2016-10-18 11:50

跪く(ひざまずく)とは

 13日に「タイのプミポン国王ご逝去」をエントリーしたのだが、このとき引用した読売新聞記事に関して、裏の桜さんが興味深いエントリーをしている。
裏の桜さんのエントリー
『跪く(ひざまずく)・畏る(かしこまる)』
http://sakuraura.blog.fc2.com/blog-entry-3998.html

裏の桜さんが言いたいのはこんな事

>国王は70年代以降、政治危機の際にたびたび仲裁の役割を果たしてきた。92年に軍が市民デモに発砲した「暗黒の5月」事件の際、対立する首相とデモ隊指導者を自らの前にひざまずかせて和解を諭し、その影響力を内外に強く印象づけた。


「自らの前にひざまずかせて」って・・・・対立する首相もデモ隊指導者も「タイ国王に最大限の敬意を表したから跪いた」「畏まった」ということじゃないの?

私は「タイ」という国に関して詳しいことを知っているわけじゃありませんが、このような「安易?」な報道というか、記事が、マスゴミがよく言うところの「無理解」につながっているんじゃないの?


この暗黒の5月事件というのはこんなもの
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%BB%92%E3%81%AE5%E6%9C%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6

1991年2月にタイは軍事クーデターで軍事政権となったが、軍事政権と民主化を求める勢力が対立、1992年5月、大規模な衝突となった。
指導者は軍事政権がスチンダー陸軍司令官、民主勢力側がチャムロン元バンコク知事だった。

2016-10-18暗黒の5月事件


この時、軍事政権側は武力で鎮圧しようとしたため、300人以上とも400人以上とも言われる死者を出した。
そして今なお正確な死者数は分かっていない(だから暗黒といわれている)。軍が死体をどこかに隠した、あるいは投棄したためと言われている。
10年くらいたったころでも、タイ湾のパタヤ沖などで不審な死体が見つかると、この時の死者ではないかと囁かれていた。


そしてプミポン国王による調停

『いい加減にせよ』
2016-10-14プミポン国王デモを調停
この写真の奥側がスチンダー首相(陸軍司令官)、手前側がチャムロン元バンコク知事

国王ラーマ9世(プミポン国王)は武力衝突を憂慮し、スチンダー首相(陸軍司令官)と民主化運動の指導者チャムロン元バンコク知事を王宮へ呼び、玉座の前に両者を座らせた。

「そんな事で国民のためになると思うか、双方ともいい加減にせよ」と説く。
一夜にして事態は収束した。


これを受けスチンダーは首相を辞任し、アナンが首相に復帰し、文民政権の樹立へとつながった。
これにより、『人間性が高く慈悲深い人物』という印象が強くタイ国民の心の中に根付くこととなった

この当時、世界は湾岸戦争直後であったため、日本での報道はあまり大きくなかったと思う。


さてここからが本論。
こんな事なのだが、世界を驚かせたのが上掲写真のように時の首相と民主化運動指導者を玉座の前に座らせたこと。
そんなことが私の13日のエントリーでも読売新聞が「対立する首相とデモ隊指導者を自らの前にひざまずかせて和解を諭し、その影響力を内外に強く印象づけた」と書くわけだが・・・。

そこで裏の桜さんの指摘。
>「自らの前にひざまずかせて」って・・・・対立する首相もデモ隊指導者も「タイ国王に最大限の敬意を表したから跪いた」「畏まった」ということじゃないの?

>私は「タイ」という国に関して詳しいことを知っているわけじゃありませんが、このような「安易?」な報道というか、記事が、マスゴミがよく言うところの「無理解」につながっているんじゃないの?


これは慧眼である。
こんな無責任な報道が事実を捻じ曲げ、真実から遠ざかるよう事例だと思う。

実はこの国王の前に跪いているように見える姿、これがタイの一般的な高貴な方に対する姿勢なのだ。

例えばこれはプミポン国王の長女であるウボンラット王女がプミポン国王に挨拶しているところ

2016-10-15プミポン国王のあいさつする長女写真

さらに言えばこの姿勢、パプピアップ(phap-phiap)といって寺院で僧侶の話を聞いたり、読経したりするときの一般的な姿勢でタイ人ならだれでも出来る。(日本の正座に相当するもの)

例えばこんな風

2016-10-15タイの正座パプピアップ(phap-phiap)

私もタイでの会社のセレモニーなどで僧侶に来てもらったことが何度もある。そのときはこんな姿勢で座るのだが、日本人の男性にはこの横座り、何とも座りにくく往生しました(笑)。

まあこんな風なのだが、この姿勢がタイの一般的な習慣だからと言って、これでプミポン国王の権威に多少なりとも影響があるわけではない。
玉座の前で「いい加減にせよ」と諭し、一夜にして内戦の危機とまで言われた事件を収束させたことは事実だからだ。


しかしこのような安易な報道が事実を捻じ曲げ、厭世観を煽るのにつかわれる。ここが今現在の問題なのだと思う。
  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

「パプピアップ」というものを初めて知りました。日本の正座や土下座とはだいぶ印象が違いますね。そういえば、韓国ウォッチをしていて「日本人の正座は、韓国人には卑屈に見える」という解説を見たことがあります。まあ、こういうのは純粋に文化や習慣の違いなので、私も韓国の「食事の時に片膝を立てる」習慣をどうこう言うつもりはありませんが。

タクシン派と反タクシン派の衝突が激しかった頃に「民衆が国王の呼びかけを聞かなくなった」という話を聞いた記憶があるのですが、事実でしょうか?
事実ならば「豊かになって、先進国のように国王の権威が下がった」「共産主義思想が入り込んで反国王な人が増えた」「タイ人になりすました華僑が暴れている」あたりかなと思うのですが。宮崎正弘氏は、あれは華僑同士の内部抗争だと書いています。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(タイ赤シャツ騒動の正体)平成22年(2010年)4月15日
http://melma.com/backnumber_45206_4822420
タイの暴動は華僑の間の内部抗争 - るいネット(上記と同じ内容)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=230402
  1. 2016-10-18 20:10
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

異文化の習俗・習慣は難しい

かんぱちさんが例にあげていた韓国での正座は罪人の姿勢、つまり韓国が日王は跪いて謝罪しろ、というのは天皇陛下を罪人扱いしている意識の現れです。

食事では韓国人は器を置いたまま食べるため、日本人は犬喰いだとして非常に嫌います。中国でもベトナムでも茶碗でご飯を食べるときは日本同様に茶碗を手に持ちますから韓国の犬喰いは余計に目立ちます。

Vサインが国によっては侮辱の印、グッドの意味で親指を立てるのもイランでは侮辱の印。比較的有名なものでは日本の「こっちにいらっしゃい」の手の動いが「あっちに行け」と誤解される。インド人のイエス・ノーも首の傾げ方が微妙でインド人に慣れない人はどちらかわかりません。

異文化理解はほんとうに難しいものです。
  1. 2016-10-18 20:44
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

To:かんぱち さん

> 「パプピアップ」というものを初めて知りました。日本の正座や土下座とはだいぶ印象が違いますね。そういえば、韓国ウォッチをしていて「日本人の正座は、韓国人には卑屈に見える」という解説を見たことがあります。まあ、こういうのは純粋に文化や習慣の違いなので、私も韓国の「食事の時に片膝を立てる」習慣をどうこう言うつもりはありませんが。
>
> タクシン派と反タクシン派の衝突が激しかった頃に「民衆が国王の呼びかけを聞かなくなった」という話を聞いた記憶があるのですが、事実でしょうか?
> 事実ならば「豊かになって、先進国のように国王の権威が下がった」「共産主義思想が入り込んで反国王な人が増えた」「タイ人になりすました華僑が暴れている」あたりかなと思うのですが。宮崎正弘氏は、あれは華僑同士の内部抗争だと書いています。
>
> 宮崎正弘の国際ニュース・早読み(タイ赤シャツ騒動の正体)平成22年(2010年)4月15日
> http://melma.com/backnumber_45206_4822420
> タイの暴動は華僑の間の内部抗争 - るいネット(上記と同じ内容)
> http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=230402



その国、民族で習慣などはまったく違いますから、それをどうこうは言えないですね
>日本人の正座は、韓国人には卑屈に見える
それなら
『韓国人の片膝たて座りは日本人には卑猥に見える』、こう言って笑ってやるしかないでしょう(笑)。

それからタイの騒動についての情報ありがとうございます。
宮崎先生はチャイナウォッチャーとしての視点で見てみえるので、タイの実情のある側面しか見ていない。
タイは元々華僑が建国した国です。タイ王室だって元をたどれば華僑ですから。

私はこの件に関していろいろ書いているのですが、こんなエントリーが分かりやすいかと思います。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-964.html

驚くのは日本では考えられないタクシンの資金力です。
まだまだ怖いことがいろいろ起こりそうです。
  1. 2016-10-19 06:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 異文化の習俗・習慣は難しい

> かんぱちさんが例にあげていた韓国での正座は罪人の姿勢、つまり韓国が日王は跪いて謝罪しろ、というのは天皇陛下を罪人扱いしている意識の現れです。
>
> 食事では韓国人は器を置いたまま食べるため、日本人は犬喰いだとして非常に嫌います。中国でもベトナムでも茶碗でご飯を食べるときは日本同様に茶碗を手に持ちますから韓国の犬喰いは余計に目立ちます。
>
> Vサインが国によっては侮辱の印、グッドの意味で親指を立てるのもイランでは侮辱の印。比較的有名なものでは日本の「こっちにいらっしゃい」の手の動いが「あっちに行け」と誤解される。インド人のイエス・ノーも首の傾げ方が微妙でインド人に慣れない人はどちらかわかりません。
>
> 異文化理解はほんとうに難しいものです。



まったく同感です。私が最近つくづく思うのが、パヨク連中がやる「中指を立てて相手に見せるしぐさ」ですね。
F□CKーYOUの意味なのですが、若い女の子がやるに至っては言語道断。絶対まねして欲しくないです。

食事のマナーですが、最近私は日本人の食事のマナーの劣化を心配しています。
特に箸の使いからが全く分かっていない。
実は変な話ですが、タイにいたころから箸の持ち方などをタイ人に教えていましたが、途中から日本人にも教えるようになりました。
日本人でも箸の持ち方を知らない人が多すぎます。正しく箸を持てば、空のビール瓶ならヒョイと持ち上げられますが、箸を正しく持たないと無理ですから。
最近テレビでは飯を食べるシーンが多いのですが、箸の使い方、食べ方がなってないですね。特にいけないのがどんぶり物などをガバガバかき込んで食べる食べ方、犬食いと大して変わりません。


  1. 2016-10-19 07:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する