2017-06-08 16:40

ストークス氏の助言

 前回のエントリーで、日本のマスゴミやパヨク学者が「走狗」として登場、山口二郎などもその走狗の代表という事を書いた。その走狗の走り回るところを書きたいのだが、最初に前回書評を紹介したストークス氏と植田氏の対談本から、ストークス氏の意見を紹介したい。


紹介する本はこれ
日本が果たした人類史に輝く大革命ー「白人の惑星」から「人種平等の惑星」へ 
2017/4/12
2017-6-4日本が果たした人類史に輝く大革命表紙 

この著書に題名のもとになったストークス氏の意見が掲載されている(p33-p35)。大変参考になるので以下紹介したい。
尚この文章はヘンリー・S・ストークス氏と植田剛彦氏の対談になっているので、「ストークス」となっているのが同氏の言っていること、文中「植田さん」と呼び掛けているのは部分は植田氏を日本人代表として呼びかけているので、○○さんと皆さんの名前が書いてあるものとみてください。

<以下引用>

ストークス 
 先の第ニ次大戦で、日本がアジアに軍事進攻したのは、もちろん、歴史の事実です。
 侵略(進攻)というと、ひとつの国が他国の領土へ武力を使って、強制的に入っていくことを意味します。この定義では、日本は大英帝国の領土である植民地に侵略したと認められます。
 しかし、日本は大英帝国の植民地を侵略しただけではなく、欧米の植民地支配を受けたアジア諸民族が独立するのに当たって、大きな役割を果たしたのです。アジア全土に展開していた欧米の植民地を、日本は一挙に占領した。あっという間に、白人の軍隊を打ち破ったことによって、白人には勝てないと思い込んでいた、アジアと、アフリカの諸民族に、独立への気概と勇気、そして、民族平等というまったく新しい概念をもたらした。日本は世界史に、大きな役割を果しました。

 植田さん、日本はアジア人の「希望の光」でした。いまの日本から、想像することができませんね。

 このように話をすると、インタビュアーや聴衆から質問がでて、「それでは、これから日本として、どうしたらよいでしょうか?」と、よくたずねられます。
 しかし、植田さん、日本を取り巻く世界情勢が厳しくなるなかで、日本は相手の都合を慮(おもんぱか)ったり、阿諛追従(あゆついしょう)する必要はまったくありません。アメリカはアメリカの立場で、中国は中国の、韓国は韓国の、日本は日本の立場でものを言う。当然それらは食い違う。外交とは非情で冷厳なもので、世界とはそういうものです。日本だけが物わかりのいい顔をしていたら、精神を侵略されてしまい、たちまち付け込まれてしまいます。この質問には、外国人の私ではなく、一人一人の日本人が考えて、答を出すべきです。
 もう一つ、私か言いたいのは、「南京大虐殺」にせよ、「靖国神社参拝問題」にせよ、「慰安婦問題」にせよ、現在懸案になっている問題のほとんどは、日本人の側から、中国や、韓国にけしかけたというのが事実だということです この問題をどうするか、それは日本人目身で考えねばなりません。

<引用ここまで>

ここまで読んで私ははっとしたのが正直なところ。「精神を侵略されてしまい」、これだ!と思いましたね。日本のマスゴミや政治家が物わかりのいい顔をしてニコニコしているうちに、精神を侵略されてしまい」、ハニートラップに引っかかって国益を損ねている。
流石ストークス氏は良く見ています。

そしてもっと大きな問題。「現在懸案になっている問題のほとんどは、日本人の側から、中国や、韓国にけしかけたというのが事実」、此れこそ問題の根っこにあるものです。

そんな実例がこんなもの


国連を利用した「日本たたき」のウラ 日韓合意、組織犯罪処罰法改正案などにケチ 左翼勢力の「マッチポンプ構図」 
2017.06.03

 国連側のイチャモンとしては、まず拷問禁止委員会が同月12日、慰安婦問題の日韓合意について、韓国への見直しを勧告。同月18日には、国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が、組織犯罪処罰法改正案を冒頭のように批判した。さらに、特別報告者のデビッド・ケイ氏は6月中に、日本の「表現の自由」の現状を問題視した報告書を国連人権理事会に提出するという。
<引用ここまで>


そしてこんな「日本人が日本貶めの実行犯」だという例として、CatNAさんがこんな分かりやすい図を紹介している。

2017-6-8世界を巻き込む偽りのスパイラル

そしてその舞台となっているのが外国特派員協会

2017-6-8CatNAさんのツィート 

ここでCatNAさんは鋭いことを指摘している。こんな所で日本嫌いのガイジンさんとのつながりが出来、日本貶めのネットワークが出来ている訳だ。

この外国特派員協会での記者会見の様子はこんなもの。
(これは参考用の画像、タイ首相訪日時のモノ)
2017-6-8外国特派員協会の記者会見の様子 
不快な汚物の写真で恐縮ですが・・・
これは山口二郎の写真、背景を見れば外国特派員協会の記者会見場と一目でわかる
2017-6-3山口二郎写真 

こんな所で日本貶めの出鱈目を喋っている・・・売国奴め!。


そしてもう一つ、こんな山口二郎などのパヨク学者に共通する思想がある。
もう250年も前の「ルソー」を崇めていることだ。

例えばこんなもの、これは東京新聞の本音のコラム 昨年7月25日のもの。
<以下引用>

2016.07.25 Monday 14:24
自由という錯覚

Category : 東京新聞 本音のコラム
Author : 山口二郎
 フランスの思想家、ルソーは代議政治を批判して次のように書いた。
「イギリスの人民は自由だと思っているが、それは大まちがいだ。彼らが自由なのは、議員を選挙する間だけのことで、議員が選ばれるやいなや、イギリス人民は奴隷となり、無に帰してしまう。」
 今、安倍政権はルソーが批判したイギリスの権力者と同じことをしている。・・・以下略・・
・・詳細は上掲リンク先参照ください・・

<引用終り>

もう一つこんなパヨク学者もルソーが好きらしい
朝日新聞はルソーがお好き

このエントリーで
東京大学准教授・小島慎司氏がこんな事を言っている。
「イギリス人民は、自分たちは自由だと思っているが、それは大間違いである。彼らが自由なのは、議員を選挙するあいだだけのことで、議員が選ばれてしまうと、彼らは奴隷となり、何ものでもなくなる」

なるほどねえ、パヨク学者は皆さんルソーが好きなんだ。ルソーの思想から出発して今日のパヨクがある。そんな事らしい。全く独立した二つの記事に共通するのがルソー、こんなものを論破しないと奴らの跳梁跋扈はなかなか防げないと思う。

このルソーの思想の一番厄介なのが「一般意思」という概念。
(1762年に発表した『社会契約論』において、社会契約と一般意志なる意志による政治社会の理想を論じた)
この一般意思が、『理念が正しければ民主性は問わない』、こう解釈されることにある。
この件は以下参照ください。

長い話になりました。支離滅裂な話にお付き合いいただき有難う御座います。
昨日から各地は梅雨入り、しばらくじめじめした日が続きますが、健康第一で過ごしたいと思います。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

>『理念が正しければ民主性は問わない』

正しいとは誰が決めるのでしょう。近年「政治的に正しい事」が取りざたされ、それはおかしいと言う風にもなりました。

旧民主党の空き缶総理が「正しい事のためには一時独裁もあり得る」という趣旨の発言をしたそうですが、左なら言いそうです。

問題は敵国にご注進が止まない日本人のだらしなさです。学者だの牧師だの僧侶だの教師だの、良心的であらねばならないと思う人間は信用ならないとは逆説的です。

昔の人なら「恥を知れ!」という一喝で背筋がピンとしたものなのに、「恥」も「矜持」も「卑怯」もそんな言葉が死語と化した今、教育の再教育が望まれます。
(文部事務次官が変なバーに通って、それを公言する社会なんて歪んでいる)
  1. 2017-06-08 22:47
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

左翼はグローバルに繋がっている

安倍政権の政策を激しく攻撃するパヨク学者に、同志社大学の浜矩子教授という人がいますよね。
最近はトンデモ発言がまとめサイトに載ってしまうほど、ネット民にネタにされている人ですが、私がこの人を初めて知ったのはBBCニュースでした。この人は一時期、BBCに出まくっていたんですよ。

浜矩子とは (ハマノリコとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90

浜矩子 - NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/search?q=%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90

BBC NEWS | Asia-Pacific | Past echoes in Japan-US summit
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7095971.stm

BBC World Service - Visionaries, Economics
http://www.bbc.co.uk/programmes/p03971dw

左翼的な言説のほうがメディアに取り上げられやすく、アカデミズムの世界でも出世しやすいのは、世界的な傾向なのでしょう。日本人の場合、それで英語ができると、こんなトンデモ論を繰り返す人でも海外の大手メディアに出演できてしまうんですね。

そういえば、山口二郎も英語で日本の悪口を発信していましたね。今、彼のツイッターを見たら、こんなことを言ってました。

山口二郎‏ @260yamaguchi
https://twitter.com/260yamaguchi
>安倍とスターリンを対比するのはスターリンに申し訳ないのだろうが、菅はベリヤそっくりなのだろう。私はベリヤを見たことはないのだが、およそ想像はつく。
  1. 2017-06-08 23:36
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

 ルソーの哲学は個人の自由と平等を両立させるための仮説だという事ですが、そもそもの問題提起も現実の問題を解決する為にそれは考える必要があるのか、単なる言葉遊びに成ってはいないかという疑問があります。こういう抽象的で現実社会に即していない哲学を、左翼が都合よく革命の根拠にしたことはあの暴力的で陰惨なフランス革命を見ると悲劇だと思います。

 そして「一般意思」とは、WIKIによると「全ての人が個人的な特定の事情をこの場限りで捨て去った時こそ共通の意志」だとされています。この条件を現実社会で乗り越えて一般意思を形成し、それをもって国家を運営するというのは、空想的だと思えてなりません。だからサヨクに政権を任せてはいけないのだと、この点をもってしても痛感します。

 どうやらスイスは直接民主制なのでサヨクの理想だと思いますが、よく国民投票をして国の政策を決めてい居るようです。小国で政策について理解することが出来るという国民の資質が揃っているのならば可能な政治形態で、ある程度の規模の様々な人間が混在している国には適していないと思います。

 しれにしても、昔からサヨクは、とりあえず敗戦革命をするために現状の安定した社会を破壊しつくしたいという風にしか見えないです。壊した後にソ連や中国のような共産主義国をつくるというのなら、残っている共産主義国の中国の発展の為に中国人になって国家に尽せばいいのにと思います。
  1. 2017-06-09 08:38
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:相模 さん

> >『理念が正しければ民主性は問わない』
>
> 正しいとは誰が決めるのでしょう。近年「政治的に正しい事」が取りざたされ、それはおかしいと言う風にもなりました。
>
> 旧民主党の空き缶総理が「正しい事のためには一時独裁もあり得る」という趣旨の発言をしたそうですが、左なら言いそうです。
>
> 問題は敵国にご注進が止まない日本人のだらしなさです。学者だの牧師だの僧侶だの教師だの、良心的であらねばならないと思う人間は信用ならないとは逆説的です。
>
> 昔の人なら「恥を知れ!」という一喝で背筋がピンとしたものなのに、「恥」も「矜持」も「卑怯」もそんな言葉が死語と化した今、教育の再教育が望まれます。
> (文部事務次官が変なバーに通って、それを公言する社会なんて歪んでいる)



ご指摘の{ 正しいとは誰が決めるのでしょう}、此れこそ250年前からの疑問でした。
そしてこれに科学的というお墨付きを与えたのがマルクス・エンゲルス、特にエンゲルスの「空想から科学へ」はその後長く世の中の思想の中心になりました。
しかし共産主義がやはり空想と分かっても一般意思は色々呼び方を変え生き残りました。
その一般意思を愚民たちに教え込むプロパガンダ機関がメディアです。マスコミです。

現代はこの一般意思が拝金主義と結びつき、新たな貴族社会を作り出しました。
カネをしこたま蓄えた貴族階級とその走狗たるメディアをアメリカではエスタブリッシュメントと呼んでいますね。
では一般庶民はというと体の良い奴隷です。エスタブリッシュメントが進める移民政策は一般庶民を奴隷にするための方策と言った所でしょう。
難しい時代になりました。
  1. 2017-06-09 09:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 左翼はグローバルに繋がっている

> 安倍政権の政策を激しく攻撃するパヨク学者に、同志社大学の浜矩子教授という人がいますよね。
> 最近はトンデモ発言がまとめサイトに載ってしまうほど、ネット民にネタにされている人ですが、私がこの人を初めて知ったのはBBCニュースでした。この人は一時期、BBCに出まくっていたんですよ。
>
> 浜矩子とは (ハマノリコとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
> http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90
>
> 浜矩子 - NAVERまとめ
> https://matome.naver.jp/search?q=%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90
>
> BBC NEWS | Asia-Pacific | Past echoes in Japan-US summit
> http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7095971.stm
>
> BBC World Service - Visionaries, Economics
> http://www.bbc.co.uk/programmes/p03971dw
>
> 左翼的な言説のほうがメディアに取り上げられやすく、アカデミズムの世界でも出世しやすいのは、世界的な傾向なのでしょう。日本人の場合、それで英語ができると、こんなトンデモ論を繰り返す人でも海外の大手メディアに出演できてしまうんですね。
>
> そういえば、山口二郎も英語で日本の悪口を発信していましたね。今、彼のツイッターを見たら、こんなことを言ってました。
>
> 山口二郎‏ @260yamaguchi
> https://twitter.com/260yamaguchi
> >安倍とスターリンを対比するのはスターリンに申し訳ないのだろうが、菅はベリヤそっくりなのだろう。私はベリヤを見たことはないのだが、およそ想像はつく。



面白い情報、ありがとうございます。
特に
>左翼的な言説のほうがメディアに取り上げられやすく、アカデミズムの世界でも出世しやすいのは、世界的な傾向なのでしょう
此処ですね、問題の根は。
だから可笑しな連中がいつまでたってもウジャウジャ湧いて出てくる。どぶ川のヘドロに住む蛆虫ですね。

それから山口二郎のツィート、私もこれには激怒しています。
コメント欄では書ききれませんので、このツィートを取り上げてみようかと思います。
情報感謝します。
  1. 2017-06-09 14:24
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  ルソーの哲学は個人の自由と平等を両立させるための仮説だという事ですが、そもそもの問題提起も現実の問題を解決する為にそれは考える必要があるのか、単なる言葉遊びに成ってはいないかという疑問があります。こういう抽象的で現実社会に即していない哲学を、左翼が都合よく革命の根拠にしたことはあの暴力的で陰惨なフランス革命を見ると悲劇だと思います。
>
>  そして「一般意思」とは、WIKIによると「全ての人が個人的な特定の事情をこの場限りで捨て去った時こそ共通の意志」だとされています。この条件を現実社会で乗り越えて一般意思を形成し、それをもって国家を運営するというのは、空想的だと思えてなりません。だからサヨクに政権を任せてはいけないのだと、この点をもってしても痛感します。
>
>  どうやらスイスは直接民主制なのでサヨクの理想だと思いますが、よく国民投票をして国の政策を決めてい居るようです。小国で政策について理解することが出来るという国民の資質が揃っているのならば可能な政治形態で、ある程度の規模の様々な人間が混在している国には適していないと思います。
>
>  しれにしても、昔からサヨクは、とりあえず敗戦革命をするために現状の安定した社会を破壊しつくしたいという風にしか見えないです。壊した後にソ連や中国のような共産主義国をつくるというのなら、残っている共産主義国の中国の発展の為に中国人になって国家に尽せばいいのにと思います。



フランス革命の後のロベスピエールはその大虐殺をルソーの血塗られた手と言われています。そして自由・平等・友愛の名のもとにベトナムなどの植民地では虐殺を続けていますね。
私は先日もフランスの総選挙で右も左も三色旗を振り、ラ・マルセイエーズを歌っていますが、これは世界的に見れば自由でも平等・湯愛でもない。
これこそルソーの一般意思の欺瞞性の象徴です。
だから今日の世界でトラブルの多い地域はフランスの植民地が多い、シリアなどもそうですね。

左翼の敗戦革命は本当に困ったもので、とにかく破壊しようとする。
そこに付け込まれるのが日本人の不平分子。何でも現状に不満がある人はとにかく野党の気持ちのいい言葉に騙される。
日本は民主党の3年半で痛い思いをしたのですが、皆さんきれいさっぱり忘れたようです。
  1. 2017-06-09 15:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する