2016-04-22 18:05

地盤サポートマップ

 21日のエントリーで今昔マップを紹介し、例として札幌の琴似共栄市場周辺をとり上げた。
そこに地盤の話が出てきたので、地盤についての大変便利なものを紹介したい。

尚このエントリーはよもぎねこさんの質問への回答でもある。

最初に「地盤サポートマップ」
https://supportmap.jp/#13/35.6939/139.7918

これを開くとこんな画面

2016-4-22地盤サポートマップ1

最初の画面は東京駅周辺の地図。
画面に表示されている4色の丸印、地盤の強い所が黒丸印、やや強い所が緑丸印、普通の強度の所が青丸印、弱い所がピンク色印で表示されている。



早速どんなものか、よもぎねこさんの質問に有った琴似共栄市場周辺を見てみたい。


JR函館本線琴似駅を中心にした地盤サポートマップの画面
2016-4-22地盤サポートマップ2

よもぎねこさんは函館本線より北側は昔の泥炭地帯で地盤の悪い所と言っていたが、この「地盤サポートマップ」でもピンク色表示ばっかり、つまり弱い地盤の所である。
札幌から更に千歳線方面を見ると同じ傾向だ。


こんな地図をどう使うか?

大きなビルなどは当然最初に地盤調査を実施し、その土地の地耐力を調べている。
このデータに基づき基礎などを設計しているので、地盤の悪い所はそれなりにしっかりした基礎工事がされている。
(但し最近手抜き工事が発覚している所も有り、困った事だが・・・)

最近問題になっているのは2階建てまでの主に木造の一般住宅である。

2000年(平成12年)に建築基準法が改正され、地耐力に応じた基礎を採用することがきめられた。

例えばこんなモノである。

2016-4-22基礎の種類2

この杭基礎とかベタ基礎、布基礎とはこんなモノ

2016-4-22基礎の種類

この建築基準法改正以前は地盤の地耐力に対してどの基礎を使うかがハッキリしていなかった。それが明確になったのだが、特に地盤の弱い所の住宅では永年布基礎ならよいとされてきた。
それを杭基礎にする、これは費用、期間の面で相当問題になったと聞く。

こんな事情で最近の住宅は地震に対してとても強くなった、そんな事がある。

先日も友人たちと話をしている時、耐震診断を受けたが非常に弱いと言う診断結果が出た。如何しよう・・・。こんな話が出た。
自分の住いもこんな見方で見直してみると良いのではないか。

そんな時、この地盤サポートマップは大変役に立つ。またこのほかにも面白い機能が沢山あるので是非ご覧になってはいかがかと思う。

  1. 大震災・原発事故
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

ありがとうございました。早速、我が家の住所を入れて調べてみました。
約15万年から7万年前に形成された段岡層と出てきましたよ。標高は海抜32Mでした。

このページの前のページで住所を入れるとPDFのレポートが出るのです。便利ですね。
  1. 2016-04-23 11:11
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

 有難う御座います。

 我家の近辺は「強い地盤」と「やや強い地盤」しかないので安心しました。 

 しかし札幌って普通の地盤が殆どなくて、強い地盤と弱い地盤の地域にクッキリと別れているんですね。

 昔は(70ね代ぐらいまでは)弱い地盤の地域には農家が散在しただけだったけれど、今はマンションも沢山建って完全に都市化しています。 
 地震が起きたら結構ヤバイ事になりそう・・・・・。
  1. 2016-04-23 13:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:友遊 さん

> ありがとうございました。早速、我が家の住所を入れて調べてみました。
> 約15万年から7万年前に形成された段岡層と出てきましたよ。標高は海抜32Mでした。
>
> このページの前のページで住所を入れるとPDFのレポートが出るのです。便利ですね。


 お役にたってよかったです。
この地盤の地耐力のページは実によく出来ています。
そして個人で使っても大変有意義な事が分かり、とても有り難い。
そこでこんなデータを見て、例えば地盤が軟弱な所にお住まいの方がどうすればいいか。それは一人一人の課題ですが、それを地域ぐるみで考えないといけない。
少なくとも住宅の耐震補強もシッカリやらないと危険だと分かりますし、イザと言うときの避難場所を考えることも必要ですね。

3ヶ月ほど前、或る方と話をしていたら子どもさんが東京の大田区に住んでいるのだが、どこへ避難して良いか分からない、如何すればいいんだろう。こんな事を聞かれました。
私はその方に近くにJR東海道線が有るでしょう、そこより山側は安全な所なのでそんな目で避難路を確認されたらいかが、こんな話をしました。

そんな風に色々な使い方が有ります。
  1. 2016-04-23 15:30
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 家は、やや強い地盤で液状化の可能性は非常に低いそうです。近所の避難場所も出ていて、参考になりました。ありがとうございました。
  1. 2016-04-23 15:41
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  有難う御座います。
>
>  我家の近辺は「強い地盤」と「やや強い地盤」しかないので安心しました。 
>
>  しかし札幌って普通の地盤が殆どなくて、強い地盤と弱い地盤の地域にクッキリと別れているんですね。
>
>  昔は(70ね代ぐらいまでは)弱い地盤の地域には農家が散在しただけだったけれど、今はマンションも沢山建って完全に都市化しています。 
>  地震が起きたら結構ヤバイ事になりそう・・・・・。


 お役にたってよかったです。
残念ながら今の日本はこんな地盤の悪い所でも住まなければいけないのです。
だからこんな情報を見て、如何したら安全・安心が確保できるかを考えないといけない。
難しいですがそれが一人一人の課題。

それと北海道だけの特殊事情、古い歴史の記録が本州に比べて少ない。
だから地震のように何百年に一度などと言うものは分からないんです。
結局最後に出てくるのは自己責任。
こんな事情があります。
  1. 2016-04-23 15:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  家は、やや強い地盤で液状化の可能性は非常に低いそうです。近所の避難場所も出ていて、参考になりました。ありがとうございました。


シッカリした地盤の所にお住まいで良かったですね。
液状化は砂に水分を含んだ層の有る所で発生しますから、しっかりした地盤の所では発生しない。
そんな事で自分の住いだけでなく、職場とか通勤ルートなども見直す機会になれば幸いです。

  1. 2016-04-23 17:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

これは素晴らしいです

早速地盤サポートマップに当地(神奈川県相模原市)の住所を入れてみました。
この辺りは標高87mの「川沿いの低地に分布している約7万年前~1万8000年前に形成された段丘層」だそうです。液状化の可能性は「非常に低い」、地震時の揺れやすさは「やや揺れにくい」との判定でした。
こんな高度な情報が、パソコンから容易く得られることに驚いています。実家や親戚、友人宅を入力して大いに参考になりました。良い資料のご紹介を感謝いたします。
  1. 2016-04-24 11:16
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: これは素晴らしいです

> 早速地盤サポートマップに当地(神奈川県相模原市)の住所を入れてみました。
> この辺りは標高87mの「川沿いの低地に分布している約7万年前~1万8000年前に形成された段丘層」だそうです。液状化の可能性は「非常に低い」、地震時の揺れやすさは「やや揺れにくい」との判定でした。
> こんな高度な情報が、パソコンから容易く得られることに驚いています。実家や親戚、友人宅を入力して大いに参考になりました。良い資料のご紹介を感謝いたします。


 お久しぶりです。コメント有難うございます。
相模さんは相模原でしたか、あの辺りの地形は大体見当がつきます。
橋本に取引先やら機械メーカーが有り、何度も行きました。あの辺り広い台地で良い所ですね。
地盤サポートマップで自分の住んでいる所の状態が分かる。安心できますし、若し地盤の良くない所でも対策を考えられます。
お役にたてて良かったです。
これからも宜しくお願いします。
  1. 2016-04-24 18:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

皆さん地盤の良いところにお住まいで結構ですね。
小生は市川市行徳ですから地盤が悪いなどということはすでに織り込み済みの地域です。
何しろ40年前は田んぼだったことはみな知ってるのですから是非もない、地盤が悪いと行ったら千葉て地盤の良いとことなんて殆どありません。低いところは沖積層ですし高いところだって下はほとんど関東ローム層です。

去年引っ越して地盤が更に悪いところに来ましたがこれはもう諦めています。熊本並の地震が来たら軒並みダメでしょう。この地図で熊本を見ましたが予想以上に地盤の良いところです。やられてるのは本当に一部だということ、震度7二発なんてのは誰も想定していないという一事でしょう。

政府の方針に反対するわけではありませんがおそらく軟地盤地域では杭基礎でも打つ手はなかろうと思います。おそらくは半地下構造にでもして耐震性を高めるか、建物の一部を板倉にでもして建物が倒壊しても人は守るというやり方で行くしかないでしょう。普通の方法ではもはや無理です。家も消耗品と見て潰れるのは覚悟して人を守ると考えるか、一般ビル並みの耐震性を求めるかの問題でしょう。

この前の地震でも家は大丈夫でしたが液状化にやられメチャクチャというのは結構ありました。こうなるともはや家を残しても無意味です。発想の転換が必要でしょう。
  1. 2016-04-24 22:06
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

便利なサイトですね

私も検索してみました。今住んでいるところも、実家も、「川沿いの低地に分布している約7万年前~1万8000年前に形成された段丘層」で、液状化の可能性は「非常に低い」。地震時の揺れやすさは、今借りているマンションが「中程度」、実家は「揺れにくい」でした。
実家は地盤が比較的安定しており、今のマンションも都心部では安定した台地の端っこ(10mくらい横は、縄文から弥生にかけての海食崖か河岸段丘とおぼしき崖です)に建っていることは知っていましたが、他の地域と比較して評価を見られるのはとても便利です。
さっそく知人にも教えてあげました。良いサイトを紹介していただき、ありがとうございます。
  1. 2016-04-24 22:29
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

破局噴火

私の住所で入力したところ、青丸が多かったのでほっとしています。
しかし、
【緊急速報】 阿蘇山が間もなく破局噴火する可能性 破局噴火=九州全域の陸地が吹っ飛ぶレベルの噴火
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461494183/
http://www.sankei.com/premium/news/160424/prm1604240012-n4.html

縄文文化を木っ端微塵にした鬼界カルデラの破局噴火
http://livedoor.blogimg.jp/toua2chdqn/imgs/b/c/bcfcb27e.gif

http://livedoor.blogimg.jp/toua2chdqn/imgs/7/4/74a33a28-s.jpg

このような事は有ってほしくないのですが・・・・
  1. 2016-04-25 08:22
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:kazk さん

> 皆さん地盤の良いところにお住まいで結構ですね。
> 小生は市川市行徳ですから地盤が悪いなどということはすでに織り込み済みの地域です。
> 何しろ40年前は田んぼだったことはみな知ってるのですから是非もない、地盤が悪いと行ったら千葉て地盤の良いとことなんて殆どありません。低いところは沖積層ですし高いところだって下はほとんど関東ローム層です。
>
> 去年引っ越して地盤が更に悪いところに来ましたがこれはもう諦めています。熊本並の地震が来たら軒並みダメでしょう。この地図で熊本を見ましたが予想以上に地盤の良いところです。やられてるのは本当に一部だということ、震度7二発なんてのは誰も想定していないという一事でしょう。
>
> 政府の方針に反対するわけではありませんがおそらく軟地盤地域では杭基礎でも打つ手はなかろうと思います。おそらくは半地下構造にでもして耐震性を高めるか、建物の一部を板倉にでもして建物が倒壊しても人は守るというやり方で行くしかないでしょう。普通の方法ではもはや無理です。家も消耗品と見て潰れるのは覚悟して人を守ると考えるか、一般ビル並みの耐震性を求めるかの問題でしょう。
>
> この前の地震でも家は大丈夫でしたが液状化にやられメチャクチャというのは結構ありました。こうなるともはや家を残しても無意味です。発想の転換が必要でしょう。



 行徳は確かに地盤は良くない地域ですが、ご指摘の通り、そんな所でも住まねばいけないのが日本です。
実は3.11の時、長男は浦安に住んでいました。浦安駅から4~500mの所です。
幸いほとんど被害はなく、聴いてみると新浦安の方は駅儒家で大変だったが浦安の辺りは大丈夫だったとか。

そんな事が分かる資料が有ります。
http://www.ads-network.co.jp/jiban-kiso/ekijyouka-06.htm

これを見ると地域で液状化に大きな差が有り、液状化の大きい新浦安周辺よりもっと最近埋め立てた工業地帯やディズニーランドなどは液状化は軽微だった、その理由は対策の差だと書いてあります。

こんな所に住む方には矢張り日ごろからの防災活動が重要。私の住んでいる地域でも地域なりの自主防災活動を色々やっていますが、そんな日ごろの活動が重要だと思っています。
  1. 2016-04-25 10:19
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 便利なサイトですね

> 私も検索してみました。今住んでいるところも、実家も、「川沿いの低地に分布している約7万年前~1万8000年前に形成された段丘層」で、液状化の可能性は「非常に低い」。地震時の揺れやすさは、今借りているマンションが「中程度」、実家は「揺れにくい」でした。
> 実家は地盤が比較的安定しており、今のマンションも都心部では安定した台地の端っこ(10mくらい横は、縄文から弥生にかけての海食崖か河岸段丘とおぼしき崖です)に建っていることは知っていましたが、他の地域と比較して評価を見られるのはとても便利です。
> さっそく知人にも教えてあげました。良いサイトを紹介していただき、ありがとうございます。


皆さんのお役にたてて幸いです。
ただこんなモノを使って如何するかは個人の、地域の問題ですが、そんな事を色々活動する上でこんなデータが活用できればとても便利かと思います。
  1. 2016-04-25 10:22
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 破局噴火

> 私の住所で入力したところ、青丸が多かったのでほっとしています。
> しかし、
> 【緊急速報】 阿蘇山が間もなく破局噴火する可能性 破局噴火=九州全域の陸地が吹っ飛ぶレベルの噴火
> http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461494183/
> http://www.sankei.com/premium/news/160424/prm1604240012-n4.html
>
> 縄文文化を木っ端微塵にした鬼界カルデラの破局噴火
> http://livedoor.blogimg.jp/toua2chdqn/imgs/b/c/bcfcb27e.gif
>
> http://livedoor.blogimg.jp/toua2chdqn/imgs/7/4/74a33a28-s.jpg
>
> このような事は有ってほしくないのですが・・・・


破局噴火ですか、そんな可能性もありますね。
興味深い情報、有難うございます。
まあしかし、日本に限らずですが徒に不安をあおるような事を流す人はいるもので、適当に聞き置くしかないでしょう。
昔SF小説で日本沈没と言うのが有りましたが、そんな事と似たような話ですね。

確かに喜界カルデラは凄い噴火でした。九州の縄文人はほぼ全滅したのも事実です。
貝塚などを発掘していますと、この喜界カルデラ噴火の火山灰の層が有ると年代が特定できる。今となっては年代決定の良い指標となっています。

問題なのは人間の時間スケールが数年・数十年・数百年と言った所なのに、地球の営みは何千年・何万年あるいはそれ以上。ですから可能性があるという話しと明日にでも起こるかもしれない、こんな話をキチンと区別して考えるべきなんですが、不安を煽りたいパヨパヨマスゴミに悪用されているのが困りものです。
  1. 2016-04-25 10:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する