2016-12-16 17:47

韓国の鉄道システムで大丈夫なのか? <インドネシアの話です

 旧聞なのだが、インドネシアの首都ジャカルタの都市鉄道LRT(ライト・レール・トランジット  Light rail transit, LRT) が韓国に発注されたとの話がある。もう半年前の報道なのだが、GLOBAL NEWS ASIA にちょっと面白い記事が有った。

<以下引用>
GLOBAL NEWS ASIA グローバルニュースアジア インドネシアのニュース
韓国の鉄道システムで大丈夫なのか? ー危険すぎる大博打、非難広がる 
配信日時:2016年6月7日 18時46分 [ ID:3465]


 2016年6月6日、インドネシアの鉄道関係者は、先月、韓国がインドネシア・ジャカルタで進められているライトレール(LRT)事業の一部を、受注してしまったことから、心配が尽きないという。

 今回の受注は、総延長116キロメートルの内、第1期(5.8キロメートル)分、3億4000万ドル(約370億円)だけなのだが、結局のところ全て韓国に発注してしまうことになるからだ。

 韓国の交通機関は、中国よりも酷い。国の正面玄関ソウルの空港と市内を結ぶ鉄道でも、不具合は多くガタガタ。また、乗換が不便だったり、全体のことをきちんと考えて建設したとは思えない。なぜ、こんなにダメダメなのかというと偏った財閥至上主義の世襲国家。一般の人にはチャンスがない仕組みが大きな原因の一つ。そうしたことから排他的な考えが蔓延しており、きちんとやろうとの意力のある人が減ってしまう。大韓航空は、たびたび事故を起こしている。羽田空港でのエンジンの炎上は記憶に新しい。整備費用を削減していることも関係がありそうだ。経営者がパイロットを侮辱したり、労使関係も最悪。陸、海、空すべてで事故が多い。そして無責任。事故原因を究明することを避けるお国柄。こんな危ない国に、鉄道システムを発注する暴挙は悲しすぎる。

 もちろん、発注したインドネシアが一番悪いのだが。心ある鉄道関係者は、ストレスが減らない。
【編集:KK】
<引用終り>

この件の詳しい話はこんなものが参考になる
賄賂国のインドネシア政府 ライトレールLRT116キロ 韓国へ発注
http://n-seikei.jp/2016/05/post-37374.html

このライトレール、すぐイメージするのは路面電車だがジャカルタにはそんなものを建設するだけの土地は無いらしい。それでこんな断面図のような高架にする計画という。

2016-12-16インドネシアのライトレール 

さてこんな話で何が面白いかというと

なぜ、こんなにダメダメなのかというと偏った財閥至上主義の世襲国家。一般の人にはチャンスがない仕組みが大きな原因の一つ。そうしたことから排他的な考えが蔓延しており、きちんとやろうとの意力のある人が減ってしまう。・・・中略・・・  陸、海、空すべてで事故が多い。そして無責任。事故原因を究明することを避けるお国柄

まあ言いたい放題だが、よく考えてみると我々の身の回りにも似たようなことは無いだろうか。
こんな事例を嫌韓・笑韓で笑い飛ばすのは良いけれど、反面教師として見てもいいと思う。

但しいくら反面教師と言っても、ポスコのインドネシアの子会社クラカタウ・ポスコの高炉事故のようにまったく参考にならん事例もある。そういえばあの高炉事故から間もなく丁度丸3年、未だに高炉が動いたという報道はないし、鉄鋼生産速報を見てもなしのつぶて。続報を待つしかないが闇に葬るには大きすぎるのですが・・・・。

話が横道にそれました。
この記事を引用したのは、一言で言えば、『問題なのは国や企業の制度が悪いから』、この一言に収斂すると思えるのです。そんな意味で自分の身の回りから見直していきたいと思っています。


  1. 鉄道
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

Wikiによると「Light Rail Transit(ライト・レール・トランジット)」の「Light」とは、輸送力が「軽量」という意味で、フィリピンのマニラでは高架鉄道を「LRT」と呼んでいるそうです。

この計画は、マニラの「LRT」やバンコクの「スカイ・トレイン」のような高架鉄道を作るというものらしいですね。バンコクの「スカイ・トレイン」は、今でこそ中国製の車両も走ってますが、建設はドイツが行なったみたいです。

バンコク・スカイトレイン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/バンコク・スカイトレイン

ジャカルタの場合、ヤバイのは韓国が全てをパッケージにして受注してしまったことですね。記事を読むと「インドネシア側の担当者は、韓国側から相当な賄賂や接待を受けたんだろうなぁ。」と思ってしまいます。

>今回のLRT受注は、韓国の鉄道技術を総合パッケージ形態で海外に輸出する初のケースだ。列車、駅舎、トンネル、信号システムなど全ての工程に韓国の技術が投入される。
>当初インドネシアは各分野に分け、個別に入札を実施する計画だったが、最終的には鉄道施設公団などで構成する韓国コンソーシアムに総合パッケージ方式で事業を任せることを決めた。それだけ韓国の技術水準が信頼されていることになる。
  1. 2016-12-17 17:23
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

韓国の鉄道車輌はダメダメ

ジャカルタの渋滞は酷いですから高架鉄道ができるのは嬉しいことです。
マニラのLRTは輸送量の将来予測もせず安さにこだわって作ったため、冷房もない小型車両で、すし詰めが常態化してしまいました。

バンコクのスカイトレインは大型車両で冷房は効きすぎるほど。落雷で運行停止した際には二編成をつなげた6両編成の電車に乗ったこともあります。

マレーシア・クアラルンプールの高架鉄道は無人運転で世界最長距離という銘板を見ましたが10年以上前のことなので現在はどうなっているのか。

シンガポールの地下鉄(MRT)は中国製車輌を導入してから故障が多発、修理のため車輌を中国に送り返すという不始末です。

韓国の都市鉄道はソウルの地下鉄一号線が日本の全面援助で完成したのが始まり。国鉄103系の車体幅を広げただけの車輌は非常ボタンの位置も同じ、案内表示も国鉄仕様をハングルにしただけでした。
その後も国鉄205系が登場するやソウル地下鉄でも日本と同様の軽量ボルスタレス台車になり、JR209系で大型一枚窓が出るとソウル地下鉄もすぐに追随しました。

韓国の鉄道車輌は現代精工が台湾に不良品を売付け知らん顔。実際に台湾ではドアの開閉不良でドア開放のままチェーンで応急処置をした韓国製の電車に乗ったことがあります。

インドネシアでは2000年当時でしたか、ジャカルタ近郊で韓国の技術で作られた新型車輌が走っていましたがトラブル多発ですぐに運休、廃車になったはずです。その後は日本からの中古車両の増備ばかりで都営地下鉄、東京メトロ、JR、東急などさまざまな車輌を見るのも楽しみ。

韓国の鉄道車輌は日本の丸パクリですが、ソウルの乾燥した気候しか知らない韓国メーカーでは東南アジアの湿潤気候やウクライナの重い雪質に対応できなかった。英仏海峡トンネルで日立の車輌が活躍したのも寒冷地の北海道から雪質の重い新潟までの経験が生きています。

もともと電装品に弱い韓国の鉄道がジャカルタの高温多湿に耐えられるのか、安物買いの銭失いにインドネシアは懲りないようです。
  1. 2016-12-18 02:52
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

昨日、こんなニュースが配信されて、「2ちゃんねる」や「まとめサイト」に転載されていました。

ジャワ島横断鉄道の高速化、日本に協力要請へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000004-asahi-int

まとめサイトの過去記事を読んで知ったのですが、インドネシアは一度、日本を裏切ってるんですね。

【高速鉄道】インドネシア政府、突如『中国案』採用 インドネシア運輸省の幹部「ルートも駅位置も全部日本のコピー。違うのは金額だけ」「親中派が調査結果を中国に流した」
http://www.honmotakeshi.com/archives/46440033.html
【安倍外交】安倍首相、インドネシア高速鉄道の中国受注に対し「失望した」⇒ インドネシアのジョコ大統領は黙ってうなずく
http://www.honmotakeshi.com/archives/46984311.html
【インドネシア高速鉄道】中国&インドネシアの企業連合「事業が失敗したらインドネシア政府が保証しろよ。後、完成した鉄道は中国のもんだから」
http://www.honmotakeshi.com/archives/47719594.html
【高速鉄道】中国案を採用したインドネシア、ジャワ島横断鉄道の高速化を日本に協力要請へ「(両国間に)生じた傷を癒やしたい」(朝日新聞)
http://www.honmotakeshi.com/archives/50241035.html

インドネシアって、こんな国だったんですね。だから韓国の賄賂攻勢、接待攻勢にもやられてしまったのでしょう。
  1. 2016-12-18 07:18
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To:かんぱち さん

> Wikiによると「Light Rail Transit(ライト・レール・トランジット)」の「Light」とは、輸送力が「軽量」という意味で、フィリピンのマニラでは高架鉄道を「LRT」と呼んでいるそうです。
>
> この計画は、マニラの「LRT」やバンコクの「スカイ・トレイン」のような高架鉄道を作るというものらしいですね。バンコクの「スカイ・トレイン」は、今でこそ中国製の車両も走ってますが、建設はドイツが行なったみたいです。
>
> バンコク・スカイトレイン - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/バンコク・スカイトレイン
>
> ジャカルタの場合、ヤバイのは韓国が全てをパッケージにして受注してしまったことですね。記事を読むと「インドネシア側の担当者は、韓国側から相当な賄賂や接待を受けたんだろうなぁ。」と思ってしまいます。
>
> >今回のLRT受注は、韓国の鉄道技術を総合パッケージ形態で海外に輸出する初のケースだ。列車、駅舎、トンネル、信号システムなど全ての工程に韓国の技術が投入される。
> >当初インドネシアは各分野に分け、個別に入札を実施する計画だったが、最終的には鉄道施設公団などで構成する韓国コンソーシアムに総合パッケージ方式で事業を任せることを決めた。それだけ韓国の技術水準が信頼されていることになる。



バンコクのスカイトレインは私も何度の利用しています。便利で良いですね。
これができる前は、バンコクの渋滞に捕まって遅刻しそうになった日本人が、運転手付きの車を捨ててバイクタクシーの後ろに背広を着て載っていた、こんな話がしばしばありました。

韓国がインドネシアでどの程度の賄賂を使っていたかは私も知識はありません。しかし中国の影響下にあることを考えると、タイのタクシン政権での賄賂の相場が参考になります。タクシン政権になって賄賂の相場が急騰、公共工事の場合、30%~35%が賄賂の相場でした。
恐らくこれ以下ではないと想像しています。

尚タイの賄賂の相場については以下参照ください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-528.html
  1. 2016-12-18 18:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 韓国の鉄道車輌はダメダメ

> ジャカルタの渋滞は酷いですから高架鉄道ができるのは嬉しいことです。
> マニラのLRTは輸送量の将来予測もせず安さにこだわって作ったため、冷房もない小型車両で、すし詰めが常態化してしまいました。
>
> バンコクのスカイトレインは大型車両で冷房は効きすぎるほど。落雷で運行停止した際には二編成をつなげた6両編成の電車に乗ったこともあります。
>
> マレーシア・クアラルンプールの高架鉄道は無人運転で世界最長距離という銘板を見ましたが10年以上前のことなので現在はどうなっているのか。
>
> シンガポールの地下鉄(MRT)は中国製車輌を導入してから故障が多発、修理のため車輌を中国に送り返すという不始末です。
>
> 韓国の都市鉄道はソウルの地下鉄一号線が日本の全面援助で完成したのが始まり。国鉄103系の車体幅を広げただけの車輌は非常ボタンの位置も同じ、案内表示も国鉄仕様をハングルにしただけでした。
> その後も国鉄205系が登場するやソウル地下鉄でも日本と同様の軽量ボルスタレス台車になり、JR209系で大型一枚窓が出るとソウル地下鉄もすぐに追随しました。
>
> 韓国の鉄道車輌は現代精工が台湾に不良品を売付け知らん顔。実際に台湾ではドアの開閉不良でドア開放のままチェーンで応急処置をした韓国製の電車に乗ったことがあります。
>
> インドネシアでは2000年当時でしたか、ジャカルタ近郊で韓国の技術で作られた新型車輌が走っていましたがトラブル多発ですぐに運休、廃車になったはずです。その後は日本からの中古車両の増備ばかりで都営地下鉄、東京メトロ、JR、東急などさまざまな車輌を見るのも楽しみ。
>
> 韓国の鉄道車輌は日本の丸パクリですが、ソウルの乾燥した気候しか知らない韓国メーカーでは東南アジアの湿潤気候やウクライナの重い雪質に対応できなかった。英仏海峡トンネルで日立の車輌が活躍したのも寒冷地の北海道から雪質の重い新潟までの経験が生きています。
>
> もともと電装品に弱い韓国の鉄道がジャカルタの高温多湿に耐えられるのか、安物買いの銭失いにインドネシアは懲りないようです。


韓国製の鉄道は最大の失敗はウクライナでしょうね。あのために政権が吹っ飛んでしまいました。
インドネシアはそんな事分かっているのに賄賂欲しさに韓国に決めた。
インドネシアも国民の大多数はインドネシア人ですが、支配階級は華僑ばかり。
彼らはインドネシアがダメならシンガポールにでも移ればいいと思っているので、(その為の住まいも持っている)、鉄道が無茶苦茶になっても平気なんでしょうね。
  1. 2016-12-18 19:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:かんぱち さん

> 昨日、こんなニュースが配信されて、「2ちゃんねる」や「まとめサイト」に転載されていました。
>
> ジャワ島横断鉄道の高速化、日本に協力要請へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000004-asahi-int
>
> まとめサイトの過去記事を読んで知ったのですが、インドネシアは一度、日本を裏切ってるんですね。
>
> 【高速鉄道】インドネシア政府、突如『中国案』採用 インドネシア運輸省の幹部「ルートも駅位置も全部日本のコピー。違うのは金額だけ」「親中派が調査結果を中国に流した」
> http://www.honmotakeshi.com/archives/46440033.html
> 【安倍外交】安倍首相、インドネシア高速鉄道の中国受注に対し「失望した」⇒ インドネシアのジョコ大統領は黙ってうなずく
> http://www.honmotakeshi.com/archives/46984311.html
> 【インドネシア高速鉄道】中国&インドネシアの企業連合「事業が失敗したらインドネシア政府が保証しろよ。後、完成した鉄道は中国のもんだから」
> http://www.honmotakeshi.com/archives/47719594.html
> 【高速鉄道】中国案を採用したインドネシア、ジャワ島横断鉄道の高速化を日本に協力要請へ「(両国間に)生じた傷を癒やしたい」(朝日新聞)
> http://www.honmotakeshi.com/archives/50241035.html
>
> インドネシアって、こんな国だったんですね。だから韓国の賄賂攻勢、接待攻勢にもやられてしまったのでしょう。




まったく同感です。インドネシア人はもう少しまともだと思っていたのですが、やはり華僑はダメという事でしょう。
賄賂の相場は分かりませんが、私のタイでの経験から、公共工事は30%~35%が賄賂ではないかと推測。
まあ日本人には理解できない感覚です。
  1. 2016-12-18 21:44
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する