2016-03-24 11:06

出雲は魚がおいしい

 出雲へ行ったら、どうしても書きたいのが美味しい魚。
こんな店に行きました。

2016-3-24丸善水産

如何にも居酒屋でござい、そんな感じの店。
初日に行ってみたのだが満員で断られ、二日目は予約しても断られたのをカウンターでも良いからと言って席を確保。

最初はアジの一夜干し

2016-3-24アジ一夜干し
手前にあるのはイカの一夜干し

それからお目当ての「のど黒」

2016-3-24のど黒造り丸善水産HPより

食べるのに忙しくて写真がうまく取れなかった。だから丸善水産のHPから拝借。

これがのど黒

2016-3-24のど黒

「のど黒」は山陰~北陸地方で獲れる超高級魚、アカムツと言うのが本名らしい。
写真はのど黒の口をあけてのどを見た所。確かに真っ黒だ。
「ハラ黒短足、ノド黒を食すの図」(笑)
ノド黒は造り、炙り、煮魚で食べたが、特に炙りがおいしかった。

そして酒にはこんなモノも。

2016-3-24丸善水産の清酒死神

出雲は八百萬(やほよろず)の神が集う所、だから800万の中にはこんな神の一人や二人、いても良いんだろうなあ・・・
でも「清酒死神」、美味しかったですね。
出雲の国では死神まで美味しい(笑)・・・。
良い国ですねえ・・・・・・。
  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 去年 金沢の市場にある回転寿司で、関東では見かけないのど黒を食べたらとても美味しかったです。日本海側は海の幸に恵まれていて、また是非行きたいと思います。

 八百万の神々のおわします地には、いまも出雲族の子孫がいらっしゃると読んだことがあります。浪漫を感じます。
  1. 2016-03-26 10:45
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  去年 金沢の市場にある回転寿司で、関東では見かけないのど黒を食べたらとても美味しかったです。日本海側は海の幸に恵まれていて、また是非行きたいと思います。
>
>  八百万の神々のおわします地には、いまも出雲族の子孫がいらっしゃると読んだことがあります。浪漫を感じます。


ノド黒は山陰から北陸・新潟辺りまでの深い海(100m~200m)にいる魚、だから漁は底引き網漁だけ。
そんな事で極めて希少な魚ですので、他の地方ではなかなか食べられません。
そして養殖は現在は出来ないとの事、そんな魚です。
それだけに美味しいですね。

出雲は不思議な土地でして、出雲の方言はズーズー弁。松本清張の「砂の器」が有名です。
私は出雲地方と東北は繋がりが昔からあったと見ていまして、日本人のルーツの縄文人との関係があると見ていますが、そこから先は分かりませんね。
  1. 2016-03-26 14:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

死神て

のど黒って煮付がうまいんですよね。(刺身や塩焼きもいいけど)
私の好みでいうなら、さしみならのど黒よりも黒むつの方が好きかな。
ちなみに『死神』と言うお酒、私の記憶違いでなければ、ほうじ茶の様な色の付いたお酒ですかね?間違っていたらごめんなさい。
  1. 2016-03-28 03:04
  2. URL
  3. セブン #-
  4. 編集

Re: 死神て

> のど黒って煮付がうまいんですよね。(刺身や塩焼きもいいけど)
> 私の好みでいうなら、さしみならのど黒よりも黒むつの方が好きかな。
> ちなみに『死神』と言うお酒、私の記憶違いでなければ、ほうじ茶の様な色の付いたお酒ですかね?間違っていたらごめんなさい。


ノド黒は煮魚も美味しかったですが、私は炙りが気に入りました。
でもあんな魚ならどんな食べ方でも美味しいことは間違いなし。良い魚が食べられるのであの地方は幸せです。
それから死神ですが、飲んでみたら普通の清酒で見た目では何ら変わらなかったです。
味もすっきりした辛口の酒でして、私好みの酒でした。
また機会があったら飲みたいですね。
  1. 2016-03-28 11:31
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する