2016-04-04 17:44

教育界の反日・反「日の丸」・反「君が代」の司令塔はユネスコ

 よもぎねこさんの昨日のエントリー「スペルマン枢機卿の証言 ルーズベルト」が大変興味深い。
あの悲惨な戦争に日本を追い込んだフランクリン・デラノ・ルーズベルト、その支持者だったスペルマン枢機卿の証言がビックリ仰天なのだ。
http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5488.html#comment

この内容はよもぎねこさんのブログを見ていただくとして、そのコメント欄に「都民です。」さんと言う方が江崎 道朗さんの意見を紹介している。

江崎 道朗さんは「コミンテルンとルーズベルトの時限爆弾」等の著書で知られているのだが、江崎さんのFB記事を見ると、日本の教育界が1970年代から突如として[反日・反「日の丸」・反「君が代」]になった、その理由が良く分かる。

2014-12-6コミンテルンとルーズベルトの時限爆弾

この著書の内容については以下エントリー参照ください。
アメリカの反日プロパガンダ<続編
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1041.html


さてでは江崎 道朗さんはどんな事を言っているのか。以下江崎さんのFBから引用する。
https://www.facebook.com/michio.ezaki/posts/882619038521261

<以下引用・・・見やすくするため一部改行・強調などしてある>

江崎 道朗
2015年10月12日 ·
〇ユネスコは、世界の教職員組合を左傾化させ、偏った反戦平和教育を推進した司令塔
 ユネスコのことについてかつて書いたメモが残っていたので、ご参考までに紹介します(事実関係についての詰めは甘いので、あくまでご参考として読んでください)。

 そもそもユネスコは、フランス共産党の学者たちが中心となって結成した組織であり、自由主義陣営の解体を目指す司令塔の役割を果してきました。
 アメリカも、レーガン時代にそのことに気付き、ユネスコから脱退したのです。
 このユネスコに限らず、国際組織がどのような存在なのか、日本でも、しっかりと調査・分析する必要があると思います。
……

 1946年に結成されたユネスコだったが、その前身は、国際連盟国際教育局(事務局長は児童中心主義の心理学を主導したジャン・ピアジェ)であり、その活動は新教育連盟のメンバーによって運営されていた。
こうした経緯から、ユネスコは、フランス共産党所属の心理学者アンリ・ワロンらが中心となって結成された。
 ユネスコ憲章…「戦争は、人間の心のなかにおいて始まるものであるから、平和のとりでは、人間の心の中に建設されなくてはならない。この憲章の当事国は、教育に関する万人に対する完全かつ平等な機会、客観的真理の拘束ない探求、ならびに思想および知識の自由な交換に信頼し、各自の人民の間の意思疎通の方法を発展かつ増加させること、に同意しかつ決意した」
 この啓蒙主義と平等主義を謳ったユネスコはその後、教育と教員をめぐる諸問題について政府間のベースでとるべき一連の勧告を出した。
 特に重要なのは、1966年のユネスコ主催の特別政府間会議で採択し、各国政府にその実施を勧告された「教員の地位に関する勧告」である。
 この勧告では、以下のような点が強調され、西側社会の教員組合の左傾化・拡大化を助長した。
①「教員が平和のために貢献すること」がもっとも重要
②「教員団体は、教育の進歩に大いに寄与しうるものであり、教育政策の決定に共同すべき勢力として認められるべきである」(第9項)として教職員団体の教育政策全般にわたる関与、発言の保障を明示。更に「教職者は職業上の任務遂行にあたって学問上の自由を享受すべきである」とし、教科書、教材の選択、教育方法や評価方法の採用などにかかわる教員の主要な役割を強調
③「教員の社会的公共的生活への参加は、教員の人間的発達における利益、教育事業の利益および社会全体の利益という観点から奨励されなければならない」
④「教員の賃金と労働条件は、教員団体と教員の雇用主の間の交渉過程を通じて決定されなければならない」「教員が教員団体を通じてその公的または私的雇用主と団体交渉を行う権利が保障されなけばならない」


 つまり、ユネスコの勧告を根拠にしながら、日教組は、反戦平和教育だけでなく、教科書採択権限を含む学校教育に関する権限を、教育委員会ではなく、日教組に譲るよう徹底した政治闘争を繰り広げることになったのである。
 しかもユネスコは1974年、「国際理解、協力および平和のための教育、ならびに人権および基本的自由に関する教育のための勧告」を採択し、国際理解という名のアンチ・ナショナリズム、平和という名の反戦平和・軍縮教育、人権という名の反差別・平等主義・少数民族保護教育を各国に推進するよう要求した。

 更にユネスコは1980年には「人権教育七ヵ年推進プラン」を可決した。これが、同和問題や在日に関する反差別教育を推進する根拠となり、日教組は、反日・反「日の丸」「君が代」闘争を繰り広げることになったのである。

<引用終り>


 今もこのユネスコの「左巻き体質」は全く変わらない。

ユネスコ脱退論
http://www.sankei.com/west/news/151013/wst1510130037-n1.html

ユネスコ分担金凍結論
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20151014/plt1510141535005-n1.htm

上掲記事にはこんな記述も
「ユネスコへの分担金に関しては、分担率が最も高い米国が現在支払いを停止している。理由は、2011年にパレスチナの正式加盟が認められたためで、米国は1984~2003年にも脱退していた。英国も1985年に脱退し、1997年に復帰している。」

ユネスコと言うのはトンデモナイ左巻きの巣窟だった。
そして今、彼らがターゲットにしているのが日本と言う事である。

そう言えば、日本の皇室典範について、国連の女性差別撤廃委員会が、「女性差別にあたる」として見直しを求めていた等と言う馬鹿げたこともある。
日本も国連をうまく使う事をもっと考えるべき時期なのだ。



オマケ、
口直しにこんな風景でも
八雲たつ・・・ 出雲の国、松江城から松江市街地方面を望む。
出雲は雲の国でした、とても美しい雲。

2016-4-4松江城より

  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

ユネスコが左巻きは当たり前

戦前の書物を読むとユダヤの話は数限りなく出てきます。ロシア革命しかり、国際連盟しかり、リットン調査団しかり、ユダヤ人は帝政・王政を破壊し、ユダヤ人に都合のいいように世界各国を作り変えようとしている、ある種陰謀論めいた話ですが実際にユダヤ人の関与が非常に多い。要するに国民国家を否定したいのです。

西欧でユダヤ人に市民権が与えられたのは革命後のフランスが最初で1791年、その後ギリシャ1830年、英国1858年、イタリア1870年、ドイツ1871年、ノルウェー1891年、ロシアに至っては第一次世界大戦中です。

欧州でマイノリティのユダヤ人が活動範囲を広げるのに利用したのが「自由・平等・博愛」であり「人権」「反戦平和」です。さらに共産主義イデオロギーで各国政府の転覆を企てる。ロシア革命では旧体制の官僚を追放したものの代わりの人材がいない。農奴のロシアで知識人はユダヤ人ばかり、結局革命政府の要職はほとんどユダヤ人でした。

フランス革命以来、宗教の政治・公教育への関わりを排除したフランスでは人口増加率が急減、聖職者が公務員であるドイツでは宗教教育を行い人口も急速に増加しました。人口増加圧力から植民地獲得と東方への勢力圏拡大を目論むドイツ、二度も大戦を引き起こしてしまいます。
宗教を軽視・敵視したフランスが衰退し、宗教を重視したドイツが躍進した背景には国民統合の要としての「ゲルマン民族の神話・物語」を創りだしたことも大きいのではないかと思います。

ロシア革命で聖職者を虐殺し監獄送りにしたソ連、ドイツが攻め込んでくるや聖職者を釈放し、イデオロギーではなく祖国のために戦えと愛国心昂揚に利用する。

自身がユダヤ系であるベンジャミン・フルフォード氏によれば、欧米の多文化共生や移民推進の団体の背後にはユダヤ人組織があるという。しかもユダヤ人の間では多文化共生も移民推進もNG、イスラエルなど半宗教国家ですから言うまでもない。

ユダヤ人が住む世界各国でメインストリーム(保守本流)を分裂・弱体化させることによりユダヤ人の生存領域を広げるという、ある種本能的な動きなのかもしれません。日本でも西早稲田に巣食う半島系キリスト教や市民団体の数々、やることなすことユダヤ系団体のパクリなのも当然ですね。
  1. 2016-04-04 22:21
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

ひらめきと感動の世界
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2971.html#more

ねずさんのブログの最新記事でこういうのが有りました。

▼市丸利之介中将「ルーズベルトに与うる書」
https://youtu.be/kn7jx4qgsnQ

日本人に対する悪意有る洗脳に対抗するには、本当の意味での「正しい歴史」を追い求める事が大事だと思います。

恥ずかしい話ですが、一時期は731部隊の与太話を信じてしまっていました。
通州事件の写真を使った捏造等がどんどん明らかになってきましたね。
  1. 2016-04-05 05:04
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

江崎さんは、凄いです。

 歴史的な事実を調査するだけでなく、米国の保守の方々との連携を模索して交流されていてその問題点も指摘されています。江崎さんは英語が出来るそうで、やっぱり海外の資料を調べたり交流するには語学をちゃんと勉強しないといけないと痛感しました。下記の動画でお話されています。

【【4月27日配信】倉山満が訊く、ゲスト評論家 江崎道朗「WW2後のアメリカはニューディール連合・リベラルに乗っ取られた!」【チャンネルくらら】】
https://www.youtube.com/watch?v=1vmlCFwGdOg

 『国連』はルーズベルトの赤い側近アルジャー・ヒスが設立に関わり、『ユネスコ』フランス共産党の学者が創設したのを知ると、国際組織のほとんどが『コミンテルン』の後継組織なのではないかと思います。そしてレーガン政権の時にユネスコの東側寄りの運営に反対して脱退したのに、我が国はユネスコに莫大な分担金を払い続け支えてしまいました。国連も米国が分担金の支払いを遅らせたりしていても、我が国は気前よく支払い続けてしまいました。レーガン政権が自由主義陣営の我が国の姿勢に不満を持ったのではないかと思います。

 なんだか縛り首の縄の代金を自分で払い続けているような、想像を絶する自虐的な行動ですね。私たちの税金が~!
  1. 2016-04-05 07:37
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: ユネスコが左巻きは当たり前

> 戦前の書物を読むとユダヤの話は数限りなく出てきます。ロシア革命しかり、国際連盟しかり、リットン調査団しかり、ユダヤ人は帝政・王政を破壊し、ユダヤ人に都合のいいように世界各国を作り変えようとしている、ある種陰謀論めいた話ですが実際にユダヤ人の関与が非常に多い。要するに国民国家を否定したいのです。
>
> 西欧でユダヤ人に市民権が与えられたのは革命後のフランスが最初で1791年、その後ギリシャ1830年、英国1858年、イタリア1870年、ドイツ1871年、ノルウェー1891年、ロシアに至っては第一次世界大戦中です。
>
> 欧州でマイノリティのユダヤ人が活動範囲を広げるのに利用したのが「自由・平等・博愛」であり「人権」「反戦平和」です。さらに共産主義イデオロギーで各国政府の転覆を企てる。ロシア革命では旧体制の官僚を追放したものの代わりの人材がいない。農奴のロシアで知識人はユダヤ人ばかり、結局革命政府の要職はほとんどユダヤ人でした。
>
> フランス革命以来、宗教の政治・公教育への関わりを排除したフランスでは人口増加率が急減、聖職者が公務員であるドイツでは宗教教育を行い人口も急速に増加しました。人口増加圧力から植民地獲得と東方への勢力圏拡大を目論むドイツ、二度も大戦を引き起こしてしまいます。
> 宗教を軽視・敵視したフランスが衰退し、宗教を重視したドイツが躍進した背景には国民統合の要としての「ゲルマン民族の神話・物語」を創りだしたことも大きいのではないかと思います。
>
> ロシア革命で聖職者を虐殺し監獄送りにしたソ連、ドイツが攻め込んでくるや聖職者を釈放し、イデオロギーではなく祖国のために戦えと愛国心昂揚に利用する。
>
> 自身がユダヤ系であるベンジャミン・フルフォード氏によれば、欧米の多文化共生や移民推進の団体の背後にはユダヤ人組織があるという。しかもユダヤ人の間では多文化共生も移民推進もNG、イスラエルなど半宗教国家ですから言うまでもない。
>
> ユダヤ人が住む世界各国でメインストリーム(保守本流)を分裂・弱体化させることによりユダヤ人の生存領域を広げるという、ある種本能的な動きなのかもしれません。日本でも西早稲田に巣食う半島系キリスト教や市民団体の数々、やることなすことユダヤ系団体のパクリなのも当然ですね。



ユダヤ人には自前の国家がありません。だから自分らでまとまって独立国家を造ればいいのですが、逆に他の国の国家を解体し、「世界は一つ」などと言う美名を唱えています。
国家が無くなれば自分らの天下が来る。そう思っているのでしょう。

そう見てみると彼らユダヤ人の最大の敵は日本人かもしれません。
非白人でありながら白人と対等レベルの国家を作った。世界最古の皇室を持っている。科学技術でも白人と対等。
だから日本人のルーツはユダヤ人だと言ってみたり、日本殲滅作戦をやってみたりするのだと思っています。

国連、ユネスコが左巻きに食い荒らされているのなら、逆に日本人が食い荒らしてやればよい。
アメリカの国務省辺りでは、日本大使館に勤務させると日本に取り込まれて、日本びいきになって帰ってくる。
これでは冷徹な判断ができない事があるので困っている。こんな事があるそうです。

国連に対しても、こんな方法で奴らを取り込めばいいと思っています。
但し大体左巻きはカネの亡者なので、硬軟両様の作戦が必要です。
今日もマネーロンダリングの大本から情報が洩れて大騒ぎしていますが、こんな時こそそんなチャンスにするように立ち回るべきではないかと思ってい案す。
  1. 2016-04-05 12:01
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> ひらめきと感動の世界
> http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2971.html#more
>
> ねずさんのブログの最新記事でこういうのが有りました。
>
> ▼市丸利之介中将「ルーズベルトに与うる書」
> https://youtu.be/kn7jx4qgsnQ
>
> 日本人に対する悪意有る洗脳に対抗するには、本当の意味での「正しい歴史」を追い求める事が大事だと思います。
>
> 恥ずかしい話ですが、一時期は731部隊の与太話を信じてしまっていました。
> 通州事件の写真を使った捏造等がどんどん明らかになってきましたね。


興味深い情報、有難うございます。
市丸利之介中将の話、感動しました。

実は私も731部隊の件は騙された一人です(笑)。
今のようにネットで情報の得られる時代で無い頃にはプロパガンダを見破るのは難しいですね。
だからこそテレビ・新聞以外の受法がもっと大事。そう思います。
  1. 2016-04-05 12:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

下の文章はまるこさんのブログに2011年に書きこんだものです。ユネスコだけでなく韓国に対する闇についてなのですが。

2001年に、ワールドカップ日韓共催を推進する為だと思いますが、ユネスコのエデュケイションというサイトに、古代から近代までの韓国人から観た日韓の歴史(出典は韓国人や青木書店や明石書店がほとんどです)が数十ページにわたって書き込まれました。(ユネスコのホームページからは飛べないようになっていて、しかも2年ほど前に完全に消去されています。)

この歴史観がNHKの教育テレビで放送されるようになり(大桃みよ子さんが司会をやって賞を取っています)、教科書もジワジワとそちらの記述に変えられていった(サンベツショウなどが載った)。

2005年の日韓友情年に合わせて「日韓友情年2005年実行委員会」(下記URL)という物が作られ、外務省が金を出して 冬のソナタを全てのテレビ局で宣伝した。
この流れの中で今の日本の全てのテレビがあるのです。フジは会長の好みを周りが忖度して無茶苦茶やったから目立っただけです。(つまり国家ぐるみで10年以上韓国上げをやっているのです。)
http://ameblo.jp/hinoeuma-v/entry-10897825179.html

(フジに対する批判の)高岡蒼輔のつぶやきに同意を言ったのは、ふかわりょうだけだった。ビートタケシも嫌なら見るなと言っている。
識者も巧妙なやり口で本当のことを隠そうとしている。
http://news.livedoor.com/article/detail/5801267/
  1. 2016-04-05 13:35
  2. URL
  3. 八目山人 #4lXsiBFM
  4. 編集

一番の反日団体といえば

日教組でしょうが、小生はこの日教組の幹部の子弟と同級生であり合えば挨拶を交わすような仲でした。半ば身バレにもなりますが今の日教組の体制を作ったのは槙枝元文ですがこの相方として委員長書記長としてコンビを組んでた御仁に中小路清雄という人がいます。

実はこの御仁が自分の住んでいた団地の、それも隣の棟に住んでいたのです。確か、転入生ではありませんでしたがそれが発覚したのはなんと小5の時でした。日教組の路線が問題が多かったので、各地で右翼団体と揉めるということも有ったので、当時の幹部の私生活は完全に秘密でした。小生直接見てるはずなのですが記憶にありません。槙枝委員長はTVなどでもよく見かける有名人でしたから小生も知っていましたが一番最初見聞いた時は本当に驚きでした。

郊外の新興団地でサヨクの勢力が強かったところですが、どうやら教育委員会に手を回し、お互い当たらず触らずということで秘密を守っていたようです。もちろん非組の教員も多かったのですがその辺りはまだモラルが有ったとでも言うんでしょうか問題になりませんでした。

まあ、ひょんな事からバレましたがもう周りは当たらず触らずだったと思います。印象に残ってるのはバレた後、中小路くんのお母さんが「これで却ってホッとしました。」と言っていたことと中小路くんが、僕は高校は公立しか行けないんだよねえ、といってたことが思い出されます。

ただこの隠密生活は結構成功していたようで小5の時の担任は組合の活動家でしたが発覚まで全く気が付かなかったようです。一時心底驚いてるのを見たことがあります。ちょうど70年安保闘争が終わり教員の活動が先鋭化する直前の時期だったと思います。

その後はどうだったのか小生が私立に入りその後疎遠になってしまったのそれは知りません。ただ生活に目立ったところはなく子供も特に変わったことがない普通の子でした。小生のある意味不足技な思い出です。
  1. 2016-04-05 14:36
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 江崎さんは、凄いです。

>  歴史的な事実を調査するだけでなく、米国の保守の方々との連携を模索して交流されていてその問題点も指摘されています。江崎さんは英語が出来るそうで、やっぱり海外の資料を調べたり交流するには語学をちゃんと勉強しないといけないと痛感しました。下記の動画でお話されています。
>
> 【【4月27日配信】倉山満が訊く、ゲスト評論家 江崎道朗「WW2後のアメリカはニューディール連合・リベラルに乗っ取られた!」【チャンネルくらら】】
> https://www.youtube.com/watch?v=1vmlCFwGdOg
>
>  『国連』はルーズベルトの赤い側近アルジャー・ヒスが設立に関わり、『ユネスコ』フランス共産党の学者が創設したのを知ると、国際組織のほとんどが『コミンテルン』の後継組織なのではないかと思います。そしてレーガン政権の時にユネスコの東側寄りの運営に反対して脱退したのに、我が国はユネスコに莫大な分担金を払い続け支えてしまいました。国連も米国が分担金の支払いを遅らせたりしていても、我が国は気前よく支払い続けてしまいました。レーガン政権が自由主義陣営の我が国の姿勢に不満を持ったのではないかと思います。
>
>  なんだか縛り首の縄の代金を自分で払い続けているような、想像を絶する自虐的な行動ですね。私たちの税金が~!



江崎道朗氏については、現在発売中の「正論5月号」に[共産主義の「影響力工作」は甘くない、「反戦平和」の本質と「戦争法反対」「民共合作」の怖さ]と題する論考がのっています。私も読み始めたばかりですが、大変面白いので若し機会があればご一読をお勧めします。

それからご指摘の反日活動に日本がカネを貢いでいる問題。これは実に腹が立ちますが問題は政治家のカネに対する節操の無さが有ります。
特にコリア関係に出したカネがキックバックと称して政治家に帰ってくる。こんな仕組みがあるのでカネが欲しい政治かが皆その罠にはまる。
困ったものです。
  1. 2016-04-05 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

私も日教組大嫌いです。経験を話すと長くなるのでやめておきますが、汚いヤツらです。ユネスコなんかに血税入れてどうするか、財務省は外務省に予算配分を減らすべき。
  1. 2016-04-06 01:25
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:八目山人 さん

> 下の文章はまるこさんのブログに2011年に書きこんだものです。ユネスコだけでなく韓国に対する闇についてなのですが。
>
> 2001年に、ワールドカップ日韓共催を推進する為だと思いますが、ユネスコのエデュケイションというサイトに、古代から近代までの韓国人から観た日韓の歴史(出典は韓国人や青木書店や明石書店がほとんどです)が数十ページにわたって書き込まれました。(ユネスコのホームページからは飛べないようになっていて、しかも2年ほど前に完全に消去されています。)
>
> この歴史観がNHKの教育テレビで放送されるようになり(大桃みよ子さんが司会をやって賞を取っています)、教科書もジワジワとそちらの記述に変えられていった(サンベツショウなどが載った)。
>
> 2005年の日韓友情年に合わせて「日韓友情年2005年実行委員会」(下記URL)という物が作られ、外務省が金を出して 冬のソナタを全てのテレビ局で宣伝した。
> この流れの中で今の日本の全てのテレビがあるのです。フジは会長の好みを周りが忖度して無茶苦茶やったから目立っただけです。(つまり国家ぐるみで10年以上韓国上げをやっているのです。)
> http://ameblo.jp/hinoeuma-v/entry-10897825179.html
>
> (フジに対する批判の)高岡蒼輔のつぶやきに同意を言ったのは、ふかわりょうだけだった。ビートタケシも嫌なら見るなと言っている。
> 識者も巧妙なやり口で本当のことを隠そうとしている。
> http://news.livedoor.com/article/detail/5801267/



なるほど、興味深い話です。情報有難う御座います。
丁度其の頃は私はタイで仕事をしていましたので、その頃の情報には全く疎い。
あの頃の問題点が良く分かりました。

それにつけても韓国、朝鮮がらみの話には政治家へのキックバックがついて回りますね。
日本人は賄賂の使い方が下手で、だから逆に少々の賄賂やキックバックがとてもよく利く、そう言う所があります。

しかしそんな流れの中で日本の外務省は酷いですね。これでは害務省に改名すべき、組織の改革が急務です。
  1. 2016-04-06 07:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 一番の反日団体といえば

> 日教組でしょうが、小生はこの日教組の幹部の子弟と同級生であり合えば挨拶を交わすような仲でした。半ば身バレにもなりますが今の日教組の体制を作ったのは槙枝元文ですがこの相方として委員長書記長としてコンビを組んでた御仁に中小路清雄という人がいます。
>
> 実はこの御仁が自分の住んでいた団地の、それも隣の棟に住んでいたのです。確か、転入生ではありませんでしたがそれが発覚したのはなんと小5の時でした。日教組の路線が問題が多かったので、各地で右翼団体と揉めるということも有ったので、当時の幹部の私生活は完全に秘密でした。小生直接見てるはずなのですが記憶にありません。槙枝委員長はTVなどでもよく見かける有名人でしたから小生も知っていましたが一番最初見聞いた時は本当に驚きでした。
>
> 郊外の新興団地でサヨクの勢力が強かったところですが、どうやら教育委員会に手を回し、お互い当たらず触らずということで秘密を守っていたようです。もちろん非組の教員も多かったのですがその辺りはまだモラルが有ったとでも言うんでしょうか問題になりませんでした。
>
> まあ、ひょんな事からバレましたがもう周りは当たらず触らずだったと思います。印象に残ってるのはバレた後、中小路くんのお母さんが「これで却ってホッとしました。」と言っていたことと中小路くんが、僕は高校は公立しか行けないんだよねえ、といってたことが思い出されます。
>
> ただこの隠密生活は結構成功していたようで小5の時の担任は組合の活動家でしたが発覚まで全く気が付かなかったようです。一時心底驚いてるのを見たことがあります。ちょうど70年安保闘争が終わり教員の活動が先鋭化する直前の時期だったと思います。
>
> その後はどうだったのか小生が私立に入りその後疎遠になってしまったのそれは知りません。ただ生活に目立ったところはなく子供も特に変わったことがない普通の子でした。小生のある意味不足技な思い出です。


興味深い話、有難うございます。
その同級生の方は結構まともな人生を送られたんじゃないかと推察します。
しかし私は最近こんな事を思っているのですが・・・。
日本の極左連中には親子2代、3代の極左左巻きが多い。
現共産党の志位も親子2代の共産党。有田ヨシフもそうですね。
共産党にはこんなのがゴロゴロいる。
その原因を考えてみると・・・
コ・ジキは三日やったらやめられないと言いますが、全く同じではないでしょうか。
働かずしてメシが食える、そんな事が左巻き連中をのさばらせ、その子弟もそれを引き継ぐ。
こんな悪循環があると見ています。
矢張り額に汗して働く、こんな価値観を持たないといけないですね。
  1. 2016-04-06 08:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 私も日教組大嫌いです。経験を話すと長くなるのでやめておきますが、汚いヤツらです。ユネスコなんかに血税入れてどうするか、財務省は外務省に予算配分を減らすべき。


確かにご指摘の通りです。
私は家人も教師、長女は今現役の教師で、その日教組の不快な話を常々聞いています。
矢張り「文句さえ言っていればメシが食える」、こんな体質がいけないのでしょう。
万年野党にも通じる考え方ですね。

私はこの額に汗して働く、これを教え込むことが日本再生にはどうしても必要だと思っています。
  1. 2016-04-06 09:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

国旗、国歌に反対の政党っていえばナチスもそうだったなぁ・・と。
民主的なワイマール憲法下の国旗に反対していたナチスは政権をとるや
いなや、ドイツ国旗をあのハーケンクロイツに変えちゃったわけですが・・。

日教組や我が国左翼は、日本の国旗や国歌をどう変えたいんでしょうね?
日教組は今は亡き祖母も嫌いでしたね。祖母の夫は軍人で、彼女は軍人遺族会
(だったかな?)のメンバーでやや保守的だったこともありますが、そういう
思想的なことよりも行動が嫌いだったようです。

つまり、差別反対とかなんとか言ってるくせに子供は進学校に通わせようと
してたり、自分の娘が被差別部落の出身者と結婚しようとすると恐慌に反対したり表向きの言説とは裏腹に私生活は極めて「保守反動」的な人間が多かった
らしく(少なくとも彼女の目には)、そういうところが嫌いだったようです。
  1. 2016-04-07 01:02
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

こりうぉっちんぐで

短足さん、おはようございます。                      
ご隠居さんのこりあウォッチングで、ここの紹介をされているみたいですね。
  1. 2016-04-07 08:38
  2. URL
  3. セブン #-
  4. 編集

To:prijon さん

> 国旗、国歌に反対の政党っていえばナチスもそうだったなぁ・・と。
> 民主的なワイマール憲法下の国旗に反対していたナチスは政権をとるや
> いなや、ドイツ国旗をあのハーケンクロイツに変えちゃったわけですが・・。
>
> 日教組や我が国左翼は、日本の国旗や国歌をどう変えたいんでしょうね?
> 日教組は今は亡き祖母も嫌いでしたね。祖母の夫は軍人で、彼女は軍人遺族会
> (だったかな?)のメンバーでやや保守的だったこともありますが、そういう
> 思想的なことよりも行動が嫌いだったようです。
>
> つまり、差別反対とかなんとか言ってるくせに子供は進学校に通わせようと
> してたり、自分の娘が被差別部落の出身者と結婚しようとすると恐慌に反対したり表向きの言説とは裏腹に私生活は極めて「保守反動」的な人間が多かった
> らしく(少なくとも彼女の目には)、そういうところが嫌いだったようです。


全くそうですね。アカに染まった人たちは皆さん同じです。
つまり自分の主義主張は空想妄想で成り立っている。
その癖自分の事になるとエゴむき出しのカネの亡者、その癖額に汗して働くことは大嫌い。

皆さんから色んなご意見を頂いていますので、アカい人についてエントリーしようと思っています。
  1. 2016-04-07 09:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: こりうぉっちんぐで

> 短足さん、おはようございます。                      
> ご隠居さんのこりあウォッチングで、ここの紹介をされているみたいですね。


ご連絡有難うございます。さっそく見てみました。
ご隠居さんの様な人気ブログに紹介いただける、本当に有り難い事です。
三波春夫じゃないですが、お客様は神様、いや読者の皆様はホント神様です。
  1. 2016-04-07 09:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

長年の謎が解けました。
団塊世代はGHQの反日教育を受けた可哀相な世代ということになっているのですが、私なんかは小学校で国旗掲揚係りで毎朝、国旗を校庭に掲揚していたし、なにか式典があれば必ず「君が代」は歌うし、教師はアジア・アフリカ諸国の独立は日本軍が頑張ったからで、日本は戦争には負けたが諸君らは自信を持って良いと教えていたのに、変だなあと思っていました。
しかし、戦争が終わって30年が過ぎた1970年代の中盤から急に反日、反「日の丸」、反「君が代」ばかりになったのは何故か?
犯人はユネスコだったのですね。これは気が付きませんでした。
単なる自虐史観ではなく、巧妙に設計された世界的な運動だったということで、しれで抵抗が難しかったのですね。

色々の事が明らかになって来ますね。
  1. 2016-04-09 14:31
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

To:友遊 さん

> 長年の謎が解けました。
> 団塊世代はGHQの反日教育を受けた可哀相な世代ということになっているのですが、私なんかは小学校で国旗掲揚係りで毎朝、国旗を校庭に掲揚していたし、なにか式典があれば必ず「君が代」は歌うし、教師はアジア・アフリカ諸国の独立は日本軍が頑張ったからで、日本は戦争には負けたが諸君らは自信を持って良いと教えていたのに、変だなあと思っていました。
> しかし、戦争が終わって30年が過ぎた1970年代の中盤から急に反日、反「日の丸」、反「君が代」ばかりになったのは何故か?
> 犯人はユネスコだったのですね。これは気が付きませんでした。
> 単なる自虐史観ではなく、巧妙に設計された世界的な運動だったということで、しれで抵抗が難しかったのですね。
>
> 色々の事が明らかになって来ますね。


私の実は同じ思いです。
70年代に急に反日、反日の丸、反君が代旋風が吹きはじめました。
私はベトナム戦争の関係かと思っていたのですが、ベトナム戦争と反日ではつながりは余りにも稀薄。
こんなユネスコの動きがあるとは知りませんでした。

考えてみるとユネスコはフランス共産党の残党が作ったもの、そのフランスはルソー以来の「自由、平等、友愛(博愛)の嘘」、こんな国ですからね。

そのフランスがドイツを抑えるために作ったEU、これに自分から縛られて今ではドイツの属国扱い。
歴史とは何と皮肉なモノでしょうか。
  1. 2016-04-09 16:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する