2016-05-11 18:09

報道されない沖縄

 最近こんな本を読み終わった。いや最初にざっと読んでみて色々考えさせられるところが有り、もう一度読んでみたのが終わったと言う所。

2016-5-11日下高山対談本表紙

色々興味深い所があるが、その中にこんな項がある。

『朝鮮と沖縄は似ている』

この項の全文は長いので文末に全文を乗せました。
(著書をOCRでスキャンし電子情報化しましたので、変換ミスなど有るかもしれませんがご了承を)

しかし聞き捨てならぬ話だが、そんな事が現実に起こっている事の大変良い事例がある。

これは「no-risu」さんがブログ『日本の定跡』でこんなエントリーをしている。

『沖縄サヨクには見えない「構造的差別」』
http://norisu415.blog.fc2.com/blog-entry-2470.html#comment


詳細は上掲ブログを見ていただきたいのだが、沖縄読谷村(よみたんそん)の米軍飛行場跡(2006年に返還)のダイオキシン汚染などが問題になっている。捨てたのは地元の業者なのだが、左翼連中がそれでも国と米軍が悪いから国が何とかしろと言っているとの事。

no-risuさんのブログによれば
沖縄県読谷村の読谷米軍飛行場は2006年に返還された。しかし、2014年に環境基準の8倍を超すダイオキシン汚染が発覚し、跡地利用計画は遅々として進んでいない。汚染原因ははっきりしていて、複数の地元業者が不法投棄したことによる。

読谷米軍飛行場は敷地を柵などで囲っておらず、地元民の出入り及び利用は黙認されていた。監視の目が届きにくい米軍敷地であることをいいことに、地元業者が杜撰なゴミ処理をしていた。国・米軍・読谷村が認めており、証拠もバッチリある。

したがって、土壌汚染の除去は自治体が責任を負う。問題の業者を追及するなり、自治体の予算を使うなりして除染するしかない。当たり前の話だ。

これに猛反発しているのが反基地サヨクの皆様である。「原状回復の責任は国・米軍にある」と主張し、自治体の自主的な除染を認めようとしない。勝手に侵入して野グソたれ、「クソの後始末は地主がやっとけ!」と暴言を吐いている。

<引用此処まで>

まるで893の因縁のような話がまかり通っている。
こんな沖縄の現実を我々はもっと理解しないといけないと思う。良くも悪くも沖縄は日本なのだから・・・。

尚no-risuさんのブログには沖縄についての色んな話がある。我々の知らない、報道もされない沖縄事情、大変興味深い。

私が中でも興味深いと思っているのはno-risuさんの沖縄紀行のこんなもの。
「裏沖縄旅行記 Part6 海中道路」
http://norisu415.blog.fc2.com/blog-entry-2427.html

この中には、辺野古に座り込んでいる左翼連中が地元民からは「大変凶暴で危険なので近寄らない方がいい」と言われている。こんな事が分かる、
尚no-risuさんの沖縄紀行は色んな意味で面白い。私には沖縄の食べ物がおいしくないと言う話が気になるのだが、それはまた別の機会に・・・・・。



<以下「日下公人・高山正之対談本、世界は邪悪に満ちている。だが日本は・・・」より抜粋引用>

第4章 残虐な中国と付き合うのをやめよ

朝鮮と沖縄は似ている

 高山 朝鮮も中国もひどい国ですが、朝鮮は中国と相似形ですね。大きさが違うだけで気質もよく似ています。
 朝鮮は、日本がまともな国になるように支援して、教育を普及させてやっても、恨み言しか言わない。何を言っても因縁を付けてきて、嫌がらせをしてくる。金が欲しいのだろうが、自分の大義名分みたいなものも欲しがる。格好付けが欲しい。援助は欲しがるけれど、彼らはあまり働こうとしない。
 日下 働かないね。
 高山 朝鮮の人は、「ケンチャナヨ」、つまり、「もういいじゃない≒適当なところで」 つてよく言う。
 かつて大島紬をやっている人が、朝鮮に最初に工場をつくったときに、朝鮮の人だちは糸を飛ばしても平気で、困ったものだと言っていました。「紬って、そういうものじゃないんだよ」と言っても、「まあ、いいじゃないの。それくらい」と、目立たなければいいという考え方をしている。すべてがそういう精神なんです。
 そのくせ、「日本は我々にひどいことをした」とばかり言っている。日本が何かを教えても、恩というものはまったく感じない人だちなんです。
 セウォル号の事故だってそうでしよ。わからなければいいと思って、適当なことをやって、乗客の安全のことなんか考えなかった。そういう精神。
 実は、沖縄も朝鮮と気質は似ているようです。

 日下 まあ、そうかもしれないな。

 高山 沖縄が復帰する前の一九六〇年代に、ポール・キャラウェイという高等弁務官が沖縄にいた。彼が日本を去る前に「沖縄の自治なんて神話だ」と言い残して帰って行った。実際には短い文ではなくて、長いスピーチの全文があるんですけど、そこには沖縄人がいかにダメかということが、書き連ねてある。
 彼は、グアムやハワイなど米軍基地の中で、沖縄を一詐没かでいいところにしようと思った。それで医療から金融まで援助した。
 たとえば、沖縄の銀行に資金を流人すると、銀行の理事たちは自分の身内にだけ無担保融資をしてしまう。要するに資金の横流しをして、島民の福利厚生なんかまったく考えなかった。こんな人たちではどうしようもない。沖縄人には政治能力はないと書き残しています。
 組合問題しかり、役所の問題しかり、すべての分野において沖縄人っていうのはまったく当事者能力、がないと言っている。「当事者能力がない人間が、何で自治権が欲しいんだ」と言う。
 普天間基地問題で二〇一五年四月に、翁長雄志知事が菅義偉宣房長官互面談しましたよね。そのとき、翁長知事は「粛々」という言葉を何度も使う菅長官が「ギャラウェイと重なる」 つて言ったんです。
 沖縄が自分たちの当事者能力を少し反省したのかと思ったのですが、全然違った
(笑)。
 ギャラウェイが沖縄に対して言った言葉は、アメリカが朝鮮に対して言った言葉と同じです。
 先けども言いましたけど、一丸〇五年に日露戦争、が終わった後、ルーズベルトは朝鮮にある公館を全部引き払った。その言い分か「あなたたちには、国としての能力はまったくないんだ」ということだった。それで日本に「朝鮮を引き受けろ」と言ったわけです。

 日下 「ここから後をやれ」つてことでしよ。
 高山 そうです。それでルーズベルトは朝鮮を捨てたのですが、同じように、ニクソンも沖縄を捨てたわけです。基地以外の県民をね。
 ルーズベルト、が朝鮮に言ったこととまったく同じことを、ギャラウェイは沖縄に対して言った。
 ギャラウェイは、グアムよりも、ハワイよりも、沖縄を一番高い収入を得られる立派な地にしようと思ったのに、自治能力のない沖縄人に裏切られたという。
 米国がサジを投げた沖縄のために日本政府はサトウキビを作らせた。沖縄振興のためです。アジアから買えばもっと安く買えるのに、補助金まで付けてやった。それでも収穫が上がらない。
 日下 いや、彼らはもらった補助金で韓国人を雇ったんですよ。自分たちは遊んでいた(笑)。
 高山 その通りです。フィリピン人や韓国人を入れて働かせて、沖縄の人たちは働かないわけです。
 だから、朝鮮と沖縄も相似形と言ってもいいんです。朝鮮と中国もまったく相似形。
 日下 アメリカと中国も相似形ですよ。アメリカと中国は、中世がなくて古代からいきなり現代になったことも同じだから。
 高山 アメリカも似ているんですよね。
 日下 そう。だから、日本はヨーロッパのほうが近いのですよ。

<引用終り>
  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

“遺棄化学兵器”問題で旧日本軍兵士の証言
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid140.html

【社会】旧日本軍の化学兵器巡り日中が激しく応酬
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445549149/

読売TVに抗議!「日本軍が違法毒ガス兵器を使用」「中国で化学兵器を捨て去った」などと虚偽報道
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5979.html

>事の経緯は違いますが構図は同じですね。
自国の不始末を日本になすりつけて、金をむしり取ろうとする・・・・
  1. 2016-05-12 10:26
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 「沖縄の不都合な真実」や恵隆之介氏の本にも全く同様の事が書いてあります。

 そもそも琉球王朝の支配体制は李氏朝鮮と同様で、朱子学を信奉していました。 そして薩摩と中国の間を行き来して、双方から利益を毟ろうとしていました。

 だから完全に小朝鮮なのです。

 小朝鮮 沖縄の不都合な真実
 
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5391.html

 沖縄県民にこんな事を言うのは同じ日本国民として、心苦しいのですけど、でもちゃんと真実を見ない限り現実は良くならないのです。
 

 
  1. 2016-05-12 11:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:taigen さん

> “遺棄化学兵器”問題で旧日本軍兵士の証言
> http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid140.html
>
> 【社会】旧日本軍の化学兵器巡り日中が激しく応酬
> http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445549149/
>
> 読売TVに抗議!「日本軍が違法毒ガス兵器を使用」「中国で化学兵器を捨て去った」などと虚偽報道
> http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5979.html
>
> >事の経緯は違いますが構図は同じですね。
> 自国の不始末を日本になすりつけて、金をむしり取ろうとする・・・・


全くご指摘の通りです。
そもそもこの捏造話は本元がアメチャンであるところが問題の根。
アメリカがやっているんだから、オイラがやるのも正しい事だ。こんな考え方がまかり通っています。

その延長線上には原爆使用の正当化など、人類史上最大の悪事があります。
恐らく後世の歴史家は20世紀の歴史を悪の歴史、その悪とは共産主義ですが、アメリカも共産主義者に乗っ取られた時期が有った。こんな事が明るみに出るでしょう。
共産主義は今もグローバリズムと名前を変えて生き続けています。
  1. 2016-05-12 16:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  「沖縄の不都合な真実」や恵隆之介氏の本にも全く同様の事が書いてあります。
>
>  そもそも琉球王朝の支配体制は李氏朝鮮と同様で、朱子学を信奉していました。 そして薩摩と中国の間を行き来して、双方から利益を毟ろうとしていました。
>
>  だから完全に小朝鮮なのです。
>
>  小朝鮮 沖縄の不都合な真実
>  
>  http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5391.html
>
>  沖縄県民にこんな事を言うのは同じ日本国民として、心苦しいのですけど、でもちゃんと真実を見ない限り現実は良くならないのです。



確かにご指摘の通りです。
私がもっと不審に思っている事、明治になって日本の殿様は排除されましたが、今でもその土地では名士となっています。
例えば私の住む愛知県なら徳川の殿様ですね。
所で琉球王朝はその後どうなったか。琉球の殿様が今でも沖縄県民に慕われていると言う話しを聞きません。
ことほど左様に琉球王朝の支配が過酷だったんでしょう。
実は沖縄の特権階級は明治以後もしぶとく残りましたが、戦後も日本本土のような農地改革が有りませんでした。
だからその当時の特権階級が今も生き残っています。

沖縄の件は私には情報不足で難しすぎるので、あまり深入りできないですが、まあ気の付いた事を書いていくつもりです。
  1. 2016-05-12 17:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

沖縄民による差別

米軍施政下当時、沖縄には奄美からたくさんの人が出稼ぎに来ていました。そして、沖縄民による酷い奄美民差別があったそうです。琉球新報の記者も差別があったと書いています。

沖縄の奄美差別 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E5%A5%84%E7%BE%8E%E5%B7%AE%E5%88%A5

沖縄の知られざる差別(青い海1972年・春季号より) 市村彦二(琉球新報社員)
http://keybow.co/itimura/itimura1.html
>日本政府に向かって差別反対を訴える沖縄が、その地において日本人である奄美出身者を差別待遇してきたのである。
>在沖奄美出身者に対する琉球政府のそれは、冷たい仕打ちとしか受けとれをかったし、政府も政党もそれを避けて通ったとしかいいようがない。

この事は、左翼リベラル派のライターも本に書いていて、リベラル派・沖縄民・奄美民のブログで取り上げられています。

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 単行本 – 2008/9 佐野 眞一 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4797671858/

梟通信~ホンの戯言(リベラル派のブログ)
佐野真一「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(集英社インターナショナル)
http://pinhukuro.exblog.jp/8896967
沖縄人による奄美人の差別 「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(2)
http://pinhukuro.exblog.jp/8899952
>奄美の人びとはまともな仕事につけなくなり安定した生活も出来ない。まともな仕事についていても給与の格差が指示された。
>ヤクザやその日暮らしの日雇い、女性は売春婦になる人も多かった。大島ドッコイ、沖縄の人が奄美の人を蔑んで差別した呼び方だ。
>当時の沖縄タイムスなどはそういうアメリカの措置をむしろ評価している。犯罪と云えば大島人、パンパンと云えば大島人と云われる

(つづく)
  1. 2016-05-12 21:30
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

『ウリナラファンタジー』ならぬ『ウチナーファンタジー』

(つづき)

『ある神話の背景』を追及するブログ(沖縄民のブログ)
「沖縄の奄美差別」という神話の背景
http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/blog-entry-118.html
「沖縄の奄美差別」という神話の背景2
http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/blog-entry-119.html

与論島クオリア(奄美民のブログ)
沖縄による奄美差別-その了解の構造
http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2008/10/post-7ad3.html

とても左翼らしい(というか韓国紙のオピニオン記事のような)屁理屈を捏ねていますが、ようするに沖縄民は奄美民を差別していたのです。

この沖縄民の差別意識と被害者意識について、保守派の沖縄民のブログでは、自分のことを棚に上げて被害者ヅラする沖縄2紙の論調を厳しく批判しています。

狼魔人日記(保守派沖縄民のブログ)
奄美復帰55周年 差別と被差別は合わせ鏡
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/e4a1b8a068f5b8567fb3bbee633aa321
百年前の怨念「人類館事件」 沖縄差別の歴史だって
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/3076e3b4f2e3e1b9ed6590a2b6d23674
>沖縄で差別を叫ぶ人間は、その一方で離島出身者を差別したり本島内でも北部出身者をヤンバラーと差別したり、台湾人やフィリピン人をタイワナー、フィリピナーと差別的意味合いを込めて呼ぶ。
>最近では見られないが、米軍占領時代は、奄美大島出身者をオオシマーと侮蔑の意味を込めて呼んでいた。
>差別は離島や北部、南部に止まらず、沖縄の都市地域にもあった。

これらの事は、琉球王国が「小朝鮮」とでもいうべき儒教・朱子学の国であったことを知れば、全て納得がいきます。序列を極端に重んじる朱子学は、差別が根本原理と言ってもよいですから。

さらに、沖縄(琉球王国)が小朝鮮だとわかると、見えてくることがあります。なぜ沖縄は、あんなに熱烈に本土復帰運動をしていたのに、今は反日で中国に擦り寄るのか。それは、事大する先を日本から中国に変えようとしているのだと考えられます。
これは、韓国(李氏朝鮮)が事大する先を「清→ロシア→日本→アメリカ→中国」と変えてきたのと同じです。沖縄は、事大する先を「アメリカ→日本→中国」と変えようとしているわけです。

また、沖縄左翼が言う「大和に侵略される前の琉球王国は、毎日が歌と踊りの楽園だった。」という歴史観も、韓国のウリナラファンタジーに負けないくらい捏造された歴史です。
  1. 2016-05-12 21:30
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

キャラウェイのスピーチの全文が見つかりました。

http://yugafu-uchina.seesaa.net/article/252998760.html

このブログ自体少し問題のあるものですがこの後何回かに分けて全文がでています。要旨は沖縄が望むような自治は独立しなければ出来ない、しかしこんな馬鹿なことばかりやってる沖縄の住民にはそんな資格なんかさらさらない、ソいう内容だと思います。

沖縄返還はよく日米繊維交渉を絡めて、糸で縄を買った、等と言われたものですがおそらくはもう嫌だったに違いありません。アメリカがその気になれば準集にするくらいのことは出来たはずですがそれをやろうとはしなかった。もうこんな奴ら御免だということでしょう。

本土の方が金蔓になるわ位の感覚だったのだということが今はよく分かる気がします。自分たちの利益のためには平気で嘘をつき敵国とも手を組もうとする、思考過程が半島と全く同じです。

ただひとつ間違いのないことは、選挙をやればいつも接戦だということです。つまり、オール沖縄なんてのは幻想にすぎないということです。そして、本島と先島の連中では全く見てる世界が違うということです。
この辺りをどうするかが今後の問題でしょう。
  1. 2016-05-13 01:12
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

 王家が放逐される一方で特権階級は残ったと言うのは、独立後の韓国と同じです。

 因みに李氏朝鮮の支配階級両班は総人口の4割を超えました。 一方沖縄の場合も沖縄士族と言われる支配層が人口の半数を占めています。

 これだけの支配層を一般農民が養うのですから、農民が窮乏するのも当然なのです。
 しかし支配層ってこれだけいれば「豊」と言うわけにも行かないのです。

 でも勤労するより寄生する事を選ぶのが、朱子学社会の支配層なのでしょう。

 因みに沖縄が今頃独立論を唱えるのに、凄い違和感があります。

 本心独立を望んでいれば、日本復帰する変わりに独立ができたはずです。 親米民主主義政権である限りアメリカは独立に反対する理由はないのです。

また日本側も阻止はできなかったでしょう。

 つまり本心は独立する意思なんか無かったと言う事でしょう?
  1. 2016-05-13 11:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

沖縄はダメです。

>沖縄の食べ物がおいしくない

難しい話は抜きにして、この指摘は全くその通りです。数年前沖縄に行きましたが、沖縄は海以外に見るものなし!というのが私の感想です。

町で食べた麺類は掛け声倒れ正直不味い。ホテルで食べたゴーヤチャンプルの腑抜けた味、町のハンバーグで私は腹を壊しました。野生の胃腸でなければ消化しない。

ホテルで米軍放送のテレビを受信したので、これは何かとフロントのお兄ちゃんに聞いたところ要領を得ない説明。

リュウボウストアで記念写真を撮っていたら、シャッター押しましょうかと声をかけてきたのは内地派遣の社員さん。人の気の付きようだって天と地の差がある。

興味を引いたのは地元新聞に「軍用地買います」の広告があったこと。皆さん限られた財産を使いまわししているのでしょう。沖縄はダメな子です。
  1. 2016-05-13 12:07
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

「沖縄はダメです」のコメントで私の名前が抜けていました。失礼しました。
  1. 2016-05-13 14:15
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 沖縄民による差別

> 米軍施政下当時、沖縄には奄美からたくさんの人が出稼ぎに来ていました。そして、沖縄民による酷い奄美民差別があったそうです。琉球新報の記者も差別があったと書いています。
>
> 沖縄の奄美差別 - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E5%A5%84%E7%BE%8E%E5%B7%AE%E5%88%A5
>
> 沖縄の知られざる差別(青い海1972年・春季号より) 市村彦二(琉球新報社員)
> http://keybow.co/itimura/itimura1.html
> >日本政府に向かって差別反対を訴える沖縄が、その地において日本人である奄美出身者を差別待遇してきたのである。
> >在沖奄美出身者に対する琉球政府のそれは、冷たい仕打ちとしか受けとれをかったし、政府も政党もそれを避けて通ったとしかいいようがない。
>
> この事は、左翼リベラル派のライターも本に書いていて、リベラル派・沖縄民・奄美民のブログで取り上げられています。
>
> 沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 単行本 – 2008/9 佐野 眞一 (著)
> http://www.amazon.co.jp/dp/4797671858/
>
> 梟通信~ホンの戯言(リベラル派のブログ)
> 佐野真一「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(集英社インターナショナル)
> http://pinhukuro.exblog.jp/8896967
> 沖縄人による奄美人の差別 「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(2)
> http://pinhukuro.exblog.jp/8899952
> >奄美の人びとはまともな仕事につけなくなり安定した生活も出来ない。まともな仕事についていても給与の格差が指示された。
> >ヤクザやその日暮らしの日雇い、女性は売春婦になる人も多かった。大島ドッコイ、沖縄の人が奄美の人を蔑んで差別した呼び方だ。
> >当時の沖縄タイムスなどはそういうアメリカの措置をむしろ評価している。犯罪と云えば大島人、パンパンと云えば大島人と云われる
>
> (つづく)


詳しい情報、有難うございます。
私の返事は「つづくき」編の方に書きます。
  1. 2016-05-13 18:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 『ウリナラファンタジー』ならぬ『ウチナーファンタジー』

> (つづき)
>
> 『ある神話の背景』を追及するブログ(沖縄民のブログ)
> 「沖縄の奄美差別」という神話の背景
> http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/blog-entry-118.html
> 「沖縄の奄美差別」という神話の背景2
> http://keybowokinawan.blog54.fc2.com/blog-entry-119.html
>
> 与論島クオリア(奄美民のブログ)
> 沖縄による奄美差別-その了解の構造
> http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2008/10/post-7ad3.html
>
> とても左翼らしい(というか韓国紙のオピニオン記事のような)屁理屈を捏ねていますが、ようするに沖縄民は奄美民を差別していたのです。
>
> この沖縄民の差別意識と被害者意識について、保守派の沖縄民のブログでは、自分のことを棚に上げて被害者ヅラする沖縄2紙の論調を厳しく批判しています。
>
> 狼魔人日記(保守派沖縄民のブログ)
> 奄美復帰55周年 差別と被差別は合わせ鏡
> http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/e4a1b8a068f5b8567fb3bbee633aa321
> 百年前の怨念「人類館事件」 沖縄差別の歴史だって
> http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/3076e3b4f2e3e1b9ed6590a2b6d23674
> >沖縄で差別を叫ぶ人間は、その一方で離島出身者を差別したり本島内でも北部出身者をヤンバラーと差別したり、台湾人やフィリピン人をタイワナー、フィリピナーと差別的意味合いを込めて呼ぶ。
> >最近では見られないが、米軍占領時代は、奄美大島出身者をオオシマーと侮蔑の意味を込めて呼んでいた。
> >差別は離島や北部、南部に止まらず、沖縄の都市地域にもあった。
>
> これらの事は、琉球王国が「小朝鮮」とでもいうべき儒教・朱子学の国であったことを知れば、全て納得がいきます。序列を極端に重んじる朱子学は、差別が根本原理と言ってもよいですから。
>
> さらに、沖縄(琉球王国)が小朝鮮だとわかると、見えてくることがあります。なぜ沖縄は、あんなに熱烈に本土復帰運動をしていたのに、今は反日で中国に擦り寄るのか。それは、事大する先を日本から中国に変えようとしているのだと考えられます。
> これは、韓国(李氏朝鮮)が事大する先を「清→ロシア→日本→アメリカ→中国」と変えてきたのと同じです。沖縄は、事大する先を「アメリカ→日本→中国」と変えようとしているわけです。
>
> また、沖縄左翼が言う「大和に侵略される前の琉球王国は、毎日が歌と踊りの楽園だった。」という歴史観も、韓国のウリナラファンタジーに負けないくらい捏造された歴史です。


大変興味深い話、有難うございます。
実は私は沖縄に関してはあまり知識が無い、このコメントの話など全く知りませんでした。
そして沖縄問題のいやらしさを痛感している所です。

考えてみると沖縄に関しては断片的な報道が多く、どうしてそんな事がと不思議な事ばかり。
例えば沖縄では居酒屋で夜遅くまで子供が遊んでいる。勿論親が連れてくるのです。
だから9時以降は子供を居酒屋で遊ばせないようにしようなどと言う運動をやろうとしている。
こんな理解不能な現実があるわけです。

もう少し考えて皆さんの情報を纏めてみたいと思います。
詳細な情報、有難うございました。
  1. 2016-05-13 19:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:kazk さん

> キャラウェイのスピーチの全文が見つかりました。
>
> http://yugafu-uchina.seesaa.net/article/252998760.html
>
> このブログ自体少し問題のあるものですがこの後何回かに分けて全文がでています。要旨は沖縄が望むような自治は独立しなければ出来ない、しかしこんな馬鹿なことばかりやってる沖縄の住民にはそんな資格なんかさらさらない、ソいう内容だと思います。
>
> 沖縄返還はよく日米繊維交渉を絡めて、糸で縄を買った、等と言われたものですがおそらくはもう嫌だったに違いありません。アメリカがその気になれば準集にするくらいのことは出来たはずですがそれをやろうとはしなかった。もうこんな奴ら御免だということでしょう。
>
> 本土の方が金蔓になるわ位の感覚だったのだということが今はよく分かる気がします。自分たちの利益のためには平気で嘘をつき敵国とも手を組もうとする、思考過程が半島と全く同じです。
>
> ただひとつ間違いのないことは、選挙をやればいつも接戦だということです。つまり、オール沖縄なんてのは幻想にすぎないということです。そして、本島と先島の連中では全く見てる世界が違うということです。
> この辺りをどうするかが今後の問題でしょう。


貴重な情報ありがとうございます。さっそく読んでみました。
しかし凄いですね。つい先日のことを言っていると言われても通用する位、現在の沖縄の状態を言い当てています。

正直言って考え込んでしまいました。
沖縄や奄美は日本人の中でも一判古くから住みついたグループ。
それが琉球王朝の支配で此処まで人格的に劣化してしまったのか。そう思うと愕然としてしまいます。

でも沖縄を再生できれば日本再生は絶対大成功間違いなし。
そんなつもりで頑張っていきたいです。

なお紹介いただいた「キャラウェイのスピーチの全文」、大変貴重なので私もこれを紹介するつもりです。
宜しくお願いします。
  1. 2016-05-13 19:20
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  王家が放逐される一方で特権階級は残ったと言うのは、独立後の韓国と同じです。
>
>  因みに李氏朝鮮の支配階級両班は総人口の4割を超えました。 一方沖縄の場合も沖縄士族と言われる支配層が人口の半数を占めています。
>
>  これだけの支配層を一般農民が養うのですから、農民が窮乏するのも当然なのです。
>  しかし支配層ってこれだけいれば「豊」と言うわけにも行かないのです。
>
>  でも勤労するより寄生する事を選ぶのが、朱子学社会の支配層なのでしょう。
>
>  因みに沖縄が今頃独立論を唱えるのに、凄い違和感があります。
>
>  本心独立を望んでいれば、日本復帰する変わりに独立ができたはずです。 親米民主主義政権である限りアメリカは独立に反対する理由はないのです。
>
> また日本側も阻止はできなかったでしょう。
>
>  つまり本心は独立する意思なんか無かったと言う事でしょう?


ご指摘の件こそ問題の本質だと思います。
また琉球王家は東京に住むことを命じられたものの侯爵の位を与えられたそうです。
だから優雅に暮らしていたんでしょう。

しかし沖縄の県民性、全く残念と言う他ないですね。同じ日本人としてとても悲しいです。

これはまだ調べていないのですが、このエントリーへの皆さんのコメントなどを見ていて気が付いた事が有ります。
沖縄県民は明治の初めころハワイに沢山の人が移民しました。ハワイの日系人は殆ど沖縄出身と言ってもいいのではないでしょうか。
こんな所に県民性の建て直しの手掛かりが有るのかもしれません。

  1. 2016-05-13 19:44
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 沖縄はダメです。

> >沖縄の食べ物がおいしくない
>
> 難しい話は抜きにして、この指摘は全くその通りです。数年前沖縄に行きましたが、沖縄は海以外に見るものなし!というのが私の感想です。
>
> 町で食べた麺類は掛け声倒れ正直不味い。ホテルで食べたゴーヤチャンプルの腑抜けた味、町のハンバーグで私は腹を壊しました。野生の胃腸でなければ消化しない。
>
> ホテルで米軍放送のテレビを受信したので、これは何かとフロントのお兄ちゃんに聞いたところ要領を得ない説明。
>
> リュウボウストアで記念写真を撮っていたら、シャッター押しましょうかと声をかけてきたのは内地派遣の社員さん。人の気の付きようだって天と地の差がある。
>
> 興味を引いたのは地元新聞に「軍用地買います」の広告があったこと。皆さん限られた財産を使いまわししているのでしょう。沖縄はダメな子です。


相模さんでしたか、詳しい情報ありがとうございます。
この食べ物がおいしくないと言う話し、これは私のタイでの経験なども書いてみようかと思っています。
  1. 2016-05-13 19:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:相模 さん

> 「沖縄はダメです」のコメントで私の名前が抜けていました。失礼しました。


了解しました。
  1. 2016-05-13 19:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

沖縄の食べ物

仕事で2回、計6年沖縄にいましたが、食べ物が美味しくないというのはなかったですよ。沖縄そばも美味しいところが多く有り、結構食べました。トロピカルフルーツが好きな人にとっては楽園です。パイナップルも色々な種類があることも知りました。

基地の反対運動している人達への沖縄県民の視線は、冷たいものですよ。一部沖縄県の住人もいますが、県外から来た反政府組織の人間、韓国人や中国人などの外国人であることを知っています。

独立論に関しても、そんな人県民の1%もいません。中国の工作で立ち上げたに過ぎません。こういったスパイ活動に関しては徹底的に潰さないといけないのですが。
  1. 2016-05-13 23:24
  2. URL
  3. 遼 #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-05-14 04:29
  2. #
  3. 編集

Re: 沖縄の特殊性

> 不正な投稿とされました。ゴミ箱を見ていただけますか。


今迷惑コメントを見てみたのですが、なにも入っていません。
再起動をかけてやり直してみても同じなので、どこかほかの所でブロックされた可能性があります。
恐れ入りますが、心当たりの有りそうな言葉を少し加工して見ていただけませんか。
例えば「ころす」は引っかかりますので、「こ・ろす」にしてみるとか、ノサ言葉で「こノサろす」にするとかです。
尚このコメントは迷惑コメントになってしまいますので、そこを自分で承認しました
宜しくお願いします。

やってみたらこのコメントはそのままアップできました。はてさて??。

  1. 2016-05-14 06:05
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 沖縄の食べ物

> 仕事で2回、計6年沖縄にいましたが、食べ物が美味しくないというのはなかったですよ。沖縄そばも美味しいところが多く有り、結構食べました。トロピカルフルーツが好きな人にとっては楽園です。パイナップルも色々な種類があることも知りました。
>
> 基地の反対運動している人達への沖縄県民の視線は、冷たいものですよ。一部沖縄県の住人もいますが、県外から来た反政府組織の人間、韓国人や中国人などの外国人であることを知っています。
>
> 独立論に関しても、そんな人県民の1%もいません。中国の工作で立ち上げたに過ぎません。こういったスパイ活動に関しては徹底的に潰さないといけないのですが。


お久しぶりです。コメント有難うございます。
沖縄の食べ物、決して不味くない、有難うございます。良い意見を聞かせていただきました。

それから沖縄の反基地運動が一部の人たちに偏っている。その話はよく分かります。
がしかし、では何故知事選挙で親中国派の翁長が当選できたのか、それが私の疑問です。
つまり沖縄には基地反対を叫ぶとメリットのある、寄生人間が非常に多いことを示しています。
難しい問題で、根が非常に深いですね。
私は琉球王朝時代に遡って事実を明らかにし、反省すべきは反省することが必要だと思っています。
  1. 2016-05-14 07:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

沖縄の特殊性

色んな本を読むと沖縄がいかに本土と違う文化なのか驚いてしまいます。
佐々淳行氏の著書では1975年の「ひめゆりの塔事件」が出てきます。当時の皇太子殿下・妃殿下の沖縄訪問に対し、現地警察の警備が非常に甘く危機管理の基本もできていないことが描かれます。
佐々氏らが昼休みを終えて現場に戻ると沖縄県警の警官が誰もいない。何ごとかと驚いていると実はみな昼寝中だっという、いかにもアジアの雰囲気を感じさせる描写があります。

「ひめゆりの塔」訪問に先立つ地下壕の安全確認は県知事・県警の反対によりできず、その結果火炎瓶を投げ付けられることになりました。しかも沖縄県警警備陣は火炎瓶に驚き逃げ出したというのですから半島人とそっくりです。

琉球王国時代には支配階級が三割もいたといいます。日本の武士階級は一割以下ですから、朝鮮の両班とともに沖縄には無為徒食の輩がいかに多かったかわかります。首里城は一階と二階でそれぞれ対日本(薩摩)・対中国用に分けて接待していた二重構造でした。

琉球の支配階級は沖縄本島内での搾取はもちろん、石垣島をはじめとする八重山諸島など搾取していました。沖縄本島の琉球新報・沖縄タイムズと八重山日報の論調は正反対です。本島の支配階級は支那・中国の朝貢体制で権力を握っていた時代が懐かしいのでしょう。

あと沖縄の食べ物が美味しくないとの指摘、タイ米の泡盛は美味しいし、豆腐ようは中国の腐乳が元なので酒の肴にもってこい。一番美味しくなかったのが「沖縄そば」。現地で美味しい店を数軒紹介してもらったのですが、まるでコシがなく中国本土の麺そっくり。日本全国のそば・うどん・ラーメンと比べても段違いに美味しくない。

ネットで「沖縄料理・美味しくない」で検索するとたくさん出てきます。基本的に調理技術が未熟、各国料理の劣化版というのはあたっています。

タイ料理やベトナム料理は中華の技法を用いながら独自の発展を遂げたもの
ですが、フィリピン料理は中華とアメリカの影響を受け劣化した印象です。

沖縄名産のゴーヤもチャンプルーよりマレーシアのゴーヤスープのほうが美味しい。豚肉のラフテーも台湾やタイの豚肉・豚足の煮込みと比べると普通レベル。沖縄料理はなにか中途半端な印象でした。

  1. 2016-05-14 08:01
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-05-14 08:05
  2. #
  3. 編集

沖縄料理

沖縄料理について様々な意見が寄せられ、大変興味深く拝読しました。

昔沖縄に赴任していた旧社員の話ですが、向うでは豚肉料理が美味しかったと語っていました。しかし東京に戻ってからは食べたいと思わなかったといいます。

彼の解説では向うでは暑かったせいか、豚肉料理を受け付ける。しかし東京ではそれほどではない。気候がそうさせるのだろう、ということでした。
食と気候の関係は確かにあるでしょう。そこへ気候と関係ない観光客が数日食事をしても旨くないのか、と思いました。
  1. 2016-05-14 11:36
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 沖縄の特殊性

> 色んな本を読むと沖縄がいかに本土と違う文化なのか驚いてしまいます。
> 佐々淳行氏の著書では1975年の「ひめゆりの塔事件」が出てきます。当時の皇太子殿下・妃殿下の沖縄訪問に対し、現地警察の警備が非常に甘く危機管理の基本もできていないことが描かれます。
> 佐々氏らが昼休みを終えて現場に戻ると沖縄県警の警官が誰もいない。何ごとかと驚いていると実はみな昼寝中だっという、いかにもアジアの雰囲気を感じさせる描写があります。
>
> 「ひめゆりの塔」訪問に先立つ地下壕の安全確認は県知事・県警の反対によりできず、その結果火炎瓶を投げ付けられることになりました。しかも沖縄県警警備陣は火炎瓶に驚き逃げ出したというのですから半島人とそっくりです。
>
> 琉球王国時代には支配階級が三割もいたといいます。日本の武士階級は一割以下ですから、朝鮮の両班とともに沖縄には無為徒食の輩がいかに多かったかわかります。首里城は一階と二階でそれぞれ対日本(薩摩)・対中国用に分けて接待していた二重構造でした。
>
> 琉球の支配階級は沖縄本島内での搾取はもちろん、石垣島をはじめとする八重山諸島など搾取していました。沖縄本島の琉球新報・沖縄タイムズと八重山日報の論調は正反対です。本島の支配階級は支那・中国の朝貢体制で権力を握っていた時代が懐かしいのでしょう。
>
> あと沖縄の食べ物が美味しくないとの指摘、タイ米の泡盛は美味しいし、豆腐ようは中国の腐乳が元なので酒の肴にもってこい。一番美味しくなかったのが「沖縄そば」。現地で美味しい店を数軒紹介してもらったのですが、まるでコシがなく中国本土の麺そっくり。日本全国のそば・うどん・ラーメンと比べても段違いに美味しくない。
>
> ネットで「沖縄料理・美味しくない」で検索するとたくさん出てきます。基本的に調理技術が未熟、各国料理の劣化版というのはあたっています。
>
> タイ料理やベトナム料理は中華の技法を用いながら独自の発展を遂げたもの
> ですが、フィリピン料理は中華とアメリカの影響を受け劣化した印象です。
>
> 沖縄名産のゴーヤもチャンプルーよりマレーシアのゴーヤスープのほうが美味しい。豚肉のラフテーも台湾やタイの豚肉・豚足の煮込みと比べると普通レベル。沖縄料理はなにか中途半端な印象でした。


沖縄は確かに全く違う文化の地域としか言えませんね。
この文化の違いは琉球王国時代、明治以後王様は居なくなっても士族は残った。
そして戦後、日本は農地改革をしたが沖縄は米軍の支配下だったので農地改革をしていない。
その結果が沖縄には一部の大地主が土地を米軍に課してそこから借地料(東京並のベラボーな値段)をとる。
沖縄は県民の平均所得は最下位クラス。しかし1000万以上の所得のある人の人口比は全国で9位だそうです。
つまり物凄い格差が広がっている。
そんな地主連中が働かずに遊んでいる。これが沖縄ですね。
しかもこんな連中、カネを使わずため込むだけ。だからカネが回らないと言う問題があるようです。
こんな連中が口を開けばまともな事を言っているけれど、選挙になると基地反対派、親中派に投票する。
吉が有る事が自分たちの利権ですんでね。

沖縄の職の問題は実は沖縄に行ったことがないので私には語る資格がない。
とは言うものの皆さんの意見は沖縄飯は美味くない。
こんな事を踏まえて、私のタイなどでの経験を書いてみようかと思っています。
  1. 2016-05-14 22:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 不正投稿について

> 韓国料理の批判部分を削ったら投稿できました。韓国がらみの批判はチェックされているのですかね。


了解しました。
何かよからぬ事を企んでいる奴がいるんですかねえ。
  1. 2016-05-14 22:48
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 沖縄料理

> 沖縄料理について様々な意見が寄せられ、大変興味深く拝読しました。
>
> 昔沖縄に赴任していた旧社員の話ですが、向うでは豚肉料理が美味しかったと語っていました。しかし東京に戻ってからは食べたいと思わなかったといいます。
>
> 彼の解説では向うでは暑かったせいか、豚肉料理を受け付ける。しかし東京ではそれほどではない。気候がそうさせるのだろう、ということでした。
> 食と気候の関係は確かにあるでしょう。そこへ気候と関係ない観光客が数日食事をしても旨くないのか、と思いました。


なるほどね。職と気候の話は確かに関係あると思います。
ただ、私は沖縄に行ったことがないので、美味しい、美味しくない、この議論には入れない。
そこで私の知るタイに事例をもとに、沖縄の食べ物も考えてみます。

食わず嫌いでは無く、食ったことのない沖縄料理の美味い・美味くない、こんな事を言うのだからさてどうなるかです。
  1. 2016-05-14 22:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する