FC2ブログ

2018-01-11 10:18

「焼き場に立つ少年」の写真、<何故、今、ローマ法王が・・・

 長崎で原爆に被災し弟を失った少年が、弟の遺体を背負って火葬を待つ有名な写真が有る。
ところがその写真をローマ法王がカードにし、自身のメッセージと署名を添えて、新年のあいさつとして配布下という報道がある。
詳細はCNNの報道を見ていただきたいが、実はバチカンには世界中に張り巡らされた情報網が有り、その情報は極めて深い意味が有ることが知られている。
例えば前回1月9日のエントリーでも米国太平洋艦隊司令官だったライアン氏がこんな事を言っている。
「実は、終戦前の一九四五年に日本が和平提案をした時にも、こうした連中が暗躍し、戦争を引き延ばしていました。日本はバチカン、ソ連など、五つのルートから和平提案をしていました」
このようにバチカンは「私らの提案を真剣に受け止めれば、ヒロシマ・ナガサキの悲劇は回避出来た」、こう思っている筈だ。多分この事はバチカン内部では今でも共有されている認識だろう。

こんな風に考えると、今この時期にバチカンが核による悲劇を防ぐような行動に出た背景が分かろうというものである。
尚日本人としては核問題は即半島問題だが、アメリカから聞こえてくるのは今のアメリカは反ムスリムキャンペーンが凄いらしい。世界は複雑だ・・・。


では以下その記事紹介を

<以下CNNより引用>

「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示
2018.01.01 Mon posted at 15:08 JST


2018-1-10焼き場に立つ少年 

「焼き場に立つ少年」として知られる写真
(引用者注:この少年の名前もその後についても一切分からない。しかし凛とした様子、しっかりした少年であることは写真から伝わってくる。)

(CNN) ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真をカードに印刷して配布するよう指示を出していることが1日までにわかった。カードの裏には、法王の要請により「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている。

この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ1人の少年の姿をとらえたもの。第2次世界大戦末期に原爆が投下された直後、米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。

法王は今回、カードの裏に自身の署名とともに「戦争が生み出したもの」という言葉を記載するよう要請した。

写真の内容と由来は短いキャプションにより説明。「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめるその身ぶりの中にのみ表現されている」などと記している。


2018-1-10焼き場に立つ少年2 
裏には「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている

米議会図書館の記録によれば、オダネルさんは4年間をかけて両都市の戦後の様子を記録した。一連の写真は本の形で出版されている。

CNNのバチカン専門家、ジョン・アレン氏は自身のウェブサイトで、「新年を前にこの写真を公開したことで法王の立場に何か実質的なものが付け加わるわけではないが、フランシスコが年末年始の休暇期間中に特定の画像を配布するよう依頼したのは今回が初めてだ。これは法王が、写真のメッセージが今特に重要だと考えていることを示唆している」と述べた。

アレン氏によれば、法王は以前にも核兵器を非難し、紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるという。

<引用終り>


尚この件は私もあまり詳しくない。以下のブログを見ると概要が分かります。

もう一つ追記・・・長崎の爆心地・浦上天主堂はカトリックの聖地である。心しておくべきことだと思う。

  1. 社会一般
  2. TB(1)
  3. CM(12)

コメント

この少年の写真。実に訴えかけています。
アメリカの造るフェーク写真類とはまったく違います。真実です。
  1. 2018-01-12 16:59
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> この少年の写真。実に訴えかけています。
> アメリカの造るフェーク写真類とはまったく違います。真実です。



まったく同感です。
そして昨年遂にフーバー元大統領の「裏切られた自由」邦訳が出版されました。
これで今まで分からなかったことが明るみに出、日本国内の言論人の活動が大いに活発になりました。良い事です。
アメリカでも不倫トン夫妻の悪事がとうとう明るみに出てきたようで、クリントンというよりアメリカ民主党の悪事が明るみに出てくると期待しています。
やっと反撃できるようになってきたという事でしょう。
今日本は若い人の意識が猛烈な勢いで変化しています。スマホで情報が自由に得られることが大きいです。
若い人の意見を聞いていると、時代の変化をひしひしと感じますね。
  1. 2018-01-12 19:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

`>>今日本は若い人の意識が猛烈な勢いで変化しています。スマホで情報が自由に得られることが大きいです。若い人の意見を聞いていると、時代の変化をひしひしと感じますね。

まったくです。20数年前、渡辺先生や矢沢先生、西尾先生の著書の影響を受けた私は、周りから右翼・右翼といわれました。今は、私が言う前に、日本の国体について論述をはじめる方も大勢います。時代は変わりました。間に合うかどうか。短足おじさん二世さんや桜チャンネルの水島社長のような団塊世代でも頭の優れた人もいるので、ぜひWGIPで洗脳された日本人を再洗脳してほしいです。(笑)
「広島や長崎やベトナムはこの世の地獄だった。そしてそれは現実だったんです。南京や慰安婦のような作り話と一緒にすんじゃない!」・・こう言いたいです。
  1. 2018-01-12 22:47
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> `>>今日本は若い人の意識が猛烈な勢いで変化しています。スマホで情報が自由に得られることが大きいです。若い人の意見を聞いていると、時代の変化をひしひしと感じますね。
>
> まったくです。20数年前、渡辺先生や矢沢先生、西尾先生の著書の影響を受けた私は、周りから右翼・右翼といわれました。今は、私が言う前に、日本の国体について論述をはじめる方も大勢います。時代は変わりました。間に合うかどうか。短足おじさん二世さんや桜チャンネルの水島社長のような団塊世代でも頭の優れた人もいるので、ぜひWGIPで洗脳された日本人を再洗脳してほしいです。(笑)
> 「広島や長崎やベトナムはこの世の地獄だった。そしてそれは現実だったんです。南京や慰安婦のような作り話と一緒にすんじゃない!」・・こう言いたいです。



その通りですね。そして残念なことは広島長崎、そして東京大空襲だって地獄だったんですが、その地獄を見てきた人が実は余りにも凄惨だったため、それについてはほとんど語ろうとしません。語っているのはその周辺で遊んでいた連中だけです。
一番問題なのは何故あの戦争が起こったのか、此れの証拠が無くなってしまったからなんです。
GHQによる焚書の効果は絶大でした。

しかし最近やっとその証拠が暴かれだしました。これからですね。
  1. 2018-01-13 16:50
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

わたしはトレードをメイン、仕事をサブでやっているような人間なのですが、投資関連でチェンマイにマークファーバーという投資家が住んでいます。スイス人です。
http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-2349.html
21分30秒で彼は「なぜ日本が真珠湾奇襲をしたのか?」と問いかけています。びっくりました。彼のような知識人が日本が真珠湾攻撃の内実をある程度理解しはじめたわけです。
実は昔、日経マネーという雑誌の仕事でシンガポールまでジムロジャースのインタビューに出かけたことがあります。彼はシナの「南京虐殺館」をみて虐殺が真実だと思い込んでいるようでした。彼も失礼に思ったのかその話を避けたし、わたしも反論して仕事に支障をきたしたら拙いと思ったのでやりすごしましたが、彼のような知識人が南京虐殺を事実を思っているのを知ってショックでした。
それもあって、この動画のマークファーバーの問いかけには、真実が虹のように染み出始めたんだなあという感想を持ちました。いまはまだ一部の知識人だけですが、そのうち、アメリカの知識人のコンセンサスになればいいと思います。まだまだまだですがね。
シナバブルは終わりません。藤井厳喜氏によれば、シナは統制経済で借金経済を乗り切るといっています。歴史的経験から、シナの軍備急増と日本の防衛費削減(直近10年)でバランスオブパワーは崩れつつあります。借金経済を乗り切りたいシナの次の手段は戦争でしょう。日本はこのままでは丁ど、あおつらいむきの戦争相手になりそうです。9条ある限り、日本はアメリカの属国。一回でも憲法改正の発議が失敗すればかなり・・・かなり拙くなります。若者たち≒この世によみがえった英霊たちに日本を動かしてほしいと希望します。

  1. 2018-01-14 02:37
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> わたしはトレードをメイン、仕事をサブでやっているような人間なのですが、投資関連でチェンマイにマークファーバーという投資家が住んでいます。スイス人です。
> http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-2349.html
> 21分30秒で彼は「なぜ日本が真珠湾奇襲をしたのか?」と問いかけています。びっくりました。彼のような知識人が日本が真珠湾攻撃の内実をある程度理解しはじめたわけです。
> 実は昔、日経マネーという雑誌の仕事でシンガポールまでジムロジャースのインタビューに出かけたことがあります。彼はシナの「南京虐殺館」をみて虐殺が真実だと思い込んでいるようでした。彼も失礼に思ったのかその話を避けたし、わたしも反論して仕事に支障をきたしたら拙いと思ったのでやりすごしましたが、彼のような知識人が南京虐殺を事実を思っているのを知ってショックでした。
> それもあって、この動画のマークファーバーの問いかけには、真実が虹のように染み出始めたんだなあという感想を持ちました。いまはまだ一部の知識人だけですが、そのうち、アメリカの知識人のコンセンサスになればいいと思います。まだまだまだですがね。
> シナバブルは終わりません。藤井厳喜氏によれば、シナは統制経済で借金経済を乗り切るといっています。歴史的経験から、シナの軍備急増と日本の防衛費削減(直近10年)でバランスオブパワーは崩れつつあります。借金経済を乗り切りたいシナの次の手段は戦争でしょう。日本はこのままでは丁ど、あおつらいむきの戦争相手になりそうです。9条ある限り、日本はアメリカの属国。一回でも憲法改正の発議が失敗すればかなり・・・かなり拙くなります。若者たち≒この世によみがえった英霊たちに日本を動かしてほしいと希望します。




興味深い話ですね。白人には南米での大虐殺をはじめ、凄まじい虐殺の歴史が有ります。
だから日本人も当然やっている筈だと思い込んでいるので、その手の報道を信じていますね。
逆に朝日新聞が慰安婦問題などの捏造を認めて謝罪した、これは白人には「有ってはならぬ現実」のようです。
だからいまだにこの件は白人メディアの間では日本が悪い、日本が朝日新聞を虐めている、こんな風になっているようです。

そんな中で少しずつ真実が知られてきたのは良い事です。
私には明らかに潮目が変わりつつあると思えるのですが、どうでしょうか。

日本にも英語で日本の主張を発信するメディアが必要ですね。手っ取り早いのはNHKを解体し、海外向けは政府の直轄国営放送。
国内向けは娯楽・報道・教養の三つに分割、もちろん全部無料放送にし、従業員は全部国家公務員。給料も国家公務員と同じ。
こんな事をやっるべきでしょう。
荒療治をしないと何ともならないですね。

シナバブルの件は、シナの育ての親はアメリカなのでアメリカが破綻しないとシナも破綻しない、そんな事も考えないといけないのかなあ、最近そう思っていますがどうなんでしょうか。
  1. 2018-01-14 08:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

一般には大恐慌時にソ連は着実に経済発展したといわれていますが、実際は滅茶苦茶だったと読んだことがあります。
人民元はドルと連動しているし、アメリカのシナや北朝鮮の背後にはトランプの政敵のネオコン勢力が存在するのでやはりアメリカが変調したときに、シナが風邪を引くのでしょうねえ。
宮崎正弘氏は「すでにシナバブルは崩壊している」とおっしゃっているし、藤井厳喜氏はシナ共産党が支配する社会では日本のような貸し剥がしはないといっています。とはいえ、シナ共産党から遠い企業から潰して実質貸しはがしということになるのでしょうが。
一方、日本は労働需給がひっ迫しているが給料は上がらないというのが現状。今年は大企業の正社員の給料は上昇しそうです。問題はこれが非正規社員まで広がるかどうか。正規とか非正規社員とかできて「皆で我慢して、耐え、分かちあう」という日本企業の強みがなくなりました。潰したのは竹中・小泉のコンビでした。
アメリカ経済の変調→シナ経済崩壊・・勉強になりました。
  1. 2018-01-15 16:32
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 一般には大恐慌時にソ連は着実に経済発展したといわれていますが、実際は滅茶苦茶だったと読んだことがあります。
> 人民元はドルと連動しているし、アメリカのシナや北朝鮮の背後にはトランプの政敵のネオコン勢力が存在するのでやはりアメリカが変調したときに、シナが風邪を引くのでしょうねえ。
> 宮崎正弘氏は「すでにシナバブルは崩壊している」とおっしゃっているし、藤井厳喜氏はシナ共産党が支配する社会では日本のような貸し剥がしはないといっています。とはいえ、シナ共産党から遠い企業から潰して実質貸しはがしということになるのでしょうが。
> 一方、日本は労働需給がひっ迫しているが給料は上がらないというのが現状。今年は大企業の正社員の給料は上昇しそうです。問題はこれが非正規社員まで広がるかどうか。正規とか非正規社員とかできて「皆で我慢して、耐え、分かちあう」という日本企業の強みがなくなりました。潰したのは竹中・小泉のコンビでした。
> アメリカ経済の変調→シナ経済崩壊・・勉強になりました。



>大恐慌時にソ連は着実に経済発展したといわれていますが、実際は滅茶苦茶だった
この件についてはこんな書物に概略が載っています。
シャレド・ダイアモンド著 「国家はなぜ衰退するのか」2013年6月刊 上下二冊の大作ですが大変面白い。

実はこの件が今日まで続いている問題と見ていまして、ちょっと紹介したいと思います。
コメント欄には書ききれませんので近日中にエントリーします。

現在の中国を理解するうえで参考になるかも知れません。
  1. 2018-01-15 22:16
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

以前のコメントでも書きましたが、フランシスコ法王は、歴代のローマ法王の中でも、かなり左翼的な思想を持った法王です。
なので、これは左翼的な「戦争ハンターイ!!」のメッセージじゃないかと思います。やはり「北朝鮮のミサイル発射や核実験によって、戦争が起きる危険が高まっている」という危機感からでしょう。

先の大戦での戦勝国側の人たちが「あの大戦は、本当に連合国=正義で、枢軸国=悪だったのか?」と考えてくれるのは良い事ですが、フランシスコ法王がそのように考えて、こういう行動を取ったとは、ちょっと考えにくいです。

オバマ前大統領の広島訪問の時も思いましたが、戦勝国側の人たちが、先の大戦を客観的に見れるようになるには、まだまだ時間がかかるんじゃないかと思います。オバマ大統領も日本への謝罪はせずに、一般論として「核兵器反対」を唱えるのが精一杯でした。

もちろん、普通の欧米左翼に比べたら、フランシスコ法王は歴史について、はるかに御存知でしょう。韓国人に対して「霊的に生まれ変われ」と仰った法王ですから。
  1. 2018-01-15 23:31
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To:かんぱち さん

> 以前のコメントでも書きましたが、フランシスコ法王は、歴代のローマ法王の中でも、かなり左翼的な思想を持った法王です。
> なので、これは左翼的な「戦争ハンターイ!!」のメッセージじゃないかと思います。やはり「北朝鮮のミサイル発射や核実験によって、戦争が起きる危険が高まっている」という危機感からでしょう。
>
> 先の大戦での戦勝国側の人たちが「あの大戦は、本当に連合国=正義で、枢軸国=悪だったのか?」と考えてくれるのは良い事ですが、フランシスコ法王がそのように考えて、こういう行動を取ったとは、ちょっと考えにくいです。
>
> オバマ前大統領の広島訪問の時も思いましたが、戦勝国側の人たちが、先の大戦を客観的に見れるようになるには、まだまだ時間がかかるんじゃないかと思います。オバマ大統領も日本への謝罪はせずに、一般論として「核兵器反対」を唱えるのが精一杯でした。
>
> もちろん、普通の欧米左翼に比べたら、フランシスコ法王は歴史について、はるかに御存知でしょう。韓国人に対して「霊的に生まれ変われ」と仰った法王ですから。



フランシスコ法王が左より、それは間違いありません。
今回私がこの件を取り上げたのは、バチカンの情報力は凄いので、何かそんな情報網に引っかかった問題が有ったのではないか、そう考えたからなんです。
実はナガサキは爆心地の浦上天主堂はカトリックの聖地。そこに原爆を落としたのがアメリカ民主党。
こんな事を考えていたのではないだろうか、そんな気がしています。

現在アメリカは南北戦争以来の内戦状態と言って良いでしょう。日本では報道されませんがクリントン夫妻を中心とする民主党の悪事が一つずつ暴露されています。
そして近いうちにエントリーするつもりですが、アメリカの共和党を中心にした保守勢力の中にあの戦争は不必要な戦争だったのではないか。現在もその戦争の後始末をしているのではないか、そんな議論が起こっています。
全く目が離せないですね。
  1. 2018-01-16 18:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ローマ法王の政治的立場と言えばピオ12世が有名です。

1939年3月から1958年10月まで在位した人ですからまさに大戦当時の法王です。この法王は評価が割れる人でイスラエルはユダヤ人を救ってくれた人ということで評価しているのですが、西側のマスゴミや識者はユダヤ人虐殺を黙視したとして避難を加えています。実際はナチスがソ連と喧嘩したことで結構ナチスを贔屓していたことは確かのようです。ただ、バチカンに逃げ込んだユダヤ人を補語後したのも事実らしい。

小生はいろいろな情報からナチスの強制収容所のガス室の存在とそれによる虐殺は言うものは虚偽であると思っています(詳しくはココアで触れませんが)が、実はこの法王の態度がそれを示してるのだと思ってます。おかしなことはいくつもあるのですが、現在ユダヤ人を虐殺したと称するガス室があるとされるのは全てポーランド国内です。そして、虐殺者の数はどんどん減り(600万から100万へ)、現在ガス室と称されるものは現地でもはっきり言っているのですがレプリカらしい、その上ガス室により死んだという遺体が皆無という問題があるのです。

ポーランドは名うてのカソリック国ですからおそらくは何らか実態を知っていたのだろうというのが小生の推理です。戦後ポーランドは社会主義国として西独とは対立関係にありました。おそらくはこの辺が関係知れるんだと思ってます。

ローマ法王の政治的立場なんてのはこのくらい微妙なものなんで、この手の話は2重3重に読んでいいものです。宗教者として原水爆に反対するというのはおそらくは普遍的立場でありましょう。ただ、原水爆がなくなれば平和になるなんてのは基地外の戯言で政治家としては間違っても言っちゃあいけません。だからこういう危機を煽るような連中は許したらいけない、とも読めるわけです。特亜の社会主義圏ははっきり言って未だに宗教はアヘンという地域です。

こういう立場を考えるとどうでしょうか。消して単純ではないのですよね。

核兵器は抑止力という当初は思いもしなかった効果により大規模戦争を防止しました。しかしそれは地域限定の代理戦争を生み出したことは間違いなく、それにより当事国はもとより親分同士が傷つくという結果になりました。核兵器は理性ある連中が保有する場合のみ有効だったということでしょう。

国際的に各種の犯罪行為を犯して恥じない基地外が保有するということなど認めてはいけないのです。
  1. 2018-01-19 17:10
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> ローマ法王の政治的立場と言えばピオ12世が有名です。
>
> 1939年3月から1958年10月まで在位した人ですからまさに大戦当時の法王です。この法王は評価が割れる人でイスラエルはユダヤ人を救ってくれた人ということで評価しているのですが、西側のマスゴミや識者はユダヤ人虐殺を黙視したとして避難を加えています。実際はナチスがソ連と喧嘩したことで結構ナチスを贔屓していたことは確かのようです。ただ、バチカンに逃げ込んだユダヤ人を補語後したのも事実らしい。
>
> 小生はいろいろな情報からナチスの強制収容所のガス室の存在とそれによる虐殺は言うものは虚偽であると思っています(詳しくはココアで触れませんが)が、実はこの法王の態度がそれを示してるのだと思ってます。おかしなことはいくつもあるのですが、現在ユダヤ人を虐殺したと称するガス室があるとされるのは全てポーランド国内です。そして、虐殺者の数はどんどん減り(600万から100万へ)、現在ガス室と称されるものは現地でもはっきり言っているのですがレプリカらしい、その上ガス室により死んだという遺体が皆無という問題があるのです。
>
> ポーランドは名うてのカソリック国ですからおそらくは何らか実態を知っていたのだろうというのが小生の推理です。戦後ポーランドは社会主義国として西独とは対立関係にありました。おそらくはこの辺が関係知れるんだと思ってます。
>
> ローマ法王の政治的立場なんてのはこのくらい微妙なものなんで、この手の話は2重3重に読んでいいものです。宗教者として原水爆に反対するというのはおそらくは普遍的立場でありましょう。ただ、原水爆がなくなれば平和になるなんてのは基地外の戯言で政治家としては間違っても言っちゃあいけません。だからこういう危機を煽るような連中は許したらいけない、とも読めるわけです。特亜の社会主義圏ははっきり言って未だに宗教はアヘンという地域です。
>
> こういう立場を考えるとどうでしょうか。消して単純ではないのですよね。
>
> 核兵器は抑止力という当初は思いもしなかった効果により大規模戦争を防止しました。しかしそれは地域限定の代理戦争を生み出したことは間違いなく、それにより当事国はもとより親分同士が傷つくという結果になりました。核兵器は理性ある連中が保有する場合のみ有効だったということでしょう。
>
> 国際的に各種の犯罪行為を犯して恥じない基地外が保有するということなど認めてはいけないのです。



ローマ法王の政治的立場、確かに難しいですね。
だからこそ今回の一件はどう読めばいいのか、私にも決め手は有りません。でも何かありそうだ、そんな気がします。

ユダヤ人の虐殺に関して、ドイツは狡猾にも「あれはナチスが悪いんであって、ドイツ人は悪くない」、こんな論理で逃げました。その逃げた代償としてユダヤ人の虐殺の噓をそのまま通すことにした。こうだと思います。
でなければ、ユダヤ人虐殺を研究する事さえ罪になるような法律を作って隠蔽したのか、訳分かりません。
本当なら、大変な大惨事なんだから、一体何人が犠牲になったのか、その名前や人数をきちんと調べよう。遺骨も発掘し、手厚く葬ろう。こうあるべきなんですね。

核兵器に関しては、理性ある国が保有すれば抑止力になって、代理戦争は有っても本格的な衝突は防げる。しかし基地害国家が持ってしまうと多分テロ組織に流出するでしょう。
これが今一番恐ろしい、しかも一番有り得る可能性ですね。
  1. 2018-01-20 14:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

より広範囲かつ精緻な、スパイ防止法が法制化されるべきだ(対中共、北朝鮮等)

中国軍艦と潜水艦が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったとの報道を受けて、より広範囲かつより精緻な、スパイ防止法が法制化されるべきと判断するに至った。特定秘密保護法やテロ3法などでは不十分ではないことを、承知している方が少ないこと、特に、保守系言論人において、法規制条文レベルで提言できる方が極少数と判断、口火を切る意味で、スパイ防止法として法制化し、規制・処罰対象行為を以下に示す。━━━━...
  1. 2018-01-11 17:39
  2. 祖国創生