政府と
> 同じ様に見えるのは、私だけでしょうか?



入鹿池の歴史、これは多分今では地元の人でも知る人は少ない。そう思います。

実は私の古い友人でこんな事を言う人がいました。「俺の生まれたのは田舎も田舎、だから地名も『入鹿出新田』と云うんだ、田舎だろ。ナンタラ新田という地名はいくらでもあるが、『出新田』なんて地名は他にはない。いかに田舎か分かるだろ」、こんなことを言っていました。しかし今回入鹿池のことを調べてみたら、1633年に完成した入鹿池は、その下に入鹿村という当時160戸ほどの村があり、そこが全部水没。その村人の新しい入植地が尾張藩により『入鹿出新田』と名づけられたとか。
〇〇新田という地名はどこにでもありますが、そんな新田は開拓当初は収穫が無いので親元の〇〇村から相当援助があった。入鹿出新田は親元の入鹿村が無くなってしまったのでそんな援助が期待できない。そこで尾張藩が出新田にはそれなりの援助したようです。
こんな話は小中学校の郷土史位で教えないとあと知る機会がないですね。こんな事が防災の知識として生きるんだと思います。最近私もこんな経験をしました。私の住む知多半島にも「輪中」があった、それもすぐ隣村で、歩いて2,30分の所。でも誰も知りませんね。江戸時代末期にそこで水害があり、相当の被害が出たんですが、誰も知りません。

防災の話は多分小中学校の郷土史辺りから始めないといけないと思うのですが、問題は先生にそんな知識がない。郷土史の語り部を育成し、防災の話をできるようにすることなどから始めないと難しいようです。
  1. 2018-08-03 07:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:Kazk さん

> この手の問題を見るときには小生は必ず技術的な諸元を見ることにしてるのですが、このダムの諸元がどこ見てもわからないんですよ。結局、ドイツ語のWikiで知ることが出来ました。
>
> https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=de&u=https://de.wikipedia.org/wiki/Xe-Pian_Xe-Namnoy_Hydroelectric_Power_Project&prev=search
>
> google翻訳を通していますがまあようやく大体のところがわかりました。このダムの貯水量が全くわからなかったのです。
> こちらでようやく堤高73m堤長1600m貯水量10.43億㎥とわかりました。貯水量がどこにもでていませんでした。
>
> 規模とするとでかいですが関電のナニエップダムのほうが堤高はあり貯水量は倍以上、しかも作りは重力式とロックフィルですから差は歴然としてます。
>
> しかし連中は愚かにも競争を企んだらしい。
>
> http://blogos.com/article/314299/
>
> 馬鹿以外の何者でもありません。
>
> 事故の記事でもようやくこんなのがでてます。
>
> https://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.vop.co.kr%2FA00001314867.html&edit-text=
>
>
> こちらの一枚目の写真がどうやら崩壊の直前だったようですが、こんなものどう見たって最底でも施工不良、本当は設計不良でしょう。
>
> それにしても世界のダムは恵まれてると思います。ナニエップはその規模が黒部ダムとほぼ同じですが、貯水量は10倍です。ナニエップはその立地が首都ビエンチャンのすぐ近く。ラオス人の中にもこんなところに韓国人の手を入れさせないという常識がある連中はいたのでしょう。
>
> ダムに関して言うとこのメコンとかの国際河川の場合、問題ばかりが起こります。おそらくはカンボジアはまたスカばかり引くんでしょうか。
>
> 上流に大貯水量のダムを作るとその運用によってはほとんど渇水期を無くすことも出来ます。黒部ダムが出来てから黒部川ではほとんど渇水期がなくなりました。年間流量の3倍近い貯水量があるのだからコントロールは簡単なんです。東南アジアの大ダムもきちんと運用すればなんとでもなるんでしょうがこれは国際紛争の種でしょう。
>
> 今回の事件は最底の国が最底のことをやっただけですがこういう連中は決していなくならないのでしょう。
> ひどい連中を世界に出してしまったものです。



情報有難う御座います。やっとミッシングリンクが繋がりました。
実はこのプロジェクトは基本設計がベルギーの会社らしい。多分最初のFS(フィージビリティ・スタディ)を受注したのがここだったんでしょう。だから発電所の発電機はドイツ製ではないかと思います。

そしてドイツのwikiには情報ソースが書いてあるのですが、ここにも貴重な授法が沢山ありました。またプロジェクトの全容がベトナムの方が詳しい、こんな事も分かるような気がします。
また紹介いただいたダム崩壊の多分最初の写真、これは本当にすごいですね。私もこの写真は他でも見たのですが、いつ誰がとったのか分からず、コメントのしようがありませんでした。大体全容が分かったので全体のまとめをするつもりです。
その折比較として日本の池、愛知県の入鹿池(貯水量最大)と大阪の狭山池(日本最古)をみてみようかと思います。
  1. 2018-08-03 08:05
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

それにしても今回のラオスのダム決壊についての件、日本のマスメディアは殆どと言って良いほど報じません。一体なんなんですかね?ポスコの事故といい、どこかの高層ビルの傾きといい、作ってすぐに壊れた橋といい、韓国が絡んで事故になったものについてはまるでなかったかの様に無視しています。NHKや産経新聞でもそうです。日本では何を報道し、何を報道しないかをまるで誰がが操っているのではないかと危惧してしまいます。
  1. 2018-08-04 06:02
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

To:匿名さん

> それにしても今回のラオスのダム決壊についての件、日本のマスメディアは殆どと言って良いほど報じません。一体なんなんですかね?ポスコの事故といい、どこかの高層ビルの傾きといい、作ってすぐに壊れた橋といい、韓国が絡んで事故になったものについてはまるでなかったかの様に無視しています。NHKや産経新聞でもそうです。日本では何を報道し、何を報道しないかをまるで誰がが操っているのではないかと危惧してしまいます。



全くその通りですね。日本のマスゴミはマスマスごみの度合いが増しています。
マスゴミからマスマスゴミにでも改名したほうが良いですね。
今日全体の問題点の分かる話をアップしました。参考までにどうぞ。
  1. 2018-08-04 17:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>長さ770m、高さ25m、幅5mほどの巨大な堤防

 このダムの規模を実感したくて、札幌近郊のダムの規模を調べたら、全部堤高がはるかに高かったです。 ここなら低いだろうと思っても50m前後はあるのです。 一生懸命探したら20m前後のダムもないわけではありませんが、ホントに小規模です。

 http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=3387

 http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=2969

 ダムにかかる力は水圧に比例しますから、堤高が低ければ、強度は低くてもよいわけです。 だからこれを見ると堤高35mの落合ダムは、三井建設と岩田地崎建設と言う道内業者で作り、堤高21mの鰔川ダムはおそらく全部道内業者で作ったのでしょう。

 そこで韓国SK建設も気楽にダム工事の経験のない業者に丸投げしたのでしょう?

 そうなるとそもそもSK建設側がこのダムが決壊した場合の事態の深刻さを全く理解していなかったのでは?
  1. 2018-08-12 13:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 因みに鰔川ダムはアースフィルダムで落合ダムはロックフィルダムです。

 こうなると堤高25mのダムを気楽にアースフィルダムにしたのでしょうね。
  1. 2018-08-12 14:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこ さん

> >長さ770m、高さ25m、幅5mほどの巨大な堤防
>
>  このダムの規模を実感したくて、札幌近郊のダムの規模を調べたら、全部堤高がはるかに高かったです。 ここなら低いだろうと思っても50m前後はあるのです。 一生懸命探したら20m前後のダムもないわけではありませんが、ホントに小規模です。
>
>  http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=3387
>
>  http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=2969
>
>  ダムにかかる力は水圧に比例しますから、堤高が低ければ、強度は低くてもよいわけです。 だからこれを見ると堤高35mの落合ダムは、三井建設と岩田地崎建設と言う道内業者で作り、堤高21mの鰔川ダムはおそらく全部道内業者で作ったのでしょう。
>
>  そこで韓国SK建設も気楽にダム工事の経験のない業者に丸投げしたのでしょう?
>
>  そうなるとそもそもSK建設側がこのダムが決壊した場合の事態の深刻さを全く理解していなかったのでは?



このダムのことを理解するためには現地の地形を理解する必要があります。現地は広大な高原です。周囲には千メーター級の山が塀のように取り囲んでその中は小山が点在するような地形。ここにダムを作るので、広大なダム湖ですが水深はさほど深くない。
そして地質ですが、タイ東北部とよく似た赤いボロボロの土。ヤセた土です。だからラオスはこの地域の最貧国。

こんな風なので日本のダムに比べると高さは低いが無茶苦茶長い。私の住む地方にはこんなものは有りません。多分北海道でも同じでしょう。
私がこのプロジェクトはFSから問題と見ているのは、そんな所に無理やりダムを作り、発電所を作っても採算が合わない。そんな無理な計画からスタートしたところが問題の根。そこに何でも食いつくダボハゼ(韓国)が食いついたという事と思います。
次回もう少し考える所を書いてみます。
  1. 2018-08-13 19:22
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこ さん

>  因みに鰔川ダムはアースフィルダムで落合ダムはロックフィルダムです。
>
>  こうなると堤高25mのダムを気楽にアースフィルダムにしたのでしょうね。



ロックフィルダムについては別エントリーでもう少し書くつもりです。
  1. 2018-08-13 19:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する