2010-06-21 21:40

貝塚を見に行く(続編2)

先苅(まずかり)貝塚と言う地下深くから発見された貝塚の話の続編だが大分間が空いてしまった。

やや時期遅れのエントリーだがご容赦を。

 

 

如何してこんな貝塚の話をエントリーしたか?、

地球温暖化問題が叫ばれて久しいが、昨年暮に発覚したクライメイトゲート事件から地球温暖化問題が「温暖化詐欺」であることがハッキリした。

そして地球そのものは昔からダイナミックに気候変動していることが分かってきた。

そんな事が言いたかったからである。

 

 

前回海面の上昇のグラフを見ていただいたが、重複するがもう一度

 

これは地球を覆っていた最後の氷河期以降の海面の高さのデータだが 、約2万年前の氷河期のピークでは現在より120メーター以上海面が低かった。

それが約1万5千年前から急速に海面上昇、約7千500年前にはほぼ現在の海面レベル、そして約6千年前には現在より約3~5メーター海面が高かった。

 

この海面上昇を日本では縄文海進というのだが、現在のレベルより高かったことは良く分かっていた。しかしその前がどうなっていたのか良く分からなかった。

コレをハッキリさせたところにこの貝塚の意義が有った。

 

 

約7千500年前にはほぼ急激な海面上昇は終わったが、その直前(約8000年前)の状態を伝える貴重な遺跡、それがこの貝塚であった。

 

 

 

ではこの海面上昇、何が原因かと言うと

(全世界の海面を100メーター以上押し上げるだけの水が何処から来たのかと言う事)

それは北米大陸やヨーロッパなどを覆っていた巨大な氷床である。

 

 

これは北米大陸を覆っていたローレンタイド氷床などの姿。

  出所:朝日新聞社刊:モンゴロイドの道より引用  

 

 

北米大陸北部にでっかい氷床がある。

この図は今から約1万2千年前、未だ陸続きだったベーリング海峡を通ってアメリカ大陸に進出した先住民の通った経路を示した図から借用、

アメリカ大陸北部は今の南極並みの分厚い氷の覆われていた。

 

その証拠が実は意外なところにある。

 

氷床が岩盤を削り取った傷跡である。

 

凄い傷跡ではないでしょうか。

 

これはニューヨークの中心部セントラルパーク内にある岩盤の露頭。

氷床の「擦痕」といわれ、厚さ3~4000メーターの氷が岩を削った痕である。

ニューヨークの摩天楼の目の前は氷河時代の名残。

セントラルパークにはこんな物がごろごろしている。 

 

 

貝塚を見ながら、そんな気候変動の歴史を考えた一日だった。

  1. 歴史
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

>約7千500年前にはほぼ現在の海面レベル、そして約6千年前には現在より約3~5メーター海面が高かった

と書いておられますが、グラフを見ていると一方的に上昇しているように見えますが・・・・・。縄文海進後また下がるところが見えないような。いかがでしょう?
  1. 2010-06-22 08:39
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺さん
>>約7千500年前にはほぼ現在の海面レベル、そして約6千年前には現在より約3~5メーター海面が高かった
>
>と書いておられますが、グラフを見ていると一方的に上昇しているように見えますが・・・・・。縄文海進後また下がるところが見えないような。いかがでしょう?

痛い所を衝かれました。
本当は上のグラフの矛盾点なので、もっと良いグラフをお見せしたかったのですが適当な物が見当たらない。
日本ではあちこちのボーリングのデータは有るのですが、主に縄文海進頃以降の物が主。
例えば千葉県では九十九里浜のデータが有ります。
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf110-5/p650-664.pdf
ですから縄文海進のピークとそれ以降の動きははっきりしています。

問題はそれ以前ですが、上のグラフを見ても北米や欧州のデータがありません。北米や欧州などは氷床が解けて海面が上がった以上に陸地が隆起している。つまり重い氷床に押さえつけられていた陸地が氷床がなくなったので隆起した、こんな事のようです。
そんな事でデータが不完全なのです。

また縄文海進後徐々に海面レベルが現在のレベルになった原因は、増加した水の重さで徐々に水面が沈んだといわれているのですが、そこから先は私には良く分かりません。

今私が理解している事は以上のようなものです。
不十分な答えですがご理解いただきますようお願いします。

それから話は全く変わりますが縄文時代の食生活に繋がる話。
最近こんなサイトを見つけました。
岩手県で大正時代までドングリを主食として食べていたところがあるそうです。
http://www.rnac.ne.jp/~sakiyama/jomon/jomosyok.htm
重複しますがその食べ方は
http://www.rnac.ne.jp/~sakiyama/jomon/donguri.htm
またシイの実は今でも食用として売っている所が有るようです。
http://country.b.station50.biglobe.ne.jp/200802/article_3.html
貝塚民の主食が実は木の実類だったことが最近分かってきていますが、そんな意味で何かの参考になれば幸いです。
  1. 2010-06-22 10:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する