2017-07-02 16:38

今日は半夏生

 今日は半夏生(はんげしょう)ですね。このところ重い話題が多いので梅雨空らしい季節の話題など。

半夏生と言っても何ですかソレは??、近くのスーパーではおばちゃんが「今日は半夏生です。タコをたべましょう」とゆでタコを売っているが・・・
2017-7-2ゆでタコ 


半夏生はwikiによれば
「半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウ[1]などと呼ばれる。」・・・つまり草の名前
或いは
「七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが[2]、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。」・・・季節の名前の一つでもあるようだ。


 半夏生以外は名前も聞いた事の無い雑節。この日だけ特別なのは稲作農家にとって重要な日だからで、【この日までに田植えをしないと実りは得難し】と言われているから。そしてその理由は稲が短日植物で、日が短くなると花を咲かせ実を結ぶ、そんな稲の性質の為、こんな事が言われている。

今日の田んぼ、これは拙宅近くの田んぼ。
2017-7-2今日の田んぼ 


そして半夏生という草、これは奈良県御杖村の半夏生(御杖村HPより)
2017-7-2奈良県御杖村の半夏生 

今日はこれにて失礼します。
  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんばんは。

昨日「半夏生にはタコを食べましょう」とスーパーで大売り出しをしていました。
WIKIには関西では半夏生にはタコを食べるとありましたが、当地は関西からほど遠く、去年はタコのたの字もありませんでしたし半夏生もありませんでした。
商魂たくましいですが、恵方巻よろしく押し売りされてまで食べようとも思わず。3日の今日はきれいにありませんでした。
せっかく「半夏生」といういい響きといい風習のの日が、とても薄っぺらくなってしまうように思います。
徒然すみません。
  1. 2017-07-03 21:18
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:koguma さん

> こんばんは。
>
> 昨日「半夏生にはタコを食べましょう」とスーパーで大売り出しをしていました。
> WIKIには関西では半夏生にはタコを食べるとありましたが、当地は関西からほど遠く、去年はタコのたの字もありませんでしたし半夏生もありませんでした。
> 商魂たくましいですが、恵方巻よろしく押し売りされてまで食べようとも思わず。3日の今日はきれいにありませんでした。
> せっかく「半夏生」といういい響きといい風習のの日が、とても薄っぺらくなってしまうように思います。
> 徒然すみません。



半夏生にタコを食べるというのは恵方巻と同じで大阪辺りのお遊びがやってきたもので、昔からの習慣ではありません。
恵方巻は大阪の下町の座敷遊びがルーツのようで、おバカ遊びの類でしょう。
半夏生は実は稲作には重要な日でして、この日までに田植えを終えないといけない。これより遅くなると稲が十分成長する前に日が短くなるため、稲が未成熟で穂をつけ花を咲かせようとする。当然実りません。
こんな数日単位で管理するためには暦の管理が重要でして、春分の日を見つけ、そこから24節気、そして半夏生を見つける。これはバカではできません。昔から日本の農家は文字の読み書きができたのですが、こんな管理をするためです。また今は機械化ですが、昔は手作業の為もあり、5日単位で作付の品種を変えたりしていました。古墳時代頃から行われており、そんな事の証拠の木簡が見つかっています。確かkoguma さんは下野の国に御住いと思いますが、そちらでもそんな証拠があったような記憶。
半夏生もいろいろ見てみると面白いです。
  1. 2017-07-04 10:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する