2016-08-05 17:33

コメ造りにもっと光を

 参院選が終わって間もなく1ヵ月、結果はまあ良かったという所だが、私にはどうしても納得できないことがある。
それは一人区でも全体としては自民党が野党連合に勝ったのだが、自民党が一人区を落とした所が気になる。
コメどころばかりなのだ。

これが一人区の自民党と夜盗連合の色分け図。

2016-7-12一人区結果

野党が勝ったのは、福島、宮城、岩手、青森、新潟、山形・・・、皆コメどころばかりじゃないか。

実は今「コメどころ」では政府・自民党・安倍政権に対する不満が渦巻いている。
理由は・・・

コメの価格が2014年産米から暴落しているのだ。

私は農業に明るいわけではない。最近食品スーパーなどでコメが安く売られているなあ、そんな程度の知識なのだが、それでもコメ農家の危機的状況は聞こえてくる。

コメの価格がどうなったのか。wikiにはこんなページがある。
米価の変遷
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E4%BE%A1%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7

これでここ23年ほどの米価の推移を見てみたい、(単位:玄米60キロ(一俵)当たりの価格、詳細は上掲資料参照)

1993年(平成5年)  23、607円     平成コメ騒動の年、この年の全国の作況指数74
1994年(平成6年)  23,172円

2002年(平成14年) 17,129円
2003年(平成15年) 22,296円     この年の米価は異常に高かった、02年・04年が平常の価格
2004年(平成16年) 16,660円

2012年(平成24年) 14,973円     
2013年(平成25年) 13,778円
2014年(平成26年)  9,340円     14年産米(2014年9月頃から市場に)から32%の暴落
2015年(平成27年)  9,432円


平成のコメ騒動辺りからコメ価格は緩やかに下落、約20年かけて40%ほどの価格が下がってきた
今から20数年前、平成のコメ騒動の頃の話。日本は世界のコメ相場とはかけ離れたベラボーに高いコメを食べていると言われており、事実そうだった。そして食料安全保障という面でやむを得ない、そう信じてきた。
しかし2014年は同年産米が豊作で喜んだのも束の間、価格の暴落でまさに豊作貧乏状態

今改めてコメの値段を見てみると、平成のコメ騒動時代に比べて、コメの値段は半値以下、1994年の値段の約40%の値段である。

消費者は最近コメが安くなって有り難い、そう思っているだけだが、今コメ農家は大変である。
商売をやっている人ならわかりますよね。いきなり売り上げを3割カットされて成り立つような商売はありません。

参院選でコメどころの一人区での選挙結果は自民党が連敗状態。この背景にはこんなコメ農家の窮乏があることを理解しないといけないと思う。
しかし残念ながらこんなことはまったく報道されない。


所で目を海外に転ずると、コメの価格は日本とは全く違う動きをしている。
これはコメの国際価格推移グラフ

2016-8-5コメの国際価格推移
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pricenpq.html


コメの国際価格は変動が大きいが、最大の上昇は2008年のリーマンショック前の資源バブル時代。グラフにあるように大きく高騰したが、その後価格は以前の水準に比べれば高止まり状態。


さてこれからが問題。
このように日本では米価が大きく下落。しかし海外はコメの価格は上昇。
このため日本のコメは価格面で国際競争力を持ってきた。

残念ながらこの話は情報が少ないが、キャノングローバル戦略研究所 山下 一仁氏がこんなことを言っている。

2016-8-5コメの価格比較

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20150427_3072.html

ここでSBS方式というのは以下参照ください
http://gewerbe.exblog.jp/18845490

このグラフのように日米のコメ価格は遂に逆転しているのだ。

これはある意味日本にとって大きなチャンスかもしれない。日本が20年デフレに悩まされてきた。
その結果コメもついに値段でも国際競争力を持つようになってきた。今まで国際価格の10倍もの高いコメを食べているなどと言われてきたが、実はその裏でこんな事が起こっていたという事である。

ネットには例えばタイの高級米であるジャスミンライスは日本のコメよりったかく売られているなどという話もある。
http://matome.naver.jp/odai/2136512311115823401

農業を志す人にはすごいチャンスがやってきているようだ。
  1. 農業
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

なぜスーパーの特売品になったか

こんにちは。

スーパーで安く売られている、というのは「米の市場取引(相対取引)」が本格的に始まってからですから、引用された年表?での推移にほぼ当てはまります。

そして、この話は非常に複雑でして・・・生産者や農業団体(農協)が一概に悪い、とはなりません。米穀問屋の思惑もあったように記憶しています。

それともう一つ、日本有数の米問屋の本社が横須賀にあります。この米問屋は小泉純一郎の後援者でもありました。多分現在は、小泉ジュニアの後援者であるはずです。

とりとめないことをコメントしましたが、まあ非常に複雑、いや日本の「米」「稲作」そして「農業」は、「モロ政治である」ということをご理解いただきたいのです。
  1. 2016-08-05 19:10
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

こんばんは。

国産米と輸入米の価格差が小さくなっているというのは、あくまで国内の話ですよ。国内において、産業保護のため関税等で価格を調整しているだけで、国際的な競争力とは全然関係ない金額かと。

また、日本で好まれる粘り気が強い単粒種を好む食文化の国は少なく、市場的にも品種的にも価格的にも輸出戦略作物としては微妙なところです。輸出を農業のチャンスととらえるなら、コメとは別の何かで戦うことをお勧めしたいですねぇ。
  1. 2016-08-05 21:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

Re: なぜスーパーの特売品になったか

> こんにちは。
>
> スーパーで安く売られている、というのは「米の市場取引(相対取引)」が本格的に始まってからですから、引用された年表?での推移にほぼ当てはまります。
>
> そして、この話は非常に複雑でして・・・生産者や農業団体(農協)が一概に悪い、とはなりません。米穀問屋の思惑もあったように記憶しています。
>
> それともう一つ、日本有数の米問屋の本社が横須賀にあります。この米問屋は小泉純一郎の後援者でもありました。多分現在は、小泉ジュニアの後援者であるはずです。
>
> とりとめないことをコメントしましたが、まあ非常に複雑、いや日本の「米」「稲作」そして「農業」は、「モロ政治である」ということをご理解いただきたいのです。


確かにご指摘のようにコメ問題は複雑です。
そして部外者が単純に言いの悪いのと言える問題でないことも承知の上ですが、私は1993年の平成のコメ騒動の原因がどうだったのか、その実情を知るものとして、一度は問題提起したいと思っていました。
そして今日の難しい時期、多分農家の皆さんにはTPP対応でどうしてもコメの値段を下げないといけない、苦しいがこらえてくれ。そんな話がたくさんあると思います。

次回輸入米の価格について、私の知る話を書いてみます。
コメは高い関税に守られている、そう言われながら結構の量の外国産米が入っている。そんなところを書くつもりです。
忌憚のないご意見をお待ちしています。
  1. 2016-08-06 17:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: こんばんは。

> 国産米と輸入米の価格差が小さくなっているというのは、あくまで国内の話ですよ。国内において、産業保護のため関税等で価格を調整しているだけで、国際的な競争力とは全然関係ない金額かと。
>
> また、日本で好まれる粘り気が強い単粒種を好む食文化の国は少なく、市場的にも品種的にも価格的にも輸出戦略作物としては微妙なところです。輸出を農業のチャンスととらえるなら、コメとは別の何かで戦うことをお勧めしたいですねぇ。


コメントありがとうございます。
コメの問題は実は非常に分かりにくい、そして今でも妙な常識がまかり通っています。
例えば関税の話。
これは次回書くつもりですが、コメの関税は確かにベラボーな関税で、これでは外国からコメは入ってきません。
しかしそれとは別にミニマムアクセス(最低輸入量)で年間77万トンほど無関税で輸入しています。
これの始まったのが平成5年、平成のコメ騒動の時ですね。
そしてその制度がSBSというものです。
本文で示した価格のグラフはこの無関税で入ってくるSBS米の価格です。ただしSBSで入るコメのほとんどは加工用。
一般の食用になるのはごく僅かです。詳細は次回エントリーします。
  1. 2016-08-06 17:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

本当のことがさっぱりわからない

何しろテレビは不安を煽るだけの機械ですから ネットを調べてもコメについて正しいことが書いてあるのは皆無です。
1995年に食管制度をなくしてから何度もいじくっているので本当のことがさっぱりわからない。

私が周りの農家から聞いているのは、民主党政権になった時 5反以上作っている農家に1反当たり15,000円あげる。その代り政府買入れ価格を無くして価格は市場で決めるようにするだったような。
それでもその翌年は大地震が有ってコメが不足したものだから ちょい上がったのだけど、2014年に豊作だったため暴落したのではないですか?
でも農家は安倍政権がコメの値段を暴落させたと思っている人がほとんどです。

詳しいことを教えてください。我が家も元々コメ農家で今は3反ほど貸していますが 農家と話してもさっぱりわからない。
  1. 2016-08-07 09:08
  2. URL
  3. 八目山人 #4lXsiBFM
  4. 編集

蛇足ですが・・・

こんにちは。

ご存知だったらすみません。

輸入米のことをお書きになるのなら、沖縄の米流通事情というのも同時に取り上げると面白いかもしれません。沖縄は、いわゆる「本土」とは違う独自の米流通事情があります。
  1. 2016-08-07 09:41
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

複雑なコメのエントリーに期待しております。
人によるかと思いますが、ASEAN人も日本米大好きですよ。じゃないとカオニャオ食べません。輸出できると思いますが既にチェンライやメコンデルタ、ハイズオンでジャポニカ米作っています。
  1. 2016-08-07 14:11
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

こんばんは。

コメの関税率が高いのは、それだけ価格差があるからですよ。外国産は安く、国内産は高い。関税が高いから輸入米が増えないのは当然で、関税はそれが目的でかけられています。

なので、これを論じるのなら高率の関税の是非の前に、関税をかけて国内農業を守る是非から考えないといけません(その是非の判断に口出しする気はありませんが)。

ミニマムアクセスは、ガットにおいて農業だけでなく我が国の貿易全体をみて譲歩せざるをえなかったから飲んだだけで、コメ騒動と関係づけるとおかしな議論になりそうな気がします。

それから、SBSはミニマムアクセスの一部であって、イコールではないのでご注意いただきたいかと。割合で言うとSBSはかなり少ないです。

また、SBSの用途は普通は主食用が多いと思いますよ。商社らが外食向け用等のために直接落札する、そこそこ品質の高い米ですからね。加工用は、SBS以外の普通のミニマムアクセス米に多いかと。
  1. 2016-08-07 21:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

Re: 本当のことがさっぱりわからない

> 何しろテレビは不安を煽るだけの機械ですから ネットを調べてもコメについて正しいことが書いてあるのは皆無です。
> 1995年に食管制度をなくしてから何度もいじくっているので本当のことがさっぱりわからない。
>
> 私が周りの農家から聞いているのは、民主党政権になった時 5反以上作っている農家に1反当たり15,000円あげる。その代り政府買入れ価格を無くして価格は市場で決めるようにするだったような。
> それでもその翌年は大地震が有ってコメが不足したものだから ちょい上がったのだけど、2014年に豊作だったため暴落したのではないですか?
> でも農家は安倍政権がコメの値段を暴落させたと思っている人がほとんどです。
>
> 詳しいことを教えてください。我が家も元々コメ農家で今は3反ほど貸していますが 農家と話してもさっぱりわからない。



正直言って私も八目山人さんの認識とほとんど同じ、要するによく分からない。
ただコメに関する話は世間に流れている話は、どうも怪しい話が多い。
しかし今のコメ農家の不満は大きく、多分将来にわたって禍根を残すでしょう。

とりあえず今国内で売られている外国産米は全部無税で入ってきたコメ、そんなところから書いてみたいと思います。
  1. 2016-08-08 07:03
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 蛇足ですが・・・

> こんにちは。
>
> ご存知だったらすみません。
>
> 輸入米のことをお書きになるのなら、沖縄の米流通事情というのも同時に取り上げると面白いかもしれません。沖縄は、いわゆる「本土」とは違う独自の米流通事情があります。



情報ありがとうございます。
実はこの件まったく知りませんでした。

でも考えてみれば沖縄はアメリカの占領時代が長かったので、日本国内と違う制度ができていたのは分かります。
とりあえず今回はコメ輸入は国内中心で書きたいと思います。
沖縄に関してはもう少し調べてから考えてみます。



  1. 2016-08-08 09:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 複雑なコメのエントリーに期待しております。
> 人によるかと思いますが、ASEAN人も日本米大好きですよ。じゃないとカオニャオ食べません。輸出できると思いますが既にチェンライやメコンデルタ、ハイズオンでジャポニカ米作っています。


最近はタイなどでも「コシヒカリ」が出来るようになりましたね。
何回か先のエントリーになると思いますが、コメの食べ方だけでなく調理道具と方法。
食器と食べ方なども含めたコメとその周辺全体で見てどうなるか、そんなことを考えています。
食べ方ひとつとっても箸で食べる、匙・スプーンで食べる、手づかみで食べる等、いろいろあります。

私としてはコメを炊くだけでなく別の調理方法があってもいいのではないか、そんなことの一つとして「湯取り飯」を取り上げてみたいと思っています。
  1. 2016-08-08 09:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: こんばんは。

> コメの関税率が高いのは、それだけ価格差があるからですよ。外国産は安く、国内産は高い。関税が高いから輸入米が増えないのは当然で、関税はそれが目的でかけられています。
>
> なので、これを論じるのなら高率の関税の是非の前に、関税をかけて国内農業を守る是非から考えないといけません(その是非の判断に口出しする気はありませんが)。
>
> ミニマムアクセスは、ガットにおいて農業だけでなく我が国の貿易全体をみて譲歩せざるをえなかったから飲んだだけで、コメ騒動と関係づけるとおかしな議論になりそうな気がします。
>
> それから、SBSはミニマムアクセスの一部であって、イコールではないのでご注意いただきたいかと。割合で言うとSBSはかなり少ないです。
>
> また、SBSの用途は普通は主食用が多いと思いますよ。商社らが外食向け用等のために直接落札する、そこそこ品質の高い米ですからね。加工用は、SBS以外の普通のミニマムアクセス米に多いかと。


いろいろご教示ありがとうございます。
関税など輸入に関する件を次回エントリーします。
今調べてみると関税はいろいろ変な情報がありますが、結論として現在関税を払って輸入するコメは殆どない。
今国内で出回っている主食用のコメは無税で入ってクロという事情があります。
エントリーしますのでもう少しお待ちください。
  1. 2016-08-08 09:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

参考までに以下の記事を貼りますね、笑

 海外に日本産米を供給するWakka Japan(ワッカ・ジャパン、札幌市)は現在、香港、シンガポール、台湾、米国(ハワイ州)に貯蔵・精米・販売拠点を置く。同社は日本産米を玄米のまま輸出、鮮度が落ちないように現地の各販売会社が精米し、日本料理店や消費者に直送している。ワッカ経由で輸出された2014年産米は568トン、国産米の総輸出量の13%を占める。09年1月に香港で日本産米の販売会社 (Wakka International)を設立したのを手始めに同事業を拡大してきた出口友洋 (でぐち・ともひろ)社長
 -香港で会社を設立した経緯は。
 会社を設立する前は日系企業の香港駐在員だった。もともと米が大好きで、日本で当たり前に食べられる精米したての米が食べられず、「ないんだったら自分で何とかしよう」と考えた。会社から日本へ帰任命令が出たのがきっかけで、家族の反対もあったが脱サラして起業した。鮮度を保った状態で現地のレストランや消費者に米を提供できればと考え、精米機を購入するなどして販売を始めた。
 -設立当初は苦労が多かった。
 日本の農家がどこの誰かも分からないわたしに米を売ってくれるはずもなく、良質なものが手に入らなかった。また、最初からたくさん売れるわけではないので、少量での物流になるため香港への海外輸送費も高くなりコスト面で苦労した。日本の米を適正価格で販売するために値段を下げたことで、同業者からの嫌がらせも受けた。日本から調達した米を保管していた倉庫に水をまかれて数百万円分の米を廃棄せざるを得なかったこともある。
 -軌道に乗り始めたきっかけは。
 米の専門店が当時はなく、総合サプライヤーが何千アイテムある中での一つとして米を現地の飲食店に提供していた。われわれはカレーだったらこの米、酢飯だったらこの米、さらには炊き方は海外の場合はこうした方が良いと業種に合わせた提案ができた。個人のお客さまに対してはインターネット通販で販売し、注文していただいた後に精米し、自宅まで直送した。店舗はなかったので評判になるまでじわじわと時間はかかったが、少しずつ軌道に乗った。
 -11年にはシンガポールに進出。
 今もそうだが香港が日本の米を一番輸入しており、二番目がシンガポール。次の拠点を考えたとき、マーケット的に日本産米が入っていてそれを食べるだけの人が住んでいる場所ということでシンガポールに目を付けて調査した。香港とマーケット構造がそっくりで、勝算があると分かり全く同じビジネスパッケージで横展開した。
 -コストを抑えられている理由は。
 日本から米を輸出する商社「ワッカ・ジャパン」を13年に設立した。現在は北海道や長野などの農家から米を調達。出荷から小売りまで全部自分たちで手掛けているため、コストを抑えることができている。わたしが北海道出身ということもあるが、現在扱っている米の7割近くが北海道産米。海外ではものすごくブランド力があり、売りやすい。 
  1. 2016-08-08 10:46
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

-自ら米作りにも取り組む。
 海外で求められている米を自分たちで作っていきたいという思いがある。現在は愛知県で農地を自
分で借り、米作りに取り組んでいる。海外で売る米を作るために何か省ける工程があるか、栽培方法
や品種選択も含めて見えてくるものがあると思う。
 -今後の目標は。
 20年までに海外拠点を10カ所に増やしたい。同じビジネスモデルで世界一の品質である日本産米
を食べたことがないような世界中の人々に広めたい。今年中にバンコク、その後は欧州や米国本土に
も進出していきたい
  1. 2016-08-08 10:47
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

こんばんは。

私は食品業界の片隅に身を置くものですが、関税(マークアップを含むと解釈)を払って輸入するコメは殆どない、という情報は見たことも聞いたことがありません。

事実だとすれば衝撃的なので、エントリを楽しみにさせていただきます。

内容によっては、農林水産省に懇意のコメの専門家がいるので、ちょっち探りもいれてみたいと思います。
  1. 2016-08-08 20:59
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 参考までに以下の記事を貼りますね、笑
>
>  海外に日本産米を供給するWakka Japan(ワッカ・ジャパン、札幌市)は現在、香港、シンガポール、台湾、米国(ハワイ州)に貯蔵・精米・販売拠点を置く。同社は日本産米を玄米のまま輸出、鮮度が落ちないように現地の各販売会社が精米し、日本料理店や消費者に直送している。ワッカ経由で輸出された2014年産米は568トン、国産米の総輸出量の13%を占める。09年1月に香港で日本産米の販売会社 (Wakka International)を設立したのを手始めに同事業を拡大してきた出口友洋 (でぐち・ともひろ)社長
>  -香港で会社を設立した経緯は。
>  会社を設立する前は日系企業の香港駐在員だった。もともと米が大好きで、日本で当たり前に食べられる精米したての米が食べられず、「ないんだったら自分で何とかしよう」と考えた。会社から日本へ帰任命令が出たのがきっかけで、家族の反対もあったが脱サラして起業した。鮮度を保った状態で現地のレストランや消費者に米を提供できればと考え、精米機を購入するなどして販売を始めた。
>  -設立当初は苦労が多かった。
>  日本の農家がどこの誰かも分からないわたしに米を売ってくれるはずもなく、良質なものが手に入らなかった。また、最初からたくさん売れるわけではないので、少量での物流になるため香港への海外輸送費も高くなりコスト面で苦労した。日本の米を適正価格で販売するために値段を下げたことで、同業者からの嫌がらせも受けた。日本から調達した米を保管していた倉庫に水をまかれて数百万円分の米を廃棄せざるを得なかったこともある。
>  -軌道に乗り始めたきっかけは。
>  米の専門店が当時はなく、総合サプライヤーが何千アイテムある中での一つとして米を現地の飲食店に提供していた。われわれはカレーだったらこの米、酢飯だったらこの米、さらには炊き方は海外の場合はこうした方が良いと業種に合わせた提案ができた。個人のお客さまに対してはインターネット通販で販売し、注文していただいた後に精米し、自宅まで直送した。店舗はなかったので評判になるまでじわじわと時間はかかったが、少しずつ軌道に乗った。
>  -11年にはシンガポールに進出。
>  今もそうだが香港が日本の米を一番輸入しており、二番目がシンガポール。次の拠点を考えたとき、マーケット的に日本産米が入っていてそれを食べるだけの人が住んでいる場所ということでシンガポールに目を付けて調査した。香港とマーケット構造がそっくりで、勝算があると分かり全く同じビジネスパッケージで横展開した。
>  -コストを抑えられている理由は。
>  日本から米を輸出する商社「ワッカ・ジャパン」を13年に設立した。現在は北海道や長野などの農家から米を調達。出荷から小売りまで全部自分たちで手掛けているため、コストを抑えることができている。わたしが北海道出身ということもあるが、現在扱っている米の7割近くが北海道産米。海外ではものすごくブランド力があり、売りやすい。 


情報ありがとうございます。
先の見える方がもうすでに手を付けて頑張って見えるんですねえ。
なるほどです。
私のもう何十年か若ければ・・・
もう今となっては余命幾許もない身の上・・・(笑)・・・いや現実です・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
妙なものを書きました。「ははは」と書いて変換キーを押したらこんなものが・・・
遂にパソコンにまで笑われてます・・・
  1. 2016-08-09 14:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> -自ら米作りにも取り組む。
>  海外で求められている米を自分たちで作っていきたいという思いがある。現在は愛知県で農地を自
> 分で借り、米作りに取り組んでいる。海外で売る米を作るために何か省ける工程があるか、栽培方法
> や品種選択も含めて見えてくるものがあると思う。
>  -今後の目標は。
>  20年までに海外拠点を10カ所に増やしたい。同じビジネスモデルで世界一の品質である日本産米
> を食べたことがないような世界中の人々に広めたい。今年中にバンコク、その後は欧州や米国本土に
> も進出していきたい


いい話ですねえ。
やはり人間はこうでなくてはいけません。
明日を信じて生きる。何時までもこうありたいものです。
  1. 2016-08-09 14:02
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:no-risu さん

> 私は食品業界の片隅に身を置くものですが、関税(マークアップを含むと解釈)を払って輸入するコメは殆どない、という情報は見たことも聞いたことがありません。
>
> 事実だとすれば衝撃的なので、エントリを楽しみにさせていただきます。
>
> 内容によっては、農林水産省に懇意のコメの専門家がいるので、ちょっち探りもいれてみたいと思います。



no-risu さんはその筋の方でしたか。道理で詳しいわけだ。
玄人さんの前で私のような素人が講釈をする、冷汗三斗ですね。
間違っていることがあるかもしれません。その節はご指摘を。

所でマークアップの件は確かに事実上の関税のようなものだと思います。
がしかし、当初のお役人の考え方は外国産と国産との価格差があったので、まあこれなら関税と言われない関税。そうだったと思います。
しかし内外価格差がなくなればこんな仕組みでは入札不調になるのは当たり前ですね。

それからミニマムアクセス分を除くと高額の従量制の関税。
今日のエントリーにも書きましたが、いくらダンピングでも、FOBで1円/㎏はつけられても、CIFで1円/㎏は不可能ですから。
そんなことでサンプル程度を除けば、この関税を払って入ってくるコメは無い、そういうことです。
  1. 2016-08-09 14:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する