2017-07-07 17:35

フェイクニュース

 都議選の結果は自民党大敗、民進党消滅寸前という結果になったのだが、実はここでそれより大きな問題が明るみに出てきた。
マスゴミのフェイクニュース(嘘ニュース)である。ミスで間違えてしまったのではない。事実とは異なると分かっていて嘘を流したというもので、マスゴミの死と言って良い話である。この件はごめんなさいで済む話ではない。徹底的な追及が求められると思う。

さてそれはそれとして、では自分たちがこの件から学ぶものはないか。この件を反面教師として、では自分たちがどうすればいいのか、そんな見方で考えてみたい。


最初にそれがどんな話なのかと言うと。

2017-7-7フェイクニュース1 

2017-7-7フェイクニュース2 

この件について、以下のまとめブログで詳しく紹介されている。

誰が最初に”握手拒否した川井都議会議長”と捏造報道を流したのか調べてみました
http://twi55.com/kawai2017706/

特にひどいのがTBSひるおび、上掲藤井かずえさんが指摘しているように、実際は握手しているのに、その動画から握手シーンだけ意図的にカットして虚偽のニュースを流す
これで何にも問題が無いのであれば日本の報道機関はおしまいだ。


時事通信は正しくニュースを流している。



では実際はどうなのか、時事通信の動画からその部分を見てみよう。

就任した新知事を出迎える議長と多分副議長。最初に軽くお辞儀をして
この時は両手は膝の所に
2017-7-7フェイクニュース3 

更に知事が近づくと、なぜか川井議長は両手を後ろに
2017-7-7フェイクニュース4 

そしてもう一度頭を下げているが手は後ろ
2017-7-7フェイクニュース5 

小池知事が握手のため手を出しているが・・・
ここまでの映像が利用され、川井議長は握手拒否になったのだが・・
2017-7-7フェイクニュース6 

直後に握手
2017-7-7フェイクニュース7 

そして頭を下げている。小池さんは次の人の所に
2017-7-7フェイクニュース8 

小池さんは次の人と握手、川井議長はまた手を後ろに組んでいる
2017-7-7フェイクニュース9 

記念撮影は拒否
2017-7-7フェイクニュース10 



さてここからが私が言いたいこと。
7月3日のエントリー「自民大敗で反省ラッシュだが」で栗原小巻の言葉を引用した。
政治家と俳優には3つの共通点がある「常に批判、批評にさらされること」「適切なことを適切な時に適切な感情で言うことが大事」、そして「自信と謙虚さを持つことが大事」の3つだ。
この中でも「適切なことを適切な時に適切な感情で言うことが大事」、これが川井議長には欠けていたのではないだろうか。

確かに知事選挙で自分らが応援した人でない人が当選した。しかしそれが都民の民意であれば『素直に受け入れる』べきだろう。しかし川井議長は腹の中では「コンチクショウ」と思っていた、それがつい挙動に出てしまい、頭は下げたものの手が後ろに行ってしまっていた。こういう事だ。

そしてその僅かな挙動のミスを利用され、ネガティブキャンペーンの餌食になった、こういう事だと思う。

そしてではどうするか、栗原小巻が答えを言ったわけではないと思うが、答えは多分これだろう。
稽古です。稽古が足らなければ、どんないい芝居でもお客さんには受け入れられません。
だから毎日毎日稽古に励むんです。


歌の文句にもありますよね。
『稽古不足を 幕は待たない・・・』



大人になってからでも仕事などで稽古、訓練する。これは普通の会社なら上司や先輩からいろいろ指導があったりする。
ところがほとんど指導も無いのが議員さんである。一度当選してしまえば「お山の大将 俺一人」状態。そんな連中が国会議員もだが、地方議会などにはごまんといるはずだ。
何とか考えたいですね。
  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

 おはようございます。

 小池代表の「古い議会を新しく」というワンフレーズで多数の小池チルドレンが誕生、小池大好きおば様達のためにマスコミも連日ヨイショ報道、旧い自民党体質を叩き小池知事を取り上げれば視聴率も上がるという腹づもりなんでしょう。小池知事が出るたびにチャンネルを替えています。
  1. 2017-07-08 09:02
  2. URL
  3. inkyo  #yNKEkr8c
  4. 編集

Re:  おはようございます。

>  小池代表の「古い議会を新しく」というワンフレーズで多数の小池チルドレンが誕生、小池大好きおば様達のためにマスコミも連日ヨイショ報道、旧い自民党体質を叩き小池知事を取り上げれば視聴率も上がるという腹づもりなんでしょう。小池知事が出るたびにチャンネルを替えています。



今回の都議選は自民党の古い腐敗体質をしっかり暴き出しました。薄汚いウチダノドンなどその代表でしょう。
安倍さんとしては自民党の中を変えない事には将来に禍根を残す、そう判断していると思います。そして自民党の中を変えないと、もっと大事なマスゴミの浄化や対米関係の改善は進みません。
  1. 2017-07-08 12:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

挨拶

>稽古不足を 幕は待たない・・・

礼儀は型から入れ、といいます。人によっては心の伴わない礼儀は意味がないといいますがそうではない。頭のいい人はそう言いたがるのでしょうか。

型から入る礼儀を繰り返せば、そこに礼儀が生まれます。型が礼儀なのですから。

ちなみにご近所さんに「お早うございます」と言えるのは主婦と子供です。オヤジ族はブスッと家を出るだけ。それは練習しないから。

PHPの役員のどなたかが「挨拶には上も下もない」「誰にでもお早うございます」と言おうと提唱していました。部下・目下にも「ございます」といいなさいと諭していました。
  1. 2017-07-08 18:35
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

情報リテラシー

スッキリという朝のTV番組で広告収入目的の為西田敏行さんを誹謗中傷するブログが有り、そのブログの人は書類送検されたと報じていました。言外にネット情報は出鱈目でTVの情報こそ正しいと言いたい様に見えました。
ネット情報が玉石混交である事は言わずもがなで、情報を見分けていく所謂情報リテラシーというものが求められてきます。
一方で短足おじさん二世さんが指摘されている様に、新聞TV等の昔からのメディアがフェイクニュースを発信している訳ですから、裏を取る為ネット情報で調べるという事も有ります。
百田尚樹さんが言っておられましたが、情報リテラシーを磨くには複数の情報を並列的に見ていく事が必要でしょうね。(朝日新聞と産経新聞を同時に比較して見るとか)
http://bn.eigonooni.com/pg03.html帰納法の手法ですね。

  1. 2017-07-08 21:51
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: 挨拶

> >稽古不足を 幕は待たない・・・
>
> 礼儀は型から入れ、といいます。人によっては心の伴わない礼儀は意味がないといいますがそうではない。頭のいい人はそう言いたがるのでしょうか。
>
> 型から入る礼儀を繰り返せば、そこに礼儀が生まれます。型が礼儀なのですから。
>
> ちなみにご近所さんに「お早うございます」と言えるのは主婦と子供です。オヤジ族はブスッと家を出るだけ。それは練習しないから。
>
> PHPの役員のどなたかが「挨拶には上も下もない」「誰にでもお早うございます」と言おうと提唱していました。部下・目下にも「ございます」といいなさいと諭していました。



「 礼儀は型から入れ」、良い言葉ですねえ。
本文で取り上げた議長さん、恐らく普段から傲慢な人なんでしょう。それが普段から行いに出ていた。
たまたま今回は傲慢であってはいけない人に対し、そんな本賞が出てしまったんでしょう。
日頃の行いが其の儘地金で出てしまった、多分稽古不足以前に稽古する気もいなかった、そういう事だと思います。

「 礼儀は型から入れ」、この言葉はどこかに織り込みたいと思います。
  1. 2017-07-09 05:50
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 情報リテラシー

> スッキリという朝のTV番組で広告収入目的の為西田敏行さんを誹謗中傷するブログが有り、そのブログの人は書類送検されたと報じていました。言外にネット情報は出鱈目でTVの情報こそ正しいと言いたい様に見えました。
> ネット情報が玉石混交である事は言わずもがなで、情報を見分けていく所謂情報リテラシーというものが求められてきます。
> 一方で短足おじさん二世さんが指摘されている様に、新聞TV等の昔からのメディアがフェイクニュースを発信している訳ですから、裏を取る為ネット情報で調べるという事も有ります。
> 百田尚樹さんが言っておられましたが、情報リテラシーを磨くには複数の情報を並列的に見ていく事が必要でしょうね。(朝日新聞と産経新聞を同時に比較して見るとか)
> http://bn.eigonooni.com/pg03.html帰納法の手法ですね。



どんな情報でもそうですが、必ず裏を取るというのは重要な事です。
江戸時代の忍者の役割は情報を探ることですが、その理由は表向きで言っていることが正しいかどうかのチェックの為でした。特に外様大名などは何を考えているか判断が付きませんから。
そして忍者を使う側はその情報に対し、「それ本当か、確かめろ」とは言いませんでした。情報を取ってくるものは正しいと信じて持ってくるので、それを疑っても仕方ない。情報の確認には別の忍者を送り込むしかない。こう言われていたようです。

この考え方は現在のようにフェイクニュースがあふれている時代では一層重要ですね。
それから複数の新聞を並べて読む、これは重要ですね。
その為には今はコンビニで新聞を売っているので、何か疑問があったら、その新聞を買ってきて比べてみる。こんな事が簡単にできるようになりました。有り難いことです。
  1. 2017-07-09 06:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する