FC2ブログ

2018-07-26 15:50

ラオスのダム決壊<日本の報道では真相は分からない


 ラオスで建設中のダムが決壊して六つの村、被災者は6千人を超えると報道されている。
このダム崩壊では鉄砲水が村を襲う瞬間が現地の人によって動画撮影されている。実は私も鉄砲水は知っているし、被害の後もあちこちで見たことは有るが、動画でその様子を見るのは初めて。

 そこで最初にその動画を紹介します。
動画の最初の方、下側に人影や動く車が見えていますが、この人たちは無事だったんでしょうか。無事であることを祈って動画を見てください。


https://youtu.be/t6_kVSyE-0A

女の人が「マーレ~オ」と叫んでいますが、「来たぞ~」という意味ですね。
(ラオス語はタイ語の東北方言と同じ)
この動画は鉄砲水の怖さを知るうえで大変貴重。是非参考にしていただきたいと思います。


さて本題です。



これは歪曲報道で知られる赤匪新聞(朝日新聞だったかな?)の報道
<以下引用>
朝日新聞デジタル>記事

ラオスでダム決壊、26人死亡 131人不明
シンガポール=貝瀬秋彦2018年7月25日22時13分

2018-7-26ラオスのダム事故 
ラオス南東部アッタプー県で、セピエン・セナムノイダムの決壊による洪水からボートで救助され、水の中を歩いて避難する人々。24日のソーシャルメディアから=ロイター

 ラオス南東部のアッタプー県で23日夜に起きた建設中のダムの決壊で、トンルン首相は25日、少なくとも26人が死亡し、131人が行方不明になっていると述べた。AFP通信などが伝えた。地元メディアは同日朝の段階の当局者の話として、3千人以上が救助を待っていると伝えており、救助が難航すれば犠牲者の数は増える可能性がある。

ラオスでダム決壊、大量の水流出 数百人が行方不明か
 地元紙ビエンチャン・タイムズ(電子版)によると地元当局者は25日朝、6千人以上が被災し、約2850人が救助されたが、まだ3千人以上が濁流につかった家の屋根や木の上に取り残されていると話した。

 ラオス当局は捜索・救助活動を続ける一方、被災者を支援するため国内外に食料や水、衣服、薬などの提供を呼びかけている。周辺国が救助チームを派遣する動きもある。

 ダムは水力発電用で建設中だった。建設に携わる企業側は、決壊について、暴風雨が続いたのが原因と説明している。(シンガポール=貝瀬秋彦)

<引用ここまで>

日本の報道はこんなものである。だが一寸待てよ!

此処で「建設に携わる企業側」と言っているが、その企業側とはどんなところかというと

 セーピヤン・セーナムノイ水力発電ダムは複数のダムからなり、出力410メガワット。開発運営会社には韓国のSKエンジニアリング・アンド・コンストラクションが26%、韓国電力公社傘下の韓国西部発電が25%タイの電力会社ラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング・ホールディングが25%、ラオス政府傘下のラオ・ホールディング・ステート・エンタープライズが24%出資している。
(引用者注:建設工事は「韓国のSKエンジニアリング・アンド・コンストラクション」が100%受注している。つまり開発運営会社は51%韓国、工事は100%韓国だった)
ソース:ラオス南部で建設中のダム決壊、数百人不明 韓国電力公社など出資
http://www.newsclip.be/article/2018/07/24/37101.html

そしてその建設に携わる企業側の言い分は・・・
・・・「決壊について、暴風雨が続いたのが原因」・・・

だが待てよ、ダムというのは降った雨をためるものだろ。その降った雨を貯めたらダムが壊れた、だからダムが悪いんじゃなくて、<降った雨が悪い・・・>
流石韓国クォリティー、言い訳が凄い、これは笑うしか無いのだが・・

はて、どっかで聞いたような話じゃありませんか・・・。確か落語の枕でよく聞きますよねえ。
〽 熊さん:「おい、お前の釣ってくれた棚な、すぐ落ちちまったぜ」
 八っつぁん:「え、そんなはずはねえがなあ……もしや、何か乗せやしなかったかい」
元は十返舎一九の『臍繰金』の「細工じまん」辺りに出てきた話だそうな。


こんな落語みたいな話は置いといて、では実態はどうかというと、こいつは日本の報道では分からない。その海外代表としてBBCの報道を見てみよう。
これを見れば朝日新聞の言い分が、落語の熊さん、八っつぁんと大して変わらないことが分かると思う。

<以下引用>

ラオスのダム決壊、数十人死亡 6600人以上が家失う
2018年07月25日

2018-7-26ラオスのダム事故bbc1 
ラオス・ダム決壊、屋根の上に取り残された住民たち
(引用者注:元画像は動画です。興味のある方は上掲リンク先参照ください)

ラオス南東部のダム決壊による洪水で、24日までに少なくとも20人が死亡し、100人以上が行方不明となっている。

アッタプー県にある水力発電用のダムが一部損傷しているのが22日夜に見つかり、近隣住民は避難したが、ダムは23日夜に決壊し、鉄砲水が6つの村を襲った。

ラオス国営通信によると、6600人以上が住居を失ったという。

現地の写真から、軒下まで泥水に使った家屋の屋根に、住民が避難している様子がうかがえる。

2018-7-26ラオスのダム事故bbc2 
Image copyrightREUTERS
地元当局は、住民をボートで救出する活動を続けている。さらに、近隣自治体や政府に、衣類や水、食料、医薬品などの支援物資の提供を呼びかけている。

国営メディアによると、トンルン・シースリット首相は予定されていた会議を延期し、アッタプー県サーンサイ郡の被災地を訪れた。

アッタプー県の当局者はAFP通信に対し、洪水被災地は電話が使えない状態になっていると話した。

アッタプー県はラオス最南端の県で、カンボジアやベトナムと国境を接する。農業や林業が産業の中心で、水力発電による電力も主要な輸出品のひとつ。

決壊したダムとは
決壊したダムは、ラオス、タイ、韓国の企業が参加するセピアン・セナムノイ水力発電所の一部。発電所は2つの主ダムと5つのサドルダム(副ダム)からなり、決壊したのは「サドルダムD」と呼ばれるもの。

建設事業に参加する韓国のSKエンジニアリング・アンド・コンストラクションは、22日に最初に亀裂を発見したと明らかにした。

22日午後9時(日本時間同11時)― 「サドルダムD」に部分的な破損を発見。当局が通報を受け、近隣住民の避難開始。修理チームがダムに向かうが、豪雨のため作業難航。豪雨で複数の道路も被害を受けている。
23日午前3時(日本時間同5時)― 亀裂の入ったサドルダムDの水位を下げるため、主ダム(セナムノイ・ダム)の1つから水を放出。
23日正午(日本時間同午後2時) ― ダムの破損状態が悪化する危険の知らせを受け、州政府は下流の住民にも避難を命令。
23日午後6時(日本時間同8時)― ダムの亀裂拡大を確認。
24日午前1時半(日本時間同3時半)までに― サドルダム近くの村が冠水。午前9時半までに、7つの村が冠水。
発電所事業に参加するタイのラチャブリ発電ホールディングは、「相次ぐ暴風雨」によって「大量の水が発電所の貯水池に流れ込んだ」ため、ダムに「亀裂が入った」と発表した。大量増水の結果、水が下流へ流出し、約5キロ離れたセピアン川の流域にも流れ込んだという。

Laos Dam Collapse
2018-7-26ラオスのダム事故bbc3 
Image caption
セピアン・ダム(Main Xe Pian Dam site)と決壊した副ダム(Subsidiary dam collapses)から鉄砲水が下流に流れ(surge downstream)、複数の村が冠水した(villages flooded)位置関係
「サドルダムD」は幅8メートル、長さ770メートル、高さ16メートルで、近くの貯水池に水を迂回させるよう設計されていたという。

ラチャブリ発電ホールディングとSKエンジニアリング・アンド・コンストラクションは共に、避難・救助活動に参加していると明らかにした。

地元メディアなどによると、ラオス政府は、メコン川と支流を活用した水力発電事業を強力に推進し、「アジアのバッテリー」を目指している。2017年には46カ所の水力発電所を稼動させ、54カ所が新設中だ。2020年までには、54の送電線と16カ所の変電所を増設する方針。

ラオスはすでに水力発電による電力の3分の2を輸出しており、電力輸出が総輸出量の約3割を占める。


<引用終り>


最後にこのダム決壊と関係は無いのだが、ラオスの電気事情は昔から気にしていた。
何故か?
ラオスは貧しい国だが、山ばっかりなので水力発電には向いている。そしてそこで発電した電気は国民を明るく照らすのではなく外国(主にタイ)に売ってしまっていた。だから国民が真っ暗な中で暮らしている時隣国タイはラオスの電気で夜も煌々と明かりをつけ、文化的な生活を楽しんでいた。
厳しい現実だった。

そんな事の分かる写真など

これはタイ東北部ムクダハンからメコン川と対岸ラオスを望む。今から6年ほど前のモノ。
12月の朝6時7分、もう人々の生活は始まっているのだが、明かりはポツンポツンと
尚下の写真とは少し方角が違うので、送電鉄塔は写っていない。
2018-7-26ラオスメコン川の朝6時07分 

同じ場所から朝7時、メコン川の夜明け
2018-7-26ラオスメコン川の朝6時50分 

高々と鉄塔が見えます。タイに電気を送る送電線の鉄塔。この鉄塔の下にも家が有るのが見えるが、殆ど明かりがついていない。
この貧富に差がタイとラオスの差という事です。
  1. ラオス
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

すごい鉄砲水ですね。初めて見ました。次は3峡ダムかも・・・

ベトナムのダナンからラオスを抜けて、ラオスのサバンナケット、橋渡ってムクダハンへ行ったことがあります。その後、コンケーーン、ウドンタニ、そしてビエンチャン。飛行機でバンコク。その後、ヤンゴンへ。

サバンナケットにはカジノがあって、タイ人のおばさんがやっていました。私は多少タイ語が話せるので話かけました。みなタイ人で、日本のパチンコ屋のような雰囲気でした。

サバナケットの工業団地にいたシナ系マレーシア人のジェネラルディレクターは、ムクダハンに住んで妻はタイ人といっていました。そして「タイ人はサバンナケットに入るにはいちいちビザがいるから、嫁さんはサバンナケットに来れない。だから、ラオス側の置屋には行き放題なんだ。」と笑っていましたよ。なんでも空港があるので、便利だとか・・・

また、同じラオスでも北になりますが、ルアンパバーンのレストランで飯を食っていると、カワイイ16歳の女の子が寄ってきました。最初はウェイトレスかともってましたが、英語で「話していいか?」と聞いてくるので「マイペンライ(OK)」と答えました。タイ語と英語で話しをしていると、「私と結婚してほしい」といってきます。「なぜ?」と聞くと「お母さんが外人と結婚して楽をさせろというから」と答えます。「おにいちゃん、かっこいいから」とは言ってなかったな。うーーん。私は「じゃ、3年後に来るから、待ってて」と無責任にいいました。今でもまってくれてないですよね。いや・・最終日だったんでねえ・・残念。

というわけで、ラオスは貧困なんですねえ。


それにしても、GACHTに野田聖子・・・けしからん!!
  1. 2018-07-27 16:16
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> すごい鉄砲水ですね。初めて見ました。次は3峡ダムかも・・・
>
> ベトナムのダナンからラオスを抜けて、ラオスのサバンナケット、橋渡ってムクダハンへ行ったことがあります。その後、コンケーーン、ウドンタニ、そしてビエンチャン。飛行機でバンコク。その後、ヤンゴンへ。
>
> サバンナケットにはカジノがあって、タイ人のおばさんがやっていました。私は多少タイ語が話せるので話かけました。みなタイ人で、日本のパチンコ屋のような雰囲気でした。
>
> サバナケットの工業団地にいたシナ系マレーシア人のジェネラルディレクターは、ムクダハンに住んで妻はタイ人といっていました。そして「タイ人はサバンナケットに入るにはいちいちビザがいるから、嫁さんはサバンナケットに来れない。だから、ラオス側の置屋には行き放題なんだ。」と笑っていましたよ。なんでも空港があるので、便利だとか・・・
>
> また、同じラオスでも北になりますが、ルアンパバーンのレストランで飯を食っていると、カワイイ16歳の女の子が寄ってきました。最初はウェイトレスかともってましたが、英語で「話していいか?」と聞いてくるので「マイペンライ(OK)」と答えました。タイ語と英語で話しをしていると、「私と結婚してほしい」といってきます。「なぜ?」と聞くと「お母さんが外人と結婚して楽をさせろというから」と答えます。「おにいちゃん、かっこいいから」とは言ってなかったな。うーーん。私は「じゃ、3年後に来るから、待ってて」と無責任にいいました。今でもまってくれてないですよね。いや・・最終日だったんでねえ・・残念。
>
> というわけで、ラオスは貧困なんですねえ。
>
>
> それにしても、GACHTに野田聖子・・・けしからん!!



 この鉄砲水の動画は本当は学校教育などで使ってほしいと思っています。キャンプなどに行っても万一の時こんな事になる。その時どうしたらいいか、ほんの少しでも考えていてくれれば、いざという時きっと役に立ちます。
しかし鉄砲水という言葉も概念も無いラオスの田舎の人は心底驚いたでしょうね。

 ラオスは貧しい国なんですね。私はラオスからタイへの売電用にメコン川を渡る鉄塔を見た時(最初に見たのはノンカイでした)、そしてその下の民家は夜になると真っ暗になるのを眺めて本当に貧しいという事を痛感しました。
そんな思いが有るので、タイでの仕事が終わって帰国するとき、最後の挨拶にこう言いました。「私は日本から仕事を持ってきて、良い会社を作り、皆さんも仕事が出来てよかったと思う。これからが私の最後のお願いだ。将来君たちがもっと発展してきたら、タイの周辺にはミャンマーやラオス・カンボジアなどもっともっと貧しい国が有る。その国にも皆さんの仕事を少し分けてやって欲しい。やり方は私が教えたとおりだ。皆さんならきっとできる。これが皆さんに課せられた宿題で、私の最後のお願いだ」、こんな事を言ってきたのですが、まだまだこれからですね。

 それからマイペンライの正しい意味をご存じ、流石ですね。実はタイに何年も暮らした日本人でもマイペンライの正しい意味を知らず、朝鮮語のケンチャナヨと同じと思っている人が多い。困ったことです。

 話は変わりますがラオスからムクダハンにわたったとの事。それならムクダハンの第二友好橋にある国境検問所を通ったと思います。あの検問所、タイ語では「タ・ダーン」というのですが、昔々江戸時代初期、御朱印船がタイのアユタヤに向かっていったとき、その手前に謎の「田弾国」があり、幕府が「国書」を出しています。こんなものが国立公文書館に保存されています。
この奇妙な話はアユタヤ朝の国境検問所に居た小役人が御朱印船から小遣いをせしめた結果の事らしい。その点日本のサムライはしっかりしていたという事でしょう。
しかし最近の公務員の堕落ぶりは酷い。時に文科省、財務省などは本当にひどいです。文科省・財務省はいずれも解体!。そうそう、もう一つ害務省も有りましたね。

酷いと言えば野田聖子、こいつも酷いことでは超弩級。どうしてこんな奴がのうのうとしていられるのか・・・。
  1. 2018-07-27 19:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ダム湖の衛星写真

さまざまなサイトにリンクが貼ってあったのでご覧になった方も多いでしょうが、
この、ダム湖の衛星写真。
http://www.cesbio.ups-tlse.fr//?p=13872

画像を見ると、ほとんど水が抜けちゃっています。大災害になったのが、よくわかります。

「補助ダム」と報道されていたので、本ダムが満水になったときに、あふれそうに
なる場所に小さな堰を作ったようなものかと想像していたのですが、かなり水圧のかかる
重要な部分が決壊したようです。

韓国企業だから、相当にいい加減な設計や施工をしたんでしょうね。
  1. 2018-07-27 19:33
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

Re: ダム湖の衛星写真

> さまざまなサイトにリンクが貼ってあったのでご覧になった方も多いでしょうが、
> この、ダム湖の衛星写真。
> http://www.cesbio.ups-tlse.fr//?p=13872
>
> 画像を見ると、ほとんど水が抜けちゃっています。大災害になったのが、よくわかります。
>
> 「補助ダム」と報道されていたので、本ダムが満水になったときに、あふれそうに
> なる場所に小さな堰を作ったようなものかと想像していたのですが、かなり水圧のかかる
> 重要な部分が決壊したようです。
>
> 韓国企業だから、相当にいい加減な設計や施工をしたんでしょうね。



情報有難う御座います。探していた情報でした。感謝です。
これでミッシングリンクが繋がりました。

ズバリ言って日本では見たことのない形のダムです。上空から見るとヤツデの葉っぱのような形ですが、日本のダムなら同じような形でも小さな谷が集まって一つのダムになるので、水の流れる方向はダムの中心方向に向かいます。
この問題のダムは高原状の土地で谷が色んな方向に勝手に流れているのを一つずつせき止めたもの。だからダム湖の中心部は案外浅いんだと思います。
報道では「副ダム」と言われていますが、実態は「堰堤が幾つかに分割されている」ダムと言えるでしょう。

そしてこの工事は手抜き工事というより「設計自体から手抜き」ですね。特に厄介なのは破堤してみて分かったのですが、外見はロックフィルダムなのに実態はアースダム(小さな池の堤防と同じ工法)だったことです。
専門家が見るとこのプロジェクトは「修理不可能でゼロからやり直す以外方法がない」こんな結論になりそうな気がします。

この件は私もエントリーしようと思っていますが、相当恐ろしい結論になりそうです。
  1. 2018-07-28 06:37
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

SK建設ダム工期短縮でボーナス2000万ドルを獲得!ダム決壊後に韓国メディアが称賛記事を削除
http://deliciousicecoffee.jp/?no=7161#comment

※deliciousicecoffeeさんも記事にしていました。韓国企業のやり方には憤りを感じます。
  1. 2018-07-28 07:18
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigen さん

> SK建設ダム工期短縮でボーナス2000万ドルを獲得!ダム決壊後に韓国メディアが称賛記事を削除
> http://deliciousicecoffee.jp/?no=7161#comment
>
> ※deliciousicecoffeeさんも記事にしていました。韓国企業のやり方には憤りを感じます。



情報有難う御座います。
色々調べてみましたら、この工期短縮は多分日本への対抗意識が根にありそうです。
来年2月稼働開始予定で日本が巨大なダムを建設していまして、黒四ダムに匹敵するものです。
このダムが5月から試験湛水を始めていまして、多分韓国はこのダムより早く完成させることで韓国のほうが上だと言いたいようです。変なところで対抗意識丸出しで工事をしたのでしょう。

そして今エントリー準備中ですが、このダムは手抜きなんてものじゃない、実に酷いものです。
そしてラオスという事で旧宗主国のフランスも調査に乗り出しています。この問題は単なる杜撰工事の枠を超えたトンデモナイものになりそうです。
  1. 2018-07-28 18:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する