2016-11-17 15:45

反トランプデモに思う事

 アメリカの反トランプデモについてエントリーしたのだが、色々皆さんから情報をいただいたので、私なりに思うことを書いてみたい。


最初にこの反トランプデモ、不思議なことにアメリカのマスゴミはあまり報道しない。どちらかと言えば日本のほうが大騒ぎしている感があるのだが、そんな中WSJにこんな記事があった。

【オピニオン】トランプ氏抗議デモは「カタルシス」
統一テーマ不在で、怒れる人々の集合体に過ぎず
2016 年 11 月 14 日 15:28 JST

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10043214266851864327604582435620739712012?mod=trending_now_2

2016-11-16反トランプデモ@NY 
全文は長いので文末に全文引用しましたが、その要点はこんなもの。

デモは持っているプラカードに書いてあること、デモ参加者の叫んでいること、これらはバラバラで統一された理念でデモが行われている訳ではない。持っている旗・国旗もバラバラである。
但しクリントン支持ではない
こんな事でこのデモは「カタルシス」と言える。
注:カタルシスとは、三省堂辞書によれば、「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」

そんなことでこのデモ騒ぎ、簡単には落ち着かないかもしれないがいずれ消滅するだろう、こんな見立てである。


しかし私にはこのデモ騒ぎ、もっと深いところに問題があるのではないかと見ている。前回の反トランプデモエントリーでも書いたのだが、黒幕は左翼投資家ソロスだという。

そして前回のエントリーに「けいさん」という方から情報をいただいた。
「NYでは、時給$35の10時間拘束で募集してました。トランプタワーの前まで行進したやつです」

また太玄さんからいただいた情報、これはデモ参加者を送迎するバスの写真
なんと韓国人が一枚噛んでいるとのこと。
2016-11-17反トランプデモのバス 

このバスを使うやり方で私はピンとくるものが有る。
不特定多数を金で呼び寄せてデモをする場合、カネの支払い方法が一番問題なのだが、バスが有れば最初にバスの中で何か番号札のようなものを渡し、デモが終わってバスに帰ってきたら、バスの中で番号札と引き換えに金を渡す。
こうすれば金の受け渡しが外部に見られることもない、大変いい仕組みなのだ。

こんなやり方はタイのタクシン派デモでやられていた方法と似ている。誰でも考えることは同じだ。
また私は詳しくないが、アラブの春で独裁政権を倒したり、ウクライナのオレンジ革命だったり、同じようなことでデモを煽ったりしたのではないだろうか。
但し発展途上国とアメリカは違う、発展途上国で通用した方法がアメリカでも通用するかというと、いくら何でもそれは無理だろう、そんな風に考えている。しかしソロスが簡単にあきらめるとは到底思えないのだが・・・。



WSJ記事は有料のため、全文を文末に添付するつもりで添付忘れしました。恐縮です。
以下が全文です、ご参考までに
<以下引用>
【オピニオン】トランプ氏抗議デモは「カタルシス」
統一テーマ不在で、怒れる人々の集合体に過ぎず

2016 年 11 月 14 日 15:28 JST

 次期米大統領にドナルド・トランプ氏が選出されたことに抗議するデモが収まらない。12日午後には、数千人のデモがニューヨークの5番街をユニオンスクエアからトランプタワーまで行進した。数日前から同様の抗議集会がロサンゼルス、ポートランド、シカゴなど全米各地で開かれていた。トランプ氏はデモ参加者の情熱が大好きだとツイートする一方、その多くはプロの活動家だと批判した。

 先週8日の投票後にまぎれもない選挙結果が判明したのに、そもそもなぜ抗議するのか。手がかりは参加者の掲げるプラカードにある。「F」ワード(訳注:汚いののしりの言葉)はもちろんのこと、「トランプ」、「ジュリアーニ」(トランプ氏を応援してきたルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長)、「警察」、「家族重視」、「選挙制度」、「ニュート」(共和党のニュート・ギングリッチ元下院議長)、「アルパイオ」(アリゾナ州のジョー・アルパイオ保安官)、「トランプのAmerikkka」(KKKは白人至上主義団体の名称)など。ある女性はトランプ氏が税金を払わなければ自分も払わないと宣言。(アドルフ・ヒットラーをもじって)「アドルフ・トランプ」とあざけり、「痴漢の親玉」は「手を触れるな」と警告するものもあった。

 見識ある大学生は謝罪のメッセージを掲げた。「ご不便をおかけします。世界を変えようとしているので」あるいは「私の国が人種差別者でごめんなさい」といった具合。中でも最も人気だったのは「私の大統領ではない」だ。

 統一的なテーマを見つけるのは難しい。考えがみなそれぞれ違うからだ――戦争捕虜はヒーローだ、黒人の命は大切だ、オバマケア(医療保険制度改革)に家庭医を、スティーブ・バノン(トランプ陣営の最高責任者で保守系サイト「ブライトバート・ニュース」会長)は退場せよ――。

 群衆が叫ぶスローガンも一様ではない。多くはトランプ氏が公言した政策や個人的スタイルに強く反発していた。「大声で言おう、はっきり言おう、難民は歓迎されている」と叫ぶ声があった。男性は「君の体のことは、君が選ぶべき」と言い、女性は「私の体よ、私が選ぶ」と応じた。政策を批判するのにユーモアも忘れない。「彼の手はあまりに小さい。壁なんて作れない」

 ありとあらゆる旗――レインボー(性的少数者を示す)、プエルトリコ、無政府主義、社会主義オルタナティブ、メキシコ、米国(冒とくするものやそうでないもの)――が振られた。しかし、いかなる統一理念のもとにデモ参加者は行進していたのか?

 敗れたヒラリー・クリントン候補への支持ではない。確かに同氏の支持者は当初、「#ImStillWithHer」(それでも彼女とともにいる)というメッセージで存在感を示した。トランプ氏が第3回テレビ討論会で「なんて嫌な女だ」と侮辱したのを引き合いに「私たちは嫌な女、その通り」と叫び、「彼女とともにいる」と唱和した。しかしあっという間にそれは消滅した。

 クリントン氏の敗因を批判する声もない。史上まれにみる嫌われ者同士の対決で民主党が負けた理由を考えるより、群衆は声を合わせることに喜びを見いだした。

 私は徐々に理解し始めた。このデモは何かに怒る人々の集合体に過ぎないと。1960年代の左派運動を示すバッジを着けた白髪交じりの活動家は若い革命論者に語りかけていた。「全米家族計画連盟」のバッジを着けた男性は子どもを乗せたベビーカーを押し、「革命的共産党」を名乗るメンバーはビラを配っていた。中年女性グループは筆者にジャーナリストとして自由を享受できるうちはそうすべきだと警告した。

 異種混交のメッセージを掲げるデモは、主にプライマル・スクリーム(訳注:原初の叫びを表現することで抑圧してきた感情を解き放つ心理療法)として機能しているようだ。23歳の建築基準コンサルタント、クレア・ビーチさんは「カタルシス(精神浄化)のようなものだ」とし、「抗議することしかできない」と語った。

 ビーチさんが認めたように「大きな変化が起きるとは期待していない。ただ、こういう結果になったのに、何も声を上げないのは惨めだと思っただけだ」

 唯一、参加者の誰もが支持しそうな政策は、選挙人団の廃止だ。「一般投票の得票数ではこちらが勝ったのに」と訴える声は共通だった。 21歳のニューヨーク大の学生、エドゥアルド・エステバさんは「このせいでブッシュ(前大統領)が当選し、トランプ氏が当選した」と不満をあらわにした。ただ、どれだけこの抗議活動の規模が拡大しようと、制度はなくならないだろうとエステバさんは話した。

 数千万人の米国人が選挙の結果に納得しておらず、選挙期間中のトランプ氏の発言にもっともな懸念を抱いている。しかしカタルシスは大きな運動には発展しない。ただ旅行者の目を楽しませ、報道陣が集まってくるだけだ。

 この抗議デモはどこまで行くのか? 人々は心底怒っているため、当面は続くだろう。トランプ氏の来年1月の就任式にも支障があるかもしれない。それでもいずれは下火になるはずだ。民主党全国委員会の議長選は、トランプ氏に反発する勢力について、どんな抗議活動よりもはるかに多くを物語るだろう。

 しかし全く希望がなくなったわけではない。あるデモ参加者は友人に打ち明けた。「少なくともこれで私は最初の女性大統領になることができる」
<引用終り>


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

反トランプデモの参加者の過半数は投票してないと言う記事がありました。

 http://www.12news.com/news/nation-now/more-than-half-of-arrested-portland-anti-trump-protesters-didnt-vote-in-oregon/352105081
  1. 2016-11-18 10:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 ソロスはもう86才なのに、まだまだ現役で世界を変えていく工作を続けていく気力があるというのは驚きです。それともオープンソサエティ財団のHPには、Christopher Stoneという方が会長と記載されていますので、その方が運営しているのでしょうか?どちらにせよ、こういう工作は中国やロシアなどもしているでしょうが、我が国のマスコミが全く報道しないのは大問題です。

【オープンソサエティ財団】
https://www.opensocietyfoundations.org/about
  1. 2016-11-18 12:07
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

> 反トランプデモの参加者の過半数は投票してないと言う記事がありました。
>
>  http://www.12news.com/news/nation-now/more-than-half-of-arrested-portland-anti-trump-protesters-didnt-vote-in-oregon/352105081



情報ありがとうございます。
これはデモで騒いで捕まった連中を調べた結果ですね。日本の沖縄で騒ぐパヨクと同じような感じ。
デモで騒ぐ奴らはどこでも似たようなものですね。多分カネで雇われるのでこんな事になるのだと思います。
  1. 2016-11-18 18:44
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  ソロスはもう86才なのに、まだまだ現役で世界を変えていく工作を続けていく気力があるというのは驚きです。それともオープンソサエティ財団のHPには、Christopher Stoneという方が会長と記載されていますので、その方が運営しているのでしょうか?どちらにせよ、こういう工作は中国やロシアなどもしているでしょうが、我が国のマスコミが全く報道しないのは大問題です。
>
> 【オープンソサエティ財団】
> https://www.opensocietyfoundations.org/about


情報ありがとうございます。
しかしこの話は根が深い話でして、現状では日本のマスゴミは期待薄です。
これで思い出すのがもう20年以上前ですが「マルコポーロ事件」
当時の文春はこれでマルコポーロ誌を廃刊にし、編集長を首にしました。
首になったのは花田さん、最近までWillの編集長でしたが、最近Hanadaという雑誌を作り、今そこの編集長です。

こんな事が起こることを理解したうえで進むべき道を考えないといけない。難しいですね。
  1. 2016-11-18 18:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

アメリカ社会に根を下ろす
血に飢えた化け物
「軍産複合体(MIC)」
http://inri.client.jp/hexagon/floorA2F/a2f1202.html

世界を動かす妖怪「軍産複合体」    
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-291.html

「https://www.carlyle.com/ja/home-page」ここへアクセスしようとしましたが、サーバーが問題を引き起こす可能性があるという警告が出たので躊躇してしまいました。
  1. 2016-11-19 01:10
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigen さん

> アメリカ社会に根を下ろす
> 血に飢えた化け物
> 「軍産複合体(MIC)」
> http://inri.client.jp/hexagon/floorA2F/a2f1202.html
>
> 世界を動かす妖怪「軍産複合体」    
> http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-291.html
>
> 「https://www.carlyle.com/ja/home-page」ここへアクセスしようとしましたが、サーバーが問題を引き起こす可能性があるという警告が出たので躊躇してしまいました。



情報ありがとうございます。
軍産複合体は確かに問題ではありますが、これからの時代、日本も避けて通れません。
多分近いうちに中国が崩壊しますが、その過程では相当の混乱があり、軍事力が必要になることは目に見えています。
少なくとも何もしないで平和でいられる訳ではない。大変な時代ですね。
  1. 2016-11-19 10:05
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する