2016-08-18 16:13

「日本の憲法はアメリカが書いた」とバイデン副大統領が言った

 アメリカのバイデン副大統領がとうとう本音を言い始めた。
日本の憲法はアメリカが書いたと

 これは実に重要な発言である。従来からこの憲法はアメリカが1週間で作り上げて押し付けたものという事は分かっていた。
しかし日本の九条狂徒(教徒)はじめ、こんなことは決して認めようとはせず、平和平和と平和念仏を唱えれば敵は攻めてこないと信じている。
現に今月も300隻もの中国の偽装漁船が尖閣分捕りに出てきているが、事実を前にしてもこの妄信は変わらない。

しかし、アメリカの現職の副大統領の発言である。これの重さは計り知れないものがある
さあ日本の皆さん、そろそろ太平の眠りから覚めるときですよ。バイデンさんはこう言っている訳だ。

記録のため、とりあえずアップします。


最初は毎日新聞の報道

<以下引用>
http://mainichi.jp/articles/20160816/k00/00e/030/200000c

米国
バイデン副大統領「日本国憲法、米が書いた」


毎日新聞2016年8月16日 11時03分(最終更新 8月16日 17時39分)

 【ワシントン会川晴之】バイデン米副大統領は15日、東部ペンシルベニア州スクラントンで民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説をし、「私たちが(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と語った。共和党大統領候補の実業家、ドナルド・トランプ氏(70)を批判する中での発言だが、米政府高官が、日本国憲法を「(米国が)起草した」と明言するのは極めて異例だ

 バイデン氏はトランプ氏を「事実から学ぼうとしていない」と批判した上で、日本国憲法の話題に触れた。トランプ氏が今春、日本や韓国の核武装を容認する発言をしたことを念頭に置いたとみられ、「(トランプ氏は)学校で習わなかったのだろうか? 彼に(大統領として)核兵器発射コードを知る資格はない」とも非難し、会場は笑いに包まれた。

 バイデン氏は今年6月、米公共テレビ(PBS)のインタビューで、中国の習近平国家主席に対して北朝鮮の核開発阻止で協力を求める中で、「日本は事実上、一夜で核兵器を製造する能力がある」と伝えたことを明らかにしている

<引用終り>

次に同じ内容だが、これはハフィントンポストの記事
朝日新聞の英語版と言ってもいい存在のハフィントンポストの記事なので、重複するが紹介します)

<以下引用>

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/15/biden-japan_n_11538084.html

「日本国憲法はアメリカがつくった」 バイデン副大統領が明言
The Huffington Post | 執筆者:安藤健二
投稿日: 2016年08月16日 13時24分 JST 更新: 2016年08月16日 13時24分 JST

アメリカのバイデン副大統領は8月15日、「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言した。アメリカの政府高官が、日本国憲法を「アメリカが起草した」と明言するのは極めて異例だ。毎日新聞などが報じた

この発言は、ペンシルベニア州で民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説をした際に、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏(70)を批判する中で飛び出した。

イギリスのオンライン新聞「インディペンデント」によると、トランプ氏が日本に対して核武装を容認する発言をしたことに対して、バイデン氏は以下のように言ったという。

核武装を禁止した日本国憲法を我々が書いたことを、彼は理解してないのではないか。彼は学校で習わなかったのか。トランプ氏は判断力が欠如しており、信用できない。核兵器を使用するための暗号を知る資格はない

(引用者注:以下の部分は、上記バイデン発言に関連してハフィントンポストが独自に付け加えたもの。)
■憲法9条、発案者をめぐって諸説

第二次大戦後の1946年に交付された日本国憲法は、第9条で「戦力の不保持」を定めている。朝日新聞2014年5月2日朝刊によると、日本国憲法は連合国軍総司令部(GHQ)の最高司令官マッカーサー元帥から指示を受けた日本政府が、GHQと折衝を重ねて草案を作成。議会が修正を加えた。

憲法9条に関しては、当時の幣原喜重郎首相とマッカーサー元帥のどちらが発案したかについて諸説ある。拓殖大学のワシーリー・モロジャコフ教授によると、マッカーサー元帥は「幣原首相の発案」と証言している一方で、マッカーサー元帥の全面的なイニシアチブによるものという説もあるという。

<引用終り>


もう一つ、毎日記事の最後に日本は一夜にして核兵器を作る能力がある云々の記事があるが、その元記事は以下の物

<以下引用>

http://www.sankei.com/world/news/160624/wor1606240026-n1.html

2016.6.24 13:43
「日本は一晩で核保有可能」 米バイデン副大統領が習近平国家主席に発言

 【ワシントン=加納宏幸】ジョー・バイデン米副大統領が中国の習近平国家主席に北朝鮮核・ミサイル問題での協力を求めた際、「日本が明日にでも核を保有したらどうするのか。彼らには一晩で実現する能力がある」と発言したことが23日、分かった。

 バイデン氏が米公共放送(PBS)のインタビューで語った。

 習氏との協議の時期は明らかにしなかったが、習氏が「中国軍は米国が中国を包囲しようとしていると考えている」と述べたのに対し、バイデン氏が日本に触れ、米中の連携がなければ日本の核保有があり得るとの認識を伝えたという。

<引用終り>


もう一つ、これはバイデン副大統領とは関係なく、中国人民解放軍の内部資料の話。

<以下引用>

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160817/frn1608171850005-n1.htm

中国人民解放軍内部文書「日本は2000発の核弾頭製造可能」
2016.08.17

 7月の参議院議員選挙で、非改選を合わせて自民党を含む改憲勢力が3分の2を占めたことで、中国は安倍政権の憲法改正の動きに警戒を強めている。

 そんななか、ジャーナリストの相馬勝氏は「日本では右翼勢力が台頭しており、近い将来、核武装に踏み切るのではないか」などと予測する中国人民解放軍の内部文書を入手した。

 * * *

 中国人民解放軍の内部文書は「日本の核武装に警戒せよ、世界平和に大きな影響」と題し、人民解放軍機関紙「解放軍報」を発行する解放軍報社傘下の軍の内部部門である「国防参考」が出版。

 「国防参考」は軍の幹部を対象に、軍事情勢を中心にした中国内外の重要なニュースや時事解説、解放軍中枢からの重要指示などを伝達するものだ。

 中国の傅聡軍縮大使が昨年10月の国連総会で、日本の「核武装論」を非難している。今回の参院選の結果を受けて、中国が日本の核武装論をテコに再び対日批判を強めることが予想されるが、その動きは、この「国防参考」の内容からある程度、予測できるだろう。内部文書の主要部分は、以下の通りだ。

 日本では原子力発電所の稼働によって、核兵器を製造するための原料であるウランやプルトニウムといった核物質を豊富に保有している。同時に、核兵器を持たない国のなかでは唯一、ウランの濃縮や使用済み燃料の再処理によるプルトニウムの製造技術といった、核兵器に転用可能な核物質を製造する一連の技術も保有する。それゆえ、日本は「2000発の核弾頭を製造できる」とし、それも「短期間で」と付け加えている。

 さらに、文書は日本の核兵器製造をめぐる歴史的経緯や政治・経済動向、科学的な裏付け、日本の核武装正当化のための国際関係や領土問題に加え、日本の核武装を阻止するための中国の対応についても詳しく解説している。

<引用終り>


極めて物騒な話であるが、これが世界というものだろう。
日本はいよいよ太平の眠りから目覚めるべき時が来たようだ。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

IAEA(国際原子力機関)も日本を抑え込むため

米国主導でIAEA(国際原子力機関)が設立された理由が、じつは「日本とドイツに核武装させないため」だったといわれてますね。
事実、2ヵ所しかない現地事務所のうちの1つが東京にあるのは、かつては日本の査察が多かったからです。

国際原子力機関 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2

IAEA「日本核武装“潔白宣言”」の意味|Foresight(フォーサイト) 2004年8月号
http://www.fsight.jp/articles/print/10023
>国際原子力機関が「日本は核武装を目指していないことを確認した」と発表。
>「これまでの日本への査察の結果、今後は統合保障措置を日本に適用できるとの結論に達した」

IAEAの本質を知らない日本人│吉田康彦のホームページ (2007年9月01日)
http://www.yoshida-yasuhiko.com/nanp/post-87.html
>(日本の)全施設をくまなく査察して歩いたらIAEAの全予算を投入しても足りなくなるので、「日本は軍事転用の意思のない国」と認定して「統合保障措置」を適用、全面的に信頼して、いわゆる"手抜き"に応じた。それでも全予算の25%が対日査察に投じられている。
  1. 2016-08-18 21:31
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

当時は日本ではなく、たしかoccupied Japanですよね?良くマニアの間でオキュパイドジャパンで作られたレア物だとかいうやつです。レア物です。(๑´ㅂ`๑)
要するにGHQの日本を武装解除させるための放棄のはずだあったのが71年続くというバカバカしいことがおこっていっるわけですよ。
  1. 2016-08-19 00:11
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

Re: IAEA(国際原子力機関)も日本を抑え込むため

> 米国主導でIAEA(国際原子力機関)が設立された理由が、じつは「日本とドイツに核武装させないため」だったといわれてますね。
> 事実、2ヵ所しかない現地事務所のうちの1つが東京にあるのは、かつては日本の査察が多かったからです。
>
> 国際原子力機関 - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2
>
> IAEA「日本核武装“潔白宣言”」の意味|Foresight(フォーサイト) 2004年8月号
> http://www.fsight.jp/articles/print/10023
> >国際原子力機関が「日本は核武装を目指していないことを確認した」と発表。
> >「これまでの日本への査察の結果、今後は統合保障措置を日本に適用できるとの結論に達した」
>
> IAEAの本質を知らない日本人│吉田康彦のホームページ (2007年9月01日)
> http://www.yoshida-yasuhiko.com/nanp/post-87.html
> >(日本の)全施設をくまなく査察して歩いたらIAEAの全予算を投入しても足りなくなるので、「日本は軍事転用の意思のない国」と認定して「統合保障措置」を適用、全面的に信頼して、いわゆる"手抜き"に応じた。それでも全予算の25%が対日査察に投じられている。


日本人の知らない、知ろうとしない話ですね。
だからこそIAEAが日本を一生懸命監視している間にいつの間にかイスラエルもパキスタンも核保有国になってしまった。
IAEAの目的からすれば尻抜けもいいところですが、彼らの狙いは日本に核兵器を持たせるなの一点、だから問題ないのでしょう。

アメリカは日本に核もですが、航空機を作らせるな、空母を作らせるな、ミサイルを作らせるな、これをごり押ししてきました。
しかし結果何が起こったか、航空機は日本排除をしてきたため、今ボーイングがガタガタです。その典型が787です。日本にやらせればいいものをほかの国にやらせて大失敗しました。
その点ジェットエンジンのGEは賢い。日本をうまく取り込んで新製品で勝負しようとしています。
  1. 2016-08-19 11:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 当時は日本ではなく、たしかoccupied Japanですよね?良くマニアの間でオキュパイドジャパンで作られたレア物だとかいうやつです。レア物です。(๑´ㅂ`๑)
> 要するにGHQの日本を武装解除させるための放棄のはずだあったのが71年続くというバカバカしいことがおこっていっるわけですよ。



全くそう思います。
made in occupied Japanというノリタケチャイナ(日本陶器製)の洋食器セットを見たことがありますが、まさしくレア物でした。
でも「occupied Japan」と書かざるを得ない、作っている人は悔しかったでしょうね。
  1. 2016-08-19 12:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

正直言って、今更何を・・ていうのが感想ですね。
占領下で主権のない時代の日本が100%自主的に憲法を作った・・なんて
考える方がどうかしてますし。

あと現憲法がアメリカ製だろうが日本製だろうが私にとってはどうでもいい話で、問題はそれが現実に即していて、きちんと機能しているかどうかです。

憲法9条ですか・・自分でいうのも何ですが、私、小学生の時分から政治的
思想や立場の変遷に関係なく全く信じたことがないですね。
別に歴史だの国際情勢だの難しい話を出さずとも日常生活の普通の感覚を持てば
真に受ける方が不思議なんですけどね。

こんなもの真に受ける人は子供時代から現代に至るまで喧嘩をしたことが
ないんでしょうか?みんな優しくて善意の人たちばかりに取り囲まれて
成長した幸せな人なんでしょうか?全然わかりません。

普通に現実に合わせて改正する話がどうして右翼扱いされるのか?
戦後日本の不思議な不思議なカルト信仰の一つですよ。

元NHKアメリカ総局長の日高義樹氏が憲法制定に関わった米国人を取材した
ところ皆「え?アレまだそのまんまなの?とっくに改訂したかと思った」
だったそうな。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%AB%98%E7%BE%A9%E6%A8%B9

思うに日本というのは外の人間にはなかなか説明しづらい建前と本音の微妙な
使い分けで成り立つ国なのでしょうね・・。

・自衛隊=軍隊ではない
・ソープランドは特殊浴場でソープ嬢はあくまでコンパニオン
・パチンコは賭博ではない。もらえるものはあくまで「景品」である

こんなことまともに信じていたら「アホか」と変人扱いされますが、
といって現実を認めて法律を変えようと主張すも、また変な人、危ない人
扱いされる・・。
これを変だと思う私は日本人離れしているのだろうか?と悩んでしまいます。

日本で日本人として生きていくのも意外と器用さが必要なんだな・・
と改めて考えさせられます。

  1. 2016-08-19 19:34
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

 バイデンさんは、故意に発言したようにも思えますがうっかりしてたのでしょうか?しかしこれまで9条を守れと狂信的な活動をしてきた人たちは、米国がつくった憲法と分かったからには要望通りに軍事費を増やし沖縄の基地移転に賛成しないとような気がします。
  1. 2016-08-19 20:02
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:prijon さん

> 正直言って、今更何を・・ていうのが感想ですね。
> 占領下で主権のない時代の日本が100%自主的に憲法を作った・・なんて
> 考える方がどうかしてますし。
>
> あと現憲法がアメリカ製だろうが日本製だろうが私にとってはどうでもいい話で、問題はそれが現実に即していて、きちんと機能しているかどうかです。
>
> 憲法9条ですか・・自分でいうのも何ですが、私、小学生の時分から政治的
> 思想や立場の変遷に関係なく全く信じたことがないですね。
> 別に歴史だの国際情勢だの難しい話を出さずとも日常生活の普通の感覚を持てば
> 真に受ける方が不思議なんですけどね。
>
> こんなもの真に受ける人は子供時代から現代に至るまで喧嘩をしたことが
> ないんでしょうか?みんな優しくて善意の人たちばかりに取り囲まれて
> 成長した幸せな人なんでしょうか?全然わかりません。
>
> 普通に現実に合わせて改正する話がどうして右翼扱いされるのか?
> 戦後日本の不思議な不思議なカルト信仰の一つですよ。
>
> 元NHKアメリカ総局長の日高義樹氏が憲法制定に関わった米国人を取材した
> ところ皆「え?アレまだそのまんまなの?とっくに改訂したかと思った」
> だったそうな。
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%AB%98%E7%BE%A9%E6%A8%B9
>
> 思うに日本というのは外の人間にはなかなか説明しづらい建前と本音の微妙な
> 使い分けで成り立つ国なのでしょうね・・。
>
> ・自衛隊=軍隊ではない
> ・ソープランドは特殊浴場でソープ嬢はあくまでコンパニオン
> ・パチンコは賭博ではない。もらえるものはあくまで「景品」である
>
> こんなことまともに信じていたら「アホか」と変人扱いされますが、
> といって現実を認めて法律を変えようと主張すも、また変な人、危ない人
> 扱いされる・・。
> これを変だと思う私は日本人離れしているのだろうか?と悩んでしまいます。
>
> 日本で日本人として生きていくのも意外と器用さが必要なんだな・・
> と改めて考えさせられます。


今回の事例はよく知っている人には何をいまさらですが、憲法9条イノチの連中には良い薬です。
手始めに吉永小百合さんに一服飲んでもらうのがいいかもしれません。
私も元サユリストとして彼女の劣化・赤化は悲しい限り、早く良い薬を飲んで正気になってもらいたいですね。
巷間噂されるところでは青○カリというよく効く薬があるそう・・・、以下略

でもこんなことを機会に日本が生まれ変われる、そんなチャンスにしたいと思っています。
考えてみれば明治維新から73年は昭和16年。
やはり70年で世の中の大変革が起こるのは間違いありません。
  1. 2016-08-20 07:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  バイデンさんは、故意に発言したようにも思えますがうっかりしてたのでしょうか?しかしこれまで9条を守れと狂信的な活動をしてきた人たちは、米国がつくった憲法と分かったからには要望通りに軍事費を増やし沖縄の基地移転に賛成しないとような気がします。


バイデン発言は心ある人なら皆さん知っていることですが、現職の副大統領が言ったことに意味があります。
この憲法を受け入れざるを得ない、このときの内閣や議員たちはまさに「耐えがたきを耐え、忍び難きをしのび」、この心境だったんでしょう。
しかしその無念の思いがいつの間にか洗脳されてしまった。残念ですね。
そして残念ながら今でもアメリカからの圧力で日本はこの憲法を改定できないし、靖国へも参拝にさえいけないのです。

ぜひとも日本人が覚醒するきっかけになってほしいです。
  1. 2016-08-20 08:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>彼は学校で習わなかったのか。

 こんな台詞が出る事を見れば、アメリカが日本国憲法を作った事は、アメリカでは常識と言う事でしょうか?

 何処のどういう学校を指しているかはわかりませんが、単に「日本国憲法はアメリカがつくった」と言う以上に凄い話ですよね。

 そして副大統領がこれを言った以上は、これはもうアメリカが公式にこれを認めたと言えるでしょう。

 つまり日本国憲法は国際法に違反して、強制された物だと言う事です。

 これってつまり改憲どころか、憲法破棄も無問題と言う話ですよね?

 バイデンはそれがわかっているのでしょうか?
  1. 2016-08-20 11:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

> >彼は学校で習わなかったのか。
>
>  こんな台詞が出る事を見れば、アメリカが日本国憲法を作った事は、アメリカでは常識と言う事でしょうか?
>
>  何処のどういう学校を指しているかはわかりませんが、単に「日本国憲法はアメリカがつくった」と言う以上に凄い話ですよね。
>
>  そして副大統領がこれを言った以上は、これはもうアメリカが公式にこれを認めたと言えるでしょう。
>
>  つまり日本国憲法は国際法に違反して、強制された物だと言う事です。
>
>  これってつまり改憲どころか、憲法破棄も無問題と言う話ですよね?
>
>  バイデンはそれがわかっているのでしょうか?


バイデンは何もわかっていないと思います。
そしてこのアメリカが書いた憲法の話は、多分アメリカ民主党の中では当たり前の話として語られているのでしょう。
アメリカ民主党には100年以上にわたる日本に対する敵意があります。
その敵意を考えないとこの話は理解しにくい。
アメリカの特に民主党関係は奴隷問題にしても植民地支配の問題にしても彼らの前に立ちはだかるのが日本だったという長い歴史があります。
困ったものですが、それを理解したうえで日本としての最善の道を模索すべきだと思います。
一つ例を挙げれば
よもぎねこさんのお父様は戦時中ベトナムにおられたとお聞きしました。
それと同じ頃、ピエール・ブールもベトナムにおりまして、日本軍の捕虜になりました。
今まで黄色いサルとさげすんでいた日本人に逆に捕虜にされた、この恨みで作った作品が映画になりました。
戦場にかける橋、猿の惑星です。
原作では日本軍をぼろくそに描いたんですが、映画化する過程で事実を調べ、そんな酷いことは無かったとだいぶトーンを緩めたようで、原作者ピエール・ブールは相当不満だったようです。
日本軍が捕虜を虐待したわけではありませんが、ピエール・ブールには屈辱そのものだったようです。
  1. 2016-08-20 15:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

2 30年前は、敗戦後に新憲法作成しようとしたら、大日本帝国憲法と変わりなかったから、アメリカが作成したって言っていた記憶があります。ネットが普及して、憲法9条の改正を求める声が公に出てくるようになったからなのか、現憲法が、日本自ら作成したことになってしまた感じがします。



  1. 2016-08-20 17:14
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

占領憲法≒マッカーサー憲法が廃止されない限りは日本に真の独立はありません。属国のままです。
96条なんて使う義理はない。
3分の2の賛成で占領憲法を廃止し、大日本帝国憲法を自動的に復活させ 大日本帝国憲法の改憲手続によって新憲法を制定すればいいのです。
再度 8月革命を起こせばいい。8月でも何月でもいい。逆宮沢で行きましょう。
  1. 2016-08-20 23:17
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:雄の三毛猫 さん

> 2 30年前は、敗戦後に新憲法作成しようとしたら、大日本帝国憲法と変わりなかったから、アメリカが作成したって言っていた記憶があります。ネットが普及して、憲法9条の改正を求める声が公に出てくるようになったからなのか、現憲法が、日本自ら作成したことになってしまた感じがします。



久しぶりのコメントありがとうございます。
昔は憲法改正はごく当たり前の議論でした。
それがいつに間にか憲法改正絶対反対、九条死守になったのはマスゴミのネガティブキャンペーンのせいです。
やはりマスゴミの浄化をしないとこの問題は解決しないでしょう。
幸いマスゴミがどんどん自爆してくれています。
目下は「貧困うらら」ですが、このあまりにも酷い捏造番組は、NHKをつぶす良い機会です。
  1. 2016-08-21 06:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 占領憲法≒マッカーサー憲法が廃止されない限りは日本に真の独立はありません。属国のままです。
> 96条なんて使う義理はない。
> 3分の2の賛成で占領憲法を廃止し、大日本帝国憲法を自動的に復活させ 大日本帝国憲法の改憲手続によって新憲法を制定すればいいのです。
> 再度 8月革命を起こせばいい。8月でも何月でもいい。逆宮沢で行きましょう。


まったく同感です。旧憲法と失言勅語はぜひとも復活させたい。
その上では今回のバイデンの湿原は実にいいチャンスです。これで憲法を考えるまともな意見には大いに力になる。

今回8月15日に安倍さんはじめ何人かは靖国参拝できませんでした。
原因はもちろん中韓とそれに配慮するアメリカですが、最大の癌は日本のマスゴミ。
8月15日の靖国の様子を報道するのに、旧日本軍の軍服を着た人が多数いたような報道ばかり。
しかし私の長男が15日に靖国へ参拝に行きましたが、そんな奴は一人もみなかったと。
どうも10人くらいの奴に貸衣装を着せてテレビに出演させたらしい。
今問題になっている「貧困うらら」と同じ構図ですね。
  1. 2016-08-21 06:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

大和民族はアングロサクソンを腹の中では許していない

3次にわたる英緬戦争の結果ビルマはイギリスの植民地にされ、国王夫妻はセイロンに流され王子は処刑、王女は英国部隊に属するインド兵の愛人に。その後の王家一族の消息は不明、ビルマの歴史が葬られた事件です。ここでもアングロ・サクソンの無慈悲な根絶やし策が分かろうと言うものです。

GHQ憲法はイギリスの弟分の米国がアングロ・サクソンのDNAを受け継いで書き上げた傑作。北米のアメリカインディアン殲滅もそのDNAの産物。

当初GHQはビルマ同様戦犯として天皇陛下の処刑も選択肢の一つに含めていたが、日本一国でABCD諸国をまとめて叩いた日本人の報復を恐れる余り、そこまでの判断が出来なかった。陛下の処刑があれば皇太子の処刑および皇室の廃止。一旦武器を置いた日本人はそれを許さず大反乱を起こしただろう。

そういう背景を負った日本の「平和憲法」を世界遺産だのノーベル平和賞にと囃し立てる日本人の天真爛漫さは病気です。日本は一国平和主義を貫く、と胸を張る背後に米国の意図が隠す気もなく表れているのに「平和主義者」は目をつむる。

戦争は悲惨だ、繰り返すなというのは正しい。しかし昭和20年、第二次大東亜戦争が生じたかも知れぬ歴史を振り返り、腹黒の欧米人を正しく見つめる目を養うことも平和への一歩です。

  1. 2016-08-21 09:34
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 大和民族はアングロサクソンを腹の中では許していない

> 3次にわたる英緬戦争の結果ビルマはイギリスの植民地にされ、国王夫妻はセイロンに流され王子は処刑、王女は英国部隊に属するインド兵の愛人に。その後の王家一族の消息は不明、ビルマの歴史が葬られた事件です。ここでもアングロ・サクソンの無慈悲な根絶やし策が分かろうと言うものです。
>
> GHQ憲法はイギリスの弟分の米国がアングロ・サクソンのDNAを受け継いで書き上げた傑作。北米のアメリカインディアン殲滅もそのDNAの産物。
>
> 当初GHQはビルマ同様戦犯として天皇陛下の処刑も選択肢の一つに含めていたが、日本一国でABCD諸国をまとめて叩いた日本人の報復を恐れる余り、そこまでの判断が出来なかった。陛下の処刑があれば皇太子の処刑および皇室の廃止。一旦武器を置いた日本人はそれを許さず大反乱を起こしただろう。
>
> そういう背景を負った日本の「平和憲法」を世界遺産だのノーベル平和賞にと囃し立てる日本人の天真爛漫さは病気です。日本は一国平和主義を貫く、と胸を張る背後に米国の意図が隠す気もなく表れているのに「平和主義者」は目をつむる。
>
> 戦争は悲惨だ、繰り返すなというのは正しい。しかし昭和20年、第二次大東亜戦争が生じたかも知れぬ歴史を振り返り、腹黒の欧米人を正しく見つめる目を養うことも平和への一歩です。


お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ご指摘の日本人が腹の底では許していないという点と、アングロサクソンの日本に対する恐怖心が未だに日本に対する厄介な諸問題の底辺に流れていますね。
アメリカは、あのGMでさえ日本に勝てなかったと思っていますし、少し前ですが「ハヤブサ」の帰還に際してはわざわざオーストラリアまで観測用の飛行機を飛ばして帰還の様子を調べています。
狙いはアメリカでさえやっていない従来の5割増しという高速で大気圏に突入して本当に無事に帰還できるかを調べるため。

まあこんな事がこれからもいろいろ出てくるでしょう。
  1. 2016-08-21 18:30
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する