FC2ブログ

2018-06-25 09:55

座右の銘は面従腹背


 面従腹背を座右の銘にしていた人がいる。冗談や酒の席の戯言ではない、本人は真剣なのだという。
そして匿名のツィッターではさらに「右傾化を深く憂慮する一市民」という名前でトンデモナイ事を言っている。

2018-6-24前川助平 
https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%96%9C%E5%B9%B3

さてこんな奴なのだが、八幡和朗さんが自身のFBで問題の人のツィッターを取り上げている。

前川助平は自分の妹の旦那は元文科大臣、その父はあの中曽根大勲位である。その妹の義父に対し国会の証人喚問すべきだとか、もう言っていることが無茶苦茶。
スターリンもかくやと驚くような共産主義者である。
こんな人間が文科省の次官という、官僚のトップに上り詰めることが出来た。これは日本の官僚システムの崩壊と言って良い事案だと思う。

この件は政府として文科省の大改革をやらねばいけない引き金になったことは間違いなく、そんな意味で大変貴重な資料なので記録の為全文引用します。

おそらく文科省が今のまま残ることは難しいでしょう。内閣総理大臣に弓を引いた、しかもスターリンも驚くようなバリバリの共産主義者そんな人間を次官に選んだ組織が其の儘で済むはずがないからだ。

オッともう一つ、前川助平氏は聖徳太子抹殺を図ったらしく、前川助平が首になったら途端に「聖徳太子抹殺話」は無かった事になった。以下参照ください。
「聖徳太子の勝ち<追記あり」  2017-03-21
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1365.html

法隆寺夢殿の救世観音像、聖徳太子現身の像と伝えられ、千古の絶対秘仏とされてきた。
2018-6-24救世観音菩薩1 
https://kanagawabunnkaken.web.fc2.com/index.files/kobutuaikou/butuzouhakken/02gusekannon01.html

美しい仏像ですが、前川助平氏はこの目でにらまれ、その祟りの恐ろしさをこれから実感するでしょう。南無観世音菩薩、南無観世音菩薩・・・・。

閑話休題

さてその八幡和朗氏の話だが、私は同氏の功績は評価するものの、その八幡和朗氏は「江戸時代の日本は現代の北朝鮮と同じ」という「江戸暗黒史観」を主張している。私にはこの一点だけを見ても同氏の言説に胡散臭いものを感じている
例えば同氏のFBには最近もこんな記述が・・・
<以下引用>
江戸時代の日本の教育水準が高かったなどと笑止千万の都市伝説を信じている人がいるのは本当に困ったことである。識字率が高かったというのは、仮名ができる日本人の方が漢字数千字を操れる中国人や朝鮮人より多かったというだけだ。中国や朝鮮の官僚は科挙の合格者だが日本の武士は学校に通ったことがないほうが普通だった。
<引用終り>

こんな突っ込み所満載の文章はいちいちコメントしません。しかし私は400年以上前のご先祖様の書いた古文書を持っていますが、学校などは勿論なく、日夜戦乱に明け暮れた中でもしっかりした字を書いています。恐らく八幡和朗氏は事実より前に自分の信じる理念が先に来るのでしょう。危険な思想です。

まあそんな事なので引用文は八幡氏のFBから直接では無く、阿比留瑠偉さんのFBから引用させていただきます。

<以下阿比留瑠偉さんのFBより引用>
Follow

Rui Abiru shared a post.
22 hrs · 
 なんかすごく底が浅い人であることが分かる…

Kazuo Yawata
23 hrs

【現役時代の前川喜平氏がつぶやいていた強烈な面従腹背ツイート~妹の舅である中曽根元首相も猛攻撃】前川喜平氏がツイッターに「右傾化を深く憂慮する一市民」という名前の@brahmslover(ブラームス・ラバーというアカウントで強烈な私見をツイートしていたことが文春オンラインで書かれている。官僚が共産主義者であろうが、反天皇制であろうがそれを禁じる必要もないが、文部科学事務次官という仕事の内容からして、本人がこういう気持ちでは真っ当に職責を果たすことは難しかったと思う。文部科学行政が、民主主義というシステムを通して示された国民の政治的意思を無視して、極左ポピュリストに実質支配されたシマごとの岩盤規制を擁護している現状もこういう人が事務次官であることが許されているのでは、変革できるはずがない。
私は、官僚人事への政治介入はルールがあってしかるべきだと思う。それは、国民の政治的意思が円滑に反映されるような仕組みと、政権と違う考え方をする官僚も職を奪われることなく、待避線に入るなどして、キャリアに応じた待遇を維持できることが両立するものである。事務次官制度というのは、世界でほかに類をみないおかしな制度で、大臣は会長、事務次官が社長というシステムで、これが諸悪の根源というのが私の官僚時代から一貫した主張である(現役中にそれを書いていたので、一部の狭量な幹部から睨まれたが前川氏のような面従腹背は私の趣味ではない)。
それにしても、中曽根元首相の息子の義兄だということで良い待遇を受け事務次官に上り詰めた前川喜平が「中曽根康弘が『苦心して土人女を集めて』慰安所を作ったことは、本人が書き残している。存命のうちに国会に証人喚問して、どのような『苦心』をしたのか問い質すべきだ」とは、よくいうよというしかないが。。

(以下、コメント欄にリンクがあるブログから抜粋)

文春オンラインから

安保法制反対デモに参加した事務次官 前川喜平が語る「安倍政権下の“苦痛な仕事”」

――一市民という言葉が出ましたが、ツイッターに「右傾化を深く憂慮する一市民」という名前の@brahmslover(ブラームス・ラバー)というアカウントがあるんです。前川さんはクラシック音楽でブラームスがお好きと伺いましたが、これは前川さんのアカウントではないかという噂もあるんです。

前川 ああ、それ私ですよ(笑)。

※現在非公開に設定されている前川喜平のTwitterアカウント

右傾化を深く憂慮する一市民  「brahmslover」
自由と平等と友愛を原理とする社会の実現を求めています。

好戦的国家主義者の憲法改悪を許してはならない。平和憲法の真価が今問われている。
2012-12-18 23:47:03
安倍自民党総裁は君が代斉唱で仕事始めだと。なんとグロテスクなんだ。
2013-01-09 01:48:56
仮に天皇廃止を主張したとても何ら不利益を被らない社会でなければならない。
2013-01-09 01:56:54
ファシズムが忍び込んで来ている。精神の自由は絶対に譲らないぞ。
2013-01-09 02:00:07
愛国心はならず者の最後の拠り所。個人の尊厳を踏み躙るイデオロギーとは徹底的に闘わなければならない。
2013-01-24 23:05:29
集団的自衛権だと!?冗談じゃない!アメリカ十字軍のオイルとユダヤ人資本確保のための侵略聖戦を一緒に戦うなど、狂気の沙汰だ。
2013-01-25 01:36:58
ヒトラーは民主主義が産んだ独裁者だった。日本国民の皆さん、このドイツ国民が80年前に犯した過ちと同じ過ちを犯してはいけないのです。
2013-01-25 01:56:43
がんばれ竹富町!負けるな慶田盛教育長!
2013-03-03 19:52:08
↓沖縄県竹富町の教科書採択の件でのツイートかと。
ネット右翼諸君、君たちには確立された自己が無いから、国家だとか民族だとかに自己同一化するのだ。真に自己を確立した個人は、国家や民族の虚妄性を認識し、かかる観念を相対化できる強靭な精神をもっている。
2013-03-08 00:30:37
ネット右翼諸君、君たちは一個人として他者とコミュニケートすることができない人間だ。中国の人、韓国の人、アメリカの人、在日の人、様々なバックグラウンドの人たちと予断なく偏見なくつきあうことができないのだ。
2013-03-08 00:37:13
「教え子を再び戦場へ送るな」と言っていた日教組はどこへ行ってしまったのか?日本の教育が明らかに右傾化しつつあるのに。人権と平和が明らかに脅かされているのに。
2013-04-11 13:02:14
教育法学者や教育行政学者は、なぜ八重山教科書採択問題について文科省に対し抗議の声を上げないのだろう?日教組も文科省批判の委員長談話くらい出したらどうなんだ。
2013-04-24 02:02:08
「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に推薦。OUVについて見ても保全措置について見ても到底イコモスの審査を通るとは思えない。愚行と言おうか蛮行と言おうか。
2013-09-17 23:11:43
愛国心はならず者の最後のよりどころ。愛国心や国益を振り回す連中は、個人の尊厳を平気で踏みにじる。国家とは個人の尊厳を護るために作られた装置なのだ。
2013-10-13 22:42:56
靖国問題はまず日本国民の問題だ。国民を戦争へ駆り立てる装置だった靖国神社は、戦後真っ先に廃止すべきだったのだ。神殿を解体し鳥居を外し、「九段公園」とでも名付けてお花見の名所にすればよかったのだ。
2013-12-28 06:02:51
百田尚樹も長谷川三千子も、あたまおかしい。
2014-02-05 23:00:41
朝日新聞がかつての従軍慰安婦報道の誤りを認めたのは、遅すぎたとはいえ、良いことだ。しかし、ネトウヨや産経が鬼の首を獲ったように騒ぐのは不愉快だ。日本兵が戦地で行った数えきれない性暴力の事実は消えない。
2014-08-07 23:14:21
中曽根康弘が「苦心して土人女を集めて」慰安所を作ったことは、本人が書き残している。存命のうちに国会に証人喚問して、どのような「苦心」をしたのか問い質すべきだ。
2014-08-09 03:16:45
百田尚樹、故土井たか子氏を売国奴呼ばわり。なんと下劣な人間だろう。
2014-10-15 00:27:52
産経新聞を好んで読む人とは決して友だちにはなれません。ごめんなさい。
2014-12-20 11:11:48
人権、平和、民主主義、立憲主義を踏みにじる安倍極右政権を、未だに4割の国民が支持している。悲しい。
2015-06-24 13:34:29
いいぞ!いいぞ!制服向上委員会♪
2015-06-24 21:53:37
戦士者を「英霊」などと呼んではならない。彼らの死は無駄死にであり、軍国主義ファシズムの犠牲であり、尊敬ではなく憐憫の対象とすべきものである。靖国神社は敗戦後に廃止すべきだったのだ。
2015-09-05 13:16:44
アメリカがやったベトナム戦争は何だったんだ!イラク戦争は何だったんだ!正義なき戦争を仕掛けてあまりにも多くの罪なき人々を殺したではないか!
もう戦争はしないと誓ったこの国を、アメリカと一緒に戦争する国には絶対にしたくないのだ!
2015-09-17 22:46:52
権力を私物化する安倍政権。
「権力は腐敗する」を実証している。
2017-03-26 07:22:58
安倍右翼政権を脱出し、僕は本当に1市民になった。空を飛ぶ鳥のように自由に生きる。
2017-03-26 07:37:36
面従腹背さようなら。
2017-03-26 07:59:57
森友学園への①財務省による不当な国有財産売却と②大阪府による不当な学校設置認可適当の判断とは、みごとにシンクロナイズされている。
この背景に大きな権力があることは、明らかだ。
松井一郎・菅義偉の改憲枢軸が怪しい。
2017-03-26 08:25:26
森友学園問題も加計学園問題も明治産業遺産も、身内やお友達のために権力が濫用された結果だ。
2017-03-26 15:15:48
お友達(加計孝太郎)のお友達(木澤克之)を最高裁判事に任命したのは、まさに縁故主義の極みだ。
2017-03-26 15:18:06
お友達(加藤康子)のために、公正なルール(文化審議会)をすっ飛ばし、官邸主導で明治産業遺産をユネスコ世界遺産に押し込んだのも、権力の私物化の表れだ。
2017-03-26 15:22:07
国家戦略特区の仕掛けを造り上げ、「岩盤規制の突破」という大義名分のもとを、人獣共通感染症対策などを口実にして、お友達(加計孝太郎とその息子)のために、嫌がる文部科学省に無理矢理「1校限りの獣医学部新設」という超特別扱いを認めさせたのも、国家権力私物化の極みである。
2017-03-26 15:30:31
国家権力をしゃぶり尽くす術に長けた官僚上がりの側近たち(今井尚哉、和泉洋人など)が、権力中枢にいて、この権力私物化メカニズムを動かしている。
2017-03-26 15:39:09
学校で児童・生徒に教育勅語を朗読させてもかまわないと義家副大臣。冗談じゃない!
2017-04-07 21:45:59
教育勅語は、天皇家をご本家とする家族国家の観念に立っている。家父長制家族制度とも一体のものだ。忠と孝とで国民を家族国家に縛り付ける道徳だ。それを「我が国体の精華」などと言っているのだ。そんな虚構を信じ込ませる教育など、「教育」の名に値しない。
2017-04-07 22:07:38
今日のあつぎえんぴつの会は、前川先生の憲法講義。代表の岩井さんが「あたらしい憲法の話」の抜き刷りと振り仮名付きの前文を、教材として用意してくれた。
2018-02-08 17:19:09
夜間中学をひろげようin兵庫に参加。夜間中学生3人の発表に感動。夜間中学の必要性を再確認。草さん、桜井さん、松原さんら実行委員会の方々に感謝。
2018-02-12 22:45:01
大阪ABCラジオで、谷口真由美さんたちと「谷口学園」の収録。お批判の作法について。楽しかった。放送は3月18日16時。
2018-02-19 22:10:03
昨日はお昼に東京を出発して福島へ。16時過ぎに福島を出発して新函館北斗経由で札幌に着いたのは23:40。7時間半の鉄道の旅だった。
今日は、国際女性デーに参加する。
2018-03-08 11:26:44
アパホテルには、絶対泊まりません。
2018-03-17 00:31:52
千年後には「日本人」は絶滅する。血が繋がった子孫だけを「日本人」と考える限り。
2018-03-17 18:08:49
<引用終り>

  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

漂流している

前川さん職を離れてヒマになったのではないですか。

定年後の離職人に見られる漂流感。
紙クズだけに水に漂う印象が浮かびます。
  1. 2018-06-25 18:58
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

八幡和郎氏について

八幡氏は蓮舫の二重国籍疑惑を最初に提起して有名になった人ですが、私はその前からこの人のことを知っていました。
かつて、CS放送には「朝日ニュースター」という朝日新聞系のニュースチャンネルがあって、この人は、それによく出演していたんです。当然、その頃は左巻きな事を言ってました。
この人は「歴代総理の通信簿」という、日本の歴代の総理大臣をランク付けした本も書いていますが、はっきり言ってトンデモ本です。

歴代総理の通信簿 間違いだらけの首相選び (PHP新書) 新書 – 2006/8/17 八幡 和郎 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569654614/

>商品の説明 内容紹介
>主な格付け例——Aランク:伊藤博文、原敬、幣原喜重郎、吉田茂、池田勇人など/Bランク:山県有朋、犬養毅、佐藤栄作、細川護煕、橋本龍太郎、小渕恵三など/Cランク:高橋是清、浜口雄幸、中曽根康弘、宮沢喜一、村山富市など/Dランク:寺内正毅、田中角栄、鈴木善幸、竹下登、小泉純一郎など/Eランク:大隈重信、近衛文麿、東条英機など

>カスタマーレビュー
>後、李氏朝鮮が自主独立で経済発展した可能性が皆無でない以上、その可能性を否定するのは失礼というべきだとさ。同時代の李氏朝鮮の方が江戸時代よりはるかに・・・その論法だったら、散々こき下ろしている、江戸幕府や徳川方の人物にもその論法をあてはめたら?。著者の論調は、外国や外国人にたいしては、態度を変えるようだ。

歴代総理の通信簿 (PHP文庫) 文庫 – 2013/11/5 八幡 和郎 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569760902/

>カスタマーレビュー
>かの菅直人、鳩山由紀夫内閣よりも第1次安倍内閣への低評価はどうみてもおかしい。最近は保守的な論調に見えるが、実は左翼リベラル万歳の変人の書。
  1. 2018-06-26 06:46
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

なぜ、前川のような人間が日本にでてきたのか?
その生い立ちに興味がでてきました。
1955年生まれ。受験戦争の初期の時代?戦後教育?

中曽根の娘との結婚も損益を考えての行動と考えて間違いないと思います。ああいうのは意外に簡単ですから。こういう思想の人間がいなくなると良いのだが、団塊世代に山ほどいそうな気がします。

  1. 2018-06-26 11:41
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

Re: 漂流している

> 前川さん職を離れてヒマになったのではないですか。
>
> 定年後の離職人に見られる漂流感。
> 紙クズだけに水に漂う印象が浮かびます。



漂流感、確かにそうなんでしょうね。
何か歌の文句に色々ありそうな・・・
〽 病葉(わくらば)を 今日も浮かべて~~
前川も病葉(わくらば)ですね。いや朽葉(くちは)かな。
  1. 2018-06-26 16:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 八幡和郎氏について

> 八幡氏は蓮舫の二重国籍疑惑を最初に提起して有名になった人ですが、私はその前からこの人のことを知っていました。
> かつて、CS放送には「朝日ニュースター」という朝日新聞系のニュースチャンネルがあって、この人は、それによく出演していたんです。当然、その頃は左巻きな事を言ってました。
> この人は「歴代総理の通信簿」という、日本の歴代の総理大臣をランク付けした本も書いていますが、はっきり言ってトンデモ本です。
>
> 歴代総理の通信簿 間違いだらけの首相選び (PHP新書) 新書 – 2006/8/17 八幡 和郎 (著)
> https://www.amazon.co.jp/dp/4569654614/
>
> >商品の説明 内容紹介
> >主な格付け例——Aランク:伊藤博文、原敬、幣原喜重郎、吉田茂、池田勇人など/Bランク:山県有朋、犬養毅、佐藤栄作、細川護煕、橋本龍太郎、小渕恵三など/Cランク:高橋是清、浜口雄幸、中曽根康弘、宮沢喜一、村山富市など/Dランク:寺内正毅、田中角栄、鈴木善幸、竹下登、小泉純一郎など/Eランク:大隈重信、近衛文麿、東条英機など
>
> >カスタマーレビュー
> >後、李氏朝鮮が自主独立で経済発展した可能性が皆無でない以上、その可能性を否定するのは失礼というべきだとさ。同時代の李氏朝鮮の方が江戸時代よりはるかに・・・その論法だったら、散々こき下ろしている、江戸幕府や徳川方の人物にもその論法をあてはめたら?。著者の論調は、外国や外国人にたいしては、態度を変えるようだ。
>
> 歴代総理の通信簿 (PHP文庫) 文庫 – 2013/11/5 八幡 和郎 (著)
> https://www.amazon.co.jp/dp/4569760902/
>
> >カスタマーレビュー
> >かの菅直人、鳩山由紀夫内閣よりも第1次安倍内閣への低評価はどうみてもおかしい。最近は保守的な論調に見えるが、実は左翼リベラル万歳の変人の書。



情報有難う御座います。
歴代総理の通信簿をちらっと垣間見ただけで八幡和朗氏の本質が見えてきました。まあ今内輪もめしても仕方ないのであえて論評しませんでしたが、八幡氏のFBの文章を直接では無く阿比留瑠偉氏のFBからとってきたのはちょっと思う所が有ったんです。

阿比留瑠偉さんは「なんかすごく底が浅い人であることが分かる…」と書いて八幡氏の前川に関するFB記事を引用していますが、この底の浅い人というのはちょっと目には前川助平の事のように見えますが、よく見ると八幡和朗氏のことも言っているかもしれない。
どうなんでしょうか(苦笑)。
  1. 2018-06-26 17:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> なぜ、前川のような人間が日本にでてきたのか?
> その生い立ちに興味がでてきました。
> 1955年生まれ。受験戦争の初期の時代?戦後教育?
>
> 中曽根の娘との結婚も損益を考えての行動と考えて間違いないと思います。ああいうのは意外に簡単ですから。こういう思想の人間がいなくなると良いのだが、団塊世代に山ほどいそうな気がします。



この問題提起は私も大いに興味がありまして、実は私は団塊の世代の更に上。そして私と同年代の連中と話をすると、全く同じ傾向の返事が返ってきます。今の自民党が日本の今日を作ってきたことを認めながらも内心反自民。
政治なんか誰がやっても同じだからちょっと反自民勢力に入れてやれと思っている。

私はこんな年代の問題点はイザナギ景気とかその後の安定成長期で順調に給料が上がってきた経験を持っている。この成功体験が現状に対する不満に繋がっている、こう見ています。
特に問題なのは「俺たちも頑張ったけど、この頃は給料が毎年上がってきた。しかし今はいくら頑張ってもまったく給料が上がらんじゃないか」、こんな感覚を持っている事なんですね。この言葉の後ろに「だからアベが悪いんだ」となるわけで、本当に困ったものです。

この件は何とか今纏めようと思っています。
総論はともかくとして、では具体的にどうするか、これが一番の難関です。
ベストは総論から出発して、個人の今日やることレベルまで具体化できれば良いのですが、そこまでは大変ですね。
  1. 2018-06-26 17:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

早大の政経学部入試で「数学」必須へ。加速する世界の「数学化」
https://www.mag2.com/p/news/363603

VISION:なぜ早大は政経学部の入試で「数学」を必須にするのか?

なぜこのタイミングで数学を必須にしたのだろう?

「そうしないと世界との競争に負けてしまうから」である

AIも仮想通貨も、すべてはプログラミングの世界の出来事だ。そして、そのプログラミングを根底で支えているのは、当然のことながら「数学」なのである。

「これからの世界では、プログラミングと数学の技能に秀でていない限り、社会の舵取りなど不可能だ」という、第四次産業革命の厳しい宿命があるわけだ。

国や企業が進路を誤らないためには、ワードやエクセルが使える程度のコンピュータ・リテラシーでは全然足りない。AIを怖がらず、自らの「外部脳」として使いこなせるだけの能力が必須なのだ。

※髙橋洋一氏の『「文系バカ」が、日本をダメにする。なれど“数学バカ”国難を救うか』という本が面白かったです。IYI(Intellectual Yet Idiot)というのは「文系バカ」でしょうね。
前川なんて、まさしくそんな感じですね。
  1. 2018-06-29 06:51
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 早大の政経学部入試で「数学」必須へ。加速する世界の「数学化」
> https://www.mag2.com/p/news/363603
>
> VISION:なぜ早大は政経学部の入試で「数学」を必須にするのか?
>
> なぜこのタイミングで数学を必須にしたのだろう?
>
> 「そうしないと世界との競争に負けてしまうから」である
>
> AIも仮想通貨も、すべてはプログラミングの世界の出来事だ。そして、そのプログラミングを根底で支えているのは、当然のことながら「数学」なのである。
>
> 「これからの世界では、プログラミングと数学の技能に秀でていない限り、社会の舵取りなど不可能だ」という、第四次産業革命の厳しい宿命があるわけだ。
>
> 国や企業が進路を誤らないためには、ワードやエクセルが使える程度のコンピュータ・リテラシーでは全然足りない。AIを怖がらず、自らの「外部脳」として使いこなせるだけの能力が必須なのだ。
>
> ※髙橋洋一氏の『「文系バカ」が、日本をダメにする。なれど“数学バカ”国難を救うか』という本が面白かったです。IYI(Intellectual Yet Idiot)というのは「文系バカ」でしょうね。
> 前川なんて、まさしくそんな感じですね。



何時も貴重な情報、有難う御座います。
世界の競争は厳しいです。日本の文系の力では到底世界と渡り合えません。
私は世界を股にかけてというほど知っている訳ではありませんが、欧米の技術者と話してみればすぐ分かります。
数学の知識は基礎の基礎。それを痛感しますね。

それから日本の数学力は本当は江戸時代、世界最先端だった。
この基礎が有るからこそ、明治になって欧米の先端技術が入ってきても対応できた。そう思っています。

  1. 2018-06-30 21:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

少し皆さん勘違いしてないでしょうか。

文系バカというのは数学が完全に駄目で社会しか出来ない、そういう人間を表してるんだと思います。
でも日本社会の指導層らしい一流国立大学出身者はかなり数学をやっていますよ。

この面従腹背、前川助平にしたところで1955年生まれの東大法卒ですから同年代の文系よりも遥かに数学はやってるはずです。他にも別に東大とは言いませんが50年代生まれで大学入試でまともに文系数学をやったというのは圧倒的に少数派です。

その後共通一次とやらでみんなが数1までは演るようになったのですがそれで日本の学生の数学的素養が高くなったとはとても思えませんでしたね。要は受験勉強が点数稼ぎに終わり教養のもとになってないというのが最大の問題なんだと思うのです。
最近本屋では世界史の基礎本が本当に目立つようになりました。あまつさえ山川の教科書があるくらいです。

何故かわかりませんでしたが共通テストのアラカルト方式になってからまともに世界史やってない連中がごマントいるのだと知りました。こうなると知識以前です。文系バカですが文系もバカなんでしょう。文系馬鹿以前の問題なんだから話にもなりません。


小生は文化系ですが数学はきちんとやったと思ってます。何しろ電気主任技術者の資格はあるので数学は必須でしたから…
ただそれだってほとんど全ては受験勉強の力でした。新しくやったこともありますが殆どは昔のナンタラですみました。
微分方程式くらいでしたかね。

だから数学的素養って一体何なの?と大いに問いたいのですよ。
数学しか出来ない理系バカは本当の専門バカですから特定の仕事をやらせておけばいいんです。専門家と煽てられてばかにされてることも知らずに喜々として仕事やってくれますからね。

詰まりは高校数学程度がわかるからって数学的素養があるなんてちっとも思えないんです。

ある人が書いていましたが数学が分かってるかどうかはオイラーの定理が理解できるかどうかだとありました。

そこで小生の友人で某大学の数学の講師を勤め数学的素養が十分の男に聞いたことがあります。

「オイラーの定理って理解できる?どうしてああいうことが考えられるの?」

そいつはバカではなく小生の言わんとする事は完全に瞬時に理解してこう言いました。

「わかるわけねんだろう。あんなもん。そんなことはオイラーに聞いてくれ。もちろん証明もできるし応用もできる。でもなぜあんなことを考えついたか全くの謎だ」でした。

ここまでいろいろ考えてきたんですが数学は特に純粋数学は実体のない論理の世界です。数学の力っていうのはそういう実体のない論理の世界を操る能力なんだろうとしか思えないのです。

高校レベルの数学なんてそんなものとは無関係、勉強すれば誰だってできると思います。計算力と当たり前の論理的な能力がないのが問題なんです。そしてその程度のものは当たり前の文系バカだって持ってます。

問題はおそらく受験勉強でも何でもいいのですがそういう知識が全く実務に生きない知恵のなさなんでしょう。要は知識以前の利口か馬鹿かの問題なんです。

taigenさんが早稲田の政経が数学を必須にしたということを話題にしてましたが、本音は書かれているような高尚なものじゃあありません。早稲田と慶応はその政経と経済は必ず受験日を調整してかぶらないようにしてきました。そして両校とも東大、一橋の併願校です。連中は数学は必須ですから数学の試験は受けずとも成績は担保されていたのです。

ちなみに早稲田では数学の試験自体はずっとあるはずです。実は理科系の国立併願組が結構受けていたんです。社会受けずの英数国ですからね。だから探せば結構いるはずなんです政経、理工と東大受かったっていう理科系が…

しかも今回のケース数1だけだそうです。だから国立の併願以外の連中が来るのでよほどの馬鹿が来て困るというのが本音です。大学入試程度の数学で数学的素養とやらがつくならば共通テスト以来日本人の数学的素養は大いに向上したはずです。

まあゆとりで馬鹿になったとは聞きますがそういうことは全く聞いたことがありません。

言いたいことは、おそらく皆が考えている文系バカという人々はそれ内以上の数学的素養がある人々です。

今必要なのはそんな能力と全く別物なんだということは知っとく必要があると思っています。











  1. 2018-07-03 18:46
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

ビーチ前川さんも霞んでしまいますかね(笑)

文部科学省局長を受託収賄容疑で逮捕 東京地検特捜部
http://www.sankei.com/affairs/news/180704/afr1807040026-n1.html


何かが裏で動いているのでしょうか?
  1. 2018-07-04 18:39
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

To:勃ちあがれ日本人 さん

> ビーチ前川さんも霞んでしまいますかね(笑)
>
> 文部科学省局長を受託収賄容疑で逮捕 東京地検特捜部
> http://www.sankei.com/affairs/news/180704/afr1807040026-n1.html
>
>
> 何かが裏で動いているのでしょうか?



ズバリ! 聖徳太子の祟り、間違いありません(笑)。
本文の写真の救世観音像が明治の初めころ長い封印から世に出てきたとき、全身に白い布が巻かれていました。その長さ、数百メートルだったと記憶しています。布は木綿でした。
木綿は室町時代中頃、日本にやってきたものです。だからこの白布でぐるぐる巻きにされたのは江戸時代初期と言われています。
その頃にも何か聖徳太子がお怒りになることが起こったのでしょう。

冗談はともかく、この事件は文科省解体の号砲になったと思います。真の狙いは極左過激思想の持ち主が文科省にゴロゴロいた。そして時の首相に弓を引いたのがその極左が昇りつめた官僚のトップ、こんな事に報復が無いと考えるなら、それこそ脳内お花畑としか言えませんから。
ビーチ前川は退職したから俺は知らん、こう言いたいと思いますが、これで許されるとは到底思えません。中曽根家も含め大問題に発展しそうな予感がします。
  1. 2018-07-05 07:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:Kazk さん

> 少し皆さん勘違いしてないでしょうか。
>
> 文系バカというのは数学が完全に駄目で社会しか出来ない、そういう人間を表してるんだと思います。
> でも日本社会の指導層らしい一流国立大学出身者はかなり数学をやっていますよ。
>
> この面従腹背、前川助平にしたところで1955年生まれの東大法卒ですから同年代の文系よりも遥かに数学はやってるはずです。他にも別に東大とは言いませんが50年代生まれで大学入試でまともに文系数学をやったというのは圧倒的に少数派です。
>
> その後共通一次とやらでみんなが数1までは演るようになったのですがそれで日本の学生の数学的素養が高くなったとはとても思えませんでしたね。要は受験勉強が点数稼ぎに終わり教養のもとになってないというのが最大の問題なんだと思うのです。
> 最近本屋では世界史の基礎本が本当に目立つようになりました。あまつさえ山川の教科書があるくらいです。
>
> 何故かわかりませんでしたが共通テストのアラカルト方式になってからまともに世界史やってない連中がごマントいるのだと知りました。こうなると知識以前です。文系バカですが文系もバカなんでしょう。文系馬鹿以前の問題なんだから話にもなりません。
>
>
> 小生は文化系ですが数学はきちんとやったと思ってます。何しろ電気主任技術者の資格はあるので数学は必須でしたから…
> ただそれだってほとんど全ては受験勉強の力でした。新しくやったこともありますが殆どは昔のナンタラですみました。
> 微分方程式くらいでしたかね。
>
> だから数学的素養って一体何なの?と大いに問いたいのですよ。
> 数学しか出来ない理系バカは本当の専門バカですから特定の仕事をやらせておけばいいんです。専門家と煽てられてばかにされてることも知らずに喜々として仕事やってくれますからね。
>
> 詰まりは高校数学程度がわかるからって数学的素養があるなんてちっとも思えないんです。
>
> ある人が書いていましたが数学が分かってるかどうかはオイラーの定理が理解できるかどうかだとありました。
>
> そこで小生の友人で某大学の数学の講師を勤め数学的素養が十分の男に聞いたことがあります。
>
> 「オイラーの定理って理解できる?どうしてああいうことが考えられるの?」
>
> そいつはバカではなく小生の言わんとする事は完全に瞬時に理解してこう言いました。
>
> 「わかるわけねんだろう。あんなもん。そんなことはオイラーに聞いてくれ。もちろん証明もできるし応用もできる。でもなぜあんなことを考えついたか全くの謎だ」でした。
>
> ここまでいろいろ考えてきたんですが数学は特に純粋数学は実体のない論理の世界です。数学の力っていうのはそういう実体のない論理の世界を操る能力なんだろうとしか思えないのです。
>
> 高校レベルの数学なんてそんなものとは無関係、勉強すれば誰だってできると思います。計算力と当たり前の論理的な能力がないのが問題なんです。そしてその程度のものは当たり前の文系バカだって持ってます。
>
> 問題はおそらく受験勉強でも何でもいいのですがそういう知識が全く実務に生きない知恵のなさなんでしょう。要は知識以前の利口か馬鹿かの問題なんです。
>
> taigenさんが早稲田の政経が数学を必須にしたということを話題にしてましたが、本音は書かれているような高尚なものじゃあありません。早稲田と慶応はその政経と経済は必ず受験日を調整してかぶらないようにしてきました。そして両校とも東大、一橋の併願校です。連中は数学は必須ですから数学の試験は受けずとも成績は担保されていたのです。
>
> ちなみに早稲田では数学の試験自体はずっとあるはずです。実は理科系の国立併願組が結構受けていたんです。社会受けずの英数国ですからね。だから探せば結構いるはずなんです政経、理工と東大受かったっていう理科系が…
>
> しかも今回のケース数1だけだそうです。だから国立の併願以外の連中が来るのでよほどの馬鹿が来て困るというのが本音です。大学入試程度の数学で数学的素養とやらがつくならば共通テスト以来日本人の数学的素養は大いに向上したはずです。
>
> まあゆとりで馬鹿になったとは聞きますがそういうことは全く聞いたことがありません。
>
> 言いたいことは、おそらく皆が考えている文系バカという人々はそれ内以上の数学的素養がある人々です。
>
> 今必要なのはそんな能力と全く別物なんだということは知っとく必要があると思っています。



色々詳細な説明有難う御座います。
私は所謂「文系バカ」についてはこう考えています。
文系の問題は「答えは先人の書いた文献の中に書いてある。だからそれを記憶していれば世の中渡っていける」、こんな考え方で諸問題に取り組むことでは無いかと思っています。つまり自分で考えないのです。
教育の問題でも、「〇〇が問題だ。デハ欧米はどうなっているか調べよう。良い所を真似すればOKだ」、こう考える手合いが今でもゴマンといます。何か「出羽の守」という名前らしい・・・。
こんな問題から文系不要論が出てくるのだと思います。

実はこの問題は日本が戦後の復興期から高度成長期、「追いつき追い越せ」を合言葉にしてきました。明治維新後も同じでした。この追いつき追い越せ(キャッチアップと言ってもいい)が日本の成長の原動力でしたが、追いつき追い越して先頭に立った時のことは過去の成功事例では教えてくれません。ここからは創造力社会になりますが、こんな時、過去の事例に拘る文系は不要という事が出てくるわけです。

こんな事が私が次の世代に残せるメインテーマになると思って、何とかまとめたいと思っていますが、話が哲学・思想・宗教の話になったり、技術開発の問題になったり・・・、支離滅裂ですね(笑)。道は遠いです。
私が尊敬する数学者ガロアの言葉、「僕には時間がない」、今はそんな心境です。
  1. 2018-07-05 08:19
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 おはようございます。

【人事】文部科学省(2016年6月21日)http://relocation-personnel.com/?s=%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%A4%AAを見ると、事務次官に前川氏、官房長に今話題の佐野氏、政権に批判的な講演を行っている前川氏、部下の不祥事で出番も激減しそうです。

 それにしても我が子を収賄の具にするとは、何とも情けない次官候補です。
  1. 2018-07-05 11:04
  2. URL
  3. inkyo #yNKEkr8c
  4. 編集

Re:  おはようございます。

> 【人事】文部科学省(2016年6月21日)http://relocation-personnel.com/?s=%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%A4%AAを見ると、事務次官に前川氏、官房長に今話題の佐野氏、政権に批判的な講演を行っている前川氏、部下の不祥事で出番も激減しそうです。
>
>  それにしても我が子を収賄の具にするとは、何とも情けない次官候補です。



何時も情報有難う御座います。
なるほどねえ、これでビーチ前川の出番が一層制限される。良い事です。
しかしこんなものを見ると、つくづく文科省は自浄能力のない組織ですね。

私はモノづくりをやっていたのですが、現場に自浄能力を持たせるのは実に至難の業。しかしこれが無いと決して進歩しません。
例えば品質公寿と言っても、第一線の現場に自分の所に問題が有るかどうか自分でチェックし、自分で治す。こんなものが育たないと駄目なんです。そしてカッコいいことを言いますが、そんな事を徹底するには、まず明確な目標やポリシーが高く掲げられないと話にならない。そんなことを痛感してきました。

恐らく文科省という組織には「大きな目標やポリシー」、こんなものは薬にしたくても無い、こんな現実なのでしょう。
道は遠いですが、事ここまで来てしまえば最早文科省解体・再出発は避けられませんね。
  1. 2018-07-05 13:26
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

出羽守は

文系バカとは関係がないでしょう。

おそらくは現在の日本が置かれてる状況というのは、世界の誰もが経験したことのない状況だと思います。こういうところで、

「前例がありませんので…」

などとほざいてるバカが居る事自体が問題なんです。日本の官僚が無能になったように見えるのは世界にロールモデルがなくなったからです、自分の頭で考えるとなれば入試の偏差値が50でも70でも大きな差はないのです。前例のないことを考える、ありえないことを考える、というのは重要なことでしょう。

これは、新技術の発見だとか、フットボールの新戦術を考え出すとかと同じで、常識を忘れて何でも考えてみるというような柔軟性が必要です。そして実態のない概念の世界を操ることが必要だと思います。

数学は実体概念とは離れたところで論理を構築するものです。これが恐ろしく出来ないのだということは簡単にわかります。

塾教師をやってるときに兆という単位を実感させることが結構難しかったことを覚えています。

「一日100万円すつ使ったら1兆円使うのに何年くらいかかるかな?計算せずに感覚で答えてみろ」

と言ったときに正解を出せたやつはほとんど皆無でした。これは偏差値が70でも50でも変わりませんでしたね。70のやつの中にはすばやく計算して嘘だろという顔したやつはいましたが、感覚としてわかるやつはいませんでしたね。これは大人でも一緒でした。

冗談抜きに日本の経済政策がうまく行かなくなったのは使う単位が億から兆が主流になったからじゃないかと思ってるくらいです。

普通の人間には本来実体のある兆という単位が実体として把握できないのです。だから官僚諸氏もわからなくなってるんです。
だから1/1000デノミでもやれば少しは実感が湧くんじゃないか、そうすれば少しはまともになるんじゃないでしょうか。

こういう簡単なことが数学的素養だと思うのです。

まあ、小生に言わせればまともな論理が構築できない連中が多いほうがよほど問題だとは思うのですがね。
  1. 2018-07-08 14:00
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

前提条件

聖徳太子が祟るかどうかは分かりませんが、厩の皇子と呼称を変えようとしたり、他にもいろいろやらかしてきた連中ですから、反感は買っているでしょうねえ。

ところで、ビーチ前川について、先日高橋洋一先生が放言BARリークスで言われていました。

「内閣の記録にもあるが、(ビーチ)前川氏を呼んで説明させたら、こちらの質問に同じ様な事を
何回も言うので『もう貴方結構です』と言ってお引き取りを願ったことがある。
あんなのでも、ちゃんと説明をしたと、文科省の中では評価が高いのだ」そうです。

基本的に高橋先生のビーチさんへの評価は相当低いです。

また、ちょっと昔までは外務省が「国益を口に出すのが下品」だったとか。
憲法前文にあるような、お花畑概念(私は口にしたくもないのですが)を追及して行くのが外交だったようです。

その典型が、「相手の嫌がる事をしない」という、おサル首相
親が「人の生命は地球よりも重い」とかいってテロリスト支援した親子でしょうか。


おサル親子が特段の悪人でもないですし、首相になっている人ですから
理想に裏打ちされたエゴを是としてきた政府路線を踏襲しただけだったようです。


文科省、外務省、罪務省、不祥事が続きますが、根本は「お花畑を実現する、いい子ちゃん路線」が支配しているようですね。

だから、日本の国益の上に、良い子ちゃん路線があり
国益を平気で損ねるし、国益を追求しては憲法にあるような理想を実現できない。


という行動原理なのだと思います。

共産主義と非常に近い気がします。
戦う姿勢が有るだけ共産主義の方がマシかも。



単純に官僚は反日かと思っていたのですが、全員が支那朝鮮の犬という訳では有る筈がないので
色々な人(特に内部にいた人の話)を聞いていくと
最近、そういう認識になってきました。


結論:憲法前文が諸悪の根源です。

其の後に9条が有るので、前提条件を潰さなければ
(諸国が日本と同じ平和を希求するとか価値観を有してるいう条件が違っていた場合の対策を挙げていないので)
何やっても(9条改正しても)一時しのぎでダメなのですが

それを言う人が居なくて残念です。

※櫻井よしこさんが、プライムニュースで言っていた事もありますが。
  1. 2018-07-08 14:12
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

Re: 出羽守は

> 文系バカとは関係がないでしょう。
>
> おそらくは現在の日本が置かれてる状況というのは、世界の誰もが経験したことのない状況だと思います。こういうところで、
>
> 「前例がありませんので…」
>
> などとほざいてるバカが居る事自体が問題なんです。日本の官僚が無能になったように見えるのは世界にロールモデルがなくなったからです、自分の頭で考えるとなれば入試の偏差値が50でも70でも大きな差はないのです。前例のないことを考える、ありえないことを考える、というのは重要なことでしょう。
>
> これは、新技術の発見だとか、フットボールの新戦術を考え出すとかと同じで、常識を忘れて何でも考えてみるというような柔軟性が必要です。そして実態のない概念の世界を操ることが必要だと思います。
>
> 数学は実体概念とは離れたところで論理を構築するものです。これが恐ろしく出来ないのだということは簡単にわかります。
>
> 塾教師をやってるときに兆という単位を実感させることが結構難しかったことを覚えています。
>
> 「一日100万円すつ使ったら1兆円使うのに何年くらいかかるかな?計算せずに感覚で答えてみろ」
>
> と言ったときに正解を出せたやつはほとんど皆無でした。これは偏差値が70でも50でも変わりませんでしたね。70のやつの中にはすばやく計算して嘘だろという顔したやつはいましたが、感覚としてわかるやつはいませんでしたね。これは大人でも一緒でした。
>
> 冗談抜きに日本の経済政策がうまく行かなくなったのは使う単位が億から兆が主流になったからじゃないかと思ってるくらいです。
>
> 普通の人間には本来実体のある兆という単位が実体として把握できないのです。だから官僚諸氏もわからなくなってるんです。
> だから1/1000デノミでもやれば少しは実感が湧くんじゃないか、そうすれば少しはまともになるんじゃないでしょうか。
>
> こういう簡単なことが数学的素養だと思うのです。
>
> まあ、小生に言わせればまともな論理が構築できない連中が多いほうがよほど問題だとは思うのですがね。




「現在の日本が置かれてる状況というのは、世界の誰もが経験したことのない状況」、これは事実だと思っています。
その上で各論として「ではどうするか」、これが難問です。
ただ単に未知のものに取り組めと言っても、どうしたらいいのか具体的に教えてくれ、こんな返事しか返ってきません。

こんな時必要なのは、「大きな目標、ポリシー、理念」こんなものがどうしても必要でしょう。その上で具体的な各論を展開せねばいけないと思っています。
こんな時、いろんな企業が『創業の精神に立ち返って』を合言葉にしますが、この大きなポリシーを考えるうえで一番いいからだと思います。
そんな事を踏まえて、やはり未知の世界に「飛ぶ」、そんな事を今の若い人にもどんどんやってほしい。そうなったとき、では我々はどうすればいいかとなるのですが、心が若ければ何時までも若者で良いのではないでしょうか。
  1. 2018-07-09 12:24
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 前提条件

> 聖徳太子が祟るかどうかは分かりませんが、厩の皇子と呼称を変えようとしたり、他にもいろいろやらかしてきた連中ですから、反感は買っているでしょうねえ。
>
> ところで、ビーチ前川について、先日高橋洋一先生が放言BARリークスで言われていました。
>
> 「内閣の記録にもあるが、(ビーチ)前川氏を呼んで説明させたら、こちらの質問に同じ様な事を
> 何回も言うので『もう貴方結構です』と言ってお引き取りを願ったことがある。
> あんなのでも、ちゃんと説明をしたと、文科省の中では評価が高いのだ」そうです。
>
> 基本的に高橋先生のビーチさんへの評価は相当低いです。
>
> また、ちょっと昔までは外務省が「国益を口に出すのが下品」だったとか。
> 憲法前文にあるような、お花畑概念(私は口にしたくもないのですが)を追及して行くのが外交だったようです。
>
> その典型が、「相手の嫌がる事をしない」という、おサル首相
> 親が「人の生命は地球よりも重い」とかいってテロリスト支援した親子でしょうか。
>
>
> おサル親子が特段の悪人でもないですし、首相になっている人ですから
> 理想に裏打ちされたエゴを是としてきた政府路線を踏襲しただけだったようです。
>
>
> 文科省、外務省、罪務省、不祥事が続きますが、根本は「お花畑を実現する、いい子ちゃん路線」が支配しているようですね。
>
> だから、日本の国益の上に、良い子ちゃん路線があり
> 国益を平気で損ねるし、国益を追求しては憲法にあるような理想を実現できない。
>
>
> という行動原理なのだと思います。
>
> 共産主義と非常に近い気がします。
> 戦う姿勢が有るだけ共産主義の方がマシかも。
>
>
>
> 単純に官僚は反日かと思っていたのですが、全員が支那朝鮮の犬という訳では有る筈がないので
> 色々な人(特に内部にいた人の話)を聞いていくと
> 最近、そういう認識になってきました。
>
>
> 結論:憲法前文が諸悪の根源です。
>
> 其の後に9条が有るので、前提条件を潰さなければ
> (諸国が日本と同じ平和を希求するとか価値観を有してるいう条件が違っていた場合の対策を挙げていないので)
> 何やっても(9条改正しても)一時しのぎでダメなのですが
>
> それを言う人が居なくて残念です。
>
> ※櫻井よしこさんが、プライムニュースで言っていた事もありますが。



なる程、いい子ちゃん路線が官僚を蝕んでいるのですか。良く分かります。特におサルさん親子、こいつらは何ともならないアホ。しかし、そんなアホに日本を牛耳られ、未だにあちこちでその害毒を流されている。

私はこんな時、江戸時代260年がどうしてそんな腐敗・堕落に落ちることなく、幕末から明治になって一気に西欧に追いつけたか、この理由をもう一度学ばねばいけないと思っています。
突き詰めていくと、やはり役に立つ人間は「武人、実践人」でした。今に繋がることだと思っています。
  1. 2018-07-09 12:33
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する