2016-05-31 16:22

国の立て直しはまず教育から<台湾と日本

 台湾の総統に蔡英文民進党主席が5月20日就任した。
中国べったりだった前総統から独自路線の蔡英文氏の総統就任、日本としても大いに歓迎したいところである。

この蔡英文総統についての詳しい話については丸山光三さんの分析が詳しいので以下参照してください。
http://marcooichan2.blog129.fc2.com/blog-entry-4875.html


「台湾国民はとうとう自らの国を建てる端緒についた」、これが丸山光三さんの見立て。詳細は上掲ブログを見てください。


さてその蔡英文総統、早速手を付けたことがある。それは・・・
反日捏造歴史教科書の是正である。

参考ブログ(バンコクジジイさん)
http://ameblo.jp/bangkokoyaji/entry-12163601069.html


<以下フォーカス台湾より引用>

日本の「植民地統治」強調した教科書、使用中止へ 政権交代で/台湾
【政治】 2016/05/21 16:58
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201605210004.aspx

台北 21日 中央社)20日の民主進歩党(民進党)・蔡英文政権発足に伴い、教育部長(教育相)に就任した潘文忠氏は21日、中国国民党・馬英九政権時代に同部が改訂した「課程綱要」(課綱、日本の学習指導要領に相当)を廃止する行政命令を近日中に出すと発表した。

2014年1月に行われた改訂では、公民や歴史の教科書で、戦後長らく続いた政治弾圧「白色テロ」に関する記述の削除や、「日本統治時期」から「日本植民統治時期」への変更、中国大陸とのつながりを強調する内容の充実化などが決定。当時野党だった民進党や民間団体が抗議を行っていた。

改訂に反対する動きは中高生にも波及し、施行直前の昨年7月末には、撤回などを求める生徒が教育部の敷地内に突入する事態にまで発展。約1週間にわたり抗議の座り込みが続けられた。

潘氏は、課綱の改訂は手続きに問題があり、関与したメンバーも偏っていたと指摘。早期廃止を約束した。

改訂版と旧課綱版のどちらの教科書を使うかは各学校の判断に委ねられているため、教育部は今年9月からの1学期に限り、改訂版の使用を許可している。ただ、2学期目以降は旧課綱版の使用が義務付けられる。

また、潘氏は2018年に導入予定だった新課綱について、更なる検討が必要だとして社会科に限って2020年に延期する考えを示した。

(余暁涵、陳至中/編集:杉野浩司)

<引用終わり>

丸山光三さんは
馬英九(元総統)は李登輝総統がせっかく布置した「特殊な国と国との関係」をそれ以前の「一つの中国」へと後退させてしまった。
こう言っている。

そしてこれからもう一度やり直しとなるわけだが、その第一歩が馬英九が手掛けた反日捏造歴史教科書の是正
早速その第一歩を踏み出す。いいことだと思います。



翻って日本では歴史教科書の出鱈目な反日ぶりが問題になっていますが、いまだ是正の動きは鈍い。
それどころか、もう「呆れてものも云えない」教科書が出てきているのだ。

WiLLの6月号、7月号(現在発売中)で水間政憲さんが「トンデモ歴史教科書」と題して告発論文を公表している。
麻布、慶応、灘というエリート校で採用された歴史教科書があまりにも酷いものだと言っている。

2016-5-31Will6月号歴史教科書

そしてこれが水間さんの言うトンデモ地図

2016-5-31Will6月号歴史教科書2

東アジア一帯が「アジア州」、そして日本の地名はありません。しかし白村江の地名は載っています。
笑っちゃうのはベトナムのハノイです。(トンキン)とカッコ書きされていますが、トンキンとは漢字で書くと「東京」です。
しかしベトナムではハノイは漢字表記は「河内」です。
この地図は日本語で書いてあるように見えますが、中共の地図です。こんなものが日本の歴史教科書になる、とんでもない話ですね。


これが7月号

2016-5-31Will7月号歴史教科書1
元寇も文永の役、弘安の役も載っていないとはなんという歴史教科書か、皆さんお怒りと書いてあります。


これが次のページのまとめ

2016-5-31Will7月号歴史教科書2

この15年戦争とは、1931年の満州事変から1937年のシナ事変をはさんで1945年の大東亜戦争終結まで、これを日本が仕掛けた侵略戦争とする歴史観です。
まさに東京裁判史観そのものである。
水間さんはこの教科書は日本解体のための教科書と言っているが、まさにその通りだと思う。

なおこの論文、6月号~20ページ、7月号~26ページの長文なので、とても全文は紹介しきれませんが、大変貴重な論考。
興味のある方はぜひWillでご覧ください。(とこれはコマーシャル)



台湾は新しい総統の下で新しい歩みを始めた、その第一歩として教科書を正しいものにしようとしている。

しかし日本はと言えば、反日教科書が猛威を振るっているわけだ。
一刻も早く反日教科書を放逐せねばいけない自体となっている。
  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

朝鮮の歴史と同様に、満州の歴史も歪曲・捏造されている

トンデモ教科書の画像の中に、事実とは異なる記述を見つけました。『中国東北部を占領し、「満州国」を作った。多くの中国農民が故郷を追われた。』と書いてありますが、これは事実ではありません。

そもそも近代以前には、大陸に「中国」などという地名はなく、満州に中国人(漢族)が住んでいたこともありません。さらには、清朝末期まで満州には農地がほとんどありませんでした。
満州族の国(王朝)である「清」の時代には、漢族が満州に住むことは禁じられていました。それとは逆に、満州族の多くは、万里の長城より南の、元来は漢族の居住地に移住していました。

満州民族 - Wikipedia 清朝時代の満洲民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F#.E6.B8.85.E6.9C.9D.E6.99.82.E4.BB.A3.E3.81.AE.E6.BA.80.E6.B4.B2.E6.B0.91.E6.97.8F
闖関東 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%96%E9%96%A2%E6%9D%B1
満洲国とは何だったのか? 宮脇淳子 (書き起こし)
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/46735909.html

人口が希薄だった満州は、「満州国」が建国されて以降、日本人や満州人のほかに漢族や朝鮮族が流入して、爆発的に人口が増えたのです。現在の中国東北部には、漢族・満州族・モンゴル族・朝鮮族という、満州国の建国理念である「五族協和」に挙げられた5族うち、日本人以外の4族が1億人以上住んでいます。

YouTube動画再生リスト 满洲国历史
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBB2DEB16FF7611E9

日本人は、農業に向かない朝鮮半島北部と満州は工業地帯にしました。1980年代に鄧小平が「改革開放」を始めるまでは、東北部(旧満州)が中国最大の工業地帯でした。

中国東北部 - Wikipedia 日本との関係
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9D%B1%E5%8C%97%E9%83%A8#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82
  1. 2016-05-31 20:56
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

過大評価されている孫文と辛亥革命

また、現在は中国でも台湾でも教えられていないタブーなのでしょうが、「革命の父」である孫文が掲げた中華民国のスローガンには、『滅清興漢(清を滅ぼして漢を興す)』『駆除韃慮、恢復中華(満州人を駆除して中華を回復する)』というものもありました。
孫文について調べていくと、偉人どころか、とんでもない人物だったことがわかる事実が、どんどん出てきます。

辛亥革命における孫文の変節
http://sakainobuhiko.com/2011/10/post-178.html
産経新聞の優れた辛亥革命論
http://sakainobuhiko.com/2011/10/post-179.html
侵略性の根本にある中華思想 全ての民族は「中華民族」という論理
http://sakainobuhiko.com/2011/06/post-167.html
『素顔の孫文 ― 国父になった大ぼら吹き』 横山宏章 著 岩波書店 (書評)
http://jinryu.jp/blog/?p=3917

満族からみた辛亥革命と民国 東京大学 阿部由美子
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/asnet/Asent_Abe%2020151119.pdf
◆清朝は征服王朝なのか? 新清史(ニューチンヒストリー)論争
中華民族の一つである満洲族が打ち立てた王朝であるという立場をとる中国の研究者
満漢融和、中華文明の受容を強調 ⇔ 異民族性を強調する米国の研究者
――中華か、夷狄か? 排満か、五族共和か?――
  1. 2016-05-31 20:57
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 朝鮮の歴史と同様に、満州の歴史も歪曲・捏造されている

> トンデモ教科書の画像の中に、事実とは異なる記述を見つけました。『中国東北部を占領し、「満州国」を作った。多くの中国農民が故郷を追われた。』と書いてありますが、これは事実ではありません。
>
> そもそも近代以前には、大陸に「中国」などという地名はなく、満州に中国人(漢族)が住んでいたこともありません。さらには、清朝末期まで満州には農地がほとんどありませんでした。
> 満州族の国(王朝)である「清」の時代には、漢族が満州に住むことは禁じられていました。それとは逆に、満州族の多くは、万里の長城より南の、元来は漢族の居住地に移住していました。
>
> 満州民族 - Wikipedia 清朝時代の満洲民族
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F#.E6.B8.85.E6.9C.9D.E6.99.82.E4.BB.A3.E3.81.AE.E6.BA.80.E6.B4.B2.E6.B0.91.E6.97.8F
> 闖関東 - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%96%E9%96%A2%E6%9D%B1
> 満洲国とは何だったのか? 宮脇淳子 (書き起こし)
> http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/46735909.html
>
> 人口が希薄だった満州は、「満州国」が建国されて以降、日本人や満州人のほかに漢族や朝鮮族が流入して、爆発的に人口が増えたのです。現在の中国東北部には、漢族・満州族・モンゴル族・朝鮮族という、満州国の建国理念である「五族協和」に挙げられた5族うち、日本人以外の4族が1億人以上住んでいます。
>
> YouTube動画再生リスト 满洲国历史
> https://www.youtube.com/playlist?list=PLBB2DEB16FF7611E9
>
> 日本人は、農業に向かない朝鮮半島北部と満州は工業地帯にしました。1980年代に鄧小平が「改革開放」を始めるまでは、東北部(旧満州)が中国最大の工業地帯でした。
>
> 中国東北部 - Wikipedia 日本との関係
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9D%B1%E5%8C%97%E9%83%A8#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82


色々詳しい話、ありがとうございます。
だからこそ私もこの部分を張り付けたのですが、中国東北部と日本の関係がwikiにまで言及されていることは気が付きませんでした。
この部分はまもなく始まるであろう中国の混乱の大きなファクターになるとみています。
その理由が満州はもともと漢族の国でないことから始まって、今でも親日的な地域ということ等など多岐にわたると思っています。
最近中国は軍の再編を行いました。7軍区から5戦区ですが、多分狙いは瀋陽軍区を再編したことではないかとみています。
  1. 2016-06-01 07:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 過大評価されている孫文と辛亥革命

> また、現在は中国でも台湾でも教えられていないタブーなのでしょうが、「革命の父」である孫文が掲げた中華民国のスローガンには、『滅清興漢(清を滅ぼして漢を興す)』『駆除韃慮、恢復中華(満州人を駆除して中華を回復する)』というものもありました。
> 孫文について調べていくと、偉人どころか、とんでもない人物だったことがわかる事実が、どんどん出てきます。
>
> 辛亥革命における孫文の変節
> http://sakainobuhiko.com/2011/10/post-178.html
> 産経新聞の優れた辛亥革命論
> http://sakainobuhiko.com/2011/10/post-179.html
> 侵略性の根本にある中華思想 全ての民族は「中華民族」という論理
> http://sakainobuhiko.com/2011/06/post-167.html
> 『素顔の孫文 ― 国父になった大ぼら吹き』 横山宏章 著 岩波書店 (書評)
> http://jinryu.jp/blog/?p=3917
>
> 満族からみた辛亥革命と民国 東京大学 阿部由美子
> http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/asnet/Asent_Abe%2020151119.pdf
> ◆清朝は征服王朝なのか? 新清史(ニューチンヒストリー)論争
> 中華民族の一つである満洲族が打ち立てた王朝であるという立場をとる中国の研究者
> 満漢融和、中華文明の受容を強調 ⇔ 異民族性を強調する米国の研究者
> ――中華か、夷狄か? 排満か、五族共和か?――


孫文がとんでもない人物であったことは事実ですね。
その孫文ですが、こいつの理解にはやはり女性抜きでは語れない。
宋三姉妹です。

宋 靄齢(そう あいれい)、宋慶齢(孫文夫人)、宋美齢(蒋介石夫人)ですね。
三人とも美人で英語ペラペラ、アメリカ政界等に人脈豊富、まあすごい女どもであります。

三姉妹はwikiによれば
>宋 靄齢(そう あいれい、1889年7月15日 - 1973年10月19日)は、財閥で国民政府財政部長を務めた孔祥熙の夫人。父は孫文の支援者であった浙江財閥の宋嘉樹。「宋氏(家)三姉妹」の長女で、妹は宋慶齢(孫文夫人)、宋美齢(蒋介石夫人)。また、弟に中華民国の政治家・実業家となった宋子文がいる。

その宋美齢は最近死にましたが、こいつが南京大虐殺プロパガンダに果たした役割は無視できません。
総統になった蔡英文さんはそんなことも踏まえてこれからの舵取りをしていく、そんな風に見ています。
  1. 2016-06-01 07:48
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 息子の歴史教科書は少し不満はありますが、おおむね事実が記載されていました。ちょっと記述が不足な点は、五月蠅がられながらも私が説明しています。

 しかし教科書が偏向していないとということは、エリート校ではない学校だと言われている気がしてきました。

 産経の記事によると日教組が、「「成績の良い子やリーダー的な生徒の中には原発再稼働に賛成する傾向がある。」と問題視したそうです。また左翼が多そうな東大に青山繁晴さんが招かれて、4月から講義をなさっているそうです。もしかして凄くお勉強が出来る子は自分の意志で色々と調べていて、教師のコントロールが効かなくなっているような気がします。だと良いなと思います。

【「成績の良い子は原発賛成。放っておけない」と訴える先生も登場 小1から「怖さ」「避難」などをキーワード指定】
http://www.sankei.com/premium/news/160218/prm1602180004-n2.html
  1. 2016-06-01 08:16
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

ほんとうに頭の良い連中ならば

放っといても何の問題もありません。

興味を持って少し調べればすぐに分かることばかりだからです。まあ今が断末魔だと思ってますが、影響はそう遠からず消えるはずです。なぜならば、今の文学部の史学科の連中の力がもはやそう大きくないからです。

ネットの普及はある程度以上の専門知識の普及には驚異的な力があります。隠すことなんか出来ないからです。まさにこれからコントロールが効かなくなります。非常に健全なことになります。いわゆる団塊の世代がいなくなるまでの問題でしょう。

でもどうするんでしょう、教師の権威はこれでますます落ちることになるのですがねえ。

  1. 2016-06-01 21:41
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

 関係ない話で恐縮ですが、短足おじさんが以前日本のコンテナと道路港湾事情についてエントリーしておられたので、興味をお持ちかと思います。

 http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65863852.html

>世界最大手のコンテナ船社・デンマークのマースクラインが、アジア~欧州航路の日本寄港を今夏中止と発表。

 つまり日本は世界の物流の中心から外されたと言う話のようです。

 これは凄く深刻ではありませんか?

 本来なら一刻も早く、港湾・道路の整備を急ぐべきなのでは?
  1. 2016-06-02 12:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本観察記(16)ルールを守らない大陸民族
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2010-06/08/content_20209547.htm

>海洋民族と大陸民族の違いという分析が興味深いですね。
「有唐山公,無唐山嬷」という言葉が有ります。「大陸から来た爺さんは居ても、大陸から来た婆さんは居ない。」という事だそうです。だから台湾の本省人の大多数は大陸南部から来た漢人男性とマレーポリネシア系の原住民の混血だという事になります。
立場は似ていて戦後に政府によって反日教育をしてきた台湾と韓国ですが、その後超親日国と超反日国へと進む道が違ってきたのも、海洋民族のDNAの濃さの違いなのでしょうか?

多くの日本兵を救った精強「台湾高砂族」─日本の南洋戦略10
https://www.youtube.com/watch?v=Tz62sA95Zoo

誇り高き高砂族に涙した日本「彼の前でこの握り飯は食べられない…」
https://www.youtube.com/watch?v=7fAt4mkXRnM

米豪軍に一度も敗北しなかった高砂族「特別遊撃隊」─日本の南洋戦略11
https://www.youtube.com/watch?v=q60si81Crjg
  1. 2016-06-02 13:32
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  息子の歴史教科書は少し不満はありますが、おおむね事実が記載されていました。ちょっと記述が不足な点は、五月蠅がられながらも私が説明しています。
>
>  しかし教科書が偏向していないとということは、エリート校ではない学校だと言われている気がしてきました。
>
>  産経の記事によると日教組が、「「成績の良い子やリーダー的な生徒の中には原発再稼働に賛成する傾向がある。」と問題視したそうです。また左翼が多そうな東大に青山繁晴さんが招かれて、4月から講義をなさっているそうです。もしかして凄くお勉強が出来る子は自分の意志で色々と調べていて、教師のコントロールが効かなくなっているような気がします。だと良いなと思います。
>
> 【「成績の良い子は原発賛成。放っておけない」と訴える先生も登場 小1から「怖さ」「避難」などをキーワード指定】
> http://www.sankei.com/premium/news/160218/prm1602180004-n2.html


面白い情報ありがとうございます。
成績の良い子は原発賛成ですか、いい話ですね。

実は原発に限らずですが、最近の若い世代はスマホ人間でして、ネットで世の中の動きを実によく見ています。
そしてネットにあふれるいろんな情報の中から、「何が真実か」をよく見ています。
情報量に関しては、例えば10年前と比べても多分10倍とか20倍の情報量。
そして新聞・テレビでの報道とネットの情報との乖離を一番よく知っているでしょう。
その証拠として、新聞・テレビの執拗な安倍たたきを物ともせずに安倍さんの支持率が上がる。これなどそのいい証拠かと思います。
そしてその支持率調査も若い人は入っていませんから、実際の支持率はもっと変わるでしょう。
楽しみな時代になりそうですが、その前に病んだ龍の断末魔のあがきが心配ではあります。
  1. 2016-06-02 14:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: ほんとうに頭の良い連中ならば

> 放っといても何の問題もありません。
>
> 興味を持って少し調べればすぐに分かることばかりだからです。まあ今が断末魔だと思ってますが、影響はそう遠からず消えるはずです。なぜならば、今の文学部の史学科の連中の力がもはやそう大きくないからです。
>
> ネットの普及はある程度以上の専門知識の普及には驚異的な力があります。隠すことなんか出来ないからです。まさにこれからコントロールが効かなくなります。非常に健全なことになります。いわゆる団塊の世代がいなくなるまでの問題でしょう。
>
> でもどうするんでしょう、教師の権威はこれでますます落ちることになるのですがねえ。


まったく同感です。
特に
>ネットの普及はある程度以上の専門知識の普及には驚異的な力があり
これですね。

私は最近windows10問題で苦労しましたが、その過程でいろいろ調べてみて、私も自分の頭の古さを痛感したところです。
・・・老兵は死なず・・ですかねえ。

最後に教師の権威の問題です。
実は私の持論で、「何でも教える、だからどんどん聞いてくれ」でやってきました。
何人かから、「そんな事をすると知識が空っぽになってしまうではないか」と言われたものです。
その答えは「その間に私はもっと前に行くから心配無用、私の知識を受け継いでくれる人がいれば、そんな良いことは無い」でした。
結果はその通りなので、教師の権威も同じではないかと思います。
ただし努力しないで過去の栄光に縋りつきたい人はダメ。こんな人は静かに退いてもらうしかないですね。
  1. 2016-06-02 15:01
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  関係ない話で恐縮ですが、短足おじさんが以前日本のコンテナと道路港湾事情についてエントリーしておられたので、興味をお持ちかと思います。
>
>  http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65863852.html
>
> >世界最大手のコンテナ船社・デンマークのマースクラインが、アジア~欧州航路の日本寄港を今夏中止と発表。
>
>  つまり日本は世界の物流の中心から外されたと言う話のようです。
>
>  これは凄く深刻ではありませんか?


面白い情報ありがとうございます。
深刻な話ですが、背景には産業構造の変化があります。
昔「誰も知らない1.8個分の日本」という記事をエントリーしました。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-366.html
>
もう5年も前の話ですが、これが今も生きています。
日本から輸出する代わりに海外にある1,8個分の日本から輸出すれば、コンテナ船は日本には回ってこなくても問題ない。
こんな事ですね。

ただコンテナ船を運航する会社は運賃の大暴落で軒並み大赤字ですから、まだまだ紆余曲折があるとみています。
機会があったらそんな事情を書いてみますが、ちょっと先になると思います。
>  本来なら一刻も早く、港湾・道路の整備を急ぐべきなのでは?
  1. 2016-06-02 15:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 日本観察記(16)ルールを守らない大陸民族
> http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2010-06/08/content_20209547.htm
>
> >海洋民族と大陸民族の違いという分析が興味深いですね。
> 「有唐山公,無唐山嬷」という言葉が有ります。「大陸から来た爺さんは居ても、大陸から来た婆さんは居ない。」という事だそうです。だから台湾の本省人の大多数は大陸南部から来た漢人男性とマレーポリネシア系の原住民の混血だという事になります。
> 立場は似ていて戦後に政府によって反日教育をしてきた台湾と韓国ですが、その後超親日国と超反日国へと進む道が違ってきたのも、海洋民族のDNAの濃さの違いなのでしょうか?
>
> 多くの日本兵を救った精強「台湾高砂族」─日本の南洋戦略10
> https://www.youtube.com/watch?v=Tz62sA95Zoo
>
> 誇り高き高砂族に涙した日本「彼の前でこの握り飯は食べられない…」
> https://www.youtube.com/watch?v=7fAt4mkXRnM
>
> 米豪軍に一度も敗北しなかった高砂族「特別遊撃隊」─日本の南洋戦略11
> https://www.youtube.com/watch?v=q60si81Crjg


面白い情報ありがとうございます。
なるほどねえ、海洋民族はルールを守らないと生きていけない、面白い視点ですね。
実はこれは
「(人間の作った)法律・ルールは破ることができるが、(自然の)法則は破れない」
こんな事とも関係しているのではないでしょうか。

それから台湾の話ですが、まもなく中国が大崩壊しますが、そのとき台湾がどう動くか、大いに興味があります。
  1. 2016-06-02 15:22
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>>ネットの普及はある程度以上の専門知識の普及には驚異的な力があります。隠すことなんか出来ないからです。まさにこれからコントロールが効かなくなります。非常に健全なことになります。いわゆる団塊の世代がいなくなるまでの問題でしょう。

賛成です。WEBの力というのはすごい量の情報を提供してくれます。わたしもネットのある時代に大学生だったらと時々思います。世界中のことが調べられます。
世の中には、読書人とそうではない人がいます。WEBを手に入れた読書人はとことん調べます。そして真実が広まっていくと信じます。
  1. 2016-06-02 16:59
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> >>ネットの普及はある程度以上の専門知識の普及には驚異的な力があります。隠すことなんか出来ないからです。まさにこれからコントロールが効かなくなります。非常に健全なことになります。いわゆる団塊の世代がいなくなるまでの問題でしょう。
>
> 賛成です。WEBの力というのはすごい量の情報を提供してくれます。わたしもネットのある時代に大学生だったらと時々思います。世界中のことが調べられます。
> 世の中には、読書人とそうではない人がいます。WEBを手に入れた読書人はとことん調べます。そして真実が広まっていくと信じます。



まったく同感です。
そして最近つくづく思うこと、それはスマホ世代とそれ以前との情報格差。
私自身はスマホは使いませんが、最近のスマホの進歩はすごい。パソコンを持ち歩いている以上の情報量。
そんなことで今の若い人は新聞・テレビのウソに騙されなくなりました。
それとIoT(Internet of Things)の力。
私ももっと勉強しなければ・・・。
  1. 2016-06-03 15:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

民族問題の前に漢族内部での部族問題がある

「『支那』は複数の部族や民族から成る文化圏であって、単一の国や民族ではない」「支那人(漢族)の社会は部族社会である」というのが私の持論です。

支那大陸において言語が北方官話(標準中国語、北京語、Mandarin)に統一されたのは、「改革開放」によって人々の移動が自由になった1980年代以降のことです。
それまでは、漢族同士でも言葉が通じませんでした。部族によって異なる言語を話す支那人(漢族)社会において、筆談で通じる共通の表意文字が「漢字」でした。

中国語の「七大方言」の違いをまとめた一覧表
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20120712/ChineseDialectsSummaryTable

短足おじさん様の書き込みもある、よもぎねこさんのブログの、昔の記事のコメント欄には「広東語は北京語よりもベトナム語に近い。広東人とは支那化した異民族ではないか。」という書き込みがありますが、私もそう思います。

昔、広東省の田舎を旅行したことがあるのですが、田舎の人々の外見は、広州など全国から人が集まってくる都市部とは明らかに違っていました。みんな背が低くて、彫りの深い、ベビーフェイスな顔立ちの、東南アジア系の外見でした。孫文も広東人ですが、肖像画に描かれている孫文の顔立ちも東南アジア系ですよね。
現在は同じ「漢族」という括りになっていますが、北方の部族と南方の部族は、元来は異民族でしょうね。

よもぎねこです♪ ズン首相?? 名前ぐらい間違えるな
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-1938.html

そして、中国人とつきあったことがある人ならわかると思いますが、中国の北の人間と南の人間は仲が悪いです。おそらく日本人を嫌う以上に、お互いを嫌っています。
今も漢族と異民族が混在している北部・内陸部とは違って、南部・沿海部には漢族だけが住んでいるように見えますが、じつは部族ごとに分かれて対立しているというのが、支那人(漢族)社会なんだと思います。

こうしたバラバラの部族社会をまとめるために考え出されたのが、中国政府が「中華民族の復興」などの言い方でよく使う「中華民族」という民族名と、「中国人民は一丸となって日本の侵略と戦った」という抗日神話なのでしょう。
中国の軍区・戦区について調べると、これまでに何度か再編されてはいますが、「方言区=各部族エリア」が単位であることがわかります。

戦区 - wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%8C%BA
「人民解放軍、7軍区から4戦区へ再編」
http://hiroaki1959.at.webry.info/201511/article_28.html
崩れゆく大国:「強そうに見える」ことが大切
http://kingyogaoyogu.blogspot.jp/2015/11/blog-post_27.html

「中華人民共和国」という現在の統一王朝が倒れたら、これらの軍区・戦区が軍閥となって、次の統一王朝ができるまで群雄割拠になるでしょうね。それは、支那大陸で有史以来ずっと繰り返されてきたことですから。
  1. 2016-06-04 08:03
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

蔡英文主席の就任式典

台湾民視新聞のネット動画で見ましたが「台湾独立」に対する決意が伝わってくるものでした。台湾の歴史をポルトガルによるフォルモサの発見から寸劇仕立てで再現、国民党による228事件で台湾人が国民党軍に弾圧される様まで描いていて驚きました。

日本政府の官房長官談話でも台湾を「台湾は我が国にとって基本的価値観を共有する重要なパートナー、大切な友人である」と韓国よりも上位表現になっています。6月3日には台湾で断交以来45年ぶりとなるN響のコンサートに安倍首相の母親とともに観賞。台湾が中国包囲網の一環として日本側についたのは明らかですね。
  1. 2016-06-04 21:36
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

Re: 民族問題の前に漢族内部での部族問題がある

> 「『支那』は複数の部族や民族から成る文化圏であって、単一の国や民族ではない」「支那人(漢族)の社会は部族社会である」というのが私の持論です。
>
> 支那大陸において言語が北方官話(標準中国語、北京語、Mandarin)に統一されたのは、「改革開放」によって人々の移動が自由になった1980年代以降のことです。
> それまでは、漢族同士でも言葉が通じませんでした。部族によって異なる言語を話す支那人(漢族)社会において、筆談で通じる共通の表意文字が「漢字」でした。
>
> 中国語の「七大方言」の違いをまとめた一覧表
> http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20120712/ChineseDialectsSummaryTable
>
> 短足おじさん様の書き込みもある、よもぎねこさんのブログの、昔の記事のコメント欄には「広東語は北京語よりもベトナム語に近い。広東人とは支那化した異民族ではないか。」という書き込みがありますが、私もそう思います。
>
> 昔、広東省の田舎を旅行したことがあるのですが、田舎の人々の外見は、広州など全国から人が集まってくる都市部とは明らかに違っていました。みんな背が低くて、彫りの深い、ベビーフェイスな顔立ちの、東南アジア系の外見でした。孫文も広東人ですが、肖像画に描かれている孫文の顔立ちも東南アジア系ですよね。
> 現在は同じ「漢族」という括りになっていますが、北方の部族と南方の部族は、元来は異民族でしょうね。
>
> よもぎねこです♪ ズン首相?? 名前ぐらい間違えるな
> http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-1938.html
>
> そして、中国人とつきあったことがある人ならわかると思いますが、中国の北の人間と南の人間は仲が悪いです。おそらく日本人を嫌う以上に、お互いを嫌っています。
> 今も漢族と異民族が混在している北部・内陸部とは違って、南部・沿海部には漢族だけが住んでいるように見えますが、じつは部族ごとに分かれて対立しているというのが、支那人(漢族)社会なんだと思います。
>
> こうしたバラバラの部族社会をまとめるために考え出されたのが、中国政府が「中華民族の復興」などの言い方でよく使う「中華民族」という民族名と、「中国人民は一丸となって日本の侵略と戦った」という抗日神話なのでしょう。
> 中国の軍区・戦区について調べると、これまでに何度か再編されてはいますが、「方言区=各部族エリア」が単位であることがわかります。
>
> 戦区 - wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%8C%BA
> 「人民解放軍、7軍区から4戦区へ再編」
> http://hiroaki1959.at.webry.info/201511/article_28.html
> 崩れゆく大国:「強そうに見える」ことが大切
> http://kingyogaoyogu.blogspot.jp/2015/11/blog-post_27.html
>
> 「中華人民共和国」という現在の統一王朝が倒れたら、これらの軍区・戦区が軍閥となって、次の統一王朝ができるまで群雄割拠になるでしょうね。それは、支那大陸で有史以来ずっと繰り返されてきたことですから。



面白い情報、ありがとうございます。
支那は仰る通り支那人同士が話をしようにも言葉が通じない国なんですね。
最近でも北京語話者と上海語話者は話が通じないと聞いています。
私のタイの経験でも、例えばイチ、ニ、サンを日本語(音読み)、北京語、広東語、タイ語と並べてみるととても面白いです。
広東語は北京語よりタイ語に近いと感じます。
その北京語、北京をpekingではなくbeijingですが、清王朝時代に満州語の影響でこうなったと聞いたことがあります。

それから孫文ですが、広東人というより客家(はっか)です。
孫文の妻の宋慶齢も客家、妹の宋美齢(蒋介石の妻)も同様。客家にはシンガポールのリークワンユー、タイのタクシンなど色々います。

そしてご指摘のようにシナは統一王朝の次は群雄割拠の時代。だからまもなく群雄割拠の時代になること確実。
一刻も早くその時代が来てほしいものです。
  1. 2016-06-05 06:13
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 蔡英文主席の就任式典

> 台湾民視新聞のネット動画で見ましたが「台湾独立」に対する決意が伝わってくるものでした。台湾の歴史をポルトガルによるフォルモサの発見から寸劇仕立てで再現、国民党による228事件で台湾人が国民党軍に弾圧される様まで描いていて驚きました。
>
> 日本政府の官房長官談話でも台湾を「台湾は我が国にとって基本的価値観を共有する重要なパートナー、大切な友人である」と韓国よりも上位表現になっています。6月3日には台湾で断交以来45年ぶりとなるN響のコンサートに安倍首相の母親とともに観賞。台湾が中国包囲網の一環として日本側についたのは明らかですね。



N響のコンサートは知りませんでした。いい話を聞きました。
安倍さんは公式には顔を出せないところでは上手く家族を使ってますね。
NHKもこんな活動を通じて内部改革を始めてほしいものです。
とにかく反日分子(在日・似非帰化人)を駆除しなければ何も始まりませんから。

台湾から反日分子駆除の虫下しを輸入しなければ・・・。
  1. 2016-06-05 06:24
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する