2016-06-24 19:00

戦後71年のアカ落とし

 参議院選挙が公示されました。
戦後71年の垢落とし、垢掃除です
その掃除すべきアカ、共産党が今回は異状に頑張っています。我が家では今日も共産党のチラシが入っていました。

がしかし、23日のイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票結果が出ました。
結論はEU離脱、いよいよ世界は混乱の度を増しました。

そんな中でも参院選挙なのです。
マスゴミのウソ虚言に騙されないよう、よく考えて投票したいと思います。

所でその選挙、びっくりしたのは青山繁晴さんが立候補されたこと。やはり時代が青山さんのような人を要求しているのでしょう。
当選した暁には『鋭い質問』で害務省改革など、今までできなかったことがやってもらえそうな予感がします。

とにかく応援しなくては!!


所でそのアカの垢掃除なのだが、このアカの垢、戦前から溜りに溜ったものなので一筋縄ではいかない。
そこで13日のエントリー『日本が目指す国は中国・ベトナム・キューバ<共産党の狙い』で皆さんからいろいろご指摘いただいたベトナムについて、視点を変えて考えてみたい。

ベトナム・ラオス・カンボジアの3ヵ国が旧フランス植民地。そしてアセアンでも発展の遅れた国々である。
フランス植民地がどうしてアカく染まっているのか、これはフランス革命より前の頃にさかのぼって、ジャン=ジャック・ルソーからの因縁だ。

ジャン=ジャック・ルソー (1712年 - 1778年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC


ルソーは「一般意思」なる概念を提唱したが、この一般意思が読みようによっては全体主義、ファシズム、一党独裁、専制政治を理想とするようにも解釈できる
だからその後のフランス革命(1789年7月)、ロベスピエールなどの虐殺(ルソーの血塗られた手と言われるが諸説あり)、そしてナポレオン登場((1799年)となる。


この一般意思とは、上掲wikiによれば
「1762年に発表した『社会契約論』において、社会契約と一般意志なる意志による政治社会の理想を論じた。・・・中略・・・
ルソーは、「一般意志」は、単純な「特殊意志(個人の意志)」の和(全体意志)ではないが、そのそれぞれの「特殊意志」から、相殺しあう過不足を除けば、「相違の総和」としての「一般意志」が残るのだと説明している。・・・中略・・・ルソーの議論が導く理想は、政治が一般意志に服従するというもの・・・以下略」

というものだそうだ。

何とも分かりにくいが、要するに『理念が正しければ民主性は問わない』ということだと思う。

そしてこの考え方がその後のマルクス主義に受け継がれ、ソ連崩壊で共産主義の夢が潰えても、グローバリズムと名前を変えて生き続けている。
毛沢東思想だって突き詰めれば、まったく同じだろう。
今の中国バブルだって、毛沢東思想に拝金主義がのっかったものだ。
中国夢と称して集金平が推し進めているものだって、突き詰めれば同じと思う。

そして『理念が正しければ(と妄想している)、民主性は問わない』、これが2012年12月まで続いた旧民主党政権だったことを忘れてはならない。自分らが正しいと妄想していることを推し進められた結果、地獄の超円高、大震災・原発事故へのでたらめ対応等など、いまだにその後遺症を引きずっていることを思い出すべきだと思う。
とにかく今はアカ掃除です。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

『一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している──共産主義という妖怪が。およそ古いヨーロッパのすべての権力が、この妖怪を祓い清めるという神聖な目的のために、同盟を結んでいる。』*マルクス、エンゲルスとの共著「共産党宣言」より引用

 最近この言葉を知り、ヨーロッパを世界と共産主義をグローバリズムと言い換えるとピッタリ当てはまると思いました。

 共産党が今朝もテレビで、自衛隊は憲法違反だと主張しています。有事に丸腰で対応せよというのか滅茶苦茶です。この共産党と手を組んだ、民進党と姑息にも名称を変えた民主党の悪夢の3年3ヶ月を絶対に忘れずにこの民共合作は阻止しなければならないですね。
  1. 2016-06-26 08:13
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:都民です さん

> 『一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している──共産主義という妖怪が。およそ古いヨーロッパのすべての権力が、この妖怪を祓い清めるという神聖な目的のために、同盟を結んでいる。』*マルクス、エンゲルスとの共著「共産党宣言」より引用
>
>  最近この言葉を知り、ヨーロッパを世界と共産主義をグローバリズムと言い換えるとピッタリ当てはまると思いました。
>
>  共産党が今朝もテレビで、自衛隊は憲法違反だと主張しています。有事に丸腰で対応せよというのか滅茶苦茶です。この共産党と手を組んだ、民進党と姑息にも名称を変えた民主党の悪夢の3年3ヶ月を絶対に忘れずにこの民共合作は阻止しなければならないですね。


そうなんですね。共産主義をグローバリズムに置き換えるとピッタリ符合する。
これこそ『アカ』の正体なんです。
そしてその元を作った、そして今も信奉者が一杯いるのがルソーの思想。
今書こうと思っているのがこの問題がイギリスのEU離脱の遠因と思っています。

そのうちにEUのルーツは日本なんだから、日本も一枚加われと言われそうな気がします。
ヨーロッパ統合の父と言われる「リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー」の母は日本人「青山みつ(青山光子)」ですから。

  1. 2016-06-26 11:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

理念が正しければ、民主性は問わない=自己中!!
  1. 2016-06-26 13:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

> 理念が正しければ、民主性は問わない=自己中!!


ご指摘はその通り、自己中ではあります。
しかしこれはことの本質では無い、ここが問題なのです。
例えば身近な例、学校の先生などで実は共産党活動家だった、こんな人はいると思います。
そしてこんな人の多くは温和で優しい人、人格者と言われることも少なくありません。
世界で見ても、例えばカンボジアのポルポト、彼に会った人はだれでも優しい好々爺だったと言うそうです。

コメント欄では書ききれないので、別エントリーで書いてみたいと思います。

  1. 2016-06-27 06:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

共産主義者は

この一般意志を体現していれば、民主主義だといいます。

旧ソ連共産党は。かつて民主集中制を唱え、先進的、効率的な民主主義のあり方だなどと抜かしたものです。この一般意志の測定ををどうやるのかという問題については共産党は一般意志を体現した存在なのだから問題はないのだということらしい。じゃあその党内手続きは?となると独裁そのものとなるわけです。

だから彼等は正確にはこうなのです。我々の考える民主制の結果だから正しい理念なのだということです。だからある意味民主制なんてどうでもいいんです。

空き缶の馬鹿がかつて民主主義は期限を区切った独裁だなどと本音を漏らしてましたが、それならばなんで政府の有事法制に反対するのでしょうか。まあ基地外はどうでもいいんですがね。

左の連中は民主制の手続きについて政権奪取の手段にすぎないなどと考える連中は全て非民主主義者であると割りきっていいと思います。こいつらの根っこはスターリンやナチスと一緒です。ナチスだって民主制の結果、生じた政権です。立派にドイツ人の一般意志を体現したものです。

だから本当はかかる連中はさっさと規制しなくてはいけないのです。
  1. 2016-06-27 10:12
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

【6月26日配信】ゆる~く学ぼう!日本経済第25回「内部留保を取り崩せ???」杉田水脈 山本博一【チャンネルくらら】
https://www.youtube.com/watch?v=yD6iRYNxLsk

※共産党の戯言はこれで論破可能ですね。
  1. 2016-06-27 14:43
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

西村慎吾氏に入れた方がよかったかなあ・・
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1183

  1. 2016-06-28 08:28
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

Re: 共産主義者は

> この一般意志を体現していれば、民主主義だといいます。
>
> 旧ソ連共産党は。かつて民主集中制を唱え、先進的、効率的な民主主義のあり方だなどと抜かしたものです。この一般意志の測定ををどうやるのかという問題については共産党は一般意志を体現した存在なのだから問題はないのだということらしい。じゃあその党内手続きは?となると独裁そのものとなるわけです。
>
> だから彼等は正確にはこうなのです。我々の考える民主制の結果だから正しい理念なのだということです。だからある意味民主制なんてどうでもいいんです。
>
> 空き缶の馬鹿がかつて民主主義は期限を区切った独裁だなどと本音を漏らしてましたが、それならばなんで政府の有事法制に反対するのでしょうか。まあ基地外はどうでもいいんですがね。
>
> 左の連中は民主制の手続きについて政権奪取の手段にすぎないなどと考える連中は全て非民主主義者であると割りきっていいと思います。こいつらの根っこはスターリンやナチスと一緒です。ナチスだって民主制の結果、生じた政権です。立派にドイツ人の一般意志を体現したものです。
>
> だから本当はかかる連中はさっさと規制しなくてはいけないのです。


>さっさと規制
まったく同感です。
実は今ご指摘の問題をエントリーしようと準備したいるところなのですが、「アカ」の主張するところは矛盾だらけなのですが、それを明確に論破する人がいません。
そして現実主義者は「アカ」の妄想の前には現実論は無力なので選挙で負けます。
特に厄介なのがミンスの3年半のように失政が続いて国土が危うくなって来れば、多少は目が覚めますが、問題は現在のような中途半端状態。何をやろうにも妥協が必要で、公明党に付け入られている。

こんな時参考になるのがやはりヒットラー、ヒットラーユーゲントのような組織ではないかと思います。
若い人を組織化し、そこから新しい動きを始める。そんなことが今ほど必要な時は無いと思っています。
何せ今私たちは歴史の大きな転換点を目の前で見ているわけですから。
  1. 2016-06-28 10:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 【6月26日配信】ゆる~く学ぼう!日本経済第25回「内部留保を取り崩せ???」杉田水脈 山本博一【チャンネルくらら】
> https://www.youtube.com/watch?v=yD6iRYNxLsk
>
> ※共産党の戯言はこれで論破可能ですね。



興味深い情報ありがとうございます。
内部留保、こんな難しい言葉は共産党の連中には理解不能なのですね。
多分、内部留保=社長宅の縁の下のツボに金が貯め込んである、そんなイメージでしょう。
企業経営と言わず、現場で汗を流したことがあれば理解できrンでしょうが、額に汗して働いた経験がないのでしょう。
困った連中ではあります。
  1. 2016-06-28 10:20
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 西村慎吾氏に入れた方がよかったかなあ・・
> http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1183


中山さんも西村さんも立派な方ですが、それだけでは政治の力になりにくいのが困ったものですね。
  1. 2016-06-28 14:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する