2017-11-07 17:07

偏向報道の事例<続編

 今日までトランプ大統領が来日中ですが、その前、11月3日の娘のイバンカ氏の出席した国際女性会議での安倍首相のスピーチ。これを共同通信が悪質な歪曲報道したことを書いた。

この見え見えの捏造記事、これを見てこんな話が現実なんだと痛感した。
それは
佐瀬昌盛・防衛大学校名誉教授の指摘
「世界は東西冷戦だったが、日本は国内で冷戦を戦ったと言える。西欧諸国にもマルクス主義者はいたが少数派だった。知識人が二分されたのは日本だけだ」
詳細は現在発売中の正論2017年12月号の古田博司氏の「近代以後 さよなら、リベラル、残留思念たちよ」p236-p237参照。

こんな国内で未だに冷戦の亡霊と戦っていると考えると、今の捏造報道が分かりやすいと思います。

ここからが本論。

その件に関して、11月6日の虎ノ門ニュースで青山繁晴さんが「嘘ニュース」と言っている。
ぼやくくっくりさんの文字起こしから関係部分をそのまま引用します。

青山繁晴さんは古巣が共同通信。大変厳しいことを言っています。

<以下引用>
ぼやきくっくりさんの文字起こし
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2120.html#sequel

動画はこれ(53:45頃から)


(6)安倍首相 イバンカ氏基金へ57億円

 キンコンカンコン~♪
 久々の、なんちゃってニュース。
 これは、言うのも恥ずかしい、さっきの名前も呼びたくない某議員の不埒な話と同レベルの、全く不埒な、嘘ニュース。
 共同通信の元記者として申し上げますが、「明らかにしたものです」と。
 これ一平ちゃん、おそらく知ってるんですよね?もう。
 これ総理が、イバンカさんも今回参加した女性の活躍のための会議で、明らかにしたって事実は全くなくて、これ7月に、日本国外務省も、世界の主要国の外交当局も、発表してます。

 で、だいたい、これはイバンカ基金でも何でもない。
 これ見出しがそもそも「女性支援のイバンカ氏基金」となってますよね。
 これ共同通信社がつけた見出しなんですよ。
 こういう記事がどうやって作られてるか僕も知ってますから。
 見出しを誰がつけるのかも知ってます。
 これ間違いなく共同通信が責任持ってつけた見出しなんですよ。

 これ、誤報です。
 イバンカ基金じゃない。
 何を言ってるんだ、これほんとに。
 だいたい不勉強にも程があって。

 こういうのがあるんですよ。
 通称「WAW!」=World Assembly for Women
 女性のための国際会議っていうんですが、それを支援する超党派の議連もあって、男性議員の参加は少ないんですけど、僕はそこに入ってます。
 だから内部のこともよく知ってますけれども。
 頑張ってるのは基本的に、超党派の議連で言うと、会長は橋本聖子さん。
 幹事長は小渕優子さんで、事務局長が何と僕と同期で1年生の松川るいさん。
 だから女性が頑張ってやってるわけですけど、それをサポートすべきだと思って僕は関わってます。

 この基金っていうのはイバンカ基金じゃなくて、これは世界銀行の中に設けられて、要するに特に女性が起業したり、あるいは本当は起業だけじゃなくて、中小から零細企業までを、世の中に役立つ形で経営してた時に、その経営基盤が安定するように、世界銀行のシステムを使って支援していこうというのが、なんと7月、ざっと4カ月ぐらい前のドイツで、G20やったじゃないですか、その時に決まったことであって、その時に各国が分担して負担するのもそこで決まってるわけですよ。

 だから今回イバンカさんが、いわばトランプ大統領の前にお出でになって、で、イバンカさんというのは背が高い、素晴らしい、きれいな人であることもあって、逆に、これはただのトランプ大統領の娘なのに大統領補佐官とかにしちゃってけしからんって話が、ものすごく広められているから、そこに57億円も総理が出すっていうのは、総理はトランプさんにおべっか使ってるだけだっていうための材料に使われてるけど、実際はこの世銀にその仕組みを作る時に、イバンカさんもサインを示して、大統領補佐官ですから、それは関わってますけど、しかしこれは世界銀行がはっきり公表してるのは、資金を集めることや、あるいは運営にイバンカ大統領補佐官は関与しないっていうの発表してるんです、その当時から。

(居島一平:全然違うじゃ…(苦笑))

 だから無茶苦茶なんですよ、これ。

(居島一平:全然違うニュースじゃないですか!(苦笑))

 まるでこの話だったら、総理が57億円をイバンカさんのポケットにあげたっていう話になってるじゃないですか、これ。

(居島一平:印象はどうしてもそう…(苦笑))

 これ、総理がよく言う印象操作とかいうレベルを超えてますよ。
 これほど悪意に満ちた誤報はないですよね。

 けがらわしいのでこれ以上話したくないんですけど、だから、僕は先週の放送で申し上げたと思うんですけど、今回の総選挙、選挙中に、明らかに選挙妨害に当たることをマスメディアがやったっていうのも、ものすごいですけれども、選挙で結果が出て、民意が示されてるのに、自分たちがやる世論調査、商売でやる世論調査の方が当てになると主張し、しかも共同、朝日、読売、世論調査はそれぞれ全然違うのに、いったいどれが民意と言いたいのか。
 それを未だにやってますから。

(居島一平:あきらめませんね)

 そういう人しか、もうテレビに出てないですから。
 終わりの始まりというのは僕まだやさしく言ってるんで。
 もう、終わりの終わりですよ。
 これ(この「イバンカ基金」の誤報)、終わりの終わりです。
 これ本当は責任者、責任とらなきゃいけない大事件だと思います、僕は。
・・・以下略

<引用終り>

おまけ
この話が終わった直ぐ後にスタジオ直前の道路をトランプ大統領を乗せたと思われる車列が通過。

2017-11-7トランプ大統領の車列 


この話、青山さんは終りの終りと言っていますが、国民一人一人が声を挙げていかないといけないですね。

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

典型的な「どの口が言うのだ」「おまえがいうな」社説

こんにちは。

まずは、次の引用文をご覧ください。



 報道機関には社会の土台となる正確な情報を提供する責務がある。正しい情報が共有されて初めて、民主主義的な議論が成立する。

 総務省情報通信政策研究所の最新の調査によると、メディアの中で最も信頼度が高かったのは依然、新聞(70・1%)だ。インターネット(33・8%)とは開きがある。

 読者から信頼されるために、私たちはプロフェッショナルであることを自覚し、丹念に真偽を判別し、正しい情報を伝え続けたい。事実の重みは今、いっそう増している。

【きょうから新聞週間 フェイクは民主制を壊す】より
https://mainichi.jp/articles/20171015/ddm/005/070/004000c


URL先に行けばわかりますけど、毎日新聞の社説です。そして、この手の新聞媒体としては珍しく「いまだに閲覧可能」な状態にしてあります。

で、よもぎねこさんのところでもコメントしたのですが、毎日新聞は「共同通信」から配信記事をもらうようにしました。共同通信への加盟新聞としては、毎日新聞というネームバリューは大きいと思います。そのような新聞社が、フェイクニュースがどうたら、と社説を記す。しかも「正確な情報を提供する責務がある」とまで言い切る。引用されました共同通信の件を思いますに、まさしく「どの口が言うのだ」「おまえがいうな」でありましょう。
  1. 2017-11-07 17:54
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: 典型的な「どの口が言うのだ」「おまえがいうな」社説

> こんにちは。
>
> まずは、次の引用文をご覧ください。
>
>
>
>  報道機関には社会の土台となる正確な情報を提供する責務がある。正しい情報が共有されて初めて、民主主義的な議論が成立する。
>
>  総務省情報通信政策研究所の最新の調査によると、メディアの中で最も信頼度が高かったのは依然、新聞(70・1%)だ。インターネット(33・8%)とは開きがある。
>
>  読者から信頼されるために、私たちはプロフェッショナルであることを自覚し、丹念に真偽を判別し、正しい情報を伝え続けたい。事実の重みは今、いっそう増している。
>
> 【きょうから新聞週間 フェイクは民主制を壊す】より
> https://mainichi.jp/articles/20171015/ddm/005/070/004000c
>
>
> URL先に行けばわかりますけど、毎日新聞の社説です。そして、この手の新聞媒体としては珍しく「いまだに閲覧可能」な状態にしてあります。
>
> で、よもぎねこさんのところでもコメントしたのですが、毎日新聞は「共同通信」から配信記事をもらうようにしました。共同通信への加盟新聞としては、毎日新聞というネームバリューは大きいと思います。そのような新聞社が、フェイクニュースがどうたら、と社説を記す。しかも「正確な情報を提供する責務がある」とまで言い切る。引用されました共同通信の件を思いますに、まさしく「どの口が言うのだ」「おまえがいうな」でありましょう。



興味深い情報、有難う御座います。
全くもって「お前が言うな」ですね。しかし考えてみると彼らは誤報・虚報を本気で信じ込んでいるんですね。
だから何の疑いもなく「客観的には出鱈目な事」を「さも本当のように」書き散らす。確信犯です。

嘘でもいいからこうあって欲しい、こんな思いで物事を見れば目の前の現実が見えなくなる。こうでありましょう。
こんな事を支えるのがマスコミの高額報酬制度とそこにある規制で守られたマスコミ文化。こんな事が傲慢な人間性を作り、こんな「お前が言うな」報道を作っている・・・。難しいですね。
  1. 2017-11-08 09:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

共同通信は、ニュースの配信の他に論説資料というものを配信してくれます。

地方の新聞社に論説を書くときの参考にしてくれと言うものののようで、二次使用が全く自由というものらしいのです。まあ力のない地方新聞が全国ニュースについて論説書くのは大変でしょうから参考にどうぞということです。

でもこうなれば人は易きに流れるもので、これをそのまんま使いてにをはを変えたりするくらいで自社の社説一丁上がりということが多いのです。森友あたりのときもきちんと取材なんかしてないもんだからこの手の論説が溢れましたっけ。

持ってくるニュースがこの程度なんだから、そして腹に一物、社会の荷物が大手マスゴミですからまとおな論説が出てくるわけはない。共同通信のコピーがあふれるわけです。

我々はもう一つの全国紙にも目を光らせなきゃあいかんのです。この構造を暴いてくれたのは日下公人先生ですがそれまで随分我々は騙されていたのでした。
  1. 2017-11-08 20:51
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> 共同通信は、ニュースの配信の他に論説資料というものを配信してくれます。
>
> 地方の新聞社に論説を書くときの参考にしてくれと言うものののようで、二次使用が全く自由というものらしいのです。まあ力のない地方新聞が全国ニュースについて論説書くのは大変でしょうから参考にどうぞということです。
>
> でもこうなれば人は易きに流れるもので、これをそのまんま使いてにをはを変えたりするくらいで自社の社説一丁上がりということが多いのです。森友あたりのときもきちんと取材なんかしてないもんだからこの手の論説が溢れましたっけ。
>
> 持ってくるニュースがこの程度なんだから、そして腹に一物、社会の荷物が大手マスゴミですからまとおな論説が出てくるわけはない。共同通信のコピーがあふれるわけです。
>
> 我々はもう一つの全国紙にも目を光らせなきゃあいかんのです。この構造を暴いてくれたのは日下公人先生ですがそれまで随分我々は騙されていたのでした。



コメントの返事が遅れました。恐縮です。

この共同通信の件は確かにご指摘の通り、隠れた全国紙ですね。
まあしかし、今回の件は特にネットの民には共同通信の悪辣さを知らしめた意味で効果があったと思えば価値もあるかも(笑)。
でも最近のスマホ世代の情報量は凄いですね。ウソニュースがあっという間に検証され、嘘とバレる。
これからのマスゴミ人は相当勉強しないと社会から取り残されるでしょう。すでにスマホ世代が相当の年代まで広がっています。

私の仲間なぞ、典型的な化石人間ですが、もう先は長くない。実は今朝も友人とそんな話をしてきました。

しかし「腹に一物、社会の荷物」、これは名言ですね。
  1. 2017-11-10 17:01
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する