FC2ブログ

2018-02-16 18:13

季節の足音

 一昨日、たまたま「ふきのとう」が手に入った。
寒い寒いと言っているうちにいつの間にか季節は移ってゆく。

フキノトウ
2018-2-16フキノトウ 


こんな風にして食べた
2018-2-15フキノトウの味噌汁 


フキノトウは天婦羅などにしても美味しいが、私はこんな食べ方が好み。
味噌汁の中に手でフキノトウを千切ってパラパラ入れるだけ。ほろ苦い春の味です。

尚味噌汁は当地方では赤味噌の中でも少数派の豆味噌(大豆だけで作る味噌、米麹(こうじ)も麦麹も使わない)。
豆味噌はこの色が嫌いだという方がいるが、この褐色の色は味噌の熟成中に「メイラード反応」で徐々にこんな色になったもの。樽に仕込んで1年くらいの味噌は白いが3年位熟成させるとこんな色。
赤味噌が苦手の方にも知っていただきたい。味噌を醸造する際、仕込んだ最初は白だが熟成させるとこんな風になるんです。


所でこんな春の雰囲気を堪能していたら、親しくしていた親戚の方の訃報が入りフキノトウどころではなくなった。通夜・葬儀を済ませ、やっと先ほど帰宅したところ。
この春も前途多難な予感が・・・。
  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

こんばんは。

フキノトウ=天ぷらの自分には、お味噌汁に入れてしまうのは驚きでした。
考えてみれば、お味噌汁は大概のものを入れてもおいしくいただけます。当記事を読んで、お味噌汁というものをを改めて考えました。
  1. 2018-02-17 19:32
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:koguma さん

> こんばんは。
>
> フキノトウ=天ぷらの自分には、お味噌汁に入れてしまうのは驚きでした。
> 考えてみれば、お味噌汁は大概のものを入れてもおいしくいただけます。当記事を読んで、お味噌汁というものをを改めて考えました。




これからフキノトウが出回る季節ですので、一度試してみるのも乙なものかと思います。
大して手間をかけずに、ほろ苦い春の味が楽しめます。
  1. 2018-02-18 06:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ふきのとうは大好物でした

ふきのとうは子供の頃から食べていました。母が料理を作れなくなってから食べることがなくなりました。
我が家ではふきのとうをきざんで味噌(田舎味噌です)で和えますが、かつお節を混ぜます。これをご飯にのせて食べます。私の大好物でした。
食べすぎると、ふきのとう臭いゲップがでます(笑)。
  1. 2018-02-18 07:02
  2. URL
  3. 縄文人 #wM6nolEE
  4. 編集

Re: ふきのとうは大好物でした

> ふきのとうは子供の頃から食べていました。母が料理を作れなくなってから食べることがなくなりました。
> 我が家ではふきのとうをきざんで味噌(田舎味噌です)で和えますが、かつお節を混ぜます。これをご飯にのせて食べます。私の大好物でした。
> 食べすぎると、ふきのとう臭いゲップがでます(笑)。



フキノトウの味噌和えですか、おいしそうですね。
味噌は田舎味噌という事は赤みその系統でしょうか。フキノトウの苦みが味噌に合うのでしょうね。

丁度いまは野菜の端境期なので、昔はフキノトウも貴重な野菜でしたが、今は物流の進歩で野菜は年中食品スーパーで売られている。だから端境期などという言葉も死語になりました。便利な生活は良いのですが、季節感は無くなりました。
  1. 2018-02-18 14:02
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する