2017-11-03 15:53

正倉院展に行ってきた

 今週初め奈良で開催中の正倉院展に行ってきた。正倉院御物は年1回、この時だけの公開なので大変貴重。私は毎年行っていたのだが、ここ3年ほど時間が無く行けなかった。今年は本当に久しぶりの正倉院展だった。

目玉の一つがこれ。

緑瑠璃十二曲長杯
2017-11-2正倉院展1 

素晴らしいガラス製の杯です。こんなもので酒を飲んだら、さぞ美味しかろう・・・。

ササン朝ペルシャ(226年ー651年)で作られたものといわれ、奈良国立博物館の資料にもそう書いてあるが、この器だけ材質が鉛ガラスなので、中国で作られたものとの説もある。
こんな素晴らしいものだが、それがはるばるシルクロードを通って日本までやってきた。
そして、ササン朝の有ったイランやイラク辺りにはもはや伝世品は残っていない。有るのは遺跡から発掘されたものだけだが、ガラス器は長期間土中にあると銀化といわれる変質をして、表面が変質してしまい、できた時の美しさを保っているのは日本にあるものだけ。そんな意味でも素晴らしい。


参考までに、正倉院御物の白瑠璃椀と出土品を比較するとこんなもの。

2017-11-3正倉院御物と出土品比較

こんなものを見ると正倉院と言うのが世界の中でいかに奇跡的なものなのかが良く分かると思う。 


所で今回気になったこと、今まで正倉院展は何度も見に来たが今回ほど外国人が目についたのは初めてだった。特に中国人の多いのが気になった(大きな声でうるさいので・・・)。


そんな事で帰り道で見かけた中国人家族連れ

2017-11-3奈良で見た中国人家族連れ

日本人だって町中に野生のシカがいるなんて珍しい。ましてや中国だったら・・・。
(影の声:中国だったら、あっという間に全部食べられてしまうだろうなあ。現に私の住む地域でも中国人の研修生が酪農研修で来ているが、その辺りでは犬が全部いなくなってしまったとか・・・)


おまけ、奈良から京都への近鉄特急の車窓からはこんなものが。
復元された朱雀門と大極殿が線路の両側にあるのだが、あっという間に通り過ぎてしまうので、今まで写真を取れなかったが今回何とか撮れた。
(復元された朱雀門と大極殿の間に近鉄奈良線が走っている)

朱雀門
2017-11-3近鉄特急車窓からの朱雀門 

ススキの野の大極殿
2017-11-3近鉄特急車窓からの大極殿 

秋ですね。

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

正倉院展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索にてヒットし、小一時間で読めます。
少し難解ですが歴史ミステリーとしても面白いです。
北円堂は世界遺産・古都奈良の興福寺の八角円堂です。
  1. 2017-11-03 20:07
  2. URL
  3. omachi #-
  4. 編集

To:omachi さん

> 正倉院展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
> グーグル検索にてヒットし、小一時間で読めます。
> 少し難解ですが歴史ミステリーとしても面白いです。
> 北円堂は世界遺産・古都奈良の興福寺の八角円堂です。



初めまして、コメント有難う御座います。
興福寺北円堂は数年前には修理中だったんですが、修理が終わったようで今年の春には一般公開していました。
でも残念ながら私は外観をちらっと見ただけですね。
  1. 2017-11-04 14:03
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する